━━☆No.51☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2002. 4.1☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,クライアントの皆
様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2001年度の国内新車販売
2年ぶりに400万台の大台を割り込む

2001年度(2001年4月〜2002年3月)の新車販売台数(軽自動車を除く)は2年ぶ
りに400万台の大台を割り込み,398万台程度にとどまった模様だ。長引く景気
の低迷で,法人需要を中心に不振が続いた。自動車メーカー各社は販売拡幅の
ために新たなてこ入れ策を迫られそうだ。

2001年度の自動車メーカー各社の販売台数は前年度実績に比べ3%強の減少。
2000年度は前年度比3.5%増の約412万台と4年ぶりに前の年度の実績を上回った。
だか,昨年9月の米同時テロをきっかけに国内景気の落込みが激しく,月別販売
実績は,今年3月まで7ヵ月連続で前年同月を下回った。(日経 3/31)

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■中央環境審議会
「使用済自動車の再資源化等に関する法律案」を答申

中央環境審議会は,「使用済自動車の再資源化等に関する法律案(自動車リサイ
クル法)」について答申をまとめ,大木浩環境相に提出した。同法案はリサイク
ル費用について新車の購入時にユーザーが負担する,などとしている。
http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=3235

■経産省
環境配慮製品にJIS

経済産業省は,部品の再利用など環境に配慮した製品の基準や,環境に影響を与
える物質の測定方法を日本工業規格(JIS)で定めることを決めた。2002年度から
順次「環境JIS」として,128項目について制定する。(日経 3/27)

■経産省
2000年度の福祉用具市場規模推計値を発表

経済産業省のサービス産業課医療・福祉機器産業室は,2000年度の福祉用具市
場規模推計値を発表した。それによると,福祉用具(狭義)の市場規模は前年
度比0.3%減の1兆1,389億円と93年度の調査開始以来,初めてマイナスとなった。

介護保険制度の主力製品であるベッドが同5.7%減の533億円,手動車椅子が同
6.6%減の214億円。共用品も含めた広義の福祉用具市場は同13.6%増の3兆2,421
億円だった。
http://www.meti.go.jp/press/index.html

■三井化学
タイの不織布設備が年末から稼働へ

三井化学がタイで建設を進めているポリオレフィン系スパンボンド設備が今年
9月に完成,試運転を経て,12月から本格稼働に入る見通しとなった。新設備
は,タイおよび周辺市場でのおむつなど衛生材料の伸びに対応したもので,ア
ジア市場での主導的なポジションを確立する。(化学工業日報 3/26)

■クラレ
“エクセバール”を使用した溶融紡糸繊維“ミント”シリーズを開発

クラレは長年にわたり培ってきた酢酸ビニル系ポリマー技術により、開発・量
産に成功した樹脂“エクセバール”を、同社の持つ高度な溶融紡糸技術により、
繊維化することに成功した。この独自ポリマーを用いた新しい繊維を“ミント”
シリーズとして、今後の繊維事業の中核素材として本格展開を図る。
http://www.kuraray.co.jp/press/index.html

■ピジョン
子育て支援事業を拡大

ピジョンは,保育・託児施設の運営,ベビーシッター派遣,託児教育を柱とす
る子育て支援事業を拡大する。主力の育児用品事業とサービス事業とのシナジー
効果により,ハードとソフト両面で育児関連分野の充実を図る。
(日刊工業 3/28)

■大阪ガス・日本スピンドル製造
焼却炉向けダイオキシン除去装置を開発

大阪ガスと日本スピンドル製造は共同で中小規模の焼却炉向けのダイオキシン
除去装置を開発した。ダイオキシン類の吸着力の高いピッチ系活性炭素繊維
(ACF)をフィルターに採用したのが特長。(日経産業 3/28)

■東レ
繊維リサイクルを強化
 
東レは、本年1月に新設した繊維リサイクル室をヘッドクウォーターに、同社繊
維事業が展開するリサイクル活動を一元化し、限られた地球資源を安全にしかも
効率良く再利用するための、「トータルリサイクルシステム」の構築を目指す。

従来から取り組んでいるPETボトル再利用によるフルペット、エコログリサイク
ルネットワークを通じたポリエステル繊維製品のマテリアルリサイクルや、ナイ
ロン6製品のケミカルリサイクルを拡大するとともに、新しい柱として、効率良
くエネルギーを回収し、ポリエステル原料の製造工程において再利用するサーマ
ルリサイクルを加え、これまで構築してきた回収ネットワークをさらに拡大・強
化する「トータルリサイクルシステム」として取り組んでいく。

