━━☆No.43☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2002. 2.4☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,クライアントの皆
様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■マルチメディア総合研究所
2001年国内パソコン出荷台数は1,300万台の大台割れ、前年比7%減少

マルチメディア総合研究所が発表した、2001年1〜12月の国内パソコン出荷実績
によると、国内パソコン市場は、深刻なIT(情報技術)不況の影響で個人消費が
低迷、企業の設備投資も抑制されるなどで急激に冷え込み、総出荷量は前年比7.1%
ダウンの1,229万5,000台と、前年比ダウンだけでなく1,300万台の大台を割った。
出荷金額は単価ダウンと出荷台数ダウンという不況スパイラルの影響で15.2%減
の1兆9,620億円に減少した。

メーカーシェアは、コンシューマー向けでひとり勝ちしたソニーが年間通じて初
の3位に、ビジネスユースで健闘した日立製作所とデルコンピュータが6、7位に躍
進。上位3位の常連だった日本IBMは4位に、1、2位の順位こそ変動はなかったも
のの、NECと富士通の差は1.5ポイントにまで縮まった。また、アップル、コン
パックなど外資や新興のソーテックなどは実績が急ダウンしており、国内パソコ
ン市場はサバイバル時代に突入していることが明らかになった。

商品別では、省スペース・モバイルへの需要傾向が強まり、これに単価ダウンが加
わったノートパソコンがデスクトップパソコンを上廻った。また、普及率はパソ
コン出荷が前年割れ(前年割れは、98年の0.3%減以来)したとはいえ、1,250万台近
くの出荷があり、44.5%にまで向上している。

http://www.m2ri.co.jp/newsreleases/020130.htm

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■経済産業省/繊維製品3R推進会議
衣料品回収網構築へ

経済産業省の繊維製品の再利用拡大を図る実行組織である「繊維製品3R推進会
議」は,2005年をめどとするアパレル製品の全国的な回収ルートの構築と,デ
ザイン段階からリサイクルを前提とした商品設計基準の普及を,当面の重点課
題とする。(日刊工業 2/1)

■環境省
産業廃棄物規制の実態調査まとめる

環境省は,都道府県などの自治体を対象にした産業廃棄物の規制に関する実態
調査をまとめた。それによると,他府県などからの産廃の「流入規制」を行っ
ている自治体は32道県と全体の3分の2を超えた。また,産廃処理施設の設置要
件に「住民同意」を盛り込み,施設の新設を規制している自治体も27道府県に
達している。(日本工業 1/30)

■環境省
廃車リサイクル適正管理に向け電子式マニフェスト開発

環境省は,自動車リサイクル法の施行に向け,来年度からICカードや携帯電話
などを活用した電子マニフェストシステムの開発を進める。廃車の複雑なリサ
イクルの流れに対応させる。(化学工業日報 1/31)

■環境省
「環境会計ガイドライン(2002年版)」案を公表

環境省は昨年10月11日に設置した「環境会計ガイドライン改訂検討会」におけ
る検討の結果、「環境会計ガイドライン(2002年版)」(公開草案)をとりま
とめた。それによると,環境会計の構成を,貨幣単位で示す環境保全コスト,
物量による環境保全効果,環境保全対策に伴う経済効果の3つの要素とし,それ
ぞれについて対象とする項目や算定方法などを示した。

同省では同案について、広く国民から意見を聞くため、郵送、ファクシミリお
よび電子メールにより、意見を募集(パブリックコメント)している。
http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=3115

■全国都市清掃会議
繊維製品の資源回収を調査

全国都市清掃会議(全都清)は,自治体(市区町村)を対象とした「古布・古
着など繊維製品の資源回収についての調査結果」(速報)をまとめた。それに
よると,布団を含む繊維製品について資源回収を実施していない自治体は51.7
%と過半数を占めた。そのうち今後も「資源回収する計画がない」とするところ
が90.0%に達し,リサイクルに向けた資源回収を敬遠する自治体が多いことを浮
き彫りにした。(日本工業 1/30)
http://www.env.go.jp/info/koeki/2005.html

■ダイニック
有機EL向け水分除去シートを事業化

ダイニックは,次世代ディスプレイとして期待される有機エレクトロ・ルミネッ
センス(EL)向け材料である水分除去シートを2002年度から事業化する。開発し
たのは“水分ゲッター”(製品名)。多孔質のフッ素樹脂に,同社が独自開発し
た水分除去能力の高い酸化カルシウムを混ぜてシール状にした製品。ディスプレ
イの封止缶に張り付けて使う。(日経産業 1/30)

