━━☆No.26☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2001. 10.1☆ ━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,クライアントの皆
様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.製品開発
4.催事
5.お知らせ

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■米カーギル・ダウと三井化学
植物由来の“グリーンプラ”ポリ乳酸の事業開発で提携

カーギル・ダウと三井化学は9月26 日、植物由来の“グリーンプラ”ポリ乳酸
(PLA)の事業開発において提携することに合意し、契約を締結した。

これは、PLAの商業化で世界をリードするカーギル・ダウと日本の代表的な化学
会社である三井化学が、日本とその他の世界市場でPLAの市場開発を加速させる
ことを目的としたもの。この契約により、PLAの用途開発に関する特許および技
術情報の交換が両社間で可能になる。

また、両社の顧客はカーギル・ダウあるいは三井化学が保有する幅広い特許に
ついて懸念なく事業を進めることができる。さらに、三井化学はカーギル・ダ
ウが生産するPLAの日本における開発および販売を独占的に行うことが可能にな
る。

PLAは米国のコーンなどの植物由来の糖分を原料として製造される天然系の樹
脂。醗酵と蒸留といった化学プロセスをベースに、重合により容易に製造され
る。カーギル・ダウはポリ乳酸“Nature Works TM PLA”を製造する設備を、世
界最大規模でネブラスカ州ブレアに建設している。設備は2001年末に完工予定
であり、フル稼働時の生産能力は年産14万m2に達する。

三井化学はパイロットプラントで生産した“LACEAR PLA ”により、技術、市場
の開発を行ってきた。LACEAR PLAを使って開発された材料・加工・用途技術は、
カーギル・ダウが製造するPLAにも適用できることを確認している。三井化学は
カーギル・ダウのPLAを用いて、LACEARの名前でマーケティングを続けていく。
http://www.mitsui-chem.co.jp/

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■経済産業省
PETボトル再商品化計画の改定を決定

経済産業省は,2002年度におけるPETボトル再商品化計画の改定を明らかにした。
10月にも告示する予定。モノマー化方法による新規施設の設置などで分別収集
量の大幅増加が見込まれているため見直しをする。(化学工業日報 9/28)

■国交省
住宅性能表示の普及活動を本格化

国土交通省は,昨年10月に導入された「住宅性能表示制度」の本格的な普及活
動に乗り出す。地方公共団体や住宅関連団体などによって構成される「普及推
進会議」を設置。普及に向けた具体的な対策を盛り込んだアクションプログラ
ムを策定し,順次実行に移していく考え。(日本工業 9/27)
http://www.mlit.go.jp/

■東洋紡
タイに自動車用繊維資材販売・R&Dの新会社を設立

東洋紡は、このほどタイに自動車用繊維資材(エアバッグ基布)販売・R&Dの新
会社TOYOBO INDUSTRIAL MATERIAL(THAILANND)LTD.[略称TIM]を設立した。自動
車産業のグローバル化・世界的再編を背景に、第一弾としてエアバッグ基布のグ
ローバルな供給体制を構築するために、タイに進出した。
http://www.toyobo.co.jp/

■東レ
人工皮革製造の伊子会社の設備を増強

東レは,コスト競争力の強化を狙いに,イタリア子会社の人工皮革の製造設備
を大幅に改造する方針を明らかにした。自動車や家具向けなど裁断の際にロス
の少ない広幅製品に対するニーズが高まっていることに対応,総額35億5,000
万円を投じ,2系列ある製造設備のうち旧設備を広幅の製品が生産できるように
改造する。(日本工業 9/26)

■東洋紡
2001年版環境報告書を発行

東洋紡は,2000年度の環境保全活動をまとめた「2001年版環境報告書」を発行
した。このなかで,年間の環境保全コストと経済効果を示す環境会計を初めて
開示した。2000年度は28億1,000万円の費用に対し,環境保全対策に伴う経済効
果は7億3,000万円だった。(日本工業 9/20)
http://www.toyobo.co.jp/index2.htm

■ユニチカ
グループ内の商事流通機能会社5社を統合

ユニチカ社は今年4月にスタートしたグループプログラム「変革21」(中期経営
2ヵ年計画)のグループ戦略での主要施策である「連結経営体制確立」の一環
として、グループ内の商事流通機能会社5社を10月1日付けで統合する。対象会
社はユニチカ通商、ユニチカサービス、ユニチカ販売、ユニチカインテリア、
ユニチカメイトで、ユニチカ通商が中核会社となる。
http://www.unitika.co.jp/home_j2.htm

■日立プラント
触媒担持バグフィルターを拡販

日立プラントは,来年末のダイオキシン規制強化を睨んで触媒担持バグフィル
ターの拡販に乗り出す。粒子状物質の捕集とガス状ダイオキシン類を分解除去
するもので,従来の触媒塔や活性炭吸着塔・吹き込み装置などに比べ,コンパ
クトで低コストを実現できる。(化学工業日報 9/28)

■PETボトルリサイクル推進協議会
年次報告書を初めて作成・公表

容器や飲料メーカーなどの業界団体で組織するPETボトルリサイクル推進協議会
は25日,93年の協議会設置後初めてPETボトルリサイクルのリサイクル活動に関
する年次報告書を作成・公表した。

それによると,2000年度のPETボトルの分別収集量は12万5,000tで,リサイクル
率は前年度比11.7ポイント増の34.5%となり,欧米を抜いて世界最高水準に達
した。
http://www.petbottle-rec.gr.jp/

■日本自動車工業会
8月の自動車生産実績と輸出実績を発表

8月の四輪車生産台数は706,6133台で,前年同月の695,011台に比べ11,602台・
1.7%の増加となり、8カ月ぶりに前年同月を上回った。

乗用車の生産は575,295台で前年同月比1.3%の増加となり、8カ月ぶりのプラス、
トラックは126,488台で同3.1%の増加となり、8カ月ぶりのプラス、バスは
4,830台で同8.2%の増加となり、5カ月連続のプラスとなった。

また,当月の四輪車輸出台数は、337,427台で、前月の370,663台に対して33,191台、
9.0%の減、また前年同月の331,015台に比べると6,457台、2.0%の増となった。
http://www.jama.or.jp/ |

■繊維統計速報(8月)不織布
       前月比  前年同月比
生 産  24,263t   98.7% 102.0%
出 荷  23,192t   98.9% 103.3%
在 庫  29.921t   97.2% 105.9%

