━━☆No.31☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2001. 11.5 ☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,クライアントの皆
様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2001年度上半期の国内パソコン出荷
総出荷量は前年同期比10.5%も割り込む

マルチメディア総合研究所がまとめた2001年度上半期の国内パソコン出荷概要
によると、国内市場は、折からのIT(情報技術)不況の影響を受けパソコンの売れ
行きに急ブレーキがかかり、総出荷量は前年同期比10.5%も割り込む559万5,000
台まで落ち込んだ。

上半期での前年割れは98年度上期以来となるが、10%を超える減少は初めてとな
る。とりわけ個人消費が急速に鈍化し、コンシューマー需要を支える店頭ルート
が同17.8%減少した。

メーカー別に見ると、NECは、10月のNECカスタマックスなど新会社設立に
向け8月・9月の出荷を絞り、余剰在庫の発生防止に努めたこともあり上位メーカー
のなかでは最もダウン幅が大きかった。

店頭販売を主力とするソニーは、全体が大きく落ち込むなかVAIO人気に支えられ、
一人健闘している。また、前年下期にかけて納期などに問題を抱えていたソーテッ
クが4〜6月実績の大幅下方修正を発表、在庫調整のため7月以降出荷を大幅に抑
えている。

下期以降の見通しだが、MM総研では、4月当初2001年度国内パソコン市場を前年
比7%増の1,500万台と予測した。しかし下期においても店頭ルートが前年割れす
ること、米国同時多発テロの影響が伝搬し、景気回復に向け明るい兆しの見えな
い訪販ルートの状況を合わせると、前年比13%減の1,220万台程度に止まりそうだ。

ちなみに、店頭ルートが通期約560万台(前年比16%減)、訪販ルートが同約660万台
(同9%減)と予測する。
http://www.m2ri.co.jp/newsreleases/011029.htm


┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本バイリーン
衣料用芯地に格段の接着性能を実現したニュー・ダブルドット加工開発

日本バイリーンの衣料資材本部は、芯地のベース(基布)表面に樹脂によるプ
リント層を付与する新しい技術(ニュー・ダブルドット加工)を開発、今後芯
地生産に本格的に採用することを決定した。

開発したニュー・ダブルドット技術(特許申請中)は、特殊な樹脂の配合から
なるプリント配合設計により、強い接着力を発揮することが最大の特徴。この
ニュー・ダブルドット加工を施すことで、従来のダブルドット加工に比べても
初期接着力・耐ドライクリーニング性・耐洗濯性・耐スチームブロー性などの
接着性能が1.5〜約2倍と格段に向上する。

■川本産業
医療パック製品を増産

医療用ガーゼ大手の川本産業は,注射針やピンセット,ガーゼ・脱脂綿などを
詰め合わせた医療パック製品を増産する。販売が金額ベースで年率30%と大幅に
伸びているため,大津川事業所(大阪府忠岡町)に専用工場棟を建設,生産設
備の搬入を進めている。(日経産業 10/30)
http://www.kawamoto-sangyo.co.jp/

■松下電池工業
円筒形リチウム電池国内累計生産「10億個」を達成

松下電池工業は、1980年の自社生産開始以来、21年目の2001年10月30日、円筒
形リチウム電池の累計生産「10億個」を業界で初めて達成した。また,同社で
はリチウムイオン一次電池の新市場である車載用分野への本格進出を計画して
いることを明らかにした。

また,1931年の乾電池自社生産開始以来、70周年目の11月1日に、累計生産・販
売「1000億個」を業界で初めて達成した。
http://www.mbi.panasonic.co.jp/

■宇部サイコンと三菱レイヨン
ABS樹脂事業統合

宇部興産とゼネラル・エレクトリック・カンパニーの合弁会社である宇部サイ
コンと、三菱レイヨンは、両社のABS(アクリロニトリル・ブタジエン・ス
チレン)樹脂事業の統合につき合意し、2002年4月を目処に共同で新会社を設立
することとした。
http://www.mrc.co.jp

■旭化成
ポリカーボネートジオール生産設備を新設

旭化成はこのたび、機能化学品事業拡大の一環としてウレタンの原料に使用さ
れるポリカーボネートジオール(以下PCD)のアジア最大のプラントを、同
社水島地区に新設することを決定した。
http://www.asahi-kasei.co.jp

■三菱バーリントン
塩ビカーペットを再資源化

三菱レイヨンの子会社でカーペット事業を手掛ける三菱バーリントンは,裏打
ち材に塩ビを使った自社のタイルカーペットのリサイクル事業を始めた。オフィ
スなどで摩耗した自社製品を有料で回収し,床下配線を補助する床材に再資源化
する。(日経産業 10/31)