■日商岩井
中期経営計画を発表,繊維から撤退

日商岩井は、2002年4月から2005年3月まで3ヶ年の経営計画となる「中期経営計
画2005」を発表した。財務基盤強化と収益力向上を図るために,資源・エネル
ギーなど5分野を重点事業分野に定め,繊維など低採算事業からは撤退する。
(日経 1/30)
http://www.nisshoiwai.co.jp/nic/j/ir/020129.html

■サンダイヤポリマー
高吸収性樹脂を2割増強

三洋化成工業と三菱化学の共同出資会社,サンダイヤポリマーは今夏までに,高
吸収性樹脂の生産能力を2割増やす。新しい設備は導入せず,既存設備の改善など
で対応,投資額を約10億円に抑える。増強分は当面輸出中心に振り向ける。
(日経産業 2/4)

■クラレ
使用済み防球ネットを発電ボイラーの燃料に

クラレはアサヒネットなど合繊製ネットの販売・工事業者5社と共同で使用済み
の防球ネットを回収し,発電用ボイラーの燃料として活用するサーマルリサイク
ルシステムを構築した。
http://www.kuraray.co.jp/press/index.html

■ライオン
店頭支援で新会社

ライオンは4月に,店頭支援の強化を目的に新会社を設立する。昨年スタートし
た中期経営5カ年計画にあげた営業力強化の一環で,昨年すでに従来の2倍とな
る150人規模へと店頭営業を増員している。(化学工業日報 1/30)

■三晶
新研究所を建設

三晶は,関西文化学術研究都市に総工費4億円を投じ,新研究所を建設する。従
来の研究拠点である枚方研究所(大阪府枚方市)が老朽化し手狭になったため。
今年7月中旬の完成予定。
http://www.sansho.co.jp/new-lab.htm

■小野里工業
屋上緑化工事に進出

建設業の小野里工業はビルの屋上に樹木、芝生などで緑地をつくる屋上緑化工
事に進出する。ドイツから防水用の天然ゴムシートやフィルター類を輸入して
施工する。主に病院、マンション向けに工事を手がけ、初年度で約十件の受注
を見込んでいる。建設不況のなか新分野開拓で生き残りを目指す。
(日経産業 1/31)

■クラレ
つくば研究所がISO14001の認証取得

クラレつくば研究所が国際標準化機構(ISO)の定める環境に関する管理システ
ムの国際規格「ISO14001」の認証を(財)日本品質保証機構(JQA)より取得し、
全生産事業所・研究所での認証取得が完了した。
http://www.kuraray.co.jp/press/index.html

■ホギメディカル
本社を移転

ホギメディカルでは現在,文京区湯島にある本社オフィスを2月12日より港区赤
坂の新社屋に移転し、業務を開始する。製品のショールームなども新たに設置す
る。

移転先は次の通り。
・住所:東京都港区赤坂二丁目七番七号
・TEL :03-6229-1300(代表)
・FAX :03-6229-1350(代表)
http://www.hogy.co.jp/main.php?site_area=0

■日本バイリーン
人事異動(2月1日付)
▽第二事業部自動車資材本部技術部長(総合支援部付 VIAM MANUFACTURING,
INC.出向)北澤敬光
▽総合支援部付 東京加工技研(株)出向(滋賀工場総務部長)中田捨三郎
▽資材部滋賀購買担当部長(滋賀工場製造部生産管理担当部長)本坊利治
▽滋賀工場総務部長(総合支援部付 ブイエスエス(株)出向)園田耕三
▽東京工場総務部総務担当部長(資材部滋賀購買担当部長)福田哲夫

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ポリマー・グループ(米国)
融資債務の不履行により、3月までに新規契約

■ジョージア・パシフィック社(米国)
新規マネージメント・チームで不織布の新製品と技術を展開

■レンツィング・ファイバー社(米国)
スイスのベンチャー投資企業に61%の所有権を売却、経営陣は現状維持

■リア社(米国)
不織布を使用した自動車の防音素材の特許を米国で取得。自動車のフロアシス
テム“ソノテック”ブランドシリーズで年間6,000ドルの売上を見込む

■ファイバーマーク社(米国)
2001年第4四半期の結果が予想より13〜25%下回ったと報告。9月末までの9ヵ
月で売上2億9,300万ドル、株あたり1.65ドルの損失を計上