┏☆製品開発☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■三菱レイヨン
新しいアクリル繊維“A.H.F”の開発に成功

三菱レイヨンは、このほど当社が保有するモルフォロジー制御技術を駆使し、ア
クリル繊維“ボンネル”とアセテートを複合させたまったく新しいアクリル繊
維“A.H.F”の開発に成功し新発売する。初年度の販売目標は2,000tを計
画している。

アクリル繊維“A.H.F”は、アセテートの特性である優れた吸湿・保湿特
性と優しいドライ感に、“ボンネル”で従来から積み上げた消臭性・抗菌性機
能を「一つの原綿」に融合させた画期的な素材。これまでアクリル繊維は秋冬
向け中心に販売されてきたが、本新素材のドライ感という特長を生かし、春夏
向けにもターゲットを拡大し、積極的に販売展開する。
http://www.mrc.co.jp/press/010926.html

■クラボウ
繊維上の臭いや汚れのもとの有機物を分解

クラボウは,繊維上に付着したの臭いや汚れのもとになる有機物を分解する素
材を開発,11月から“SUNTOUCH”(サンタッチ)ブランドで発売する。酸化作用
のある光触媒型酸化チタンを繊維に特殊加工することで,有機物を分解する。
(日本工業 9/28)

┏☆催事☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本不織布協会
ANNA講演会を開催

日本不織布協会では,「ANNA講演会」を11月2日午後,大阪府立女性総合センター
「ドーンセンター」で“不織布産業におけるブレークスルー”のテーマで開催
する。講演内容は以下の通り。

(1)「日本における不織布産業の現状と展望」(13:00〜13:45)
日本不織布協会会長・倉敷繊維加工代表取締役・山田忠美氏

(2)「中国不織布産業との関わり方」(13:45〜14:30)
東亜技術情報サービス代表・高木俊男氏

(3)「新素材,新技術,新製法による21世紀の展望」(14:30〜15:15)
清水技術士事務所代表・清水忠治氏

(4)「機能性付与2次加工の新技術」(15:30〜16:15)
日華化学技術サービス部主席・松井祐司氏

(5)「不織布における国際競争力比較」(16:15〜17:00)
エヌ・ティー・シー代表取締役・大河原康博氏

問合せ先
日本不織布協会事務局
TEL03-5688-4041 FAX03-5688-4042

■日本不織布協会
衛生資材分科会を開催

日本不織布協会・衛生資材部会では,衛生資材分科会を10月26日(13:30〜15:30)
大阪YMCAで,以下の講演およびプレゼンテーションの内容で開催する。

「不織布風合いの数値化手法」(KESシステム紹介)〜今後の評価・分析手法に
ついて
カトーテック営業部次長・和田潤氏

┏☆お知らせ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「NONWOVENS REVIEW」Vol.12 No.3が9月末に発行されました。主な内容は以下
の通りです。

●特集T/関西に探る21世紀のフロンティア企業 Part U

倉敷繊維加工/複合化を推進し将来のコア事業に
東洋紡/開発主導による新規の需要開拓が奏効
クラレ/複合化や独自素材によるモノづくりを追求
三晶/「技術力を持つ商社」としての独自性活かす

●特集U/ 7th OTEMASプレビュー

展示会の概要および不織布関連の出展の紹介

寄稿「高レベルの均一性でコストを削減するPRO-DYNシステム」
日商岩井マシナリーシステム

●インタビュー/ニューリーダーに聞く
井上金属工業社長 神田喜代蔵氏

●寄稿「エアフィルタの高機能化」/日本バイリーン

┏☆発 行☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.27☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2001.10.9☆━━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,クライアントの皆
様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■東京の8月の住宅着工が2割強の増加

東京都住宅局が5日まとめた住宅着工統計によると,8月の都内の新設住宅着工
戸数は前年同月比21.8%増の1万8,183戸で,バブル期の1990年12月(1万9.339
戸)以来最大になった。

大規模マンションの着工時期が重なったことや,持ち家は減少傾向にあるもの
の,貸家(57.6%増)や分譲住宅(12.8%増)が増えたことなどが要因。

今年1月から6ヵ月連続で前年割れだった着工戸数は7月に増加に転じ,増加率
も拡大している。しかし持ち家は前年同月比18.4%減の1,890戸と7ヵ月連続で
前年を割り込んだ。

一方,貸家は公的資金部分が伸びて8,025戸と94年3月以来7年ぶりに8,000戸を
上回った。分譲住宅は8,215戸で2ヵ月ぶりの増加。

地域別では都心3区が1.4%減とほぼ横這いだったが,23区全体では20.8%増と
3ヵ月連続で増加した。

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■松下電器産業
燃料電池を用いた家庭用コージェネレーションシステムの実用運転を公開

松下電器産業は、松下電器グループ環境フォーラム2001(10月1〜3日,同社マ
ルチメディアセンターで開催)で、固体高分子形燃料電池を用いた家庭用コー
ジェネレーションシステムの実用運転をメーカーとして初めて公開した。今後
は2004年の市場導入を目指し開発を加速する。

固体高分子形燃料電池を使用したコージェネレーションシステムはエネルギー
が高効率に利用でき、地球温暖化ガス(炭酸ガス)の排出削減に貢献できる21
世紀型エネルギー供給システムとして期待されている。
http://www.matsushita.co.jp/

■松下グループ
家電製品に2002年から「塩ビフリー電源コード」を全面導入

松下電器グループは、塩化ビニル樹脂を使った電線(=塩ビ電線)を使用しな
い環境調和型の電源コードを開発し、2002年の新製品から家電製品に全面的に
導入する。 

電線の被覆材・難燃材として優れた特性を持つハロゲン化合物を含む「塩ビ」は、
低電圧用および高電圧用の内部リード線、電源コード、フラットケーブルなど家
電製品に広く使用されてきた。しかし近年、塩ビ電線の廃棄処理時における環境
負荷の可能性が指摘されており、ハロゲン化合物を含まない電線の開発が進めら
れているが、性能・信頼性・加工性の確保が課題だった。