■佐々木化学薬品・イールド
不織布に光触媒機能

佐々木化学薬品とイールドは,金属チタン表面に直接光触媒被膜を析出した不織
布を開発した。過酷な使用環境でも長寿命を維持でき,窒素酸化物やダイオキシ
ンなど環境有害の分解に有効。(日刊工業 11/2)

■自工会
2001年上半期の自動車生産実績などを発表

2001年上半期(4〜9月)の四輪車の生産台数は4,765,411台で、前年同期の
4,904,435台に比べ139,024台・2.8%の減少となり、上半期としては3年ぶりの
マイナスとなった。

このうち乗用車の生産は3,935,623台で前年同期比2.5%の減少となり、上半期
としては3年ぶりのマイナス、トラックは799,764台で同4.8%の減少となり、7
年連続のマイナス、バスは30,024台で同10.4%の増加となり2年連続のプラス
であった。

また,同期の四輪車の自動車輸出台数は、2,082,954台で、前年同期の
2,259,173台に対して176,2199台、7.8%の減、また前年度下期の2,117,419台
に比べると34,465台、1.6%の減となった。

同期の輸出金額は、車両分298億4,335万ドル、部品分99億1,289万ドルの総
額397億5,624万ドルとなり、前年同期の446億3,414万ドルに対して48億7,790万
ドル、10.9%の減、また前年度下期の420億4,635万ドルに比べると22億9,011万
ドル、5.4%の減であった。

一方,高齢化社会を迎え福祉車両市場は拡大傾向にあり、とくに95年度に入り
高齢者向け需要の顕在化に伴い、軽自動車各社の本格的参入と小型車における
シートリフト・回転シート付車の需要増加により毎年30%以上の大きな伸びを
見せている。

2001年度上期は、前年度の介護保険制度導入による需要の反動減と景気低迷の
影響から15,067台・前年同期比6.6%増と台数は依然として高水準にあるものの、
伸び率は低下した。

http://www.jama.or.jp/

■JEITA
9月の民生用電子機器国内出荷実績を発表

電子情報技術産業協会(JEITA)が発表した民生用電子機器9月実績は1.668億
円、前年比90.6%と前年を大きく下回った。カーナビゲーションシステム、M
D複合機器を含むカーCDプレーヤを軸にカーAVC機器は同100.2%と堅調に
推移した。半面、カラーテレビ、VTRを中心に映像機器は同89.5%と前年を
大きく下回った。

また、音声機器は、MD関連機器の本格普及で前年水準が高く、その需要が一
巡したことや大幅な単価下落もあり同81.5%と引き続きマイナスを記録し、厳
しい状況にある。上記のほか、好調に推移した製品としては、既存分野の液晶
カラーテレビ、新規分野のPDP、BSデジタル関連機器、ホームシアターシ
ステムなどがある。
http://www.jeita.or.jp/

■繊維統計速報(9月)不織布
       前月比  前年同月比
生 産  25,116t  104.6% 101.0%
出 荷  23,662t  102.8% 100.1%
在 庫  19,794t  100.8% 107.1%


┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■米国
メキシコでの需要増で2001年前期の不織布の輸出が大幅に増加

■ウェスタン・ノンウーヴンズ社(米国)
新社長ケン・ハーディン氏就任で事業の統合と収益増を目指す

■アールストローム・グループ(フィンランド)
2001年前期のファイバーベース事業の営業利益が27%減少して2,710万ユーロに。
デクスター社ノンウーヴンズ部門買収により、売上高は27.6%増の8億5,100
万ユーロ