■アルバニー・インターナショナル(米国)
世界的な製紙業界の統合が影響して、イタリアと米国のペーパー・フェルト生
産を停止

■ダウ・ケミカル社、ライヒホールド社(米国)
2社の合弁企業であるダウ・ライヒホールド・スペシャルティ・ラテックス社が
スタート。世界最大の特種ラテックメーカーが誕生

■米国
政府・州が燃料電池車の開発支援

米国で政府や州が燃料電池車開発への支援計画を相次ぎ打ち出している。エネ
ルギー省が多額の助成を表明。自動車産業の中心地ミシガン州も税制優遇など
で関連産業の育成・誘致をめざす。(日経 1/30)

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■住友スリーエム
エアコン向け高性能空気清浄フィルター発売

住友スリーエムは,エアコン用の高性能空気清浄フィルターを発売した。PP製
の不織布ファイバーに静電気を永久帯電させた製品で,0.1ミクロンのミクロサ
イズ粒子も捕集可能。エアコンのメッシュフィルターの外枠に合わせてカット
し,付属の両面粘着テープで装着する。(化学工業日報 2/4)

■清水建設
廃棄物最終処分場の遮水シート破損箇所の効率的な補修工法を開発

清水建設はこのほど、廃棄物最終処分場の遮水シートの破損箇所に対し、確実
でしかも効率的な補修ができる薬液注入工法“スプレッド工法”を開発・実用
化した。この工法は、1回の注入で、破損箇所周辺に強固な不透水層をつくるこ
とができ、より確実な補修が可能。さらに、従来の約20倍の面積の不透水層を
つくれるので、作業の効率化が図れ、工期短縮とコスト低減にも貢献できる。
既に、フィールドでの実証実験を行い、補修効果を確認している。
http://www.shimz.co.jp/news_release/463.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本繊維機械学会 不織布研究会
第39回 研究例会を開催

日本繊維機械学会不織布研究会(矢井田修委員長)では,第39回研究例会を2月
26日,大阪市西区の大阪科学技術センターで開催する。講演内容は次の通り。

(1)7th OTEMASならびにITMA ASIAにみる不織布機械の動向/伊藤忠テクスマック・
大久保元博氏
(2)統計からみる我が国の不織布産業/日本不織布協会・日向明氏
(3)紀州備長炭繊維の開発動向/オーミケンシ・浅見孝志氏

問合せ先
日本繊維機械学会
TEL06-6443-4691

■JAPANTEX2002
約2万5千人が来場

1月23日〜26日の会期で東京国際展示場(ビッグサイト)で開催されたJAPANTEX
2002/インテリアファブリックスショーには,約2万5千人が来場し,盛況裡に閉
幕した。
http://www.japantex.jp/


┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━☆No. 44☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2002. 2.12☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,クライアントの皆
様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2001年の全世帯家計調査
消費支出1.8%減少

総務省が8日発表した2001年の全世帯家計調査は,1ヵ月平均の消費支出が38万
8,692円となり物価変動を除いた実質で前年比1.8%減少した。前年を下回るの
は9年連続。食費,住居費など生活に密着した支出が落込んだ。

2001年の平均の消費支出を項目別に見ると,主に衣食住への支出を切り詰めて
いることが分かる。食料は前年比2.5%減と11年連続のマイナス。衣服・靴類
は4.2%,家賃など住居は3.2%それぞれ前年を下回った。
http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/zen/index.htm

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■吸水性樹脂の昨年の出荷量
約25万tの出荷を記録,対前年比9.7%増

経済産業省・製造産業局化学課の調査による2001年の吸水性樹脂の生産・出荷
実績によると,生産は25万1,601t(対前年比8.1%増),国内外を含めた出荷合
計は,24万9,025t(対前年比9.7%増)となった。

ほぼ月間8千t台に落ち着いた国内出荷に対し,輸出は7月以降,1万5千〜1万6千
t台をコンスタントに維持し,全体を押し上げる要因になった。
(化学工業日報 1/5)