同グループでは,樹脂組成および添加剤の配合などを調整することにより、「燃
えにくさ(垂直難燃性)」「割れにくさ(表面硬度)」「柔軟さ(剛性)」な
ど電源コードに求められる諸物性を満足する環境調和型電線を開発し、グループ
全体での標準化に目途をつけた。 
http://www.matsushita.co.jp/

■ユニチャーム
子会社3社を合併し新会社を設立

ユニ・チャームは、2002年1月1日付で同社の100%出資の特定子会社であるチャ
ーム工業,ユニ・チャーム日本,ユニ・チャーム東日本の3社を合併させ新会社
「ユニ・チャームプロダクツ株式会社」を発足させる。

これは同社が今年4月から進めている第5次3ヵ年中期経営計画の一環。国内生産
体制を強化・充実させることで、より一層のコストダウンと製品力強化を図り、
アジアNo.1の実現に向けたグローバル競争力を向上をめざす。

新会社の概要は次の通り。
事業内容:ベビー関連商品、生理用品、大人用失禁製品などの製造
本店所在地 :愛媛県川之江市金生町下分130番地
代表者   :高原慶一朗
資本金   :210百万円
株主     :ユニ・チャーム100%
総資産    :46,795百万円
決算期    :3月
http://www.unicharm.co.jp/

■自販連
9月の新車販売台数を発表

2001年9月の登録車の新車販売台数(特殊・トレーラーなどを除くシャシーベー
ス)は、合計で371,318台となり前年同月(387,068台)に対して4.1%の減少、
前月に対しては45.1%の増加を示した。 
http://www.jada.or.jp/

■全軽自協
9月の軽自動車新車販売速報を発表

全国軽自動車協会連合会(全軽自協)の調べによる2001年9月の軽自動車新車販
売台数(新車新規検査台数)は,全体で158,117台,前年同月比3.7%減となり,
15ヵ月連続のマイナスとなった。

この結果,2001年度上期(4〜9月)の新車販売台数は,全体で866,147台,前年
度同期比3.0%減となり,上期としては2年連続のマイナスとなった。
http://www.zenkeijikyo.or.jp

■日本バイリーン
人事異動

【10月1日付】
△兼大阪支店・名古屋支店・営業支援部担当,営業部門管掌 第三事業部担当
第三事業部長委嘱 常務 川村八代
△兼香港駐在員事務所長,第三事業部電気資材本部長 理事 橋口俊治
△総合支援部付Viam Manufacturing, Inc.出向 青木大典
△総合支援部付Fredenberg & Vilene International Ltd.出向 井上尚巳
△生産支援部生産改革担当課長 田井啓稔
△第二事業部自動車資材本部第三営業部東京営業担当課長 中西淳一
△第二事業部空調資材本部東京営業部東京営業二担当課長 横内俊介
△第三事業部メディコン資材本部第二営業部ハウスケア担当課長 金丸博喜
△東京工場試作部試作担当課長 大木雅裕
△東京工場施設部施設課施設担当課長 奥田和弘
△東京工場品質管理部試験課試験担当課長 高橋典孝

【11月1日付】
△監査部長(営業支援部長) 宮崎泰二
△総合支援部付 ファッションマテリアルズ出向(監査部長) 川上隆二
△営業支援部長(第二事業部空調資材本部営業開発部長)二宮彪
△営業支援部大阪総務担当課長(第二事業部自動車資材本部第二営業部営業担
当課長)深谷正巳
△営業支援部名古屋総務担当課長(営業支援部大阪総務担当課長)近藤淳
△第二事業部自動車資材本部インテリア営業部インテリア担当部長(第二事業
部自動車資材本部営業開発部営業開発担当課長)福間潔
△第二事業部自動車資材本部営業開発部営業開発担当課長(営業支援部名古屋
総務担当課長)高木和正   
△第二事業部空調資材本部営業開発部長(第二事業部空調資材本部東京営業部
長)西尾一夫
△第二事業部空調資材本部東京営業部長(第二事業部空調資材本部東京営業部
東京営業二担当部長)川村智


┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■コンチェルト社(カナダ)
1億4,500万カナダドル(9,190万ドル)の融資枠を整理統合。子会社の既存の
融資枠をカナダの金融関連5社から提供された新規の資金と入れ替える

■カスケーズ社(米国)
子会社パーキンズ・ペーパー社を通じてプレーン・ウェル社からティシュ生産
の2工場を5,740万ドルで買収

■ニュー・スター社(米国)
2006年までにスパンレース市場が約2倍に成長すると予想。2001年から2006年
で年間平均8%成長

■バックアイ・テクノロジーズ社(米国)
7月から9月期の収益低下。フラッフパルプの価格低下と米国テロ攻撃により悪
化している世界的な経済低迷が原因

■BASF社(ブラジル)
3,000万ドルを投じてサンパウロにアクリル酸ブチル生産工場を新設

■デュポン社(米国)
ジョージア州のナイロンカーペットのリサイクル設備を増設

■リア社(米国)
自動車用パーツ・インテリアメーカーのリア社は2001年の収益が低下すると予
想。最大顧客であるフォード・モーター社向けの生産カットが原因

■ナショナル・ノンウーヴンズ社(米国)
「ナチュラル・エレメンツ」ウールフェルトの新製品を発表。自然の美しい色
をヒントにした色合いが特長

■コーサ社(米国)
IMASAB社により保持されていた50%の所有権がコウチ・インダストリーズ社の
子会社に移行

■アウトソーシング・サービス・グループ(OSG)社、ダーマル・サイエンス社
(米国)
OSG社とダーマル社で不織布製品のコーティングとパッケージングの合弁会社を
設立

■ドーヴァー・フレクソ・エレクトロニクス社(米国)
ウェブ張力変換器の新製品を発表。インジケータ付きでナローウェブのプリント
プレスと加工機械の張力を監視

■ドーソン・テキスタイル・マシナリー社、アルカディア・テキスタイル・マシ
ナリー社(米国)
2社共同でドクター・オットー・アングルトナーのエアレイシステムの販売促進。
エアレイシステムは天然繊維と人工繊維(ファイバーグラス、木、ココナツなど)
の混合が可能

■アールストローム社(フィンランド)
米国のエンジンフィルター・繊維ベース素材メーカー、ファイバーマーク社から
製品技術と関連設備を1,330万ドルで買収

■マンチィ社(英国)
プラスチックの再加工システムの新製品「マンチィK100」を販売開始。コスト
削減と品質向上の実現でより広い顧客獲得を目指す

■ヘルストラスト・パーチェシング・グループ社(米国)
メッドライン・インダストリーズ社に同社のサージカルパックとガウンの「プ
ロキシマ」製品1,500万ドルの契約を提供