■テノテックス社(イタリア)
スペインにスパンレースラインを設置。新ラインを併せると総生産能力が5万t
以上に

■キンバリー‐クラーク社(台湾)
台湾のサニタリーメーカーのS.K.社と台湾スコット・ペーパーの事業を買収。台
湾で第2のサニタリーメーカーに

■シンセティック・インダストリーズ社(米国)
カーペットの新製品にニードルパンチ素材の使用を拡大

■ジョージア・パシフィック社(米国)
数ヵ所の製紙工場売却が影響して、第3四半期に損失を報告。第4四半期も低迷を
続ければ同社の全事業に悪影響があると予想

■ラモント・ホールディング社(英国)
リストラ策の一環として、テキスタイル・グループの新役員にビル・グリーブ氏
を任命

■メッドライン・インダストリーズ社(米国)
炭疽菌事件の影響で急速に需要が高まり、医療用フェイスマスク、グローブなど
保護用製品が一般消費者市場で不足気味

■ヴァージニア州立大学(米国)
科学者とエンジニアで米国軍用に高機能の包帯「バイオヘモスタット」を開発。
止血用に使用され、腕・脚などの切断の可能性を低減

■エルコール社(米国)
2002年度第1四半期の収益が18%増加。主力のルーフィング、不織布が好調

■ハンツマン・ポリマー社(米国)
2002年1月でテキサス州の工場のポリプロピレン・ラインを停止。他の生産拠点
でも合理化を進める

■テンセル社(オランダ)
テンセルとアコーディス社のビスコース繊維部門で特種セルロース繊維事業を開始

■キンバリー‐クラーク社(米国)
株価が7%低下。9月の同時多発テロ後、オフィスビル、ホテルなどの需要が低迷

■ポリマー・グループ(米国)
デュポン社にミラテック/エイペックス製品を提供することに合意


┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■クラレ
“軽くて・薄くて・暖かい”薄型軽量掛布団を開発

クラレはこのほど、通常の1層の中綿に代わり超極細シートの両側に中空繊維を
使った3層構造で、従来品と比べ暖かさは変わらずに、“軽くて・薄くて・暖か
い”薄型軽量掛布団を新たに開発し、11月5日から発売する。この布団は軽く、
上げ下ろしが楽になるとともに、薄く、収納時にかさばらないことから、とく
に高齢者や都会住まいで収納スペースに限りがある人などに適した商品。

ポリプロピレン超極細繊維シート(メルトブローン不織布)を、中空率の高い
ポリエステル綿ではさんだ3層構造を布団では初めて採用した。このため、同じ
厚みでも軽く、また繊維間に空気層が増えるため、保温性が向上する。
http://www.kuraray.co.jp/press/index.html


┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■中小企業テクノフェア2001
3日間で約9万人が来場

中小企業テクノフェア2001(東京会場)が,10月31日から11月2日までの3日間,
東京ビッグサイトで開催され,期間を通じて8万9,253人が来場した。

不織布関連では,岸製作所が出展し,同社の300以上のオリジナル製造機でつく
られた不織布や紙を素材にしたさまざまな商品(大人用紙おむつ,成型マスク,
不織布製ドレスカバー,トイレシートなど)を展示した。
http://www.sme-tf.org/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.32☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2001. 11.12☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,クライアントの皆
様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ユニチカ
複合スパンボンドを増強

ユニチカは,約30億円を投じて2003年度をめどに岡崎工場(愛知県岡崎市)の
ポリエステルスパンボンドの生産能力を約4割増強する。現在,同工場には7系
列の設備があり,年間生産能力は合計2万tだが,1系列増設して同2万7,500tに
する。食品包装材やクリーンルーム用フィルターの補強材向けに需要が拡大し
ている複合タイプ専用機を新設する計画。

さらにタイのバンコク近郊にもつ帝人との共同出資会社,タスコ社で3〜4年後
に設備増強計画がある。タスコの生産能力は現在年間4,000tだが,同2,000〜
3,000tの増強を検討している。これが実現すれば国内外の生産能力は4年後に
合計約3万4,000tに拡大する。
(化学工業日報 11/7,日経産業 11/9)


┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■カネボウ合繊
ポリエステル繊維断熱材の市場展開を積極化

カネボウ合繊は,独自の構造をもつポリエステル繊維断熱材“パーフェクトバリ
ア”の積極的な市場展開を図る。同製品は,PETボトル再生原料を60%使用した
100%ポリエステル繊維を不織布技術をベースにして開発した。
http://www.endeavorhouse.co.jp/Barrier1.htm

■チバ・スペシャルティ・ケミカルズ
中国に繊維用化学品工場を開設

チバ・スペシャルティ・ケミカルズ(本社:スイス・バーゼル市)は、11月
7日、テキスタイル機能材セグメントの新しい生産工場とアジア太平洋地域の
技術研修センターを、中華人民共和国広東省番禺(パンユー)に開設した。こ
れにより、同社のアジアでの拠点は、更に強化される。工場には、約100名
の社員が勤務する。
http://www.cibasc.com/japan

■大建工業・ニチハ
窯業系外装材、軟質繊維板事業で業務提携

住宅機器・建材総合トップメーカーの大建工業と窯業系外装材の最大手メーカー
のニチハは、それぞれが持つ強みと特長を活かし、事業の拡大と効率化を目的
に、窯業系外装材の相互生産委託について本日、契約を締結した。あわせて、
窯業系外装材および軟質繊維板の事業分野において、リサイクルに関する共同
研究などについても業務提携を行うことを基本合意した。
http://www.daiken-ad.com