■国交省
オフィスビルや商業施設に省エネ計画提出義務づけ

国土交通省は,オフィスビルや商業施設など非住宅建築物の省エネルギー対策
を強化するため,2002年度から床面積2,000m2以上の新築・増改築建築物につい
て,建築確認申請時に外壁断熱や空調設備コントロールなどを盛り込んだ省エネ
計画の提出を義務づける方針を固めた。(日刊工業 2/7)

■環境省
LCA手法を開発へ

環境省は環境にやさしい物品の購入(グリーン購入)を促進させるため,来年
度から物品の環境負荷低減効果が比較検討できるLCA(ライフサイクルアセスメ
ント)手法の開発を進める。(化学工業日報 2/7)

■日本アパレル産業協会
衣料品リサイクルの回収拠点の決定を先送り

衣料品リサイクルシステムを検討していた日本アパレル産業協会の専門委員会
は,消費者から古着を受け取る回収拠点の決定を先送りすることになった。回
収拠点と設定したデパート側が難色を示しているため。システムの導入に向け
アパレル,デパート両業界の調整が大きな焦点に浮上してきた。
(日経流通 2/5)
http://www.jaic.or.jp/

■電通/全国デジタルライフスタイル調査
ネット利用率が過半数に

電通は,「全国デジタルライフスタイル調査」の結果をまとまた。それによる
と,自宅や職場,携帯電話など少なくとも1つ以上でインターネットを利用して
いる人の割合は53.6%と前回2001年2月の調査の41.6%から大きく増え,ついに
過半数を占めた。
http://www.dentsu.co.jp/marketing_frm.html

■NPO(非営利組織)法人
屋上緑化普及へ都内に設立

ビル屋上に植物を植栽する屋上緑化の推進を手掛けるNPO(非営利組織)法人が
6月にも東京都内で発足する。屋上緑化を施工できる人材を養成するほか,緑化
ノウハウの無料相談に応じる。1989年以来,住宅・植栽・建材など民間30社で
屋上の利用促進に取り組んできた任意団体の屋上開発研究会が母体となる。
http://www.sky-front.gr.jp/
(日経 2/6)

■東洋紡
高機能繊維を増産

東洋紡は高機能繊維を相次いで増産する。ポリエチレン繊維“ダイニーマ”を
年内にも年産400tから1.6倍の同650tにするほか,高強度・高弾性繊維“ザイ
ロン”も年産200tから倍増にあたる同400tに引き上げる。(日本工業 2/6)

■カネボウ合繊
生分解性ネットの販売を強化

カネボウ合繊は,生分解性繊維でつくった幼木保護用のネットの販売を強化す
る。米穀物メジャーのカーギルと米化学大手のダウ・ケミカルの合弁会社が昨
年末に大型設備を新設し,原料樹脂の安定確保が見込めると判断,2002年度は
前年度比で約2倍の30万本の販売をめざす。(日経産業 2/5)

■豊田紡織
タイにオイルフィルターの生産子会社設立

豊田紡織はデンソーと共同出資で,タイに自動車用オイルフィルターの生産子
会社を設立する。来年2月に稼働する予定で,現地の需要増加に応える。
(日経産業 2/7)
http://www.toyoda-boshoku.co.jp/japan/index00.html

■コモテック
ディーゼル車の黒鉛除去用着脱式フィルターを拡販

環境関連のベンチャー,コモテックは,ディーゼル車のディーゼル微粒子除去
装置(DPF)で,黒鉛をほぼ100%浄化できるフィルターを着脱可能な状態で据
え付けるシステムを本格販売する。(日経産業 2/6)
http://www.comotec.co.jp/

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■BBA社(米国)
ペンシルベニア工場を閉鎖し、従業員124人を解雇

■不織布メーカー
合併と拡張により、2001年世界のトップ不織布メーカーに著しい変化

■トレデガー社(米国)
9月までにペンシルベニア州のフィルム工場を閉鎖。2002年の第1四半期は悪化
予想

■スターンズ・テクニカル・テキスタイルズ社(米国)
156年継続した不織布メーカーのスターンズ社が連邦破産法第11条適用を申請。
リストラ後は事業を継続

■バーゼル社(オランダ)
北米と欧州のポリプロピレン価格を20%値上げ。過去4ヵ月でポリプロピレン・
メーカーによる3回目の値上げ

■フューラー社(米国)
2001年の業況悪化によりリストラ策を計画。従業員を5%カット、生産能力を
20%縮小

■コンチェルト・インダストリーズ社(ドイツ)
バックアイ・テクノロジーズ社との特許権をめぐる裁判に控訴

■欧州
ポリプロピレンを始め原材料の需要が低迷。ポリプロピレン価格は0.03ユー
ロ/kg低下

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■カネボウ合繊
滑りにくい人工皮革を開発,ゴルフ手袋に商品化