■リア・コーポレーション(ドイツ)
欧州の自動車業界向けの事業に投資、拡大を強調。ドイツとスペインに技術セン
ター、欧州6拠点に生産設備を設置

■ゼネラル・エレクトリック(GE)社、ハネウェル・インターナショナル社(欧州)
GE社とハネウェル社がGE社によるハネウェル社の買収を差し止める欧州委員会
の決定に上訴

■BBA社(英国)
前期の収益が前年同期比で800万ポンド低下の7,100万ポンド(約1億410万ドル)に

■アメリカン・ティシュ社(米国)
倒産により700人の従業員を解雇、2工場閉鎖に追い込まれる

┏☆製品開発☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■花王
香りシートを発売

花王は、異業種合同プロジェクト「Will」の第3弾商品として好評の新タイプの
香りシート“Will OneWeekアロマ”から10万人の人気投票で選ばれた“ココヤ
シゆらす風の香り”を中心とした“Will OneWeekアロマ 人気の香りを楽しむ
パック”を限定発売する。

今回の商品の中心である、新しい香り“ココヤシゆらす風の香り”は、インター
ネットや携帯電話から人気投票(8月実施)により、その結果を商品開発に反
映するという新たな試みで生まれた。ふわっとナチュラルな香りが約1〜2週間
続き、気分に合わせて、好きな時、好きな場所に貼って自然の香りを気軽に楽
しめる。
http://www.kao.co.jp/

■山一和紙工業
消臭機能をもつ障子紙を開発

山一和紙工業は,消臭機能をもつ障子紙“ム・シュー爽快空間”を開発した。無
機系の消臭剤と酸化チタンを抄き込んであり,光を当てることで悪臭の原因とな
る物質を分解する。(日経産業 10/4)

■佐武
ヨウ素使用した殺菌糸を開発

佐武は,糸にヨウ素樹脂をコーティングした殺菌糸を開発した。傷テープ,手術
後の包帯や殺菌靴下,花粉症用のマスクなどに用途を見込んでいる。
(日刊工業 10/4)

■富士通ゼネラル
空気清浄機能や内部の防カビ・除菌機能を強化したルームエアコンを発売

富士通ゼネラルは,空気清浄機能や内部の防カビ・除菌機能を強化したルーム
エアコン“プラズマエアロ(R)V”を発売した。プラズマ技術の応用とさら
に進化させた「先進呼吸(R)パネル」により、空気清浄・脱臭機能や内部ク
リーン(防カビ・除菌)機能を一層強化した。

また、新たな機能としてマイナスイオン発生器を搭載し、プラズマ強力空気清
浄、プラズマ内部クリーン、除湿機能との相乗効果により、マイナスイオン効
果を高める。 
http://www.fujitsugeneral.co.jp

┏☆催事☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ウェステック2001/廃棄物処理・再資源化展
11月27日〜30日に幕張メッセで開催

ウェステック2001/廃棄物処理・再資源化展(主催:ウェステック実行委員会)
が11月27日から30日まで幕張メッセで開催される。資源循環型社会の促進と環
境保全に寄与する廃棄物処理・再資源化技術を中心に約200の企業・団体が出展
する。

不織布関連では,瑞光が昨年と同様,同社が国内および中国本土での独占販売権
を有するスウェーデンのカマス社製の粉砕機や自社設備を用いた,古紙リサイク
ルを紹介する。
http://www.wastec.gr.jp/

■日本接着学会
第10回構造接着シンポジウムを開催

日本接着学会は,第10回構造接着シンポジウムを10月9,10日,東京・新宿の工
学院大学で「構造接着の機能と用途〜環境対応,接着の短時間化,資源の有効利
用化」のテーマで開催する。

「EVA系ホットメルト接着剤」(積水化学工業),「自動車における構造接着」
(サンスター技研)など2日間で,10講演が行われる。

■ダイニック
JR深谷駅構内で自社製品を展示

ダイニックでは同社埼玉工場の最寄駅であるJR高崎線・深谷駅構内において10
月12日まで,同社の主要製品の展示を行っている(13:00〜19:00)。展示品は,
文具紙工品用クロス・情報関連製品・生分解性関連製品・不織布関連製品など。
入場は無料。

┏☆発 行☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.28☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2001.10.15☆ ━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,クライアントの皆
様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.製品開発

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第7回大阪国際繊維機械ショー/7th OTEMAS
予想来場者数を大幅に下回る約94,000人の来場に留まる

第7回大阪国際繊維機械ショー /7th OTEMASが,「繊維産業のIT革命を提案する
7th OTEMAS」をテーマに,10月8日〜13日の6日間,インテックス大阪で開催され
たが,入場者数は主催者が予想していた約23万人の半数にも満たない約94,000人
に留まった。

アメリカで発生した同時多発テロの影響や,OTEMASとほぼ同時期にシンガポール
で開催されている「ITMA ASIA」の影響が大きいと推測される。

不織布関連の出展も前回と比較すると実機の展示は少なかった。

大型機械の実機展示として目を引いたのは伊藤忠テクスマックが出展した,DILO
SYSTEM GROUPのSPINBAU LAP DRAFTER type vst4(最大働幅7,000mm)やヒラノテ
クシードが展示した“シュリンクサーファSS-V”など。

ティワイテックスはラローシュ社の不織布耳屑のオンライン開繊として設計され
た“エッジトリムオープナー”などの実機を展示した。

また,日本マイヤーではピエドジャガード付ダブルラッシェル機やコンピュータ
制御4枚筬トリコット機などの大型マシンを出展するとともに,その製品例を紹
介した。

コルテックやキンダイが全自動高速ロールカッターを,松下精機が“フロック
カッター”を実機展示した。

詳細は弊誌次号Vol.12 No.4(12月末発行予定)に掲載の予定。

展示会の速報は下記ホームページで紹介されている。
http://www.otemas.or.jp/


┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■経済産業省
タオルに係る繊維セーフガード調査期間を6ヵ月延長