■ホギメディカル
中期5ヵ年業績計画を策定

ホギメディカルは,2005年度を最終年度とする中期5ヵ年業績計画を策定した。
次期主力製品として育成しているキット製品を中心とした新製品の売上比率を
高めるほか,新工場の設置などで2005年度の売上高335億円をめざす。
(化学工業日報 11/7)
http://www.hogy.co.jp/

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■INDEX 02
来年4月16日から19日までスイス・ジュネーブで開催
日本不織布協会がツアーを実施

世界の3大不織布展のひとつINDEX 02(主催:EDANA)が来年4月16日から19日ま
でスイス・ジュネーブにある展示会場「Palexpo」で開催される。すでに400社を
越す不織布関連の企業・団体が出展を登録,99年に開催された前回を10%上回る
2万平米の展示スペースに展示を繰り広げ,約12,000人の来場が見込まれている。

また同時に,“不織布に価値を加える”をテーマに会議も開催され,1,000人を
越す参加者が予想されている。
http://www.index02.ch
http://www.Palexpo.ch

日本不織布協会では,同展の視察旅行を実施する。6泊8日(4/14〜21)のAコー
スと4泊6日(4/14〜19)のBコースの2タイプがある。費用はAコース336,000円,
Bコース265,000円。同時に,フランスの不織布カード機メーカー,チボー社と
ポーランド最大の不織布メーカー,ノービータ社の工場見学も予定されている。

問合せ先
日本不織布協会 TEL03-5688-4041(東京) TEL06-6945-4088(大阪)
インセンティブ TEL06-6543-8875 フリーダイヤル0120-887587


┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■クラレ
建築用ハウスラップ“バイソル”を発売

クラレは、超極細繊維不織布と高強力不織布を特殊加工にて複合することによ
り、透湿防水性に優れ、透明性も兼ね備えた新しいタイプの建築用ハウスラッ
プ“バイソル”を開発し、11月10日から発売した。

超極細繊維不織布、特殊接着不織布、高強力不織布の3層構造からなる。表面に
は、透湿性に優れるメルトブローン製法の超極細繊維不織布を使用。さらに特
殊接着不織布を用いた特殊加工をしたことで、超極細繊維不織布の持つ透湿性
などの特長を損なうことなく、防風性・防水性・透明性を付与した。
http://www.kuraray.co.jp/press/index.html

■フットマーク
男性用失禁トランクスを発売

水着および介護用下着製造のフットマークは、男性用新型失禁トランクス“吸
収快男児”を12月に発売する。トランクスの内側の吸水パッドにも窓を設けた
ことで、排尿時にトランクスごと下げる必要がない。
http://www.footmark.co.jp/

■東レ・太陽工業
テント倉庫などの膜構造物に最適な、環境に配慮した脱塩ビ膜材を開発

東レは,大型テントなどの膜面構造物メーカーである太陽工業はこのほど環境
意識の高まりから、塩化ビニル(塩ビ)樹脂を使用せず、防水性や難燃性など従
来の性能を維持した脱塩ビ膜材を共同で開発した(製品名: 東レ“エコロシェル”
太陽工業“テンダーマックス”)。
 
この膜材は、ウレタン樹脂と難燃剤を配合した樹脂組成そのものを、ポリエス
テル繊維織物の両面にコーティング、もしくは片面にコーティングして、もう
一方の面にはフィルムをラミネートするなど、自由度のある構造を形成するこ
とができる。難燃剤にはリン系化合物を使うなど、従来の塩ビ樹脂使用の膜材
と同等以上の性能を備えた上に、環境に大きく配慮している。
http://www.toray.co.jp/release/news/fiber/nr011108.html

■横浜ゴム
漏水に対する安全性を高めたウレタン塗膜複合防水工法を開発

横浜ゴムは、ビルやマンションなどの防水工事のために、より漏水に対する安
全性を高めたウレタン塗膜複合防水工法“アーバンルーフHVS工法”を開発、専
用資材の販売を開始した。すでに都内の中学校校舎の改修工事用などに採用さ
れている。

ウレタン塗膜防水工法は、屋上やベランダなどに液状のウレタン樹脂を塗り硬
化することで防水層を形成する工法。アスファルトをフェルトに染み込ませた
シートを溶融アスファルトで3〜5枚貼り重ねるアスファルト防水や、ゴムシー
トなどを貼るシート防水などに比べ、複雑な形状でも簡単に施工でき、シーム
レスな塗膜で美観に優れるなどの特徴がある。そのため近年、同工法のシェア
が伸びており、改修工事用として需要が多い。
http://www.yrc.co.jp/pr/index.html