これにより今後東レが取り込むリサイクル量は、H14年度 6,500t/年, H17年度
22,000t/年を目標とする。
http://www.toray.co.jp/release/news/fiber/nr020327.html

■日本電池
中国で電気車用電池を製造販売

日本電池は、中国江蘇省無錫市に100%出資会社「傑士電池有限公司(日本名
:ジーエスバッテリー(中国)株式会社)」の設立申請を行い、3月21日正式
に営業許可を取得した。同社はすでに、天津市に自動車用電池、山東省に産業用
電池、上海市に小形リチウムイオン電池、北京市に電源装置の拠点をそれぞれ設
立しており、今回の新会社「傑士電池有限公司」は中国における5番目の製造販
売拠点となる。

新会社は、海外電池メーカーとしては初めて中国で電気車用電池の製造販売を行
う。また、日本電池は新会社を中国事業の中核と位置づけ、将来の市場環境の変
化に対応し、電気車用電池にとどまらず、各種電池の製造販売、さらには調達機
能、製品開発機能などを備えていく予定。
http://www.nippondenchi.co.jp/npd/news/news.asp?code=108

■三洋電機
リチウムイオン電池を世界市場で地位固め

三菱電機はリチウムイオン電池の世界市場におけるシェアアップに力を注ぐ。
2001年に約30%(同社推計)だった同シェアを,02年には数ポイントアップを
めざす。(日刊工業 3/27)

■旭化成とデュポン
中国にポリアセタール樹脂の製造・販売合弁会社を設立
 
旭化成と、デュポン・チャイナ・ホールディングは、中国にポリアセタール樹
脂(POM)・コポリマーの製造・販売を行う合弁会社設立について合意し、
最終契約に調印した。合弁会社の生産能力は、当初年産2万トンでスタートし、
順次年産6万トンまで拡大する計画。プラントの立地は、中国・江蘇省・張家
港市で、商業生産は2004年春を予定している。

■日本バイリーン
入社式で田中社長が祝辞

日本バイリーンでは,2002年度の入社式を本日,4月1日に行い,田中裕社長が
新入社員に対して祝辞を述べた。要旨は次の通り。

戦後,日本の企業は順調に成長を続け,生活の便利さを提供し,所得の増加と
個人的な生活をエンジョイする余暇をもたらすなど,社会に貢献してきた。し
かし,いま企業は世界との競争の中で,当社のようにモノをつくって売る会社
は,発展と同時に環境保全という二面を考えなければならない時代になった。

社員として会社の仕事は大いに力を発揮すると同時に,自分の身の回りの生活・
自分自身を見つめ,社会を構成する一人としてどう生きるかを念頭におき行動
してほしい。大げさに言えば人類の生活がどうなっていくのか,その中で自分
は何をすべきかを考えて生活して欲しい。

■日本バイリーン
機構改革と人事異動(4月1日付)

機構改革
1.第二事業部自動車資材本部の第三営業部とインテリア営業部を統合し,第三営
業部とする。
2.第二事業部自動車資材本部の技術部と用品技術部を統合し,技術部とする。
3.第三事業部工業資材本部の第一営業部を廃止し,東京営業部を新設する。
4.第三事業部工業資材本部の第二営業部を廃止し,大阪営業部を新設する。
5.第三事業部工業資材本部に海外営業部を新設する。

人事異動
〈第二事業部自動車資材本部〉
▽営業開発部長(インテリア営業部長) 佐伯信三
▽第三営業部東京営業担当部長(第三営業部東京営業担当課長) 海老江茂
▽第三営業部インテリア担当部長(インテリア営業部インテリア担当部長)
福間潔
▽技術部担当部長(用品技術部長) 藤木信夫
〈第二事業部空調資材本部〉
▽営業開発部企画・生産・物流担当部長(営業開発部企画・環境対策担当部長)
 鷲見條司
▽技術部東京担当部長(技術部東京担当課長) 大垣豊
▽加工技術部長(技術部滋賀担当課長) 今井孝次
〈第三事業部メディコン資材本部〉
▽兼第一営業部長,本部長兼企画学術部長 佐柳俊昭
〈第三事業部工業資材本部〉
▽東京営業部長(第一営業部長) 橋本英雄
▽大阪営業部長(第三事業部メディコン資材本部第一営業部長) 山田誠
▽海外営業部長(第二営業部海外営業担当課長) 高木至洋
〈研究開発部〉
▽新規用途開発担当部長(第三事業部工業資材本部第二営業部長) 中尾悦郎
〈資材部〉
▽滋賀購買担当部長(資材部東京購買担当部長)竹内國晃