経済産業省は11日,中国などから輸入されるタオルに緊急輸入制限(セーフガー
ド)を発動するかどうか決める調査期間を6ヵ月延長すると正式発表した。15日
が当初の調査期限だが来年4月15日まで延長する。
http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0001969/

■日清紡
コットン不織布の生産能力を倍増

日清紡はコットン100%のスパンレース不織布“オイコス”を増産する。藤枝工
場(静岡県藤枝市)に来年3月に製造設備を新設し,生産能力をほぼ倍増する。
投資額は約10億円。コットン不織布は肌にやさしい素材として医療分野や生理
用品などの需要が拡大している。2000年度に年間8億円だった売上高を2002年度
に2倍以上の約20億円に伸ばす計画。(日経産業 10/11)

■小林製薬
高性能型投入し冷却シートの新規需要喚起

小林製薬は,額などの発熱部に密着させて熱を冷ます冷却シートの高性能タイ
プを戦略商品として投入し,同市場のテコ入れに乗り出す。冷却力が従来製品
の1.4倍で,水分をたっぷり含んだゼリー状の透明シートタイプを商品化した。
(日本工業 10/12)


┏☆製品開発☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■古河電工
塩ビ電線被覆材を再利用した防草シートを販売

古河電気工業は,塩ビ製電線被覆材をリサイクルした雑草防止シートを本格販
売する。被覆材がもつ柔軟性,耐久性に着目して開発した製品で,削孔により
透水性をもたせた塩ビシートにポリエステル不織布を貼り合わせた二重構造。

■ガーデン・二賀地
屋上緑化の簡易マットを開発

造園工事のガーデン・二賀地は,住宅や商業施設の屋上を常緑植物で緑化する
簡易型のマット“エクセロ・フロー”を開発した。傾斜している場所でも植物
がはがれ落ちずに生育できるようにしたのが特色。(日経産業 10/11)


┏☆発 行☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.29☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2001.10.22☆ ━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,クライアントの皆
様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.製品開発
4.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第35回東京モーターショー
24日から幕張メッセで開幕

第35回東京モーターショーが24日から幕張メッセで開幕する(一般公開は10月
27日から11月7日まで)。21世紀は「環境の世紀」といわれるだけに,今世紀初
の同ショーには,各社ともハイブリッドカーなど環境対応に重点を置いたコン
セプトカーを出展している。

また,情報化時代を反映して,IT(情報技術)に対応した未来型コンセプトカー
なども展示される。

乗用車主体の展示は2年ぶり。テーマは“Open the door! くるま。未来を
「ひ・ら・く」”。乗用車メーカーは39社,二輪車メーカーは12社が出展する。

http://www.motorshow.or.jp/


┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■経済産業省
「繊維製品リサイクル推進会議」を年内に設置

経済産業省は,繊維製品の再利用の拡大を図る実行組織となる「繊維製品リサ
イクル推進会議」(仮称)を年内に設置する一方,ブティックなど流通段階で
の衣料品の仕入れ,在庫,破棄の実態調査に乗り出すことに決めた。
(日刊工業 10/17)

■アコーディス
セルロース繊維で新規事業を立上げ

オランダの大手合繊メーカー,アコーディスは19日,セルロース繊維で新規事
業を立ち上げると発表した。グループ会社の溶剤紡糸セルロース繊維メーカー
であるテンセルと,アコーディス本体のビスコースレーヨン短繊維事業を統合,
セルロース繊維でテキスタイルおよび不織布事業の拡大をめざす。
(化学工業日報 10/22)

■米ゼネラル・モーターズ(GM)とスズキ
燃料電池技術開発で協力

米ゼネラル・モーターズ(GM)とスズキは,燃料電池技術開発で協力すること
で合意した。車両への燃料電池搭載技術や将来への燃料電池電気自動車(FCEV)
の開発を共同で実施していく。
http://www.suzuki.co.jp/release/d/d011017b.htm

■住友生命
「痴呆ケアポータルサイト」を開設

住友生命は,痴呆性高齢者介護のための情報を集めたインターネットサイト
「痴呆ケアポータルサイト」を開設した。
http://www.chihoucare.com

全国痴呆性高齢者グループホーム協会,宅老所・グループホーム全国ネットワー
ク,日本痴呆ケア学会など約50の情報サイトにリンクを張っている。

■大和ハウス
外断熱工法を採用した木造住宅を発売

大和ハウス工業は、11月1日より、木造戸建住宅商品“クオレスト”を発売
する。木造戸建住宅のウッドコレクションシリーズではもっとも低価格帯であ
りながら、自由設計商品とし、外断熱仕様を採用した。また、共働き世代を想
定した明るい欧風の外観とし、家事効率を高める設備仕様、充実した収納スペー
スなどを提案する。ハウスラップとしてタイベックが従来通り採用されている。
http://www.daiwahouse.co.jp/topics/index.html

■繊維製品新機能評価協議会
消臭加工に基準適合マーク

繊維製品新機能評価協議会(JAFET)は,このほど消臭加工を施した繊維製品
の認証制度を発足させると発表した。同協議会が定める評価基準,安全基準を
満たした繊維製品に「消臭加工マーク」を表示していくもので,今年12月に第
1回の認証を行う予定。
http://www.sek.gr.jp/

■日本在宅サービス事業者協会
在宅サービス事業者の56%が赤字

日本在宅サービス事業者協会がまとめた2000年度の介護事業者の経営実態調査に
よると,訪問介護などを手掛ける在宅サービス事業者の56%が赤字だった。調査
は同協会の会員171事業者を対象に実施,80事業所から回答を得た。
(日経産業 10/22)
http://www.zaitaku-kyo.gr.jp/

■紙おむつ類と生理用品のPOSシェア9月ランキング

紙おむつ類は,1位がユニ・チャームで47.9%(前月比2.0%増),2位が花王で25.0
%(同0.9%増),3位がP&Gで10.2%(同1.3%減),4位が大王製紙で8.6%(同0.3%減),
その他が8.3%(同1.3%減)。

生理用品は,1位がユニ・チャームで38.4%(前月比0.6%減),2位が花王で25.8%
(同1.9%増),3位がP&Gで12.8%(同0.7%減),4位が大王製紙で10.7%(同1.4%減),
その他が12.3%(同0.8%増)。(日経流通 10/20)