カネボウ合繊は、特殊ウレタン樹脂加工を施し、優れたノンスリップ効果と天
然シープの風合いを併せ持つ人工スエード“ベルセイムプレミアム”を開発し
た。

その商品化第一弾として、ゴルフ用品の大手メーカー・キャスコから、グリッ
プ力の高いゴルフ手袋“キャスコ SR220”シリーズ(全32種・2,0
00円)を、2月21日より日本を含め北米を中心とした世界4カ国・地域で
同時発売する。

カネボウ合繊が新しく開発した人工スエード“ベルセイムプレミアム”は、超
極細繊維でできた高密度の編組織表面の立毛1本1本に、特殊ウレタン樹脂を
含浸させている。これにより、優れたノンスリップ効果と天然シープのしっと
りとした風合いを実現。

一般の人工皮革のような不織布タイプではなく編組織であるため、耐久性・通
気性にも優れており、グリップ力継続・耐久力・乾燥の各種テストにおいても
高い結果を出している。
http://www.kanebotx.com/news/index.htm

■住友スリーエム
シルキーな風合いの軽量ソフト綿タイプ中綿を新発売

住友スリーエムは,衣料用中綿の“シンサレート”高機能中綿シリーズに,従
来のソフト綿タイプより2〜3割軽量で同等の保温性能が得られる,シルキータッ
チの“シンサレート エックスソフト”を追加,2002年秋冬衣料向けに販売を開
始した。

■ライオン
においも抑える日焼け止めシートを発売

ライオンは,においも抑える日焼け止めシート“バンUVシート”を発売する。
日常生活で受ける紫外線から肌を守る機能に加え,ユーカリエキスの増すキング
効果により体臭を抑える。

■エステー化学
通気口フィルターを発売

エステー化学は,花粉やほこりなど外気の汚れが室内に侵入するのを防ぐ“エ
アクリーンお部屋の通気口フィルター”を発売した。通気口にセットするだけ
で数十ミクロンの汚れを静電気の力でブロックする。
http://www.st-c.co.jp/

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■interstoff ASIA spring/インターストッフ・アジア 春
国際アパレルファブリックス見本市

3月19〜21日,香港コンベンション&エキビジションセンター(ワンチャイ地区)
で開催

■The 2nd China International Filtration Exhibition & Conference
The 2nd China International Geosynthetics Exhibition

11月20〜22日,上海のINTEXで開催

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.45☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2002.2.18☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,クライアントの皆
様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■旭化成
中国にスパンデックス“ロイカ”の製造拠点を建設

旭化成の繊維カンパニーは、中国浙江省杭州市杭州経済技術開発区にスパンデッ
クス(ポリウレタン弾性繊維)“ロイカ”の製造・販売会社を設立する。

中国では、1995年10月に同開発区に杭州旭化成紡織有限公司(杭州旭)を
設立、“ロイカ”の経編生地の製造・販売を行ってきたが、同社はすでに当初の
計画規模に達し、今後更に事業拡大を計画している。

“ロイカ”の消費量が原糸工場建設を可能とする規模に近づいてきたこと、中
国におけるスパンデックス需要の伸びが今後も期待できること、とくに浙江省
・上海での需要拡大が見込めることから、今般、世界最大の繊維生産国である
中国に“ロイカ”の生産基地の建設を決定した。立地は同開発区内で、運営は
旭化成100%出資による製造・販売の現地法人によるものとし、中国政府に
は既に設立を申請した。
http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/news/2001/fi020213.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■環境省・国交省
建設リサイクル法の施行規則案を作成

環境省と国土交通省は,「建設工事に係る資源の再資源化等に関する法律」(建
設リサイクル法)の施行に伴い,同法の法律施行規則案を作成した。建築物の解
体方法や解体手順などを示したもので,両省ではパブリックコメントを求めたう
えで,成案を作成する。(化学工業日報 2/18)