■住友スリーエム
建築・建材用途向け熱膨張性延焼防止材を2種類発売

住友スリーエムは、延焼防止材としてテープ状の“3Mファイヤーバリアー熱
膨張性シートウルトラGS”と、1液性シーリング材の3Mファイヤーバリアー
1000NSシリコンシーラント”を建築・建材用途向けにこのほど販売を開
始した。

建物内には、電力系通信系などのケーブルや各種の配管が張り巡らされ、建物
の区画を構成する壁や床などを貫通している。建物内の延焼防止には、火災時
に区画間の貫通部や区画を隔てる防火戸などを密閉することが大切となる。こ
のため貫通部や隙間の形状に対して施工性が良く、火災時には有効に膨張して
隙間を密閉できる延焼防止材が求められている。
http://www.mmm.co.jp/

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日刊工業新聞社
特別ゼミナール「不織布の新たな展開を探る〜商品開発の現状と課題〜」開催

日刊工業新聞社主催、日本不織布協会協賛による特別ゼミナール「不織布の新
たな展開を探る〜商品開発の現状と課題〜」が12月4日、日刊工業新聞社大阪支
社で開催され、7題の講演が行われる。
http://www.nikkan.co.jp/edu/

■IPEC21 インテリアのプロと企業をつなぐ国際展示会とセミナー
“健康な環境へ”テーマに11月19日〜21日,東京ビックサイトで開催

インテリアのプロと企業をつなぐ国際展示会とセミナー「IPEC21」が “インテ
リアからの発信 健康な環境へ”をテーマに11月19日〜21日まで東京ビックサ
イトで開催される。
http://www.ipec21.jp

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.33☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2001. 11.19☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,クライアントの皆
様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■三井化学
タイでポリプロピレン(PP)製スパンボンドを生産

三井化学は14日、タイでポリプロピレン(PP)製スパンボンドを生産すると発
表した。約60億円を投じて年産能力1万4000トンの製造設備を設置し、2002年末
の稼働を目指す。日系のPPスパンボンドメーカーが海外進出するのは初めて。

タイで生産するのは、子供用紙おむつの立体ギャザーや、全体を包むバックシー
トの素材となるPP繊維不織布。タイや中国などアジア地域に進出した紙おむ
つメーカーに供給し、一部は日本に持ち込む。日本での生産は高機能品に特化
する一方、タイでは汎用品に集中しコスト競争力を追求する。

とくにタイは日系おむつメーカーが相次ぎ生産進出している。PPスパンボン
ドはアジア地域で紙おむつ向けを中心に需要が年率20%の勢いで伸びており、
2005年には現在の倍増の年間4万トンに達すると期待されている。

東南アジアや中国で紙おむつ向けを中心として膨らむ同不織布の市場を開拓す
ると同時に、衛生材メーカーが求める現地供給の要請にこたえるのが狙い。周
辺材料を含めた売上高で2005年に50億円を目指す。

生産会社は「ミツイハイジーンマテリアルズ」で本社をバンコクに置く。資
本金は1320万米ドルで、三井化学の全額出資。工場はラヨーン県イースタンシー
ボード工業団地内に建設し、従業員は約50人でスタートする。社長には鈴木憲
二取締役樹脂加工品事業部長が兼務する。

工場はもう1系列(年間1万4000トン)建設できるスペースを確保しており、紙お
むつに使うフィルムなどの生産も検討する。

三井化学は、既に国内において100%子会社であるサンレックス工業内に年
産34,000トンのPPスパンボンド不織布生産設備を有し、事業展開を進
めている。

タイでの企業化を図ることにより、今後大きな需要の伸びが期待できるタイ、
中国を中心とする東・東南アジア地域での紙おむつ、生理用ナプキン等の衛生
材料用不織布の最適生産販売体制を構築し、海外メーカー品に対するコスト競
争力及び供給力の優位性を確保する。

生産設備完成後は、日本を含めたPPスパンボンド不織布の生産能力が年産
48,000トンに拡大し、アジアにおけるトップメーカーの地位が更に強固な
ものとなる。

http://www.mitsui-chem.co.jp/

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■三晶
新会社Del Star(デルスター)社との間で製品の国内販売を継続