■繊維統計確報(8月)不織布
       前月比  前年同月比
生 産  24,020t   97.7% 101.0%
出 荷  23,007t   98.1% 102.4%
在 庫  19,645t   95.9% 104.5%


┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ユニチャーム
カラーデザインになったベビー用紙オムツを発売

ユニ・チャームは,ディズニーベビーキャラクターで人気のベビー用紙オムツ
“マミーポコパンツ 超通気スリム”を,従来からの単色デザインからカラー
デザインにすることで,より魅力度の高いデザインへ変更するとともに,紙オ
ムツの基本ニーズであるモレない機能をさらに改良して順次新発売する。

同社ではまた,ウエットティシュカテゴリーでトップブランドの“シルコット
ウェットティッシュ”のキャンペーン「いろいろ使ってプレゼント」を来年1月
末まで実施する。
http://www.unicharm.co.jp/

■ユニ・ハートス
ペット用紙おむつを発売

ユニ・チャームグループのユニ・ハートスは,ペット用紙おむつ(S・Lサイズ)
を発売した。動いてもズレずにモレない工夫がこらされている。
http://www.heartous.co.jp/

■クレシア
男性用尿吸収パッド“ポイズパッド男性用”を発売

クレシアは,男性用尿吸収パッド“ポイズパッド男性用”を11月から発売する。
軽度尿失禁は圧倒的に女性に多く見られるが,男性の場合はとくに前立腺肥大
に起因する特有の尿モレや排尿障害が現れ,軽視できない。同社では新たな市
場ポジションの確立をめざす。

■東リ
「環境壁紙」を新発売

インテリア業界で環境問題に積極的に取り組んでいる東リは、このほどリサイ
クル可能な塩ビ壁紙 “リサイブル”はじめ、寸法安定性に優れた不織布壁紙
“ウェブウォール”、壁紙でありながら本格的な木の味わいの“ウッドデコ腰
壁”、ペンキ塗装感覚の“塗装仕上げ壁紙”など環境と安全に配慮した“環境
壁紙”を発売した。

このうち自然素材で寸法安定性に優れた壁紙が欲しい,という要望に応えて開
発したのが不織布壁紙“ウェブウォール”(30点収録)。不織布の特長は伸縮
に強い、 即ち寸法安定性に優れていることだが,表面がポーラス(粗い)である
ため精緻な印刷が難しいことと、汚れ防止の撥水剤の均一性に課題が残った。
そこでウェブウォールは、不織布の表面に紙を積層することにより、この課題
を解決している。
http://www.toli.co.jp/newsrelease/index.html

■ダイセルファインケム
灯油の臭いを消すウエットシートを発売

ダイセルファインケムは,灯油の臭いを消すウエットシート“灯油ニオイ消し
手拭き”を発売した。サトウキビ抽出液からつくった消臭剤を使用しているた
め手肌にやさしいのが特長。

■ハザマ
ヤシ殻マット使い屋上・壁面緑化システムを開発

ハザマは、保水性、透水性、通気性に優れたヤシ殻製植栽基盤を用いた屋上・
壁面緑化システムを、クレアテラネットワークと共同で開発した。無潅水型の
屋上緑化については、従来セダム類にその適用がほとんど限定されていたが、
今回開発したシステムでは、ワイルドベリーなどいくつかの草花類にも適用が
可能である。さらに潅水装置をつければ、草花類から低木までの多種な植物に
よる屋上緑化が実現できる。
http://www.hazama.co.jp/ 

■旭メディカル
潰瘍性大腸炎治療用吸着型血液浄化器「セルソーバE」を新発売

旭メディカルでは、難病である潰瘍性大腸炎患者の活動期における病態の改善
および緩解導入を目的とする白血球除去療法用の吸着型血液浄化器“セルソー
バE”の本格的販売を開始した。

同製品は極細繊維の不織布からなる特殊フィルターで、潰瘍性大腸炎患者の血
液を体外循環し、このフィルターを通過させ、血液から活性化白血球を吸着除
去して治療する医療用具。副作用が少なく、ステロイド治療抵抗性の重症また
は中等症の全大腸炎型及び左側大腸炎型の患者の治療に高い効果が期待されて
いる。 
http://www.asahi-kasei.co.jp

■三菱レイヨン
環境対応型タイルカーペット“コンセンサス”を発売

三菱レイヨンの関係会社である三菱バーリントンは、環境対応型タイルカーペッ
ト“コンセンサス”を200年1月から発売する。三菱レイヨンと共同開発したア
クリルゾルを裏打ち材(バッキング材)用樹脂として用いることにより、一般焼
却炉での焼却が可能となった。初年度数量は、100〜200千平米/年、2年以降
500千平米/年、初年度売上高1,000〜2,000百万円を目標にしている。
http://www.mrc.co.jp/

■ドリカム
天然素材を用いた壁クロスを発売

環境ベンチャーのドリカムは,シックハウス症候群などに対応する住宅用の壁
クロス“でる・とーる材 スターレインボー”を開発した。有効な効能をもつ
6種類の天然素材を混練した不織布を裏紙と通気性クロスで挟んだ3層構造から
なる。(日本工業 10/22)


┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■中小企業テクノフェア2001
岸製作所がオリジナル製造機を紹介

先だって大阪で開催された「中小企業テクノフェア2001」が,10月31日から11
月2日まで東京に会場を移して開催される(東京ビッグサイト東4・5ホール)。

中小企業の優秀な加工技術・開発製品を一堂に展示・紹介する同フェアには,
加工技術,完成品,地域・グループの3つのゾーンの展示が行われる。

不織布関連では,岸製作所が300以上のオリジナル製造機を中心に紹介する。
小間番号は1602。

入場は無料。展示会の概要は以下のURLに紹介されている。
http://www.sme-tf.org/

■日本繊維機械学会
テキスタイルカレッジ「不織布実用講座」を開催

日本繊維機械学会では毎年,わが国の繊維産業の技術者および研究者の人材育
成と中堅の人向けの知識の整理を目的としてテキスタイルカレッジを分野別で
開催している。その一環として「不織布実用講座」を11月1,2日に大阪科学技術
センターで開催する。講座の内容は次の通り。

第1日目(11月1日)
(1)不織布概論/日本不織布協会 前関西支部長・西川文子良氏
(2)不織布の構造と性質および試験法/京都女子大学教授・矢井田修氏
(3)短繊維不織布の製法/日本不織布協会 関西支部長・日向明氏