■ダイニック
有機EL向け水分除去シートを来月から滋賀で量産

ダイニックは,有機EL(エレクトロルミネッセンス)ディスプレイ向け水分除
去シートを量産する。滋賀工場(滋賀県犬上郡)内に第一段階として月産約50
万枚の設備を導入,3月から稼働させる。順次増強し,近い将来には同500万枚
に引き上げる予定。(化学工業日報 2/18)

■昭和高分子
生分解プラ“ビオノーレ”のグレード開発を強化

昭和高分子は,生分解性プラスチック“ビオノーレ”の市場開拓の一環として,
用途に応じたグレード開発の強化を進め,市場拡大をめざす。 気候や土壌など
地域特性に合ったグレード開発などにも取り組む。(化学工業日報 2/18)

■イーストマンケミカル
生分解性コポリエステルを農業用フィルムと不織布に展開

イーストマンケミカルは,日本における生分解性コポリエステル(グリコール
変性ポリエステル)の市場開拓を農業用マルチフィルムと不織布の2つの分野に
絞り込んで進める。(化学工業日報 2/14)

■経済産業省・繊維統計確報「不織布」

<2001年12月>
       前月比  前年同月比
生 産  24,927t   95.4% 94.4%
出 荷  23,007t   97.2% 95.3%
在 庫  19,645t  100.1% 108.0%

<2001年計>
(カッコ内は昨年比と昨年実績)
生 産  298.038t(100.5%、296,665t)
出 荷  307,099t( 99.4%、308,820t)
販 売  277,215t( 99.9%、277,547t)
在 庫   20,796t( 108.0%、19,256t)

■紙おむつ類と生理用品のPOSシェア1月ランキング

紙おむつ類は,1位がユニ・チャームで45.2%(前月比3.6%減),2位が花王で26.0
%(同3.5%増),3位がP&Gで12.0%(同0.2%減),4位が大王製紙で7.0%(同1.5%減),
その他が9.8%(同1.8%増)。

生理用品は,1位がユニ・チャームで39.9%(前月比0.9%減),2位が花王で25.1%
(同1.3%増),3位がP&Gで12.5%(同0.9%減),4位が大王製紙で11.2%(同1.0%増),
その他が11.3%(同0.5%減)。(日経流通 2/16)

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■デュポン
市場別組織導入を決定

デュポンは市場別組織を導入することを決定した。今後の成長を担う5つの市場
別部門に組織を再編する一方で,市況低迷などから事業環境が悪化しているポリ
エステル繊維やナイロン繊維,中間体などの事業は2003年末までに新規株式公開
(IPO)などを通じて分離する。

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ユニ・ハートス
ペット用紙おむつにSS・Lサイズを追加

ユニ・チャームグループのユニ・ハートスでは,ペット用紙おむつ“ユニ・ハー
トス ペット用紙オムツ ”(S・M)に新たにSS・Lサイズを追加,3月11日より順
次全国で販売する。
http://www.heartous.co.jp/f_pet.htm

■花王
犬用トイレを新発売

花王は、ペットと飼い主の健康で清潔な暮らしをサポートする“花王ペットケ
ア”シリーズから、画期的な犬用トイレ“花王ペットケア ワンだふる清潔
トイレ”(レギュラーサイズ:小型犬用、体重7Kg以下)を新発売した。

マットは尿を瞬間吸収・脱臭するので、1週間取り替え不要。また、マットの
上に敷くカバーは尿の逆戻りを防止し、表面をいつもさらさらに保つ。
http://www.kao.co.jp/comp/news/2002/01/n20020131_01.html

■花王
アイメイク落とし専用のクレンジングシートを発売

花王は,落ちにくいマスカラやアイラインをやさしくすっきり落とす、シート
タイプのアイメイク落とし『ビオレ しっかりアイメイク落とし』を新発売する。

落ちにくかったまつ毛の間や根元のアイメイクにも、油性・水性どちらのマス
カラでも落とせる乳化タイプの液状のアイメイク落とし成分が行き渡り、目元
に負担をかけずにすっきり落とす。液の保持性としみだし性を両立させたやさ
しいやわらかなシートに保持している。
http://www.kao.co.jp/comp/news/2002/01/n20020116_01bio.html