特殊プラスチックメッシュ・ネットメーカーの米AET (アプライド・エクスト
ルージョン・テクノロジー)社のスペシャルティーネット・アンド・ノンウー
ブン事業部は,同じ事業を展開している米Nalle Plastics(ナーレ・プラスチッ
クス)社ナルテックス事業部がこのほど合併し,新会社Del Star(デルスター)
社を設立した。

三晶では,AET社のフィルムネット“DELNET”の国内販売を1988年から行ってい
るが,これに新会社が新たにラインアップしたNaltex/Plastinet(表裏二面性
構造をもつ熱可塑性樹脂ネット)や,Stratex(最高5層のラミネート構造),
Delpore(極細繊維のメルトブローン不織布)を加えて国内販売の取扱いを継続
していく。
http://www.sansho.co.jp/

■P&G
商品情報サイトを拡大

P&Gは,卸売り,小売店との商品情報などをインターネットで交換するサイト
「eコネクト」を本格稼働した。取引先向け営業を効率化するのが狙い。
(日刊工業 11/19)
http://jp.pg.com/business/b200107_02/index.htm

■呉羽化学工業
生分解性樹脂を事業化

呉羽化学工業は,生分解性樹脂を事業化に乗り出す方向で最終的な検討に入っ
た。独自に製法を確立したポリグリコール酸樹脂(PGA)で,まずパイロット
レベルのプラントを建設する見込みが高い。(化学工業日報 11/15)

■富士紡子会社
三泰貿易から自動車部品・繊維の輸出入営業権を譲受
 
富士紡績100%出資の連結子会社である富士運輸は、同社の持分法適用会社
である三泰貿易から自動車部品および繊維の輸出入に関する営業権を譲り受け
ることになった。

富士運輸は、フジボウグループの製品・原材料などの保管、輸送を行っている
が、さらなる営業基盤の強化を図り、輸出入を含めたフジボウグループの物流
業務の効率化を進めることを目的として、統合することとした。
http://www.fujibo.co.jp/

■ユニ・チャームの9月中間決算
連結営業利益が29%減少

ユニ・チャームが12日発表した2001年9月中間決算は,連結営業利益が90億円と
前年同期に比べ29%減少した。主力製品の幼児用紙おむつの国内販売が不振で,
ベビー関連商品の国内売上高が13%減少したことが響いた。下期はコスト削減な
どの効果を見込むものの,2002年3月期通期は1987年9月期以来の減収減益にな
るのが避けられない見通し。(日経 11/13)

■川本産業
大阪証券取引所第2部市場へ新規上場

大阪証券取引所は,米国同時テロの影響による市況悪化で第2部市場への新規
上場を延期していた川本産業を12月7日に上場する。
http://www.kawamoto-sangyo.co.jp/topics/topics_n0.html

■ユニチカ
岡崎工場がISO14001取得

ユニチカの岡崎工場(愛知県)および同地区のグループ4社の各事業所が10月
22日付で,ISO14001を取得した。取得範囲は,ポリエステル系樹脂・繊維・ス
パンボンド法不織布および医療用具の製造と開発ならびに環境測定分析業務。
(化学工業日報 11/14)

■紙おむつ類と生理用品のPOSシェア10月ランキング

紙おむつ類は,1位がユニ・チャームで41.9%(前月比7.5%減),2位が花王で26.4
%(同2.2%増),3位がP&Gで13.4%(同3.8%増),4位が大王製紙で9.3%(同0.6%増),
その他が9.0%(同0.9%増)。

生理用品は,1位がユニ・チャームで37.2%(前月比3.8%減),2位が花王で24.4%
(同0.3%減),3位がP&Gで14.6%(同2.2%増),4位が大王製紙で11.4%(同0.9%増),
その他が12.4%(同1.0%増)。(日経流通 11/17)

■繊維統計確報(9月)不織布
       前月比  前年同月比
生 産  25,369t  105.6% 102.0%
出 荷  23,690t  103.0% 100.2%
在 庫  19,844t  101.0% 107.3%


┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■欧州
ECがレンツィング社とアコーディス社の合併を差し止める

■米国
レイヨニア社、バッカイ・テクノロジーズ社、ジョージア・パシフィック社の
エアレイド・メーカー3社は、高付加価値サニタリー関連製品が堅調な売上を
示していると報告