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■米エネルギー省
2002年版の世界エネルギー見通しを発表

米エネルギー省は,2002年版の世界エネルギー見通しを発表した。2020年の世
界全体のエネルギー消費量は1999年実績に比べ約60%増加し,地球温暖化の主
因となる二酸化炭素の排出量も同じ期間に62%増えると予測している。
(日経夕 3/27)
http://www.eia.doe.gov/neic/press/press190.html

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ジョンソン・エンド・ジョンソン
床づれ用創傷被覆材を開発

ジョンソン・エンド・ジョンソンは,床づれの傷口を保護する被覆材で,はが
す際に痛みの少ない“ティエールライト”など2種を発売した。長期間寝たきり
になることで起こる床づれや創傷などの疼痛を抑えつつ,治癒を促す。
(日経産業 3/28)

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━☆No.52☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2002. 4.8☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,クライアントの皆
様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■経産省
中国製タオルへのセーフガードを見送り

経済産業省は,中国製などのタオルに対する繊維セーフガード(緊急輸入制限)
の発動を見送り,発動の是非を決める調査期間を15日から半年間再延長すること
を決めた。(日経 4/2)

また政府では,中国の世界貿易機関(WTO)加盟に伴い設けられた対中国経過的
セーフガード(緊急輸入制限)措置の運用方針を決定した。発動の条件や手続き
などの運用ガイドラインを定めたほか,発動決定前に関係者が参加する公聴会の
制度を導入する。(日経 4/6)
http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0002559/
http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0002580/


┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2002年度の住宅着工見通し
前年比1.7%減の115万戸とみずほグループ

みずほファイナンシャルグループは,20002年度の住宅着工見通しを発表した。
それによると,所得回復の遅れや実質金利高止まりなど中期的な下押し要因な
どから,新設住宅着工戸数は前年度比1.7%減の115万戸となる見通し。
(日刊工業 4/3)

■2001年度国内新車販売
2.6%減の約582万5千台に

日本自動車販売協会連合会(自販連)と,全国軽自動車協会連合会(全軽協)が
まとめた2001年の国内新車販売は,前年度比2.6%減の582万4,769台と2年ぶり
のマイナスに終った。デフレ経済に伴う消費の冷え込みで,新車販売の不振が
再び深刻化している。総販売台数600万台割れは4年連続。02年度も個人消費の
低迷が予想され,さらに販売が落込む可能性もある。(日刊工業 4/2)
http://www.jada.or.jp/
http://www.zenkeijikyo.or.jp/

■ラサ工業
高機能消臭剤を本格事業化

ラサ工業は,高機能消臭剤を成長分野と位置づけ,3年後に売上高で3倍増の年
20億円突破をめざす。昨秋の新工場完成に続き,4月には「消臭・抗菌プロジェ
クトチーム」を発展的に解消,本格事業化した。(化学工業日報 4/5)

■セーレン
米で自動車内装材を本格生産

セーレンは6月から米国子会社のビスコテックス・オートモーティブ・プロダク
ト(略称VAP,ノースカロライナ州モルガントン市)で自動車用内装材の生産を
始める。年間生産量は当初200万mで,3年後には700万mをめざす。日本から進出
している自動車メーカーの需要に対応する。(日刊工業 4/8)
http://www.seiren.com/

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1〜3月の北米自動車生産
前年比4.8%増の約420万台

米国とカナダ,メキシコを合わせた1〜3月の北米自動車生産は約420万台と前年
比で4.8%増加した。主要メーカーがゼロ・低金利ローンや値引きを積極的に続
けた結果,米国の新車販売が昨年後半の反動もなく,高水準を維持したためと
見られる。(日経 4/4)

■中国パソコン需要予測
2006年に2000万台

国際情報産業省傘下の中国電子情報産業発展研究会(CCID)は,中国のパソコ
ン市場の需要予測をまとめた。2001年実績の785万台から毎年20%程度の成長を
続け,2006年には1,980万台に達する見通し。同年以降は成熟期に入り,年間
2,000万台程度の需要が見込めるとみている。(日経 4/2)