■和光堂
「おしぼりウエッティー」5品をリニューアル

和光堂では、お肌や身のまわりの清拭に手軽に使えるウエットティシュ「おしぼ
りウエッティー」5品を、リニューアルした。

今回のリニューアルでは、ボトルタイプのもつ特長(保存性や携帯性)をいかし
ながら、肌にやさしい「弱酸性」、ティシュが「片手でラクに取り出せる」よう
改良し、お年寄りの方でも取り出しがスムーズ。さらに除菌効果やティシュの質
をより重視した商品づくりを行った。

「おしぼりウエッティー」は昭和53年(1978)に発売、間もなく25周年を迎える
ことから、記念キャンペーン(旅行券10万円分25名様・オリジナルおでかけグッズ
5,000名様に当たる)を実施する。
http://www.wakodo.co.jp/

■横浜ゴム
ウレタン塗膜防水の新工法と専用資材を開発

横浜ゴムは,ビルやマンションの防水工事向けに,ウレタン塗膜防水の新工法
と専用資材を開発した。ウレタン塗膜の下に敷いているシートにも防水性をも
たせることで,全体の防水性能を高めた。(日経産業 2/14)

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ANEX2003(アジア国際不織布産業総合展示会・会議)
出展募集を本格的に開始

アジア不織布業界最大のトレードショー,ANEX2003(アジア国際不織布産業総
合展示会・会議,2003年5月21日〜23日,インテックス上海)の開催を1年後に
控えて,主催者(ANFA,CTMA)では国内からの出展社の本格的な募集を開始し
た。
http://www.anex2003.com

問合せ先
ANEX2003運営事務局(CMPジャパン(株)内)担当:岡田氏
〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町7-17 朝日ビル
TEL03-3669-5811 FAX03-3669-5830
E-mail info@cmpjapan.com
http://www.cmpjapan.com

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.46☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2002.2.25☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,クライアントの皆
様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■電通/2001年の日本の広告費を発表
6兆0,580億円、前年比99.1%

電通(成田豊社長)は2月18日、わが国の総広告費と、媒体別・業種別広告費を
推定した「2001年日本の広告費」を発表した。

それによると、2001年(1-12月)の日本の総広告費は6兆0,580億円、前年比
99.1%で、2年ぶりに減少した。総広告費は、2000年に日本経済の回復傾向とIT
(情報技術)ブームを背景に、情報・通信、金融・保険などを中心に広範囲の
業種で広告活動が活発に行われて3年ぶりに増加したが、2001年は後半の減少が
響いて年間では前年実績を下回った。ただし、2001年の総広告費は6兆円を超
え、過去最高の前年に次ぐ水準であった。

2001年の広告費は、次のような特徴があげられる。

1.IT需要の減速、企業業績の悪化、雇用・所得環境の低迷に米国同時多発テロ
の影響が加わり、日本経済の景気後退感が次第に強まるなかで、前年に活発な
広告活動を展開した情報通信業界や金融業界をはじめ多くの企業が広告費を抑
制した。加えて、前年はシドニーオリンピック、衆議院選挙、介護保険制度な
どがプラス材料となったが、2001年はその反動が現われ、総広告費は2年ぶりに
前年を下回った。

2.媒体別にみると、前年に活況だった「テレビ広告費」(前年比99.5%)が前年
実績を下回り、「新聞広告費」(同96.4%)などマスコミ四媒体がそろって2年
ぶりに減少した。マスコミ広告以外では、「DM(ダイレクト・メール)」「交
通」「折込」などが前年を上回ったものの「屋外」のように減少を続けている
ものがあって、「SP(販売促進)広告費」も前年を下回った。「衛星メディア
関連広告費」(同177.1%)はBSデジタル放送が寄与して高い伸び。「インター
ネット広告費」(同124.6%)は前年までの急成長に急ブレーキがかかった。

3.広告主の業種別では、「自動車・関連品」が4年ぶりに増加したのをはじめ
「金融・保険」「薬品・医療用品」などが引き続き増加したが、21業種中12業
種が減少し、前年まで牽引役の「情報・通信」が一転して大幅に減少。前年に
活発だった「化粧品・トイレタリー」も減少して全体の伸びに影響した。
http://www.dentsu.co.jp/news_release_frm.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■燃料電池プロジェクトチーム
第1回会合を開催