■フェーラー社(オーストリア)
イタリアに4ライン、中国、スペイン、フランス、オーストリアに1ラインずつ
ニードルパンチラインを販売

■クロペイ社(米国)
来年夏に本社をオハイオ州から郊外へ移転。さらにケンタッキー州のポリエチ
レン・ポリプロピレン・フィルム工場でも拡張計画

■トレデガー社(米国)
プラスチック・フィルム事業の第3四半期収益が、前年同期の1,300万ドルから
2,100万ドルへ38%増加

■キンバリー‐クラーク社(米国)
モイストタイプのトイレットペーパー発売後3ヵ月の売上が景気低迷により同
社予想を下回る

■ポリマー・グループ(米国)
同時多発テロ以降の景気後退が影響して、第3四半期に欠損を計上、年末までに
リストラ策を強化

■欧州
変化の激しかった第3四半期が終了し、第4四半期は繊維と原材料価格が安定的
に推移

■アプライド・エクストルージョン・テクノロジーズ社(米国)
不織布、ネット、フィルター事業をデルスター・テクノロジーズ社に2,300万ド
ルで売却

■チェッリ社(米国)
イタリアのワインダー・スリッターメーカーのチェッリ社はフロリダ州のカスタ
マー・サービスセンターにエンジニアと専門技術者を配置して、米国での技術サー
ビスを拡充

■エルク社(米国)
住宅用アスファルトルーフィング・シングル材メーカーのエルク社は不織布を
使用した防音・防火・防水用の新事業を開始

■ブリティッシュ・ペトロリアム社(英国)
化学部門のリストラ策の一環として、不織布関連である織物・繊維とプラスチッ
ク製造の2部門を年末までに売却すると発表

■フェムプロ社(カナダ)
1,200万カナダドルを投じて、女性用サニタリー・食肉用シート製品を生産す
る設備を新設

■海外における12月の主な不織布関連イベント

Filtration 2001
期間;12月4〜6日
場所;米国イリノイ州・シカゴ
主催;INDA
http://www.inda.org

EDANA Training Course
期間:12月4〜6日
場所;ベルギー・ブラッセル
主催;EDANA
http://www.edana.org

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ライオン
女性向け顔用シートと温感の足専用シートを発売

ライオンは20〜30歳代の女性向けの顔用シート“トラブル肌なんとかし隊 大
人のニキビ薬用対策シート”と“同 大人の乾燥肌薬用対策シート”の2品を
販売した。いずれも目の回り用と口の回り用の2パーツで顔全体を覆う製品。

同社ではまた,足を温めてリフレッシュさせる足専用シート“足すっきりシー
トほんのりあったか休足時間”を発売した。足専用シートで温かい使用感のも
のは初めて。

■ネピア
吸収力が30%向上した厚手タイプのキッチンタオルを発売

ネピアでは、厚手タイプで吸収力が従来品よりパワーアップした“ネピア激吸
収キッチンタオル2ロール・4ロール)”を新発売する。配合するパルプを厳
選し厚手にすることにより、消費者の(1)吸収力のアップ、(2)丈夫さ、
(3)清潔な保管の3つのニーズに応えた。

また「ネピアキッチンタオル(2ロール・4ロール)」もパッケージをリニュー
アルする。
http://www.nepia.co.jp/

■ダイワボウ
天然素材を基材にした難燃導電布を開発

ダイワボウは,綿素材に金属メッキを施したノンハロゲンでアンチモニーフリー
の難燃導電布を開発した。ダイオキシン発生や発がん性の心配がないのが特徴
で,天然素材を基材にした難燃導電布は業界で初めて。(日刊工業 11/13)

■新日鉄
自動車シート部品用の引張り強度100キロ級冷延鋼板ハイテン材開発

新日本製鐵は、加工性に優れる自動車シート部品用の引張り強度100キロ級
(980MPa)冷延鋼板ハイテンを開発した。大手自動車メーカーにおいて
採用され、自動車シートの軽量化に対応した商品として今後の適用拡大が期待
される。
http://www.nsc.co.jp

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■国際アパレルマシンショー/JIAM 2002
21世紀の新しいビジネスモデルを紹介

アパレル生産から消費に至る関連技術のハード,ソフトを一堂に集めた,世界
の3大国際アパレルマシンショーのひとつである「国際アパレルマシンショー/
JIAM 2002」(主催:日本縫製機械工業会)が来年5月15日から18日まで,イン
テックス大阪で開催される。

特別企画の「アパレルITパビリオン」では,QR,SCMに対応する「もの作り」=
「アパレル実需直結生産システム」を実演する。
http://www.jasma.or.jp

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.34☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2001. 11.26☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,クライアントの皆
様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.製品開発

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ウェステック2001/廃棄物処理・再資源化展
瑞光が古紙リサイクルシステムを紹介