第2日目(11月2日)
(4)不織布の仕上加工/ノンウーブンエンジニアリング事務所代表・高岡米治氏
(5)長繊維不織布の製法/ニッポン高度紙工業(株)不織布部長・六田克俊氏
(6)不織布の用途/(株)NTC開発部長・吉田誠一氏

問合せ先
日本繊維機械学会テキスタイルカレッジ委員会
TEL06-6443-4691 FAX06-6443-4694

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.30☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2001. 10.29☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,クライアントの皆
様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第28回国際福祉機器展/H.C.R.2001
3日間を通じて約13万4千人が来場

第28回国際福祉機器展/H.C.R.2001が10月24〜26日,東京ビックサイトで開催さ
れ,期間を通じて13万4,018人が来場した。

不織布関連では,国内の主だった大人用紙おむつメーカー(ユニ・チャーム,
P&G,花王,大王製紙,白十字,ネピア,トーヨー衛材,光洋,クレシア,イワ
ツキ,ピジョンなど)が出展し,サンプルを来場者に配るなどして,自社製品を
アピールした。

排泄処理関連ではそのほか,洗濯して再利用が可能な布おむつや集尿器,使用後
の紙おむつのパック器,おむつセンサーなどが展示された。

また,東洋紡やクラレ,帝人など繊維メーカーも介護衣類などを中心に出展した。
おしぼり加熱器メーカーのタイジでは,日清紡のコットン100%のスパンレース不
織布“オイコス”を介護タオルとして利用した製品を紹介した。

詳細は弊誌次号に掲載の予定。

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日立
固体高分子型燃料電池の軽量・低コスト化を図る金属セパレーターを開発

日立製作所・日立研究所はこのたび、固体高分子型燃料電池(PEFC)の軽
量化と低コスト化を図るための金属セパレーターを新に開発した。開発した金
属セパレータを用いた単電池の発電試験では安定した性能を確認している。こ
の金属セパレーターを用いて1.2kW PEFCスタックのコンセプトモデルを
試作し、従来材料を用いたセパレータに比較して大幅な軽量化が可能であること
を確認した。
http://www.hitachi.co.jp/

■松下電器産業
電気自動車販売に進出

松下電器産業は,トヨタ自動車グループの車体部品メーカー,アラコと提携し,
電気自動車販売に進出する。年内にも傘下の販売会社を通じ,アラコ製の超小型
自動車の本格販売に乗り出す。(日本工業 10/25)

■松下電器産業
家庭と病院をネットワークで結ぶ「在宅ヘルスケア支援システム」を発売

松下電器産業は、家庭と医療機関などをネットワークで結び、在宅での健康管
理の支援を容易に実現する「在宅ヘルスケア支援システム」を2002年2月より発
売する。同システムは、家庭に設置する「電子健康モニター」とデータセンター
に設置する「アクティブサーバー」、医療機関などに設置する「医療機関用端
末(パソコン)」で構成される。

家庭で「電子健康モニター」を使い、血圧や体温などの計測データや問診への
回答などの「健康情報」を「アクティブサーバー」に送信、医療機関では「医
療機関用端末」を使い、各家庭からサーバーに送信された「健康情報」をチェッ
ク、利用者にアドバイスや指導を行い。またTV電話を使ってリアルタイムで
健康相談を行うこともできる。
http://www.matsushita.co.jp/

■帝人
環境配慮型製品のブランドを統合

帝人は,環境配慮型製品のブランドを統合する。繰り返し使える樹脂ボトルや
大人用おむつなど多様な製品を展開しているが,担当部署ごとに環境配慮の特
徴を個別に訴えることに留まっていた。ブランド戦略を見直して,競争力の向
上につなげる。(日経産業 10/23)

■米J&J
協和発酵が保有するヤンセン協和の全株式を取得

米国ジョンソン・エンド・ジョンソンは,日本における合弁製薬会社であるヤ
ンセン協和に対し協和発酵工業が保有する40%の全株式を取得する合意書に調
印した、と発表した。ヤンセン協和は、医家向け医薬品の開発・製造・販売を
行う製薬会社で、78年の設立以来、米国ジョンソン・エンド・ジョンソンが全
株式の60%を保有している。

今回の買収により、ヤンセン協和は米国ジョンソン・エンド・ジョンソンの全
額出資会社となり、2002年1月1日より社名をヤンセン ファーマ(英文名:
Janssen Pharmaceutical K.K.)と変更する。今
回の株式取得は、同じく米国ジョンソン・エンド・ジョンソンの日本法人であ
るジョンソン・エンド・ジョンソンを通して行われる。
http://www.johnsonandjohnson.com/home.html

■パシフィック技研
環境マネジメントシステムISO14001の認証を取得

日本バイリーン100%出資の加工会社,パシフィック技研は,10月22日付けで審
査機関・日本化学キューエイより環境マネジメントシステムISO14001に適合する
事業所として登録された。

同社は1985年,日本バイリーン滋賀工場の加工部門が独立して設立された,主
に不織布素材を原料とした加工専門会社で,不織布加工部門と機器加工部門を
有している。認証の適用範囲は,不織布加工品の製造や委託製造管理,空調お
よびクリーンルーム機器の設計。

■大島産業
再生不織布の製造などでISO14001を取得

大島産業(福井市)は,再生ステープル,再生不織布の製造で環境マネジメン
トシステムISO14001の認証を取得した。

同社はPETボトルから再生した材料を使って不織布を製造するなど,繊維関連
のリサイクル事業を手掛ける専業メーカー。
http://www.vcnet.fukui.fukui.jp/co/jp/oosima.html


┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■SINCE'01が盛況裡に閉幕
ANEX'03とSINCE'03との共同開催を決定

さる9月26日から28日まで上海で開催されたSINCE'01/The 9th Shanghai
International Nonwovens Conference & Exhibition (主催CNTA:China
Nonwovens Technical Association )は,中国国内企業114社を含む249社が出
展し,17,500人以上(うち海外来場者は1,000人超)が訪れ盛況裡に閉幕した。

出展社はフロイデンベルグやデュポンなど欧米の大手不織布メーカーはじめ日本
からはクラレが参加。また,不織布製造機械メーカーではフライスナーやアスラ
ン,フェラーなど欧州勢が中心となって出展した。