経済産業省,国土交通省,環境省の副大臣による「燃料電池プロジェクトチー
ム」の第1回会合が20日開催され,燃料電池に対する取組みの現状の説明,今後
のスケジュールなどが話し合われた。(化学工業日報 2/22)

■SRL
滅菌事業を強化

臨床検査受託最大手のエスアールエル(SRL)は,手術器具などを医療機関から
回収し滅菌して返却する滅菌事業を拡大する。子会社2社が滅菌施設を増設して
中部地区と九州北部地区の処理能力を強化する。(日経産業 2/22)
http://www.srl-group.co.jp/

■三菱ガス化学
生分解プラのパイロット設備を設置へ

三菱ガス化学は,四日市工場内に生分解プラスチックのパイロットプラントを
今夏までに完成させる。年間400t程度の生産能力を備える計画で,マーケティ
ング活動を強化する。(化学工業日報 2/21)
http://www.mgc.co.jp/

■新日化興産
水稲育苗用ロックウールマットを拡販

新日化興産は,水稲育苗用ロックウールマットの拡販に力を入れる。ここ数年
需要が増加傾向にあることから同製品の販売を加速し,今年度500万枚の販売を
めざす。(化学工業日報 2/21)

■最終処分場技術システム研究会
NPO(特定非営利活動法人)の認証を取得

最終処分場技術システム研究会(LS研、花嶋正孝代表)は昨年末,NPO
(特定非営利活動法人)の認証を取得し、最終処分場技術システム研究協会
(LS研、花嶋理事長)となった。従来の研究開発の活動実績を軸に、普及啓
発、国際交流、団体への助言・援助活動など、最終処分場技術システムを社会
に定着させる総合的な体制をより強固に確立した。これにより、高まる最終処
分場技術開発のニーズに対応する方針。

■日本バイリーン
2002年3月期業績予想、配当予想を修正

日本バイリーンでは最近の業績の動向などを踏まえ、平成13年11月21日の決算
発表時に公表した業績予想を修正した。また、当期の1株当たり配当予想につい
ても修正した。

連結の売上高は前期比8%減の501億円(従来予想535億円)、営業利益は同56%
減の10億円(同18億円)、経常利益は同61%減の8億円(同15億円)、当期損益
は前期の10億円赤字から3億円の黒字(同7億円の黒字)となる見通し。

世界的な景気停滞に株安、円安要因も加わり、消費動向が低迷する中、同社で
は、自動車用キャビンエアフィルタやパップ剤分野などは堅調に推移し、前期を
上回る見込みだが、全体としては在庫調整要因や、需要減退による価格競争で売
上の低迷が続いている。

このため、単独・連結の売上高は、前回の予想を下回る見込み。収益面につい
ても、さまざまな費用削減に努めきたが、売上高の落ち込みによる影響で、単
独・連結の業績ともに前回の予想を下回る見込みである。また、今後の景気動
向も依然として不透明であることから、1株当たり4円としていた期末配当予
想を、前期と同額の2円に据え置くことにした。
http://www.vilene.co.jp/news/index.htm

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■BASF
生分解プラを2004年に3万t体制に

BASFは,生分性プラスチック“エコフレックス”の需要増大に対応し,2004年
初頭に年産3万tの設備を稼働する。現有能力は同8千tで,今年から来年にはフ
ル稼働になる見通し。(化学工業日報 2/21)


┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■クラレ
極細分割繊維〈WRAMP〉(ランプ)を使用した業務用ワイピングクロス 
〈クランプ〉シリーズを発売

クラレはこのたび、極細分割繊維〈WRAMP〉を使用した業務用ワイピング
クロス〈クランプ〉シリーズを新発売した。

〈クランプ〉シリーズは同社の極細分割繊維〈WRAMP〉を使用しており、
〈WRAMP〉の特長である扁平かつエッジ状のシャープな断面をもつ繊維形
状により汚れを削り落とし、また同時に毛細管現象により水や油を素早く吸収
するので、一般的なポリエステル繊維などと比べ優れた拭き取り効果を発揮す
る。

〈クランプ〉テーブルダスターおよび〈クランプ〉グラスダスターは〈WRA
MP〉を素材とした不織布を使用している全く新しいタイプの高機能な業務用
不織布ふきん。〈クランプ〉ポリッシュクロスは同様に〈WRAMP〉を素材
とした織物製のワイピングクロス。
http://www.kuraray.co.jp/press/index.html

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━