今回で11回目を数えるウェステック2001/廃棄物処理・再資源化展が,「もっと
地球に愛を!」をテーマに明日11月27日から30日まで千葉県の日本コンベンショ
ンセンター(幕張メッセ)で開催され,232社・団体(709小間)が最先端の技
術・製品を披露する。

同展示会は,廃棄物処理・再資源化の技術・関連機器・システムの開発・生産
・供給を行っている企業・団体と、それらを利用する企業・団体が、その成果
と今後の方向を総合的に展示し、より良い環境創出に寄与することを目的とし
て開催されている。また4回目となる「河川環境展2001」も同時開催される。
http://www.wastec.gr.jp

不織布関連では瑞光が,昨年に続いて古紙リサイクルシステムを紹介する。こ
れは新聞,雑誌,OA用紙といった低級古紙などのセルロースファイバーを2段階
でソフトな綿状に粉砕し,さらにマット製造機を組み合わせることによりマッ
トを製造するシステム。

マットの用途は,吸音材,断熱材,パルプモールド製品,建材用ボード,吸油
材,押出し建材,フィルター,各種パネル,自動車内装材,農業内装材などと
幅広い。なかでも同解繊技術はアスベスト代替として環境にやさしいリサイク
ル原料をつくるシステムとして注目を集めている。

瑞光では同分野で世界的な販売実績を有するスウェーデン・カマス社製の粉砕
機“Cell Millシリーズ”の国内および中国本土の独占販売権を昨年取得してお
り,瑞光の独自開発による「パルプ粉砕設備」と併せて,幅広い用途に応えら
れる体制ができている。
http://www.zuiko.co.jp/

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本バイリーン/2001年9月中間期連結決算
純利益は3億4,900万円で黒字化

日本バイリーンの2001年9月中間期の連結売上高は,263億3,300万円で前年同期
比3.2%減,経常利益は8億1,900万円で同8.8%減となった。空調やメディカル向
けが健闘したものの衣料,自動車,電気向けがふるわず,営業・経常段階とも減
益となった。

しかし,中間純利益は前年同期が退職年金一括処理に伴い大幅な特別損失を計上
したことで17億円の赤字だったが,当期は3億4,900万円となり黒字化を果たした。

年間の連結売上高は,前年比2.3%減の535億円,連結経常利益は前年比27.8%
減の15億円,連結当期純利益は7億円(前年は10億7,800万円の損失)になると
予想している。
http://www.vilene.co.jp/

■繊維大手8社
全社そろって経常減益

繊維大手8社(東レ,帝人,三菱レイヨン,東洋紡,クラレ,ユニチカ,日清紡,
クラボウ)の2001年9月中間決算は,景気低迷に伴う販売の落込みに加え,国内
外での市況下落が重なり,全社そろって経常減益となった。

下期以降も,繊維市況の回復が見込めないことや,フィルムなど他の事業に関し
てもIT産業向けを中心に需要が落ち込むなど厳しい経営環境が続く見通し。
(日本工業 11/22)

■自動車5社
今期の連結営業益2兆円に

自動車各社が収益力を急速に高めている。19日に出そろった大手5社の9月中間
決算ではトヨタ自動車、ホンダ、日産自動車が円安の追い風と合理化効果で最
高益を更新。三菱自動車工業とマツダを加えた5社の連結営業利益は2002年3月
期通期で約2兆円に達する見通しだ。米ビッグスリーの収益を9年ぶりに逆転す
る公算が大きい。

本業のもうけを示す連結営業利益は、9月中間期に5社合計で1兆87億円と前年同
期比47%増えた。売上高営業利益率はホンダが前年同期比2.3ポイント上昇の9.0
%で、トヨタの7.4%、日産自の6.3%に比べて高さが目立つ。
(日経 11/20)

■クラリアントポリマー
本社事務所を移転

クラリアントポリマーでは,本社事務所を下記に移転した。

〒113-8662 東京都文京区本駒込2-28-8 
文京グリーンコートセンターオフィス9F
TEL03-5977-7450 FAX03-5977-7452

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■光洋
尿専用の大人用紙おむつ発売

光洋は,尿専用の大人用紙おむつ“ニューウルトラ”を発売した。肌に当たる
部分が少なく違和感やムレ感を軽減した。男性用と女性用がある。
http://www.koyo-dispars.co.jp/

■川合技研
生分解性の畑の保温用シートを開発

川合技研では,自然に分解して土壌改良材にもなる畑の保温用シートを完成,
農業用資材分野に進出した。すでに建築資材用として木炭を不織布で包んだ
シートの製造販売をしており,その技術を応用して開発した。
(日刊工業 11/26)
http://www.kawai-giken.co.jp/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━