不織布生産基地としての中国の将来性を期待して世界的な関心も高く,日本から
は日本不織布協会の山田忠美会長や岩熊昭三ANFA(アジア不織布協会)名誉会長
らが参加。また,米欧の不織布団体のINDAやEDANAからも会長らVIPが訪れた。

そして,会期中にもたれた関係者の会合で,2003年5月21日から23日まで上海で
開催されるANEX'03(Asia Nonwovens Exhibition,主催:ANFA)が第10回めの
開催となるSINCEと共催することを決定した。

したがって2003年にはSINCEの看板を掲げた展示会は開催されないことになる。
SINCEは2年ごとに開催されており,日米欧の持ち回りで3年ごとにアジアで開かれ
ている世界の3大不織布展(米IDEA,欧INDEX)のひとつANEX(前回のANEX2000は
大阪で開催)とは開会周期がずれる。そのため,2005年の次期開催がどうなるか
開催場所との関係もあり微妙だが,今回の共催決定を契機にANEXに併合され発展
的に解消する可能性もある。

なお,SINCEでは英文のホームページを開設している。
http://www.chinanonwovens.com/Englishweb/EnglishSince01B.htm

■海外における11月の不織布関連イベント

The Fiber Society's Annual Fall Meeting
会 期;10月31日〜11月2日
開催地;米国ネバダ州タホー湖
主 催;Contact: The Fiber Society

Techtextil South America
会 期:11月6日〜8日
開催地:ブラジル・サンパウロ
主 催;メッセ・フランクフルト
(http://www.techtextil.de)


┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ミクロメディカル
老人や身障者の負担を軽減する自動便尿システムを開発

ミクロメディカルは,寝た切り老人や下半身マヒの身障者でも自分で用を足す
ことができる自動便尿システムを開発した。光センサーを内蔵した簡易便器を
股間に当て,便尿が出たら自動的にお湯で洗い流し,本体に吸い込む仕組み。
(日刊工業 10/23)

■伊藤忠林業・アーキヤマデ
屋上緑化システムを開発

伊藤忠林業は,防水メーカーのアーキヤマデと屋上緑化システムを共同開発し
販売を開始する。水やりや除草などの維持管理がほとんど必要のない“薄層・
省管理型”と,多彩な植樹を行い癒し効果を狙った“庭園型”の2タイプ5プラ
ンをラインアップする。(日本工業 10/25)

■鴻池組・飛鳥建設・三井建設
低コストの屋上緑化法を開発

鴻池組・飛鳥建設・三井建設の3社は,リサイクル材を活用した歩行可能な
低コストの屋上緑化法を開発した。1平米あたり1万5千円。屋上に排水層を敷
設し,その上にリサイクル材からなる人工軽量土壌を10〜30cm載せて植栽する。
(日刊工業 10/23)

■J&J
「ハリー・ポッター」をキャラクターに起用した救急ばんそうこうなど発売

ジョンソン・エンド・ジョンソン コンシューマー カンパニーは11月1日より、
世界中の子供から大人まで楽しめる大ベストセラー本「ハリー・ポッター」を
キャラクターに起用した救急ばんそうこう「バンドエイド」および「リーチ」
歯ブラシの新製品を発売する。

「バンドエイド」は、ハリー・ポッターオリジナルデザインテープ、「リーチ」
はハンドル部分にハリー・ポッターのイラスト入りで、それぞれの機能・品質は
そのままに楽しんで使える。
http://www.jnj.co.jp/

■松下電工
インテリア住宅部材でシックハウス対策を推進

松下電工では、低ホルムアルデヒド化とともにトルエン、キシレンを使用しな
い原材料で構成された住宅用内装収納部材「WXシリーズ」を今年6月業界に先
駆けて発売し、好評を博している。

そしてこのほど、2002年3月までにインテリア住宅部材の全シリーズ(WX/M
X/NX/RX/LXシリーズ)をトルエン・キシレン対策はもちろん、スチ
レンの放散量の大幅削減とフタル酸ジ‐n‐ブチル・フタル酸ジ‐2‐エチル
ヘキシルを原材料に使用しない仕様に切り替える。

これにより住宅性能表示制度の5つの測定対象化学物質への対策とともに、厚
生労働省室内濃度指針値対象物質のうち、この商品群にもともと使われていな
い物質も含め、13品目すべてに対策を施した仕様で提供していく予定。
http://www.mew.co.jp/

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■JAPANTEX2002
開催概要が決定

第21回インテリアファブリックスショー/JAPANTEX2002が,2002年1月23日から
26日まで,東京ビックサイトで開催されるが,その開催概要が発表された。

テーマは,「東京・有明宣言・・・・インテリアも環境です。」その趣旨は,イン
テリアが本来もっている環境としての原点に立ち返り,東京・有明から世界に
アピールしようとするもの。ポスターは,明るくシンプルなビジュアルなデザ
インを採用した。
http://www.japantex.jp

■四国紙パルプ研究協議会
平成13年度第2回講演会を開催

四国紙パルプ研究協議会では,平成13年度第2回講演会を12月6日,愛媛県紙パ
ルプ工業会館(川之江市)で開催する。講演内容は次の通り。

特別講演「新しいビジネス創造のために」
高知工科大学副学長 理学博士・水野博之氏

研究発表「スパンレース不織布の基礎研究ー多層不織布の開発」
高知県立紙産業技術センター技師・佐々木麻矢氏

愛媛県製紙試験場成果発表会
「生分解性樹脂の複合化技術について」
愛媛県製紙試験場研究員・兵頭孝次氏

「古紙パルプ中の粘着物質の固定と除去方法の検討」
愛媛県製紙試験場研究員・大橋俊平氏

問合せ先
愛媛県製紙試験場技術支援室長 武田邦夫氏
TEL0896-58-2144 FAX0896-58-2145

■日本不織布協会
医療資材分科会を開催

日本不織布協会・医療資材部会では,医療資材分科会を11月12日,大阪府中央区
の大阪府立女性総合センター(ドーンセンター)で開催する。講演内容は次の通り。

「EANコードについて」名城大学大学院都市情報研究科保健医療情報学
酒井順哉教授

問合せ先
TEL03-5688-4041(東京) 06-6945-4088(大阪)


┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━