■トレデガー・フィルム・プロダクツ社(欧州)
イタリアで透過性フィルムラインを設置、さらに今年半ばに欧州で第2フィルム
ラインを設置

■コンチェルト・インダストリーズ社(北米)
1月から2月にかけてカナダ、米国の3ラインで生産制限。市場の過剰供給が原因

■BBiエンタープライズ・グループ(米国)
リア社から自動車用インテリア2工場を買収。2002年売上高が前年の8,400万ドル
から1億1,000万ドルに増収

■フロイデンベルク社(ドイツ)
2002年第2四半期まで世界の大規模展示会への不参加を決定

■アブソーメックス社(メキシコ)
競合の紙おむつメーカー、ハイジーニック・プロダクツ・インターナショナル社
を買収

■SI社(米国)
主要投資家から5,500万ドルの投資を受理。負債の充填に使用

■ジョンズ・マンヴィル社(北米)
パイプ・タンクをカバーするスパングラス絶縁製品を北米市場で発表

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■クラレメディカル・キリカン洋行
ペット用消臭マットを発売

クラレメディカルと獣医科向け医療用具販売のキリカン洋行は,光消臭繊維を
使用したペット用マット“イーマット”を共同で開発,全国のペットショップ
や動物病院などを通じて発売する。

マットの表地にセラミックス系の特殊消臭剤を練り込んだ光消臭繊維“シャイ
ンアップ”を使用。光触媒反応と化学吸着反応の2つの消臭機能により,これ
まで難しいとされてきた中性の不快臭にも,高い消臭効果を発揮する。
http://www.kuraray.co.jp/press/index.html
http://www.kirikan.com/

■ブラザー工業
超音波シーラー“US-7010”を新発売

ブラザー工業は、超音波で素材を溶着・溶断することにより、素材の風合いを
生かしたファッション性の高い商品が製作できるとともに、高い生産性を実現
できる超音波シーラー“US-7010”を新発売した。

加工パターンの作成・入力や加工の制御をパソコンで行うことができるCNCタイ
プの新製品であり、今回は加工可能な生地の最大幅を従来モデルに比べ約50%拡
大させたことにより幅広の生地にも対応する。

同社は“US-7010”など超音波シーラー3機種をはじめとする多様なアパレル機器
のラインナップを、来る2002年5月15日から18日までインテックス大阪で開催され
る「国際アパレルマシンショー(JIAM 2002 OSAKA)」に出展する。
http://www.brother.co.jp/jp/news/frameset/us7010.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ロベルト・カプッチ展
5月13日から29日まで,新宿パークタワーホールで開催

イタリア貿易振興会は,2001年イタリア年最後で最大の文化イベントとして,
「布の彫刻家」と呼ばれるイタリアファッション界の重鎮,ロベルト・カプッ
チのコレクション“ROBERTO CAPUCCI展〜時代を超えた創造性〜”を5月13日か
ら29日まで,新宿パークタワーホール3階で開催する。入場は無料。
http://www.ice-tokyo.or.jp/top/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.53☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2002.4.15☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,クライアントの皆
様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.製品開発

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■経産省・環境省・国土交通省
自動車リサイクル法案決定

政府は12日の閣議で自動車リサイクル法案を決定した。自動車メーカーや輸入
業者が廃車時の回収・再資源化を義務づけられるのはフロン、エアバッグ、破
砕くず(シュレッダーダスト)。自動車所有者が負担するリサイクル料金につ
いてはメーカーが独自に決めるが、1台2万円前後とみられる。

リサイクル料金は新車購入時に前払いするが、すでに使用している自動車につい
ては新法施行後の最初の車検時までに支払う。積み立てられるリサイクル料金が
1兆円を超す巨額となるため、政府は第三者機関の資金管理法人を設立する。

メーカーは廃車処理費用を資金管理法人に請求する。リサイクル料金に余剰が発
生した場合には、不法投棄対策などに充てる。
http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0002597/

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■財務省・経済産業省
大韓民国および台湾産ポリエステル短繊維に対するダンピング調査の期間延長

政府は、昨年4月23日に開始した大韓民国および台湾産ポリエステル短繊維の一
部(注)の輸入に対するダンピング調査について、本年4月22日を目途に終了す
る方針であったが、利害関係者から追加的に提出された証拠の十分な検討などを
行うため、調査期間を3か月間延長することとし、利害関係者に対し通知を行う
こととした。
 
(注)ポリエステル短繊維の一部:申請者が不当廉売関税の課税を求めている
のは、太さが3.5〜20デニール、長さが25〜80ミリメートルのポリエス
テル短繊維で、主にふとんなどの詰め綿、カーペットなどに用いられる。
http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0002610/

■フジコー
中国生産を拡大

フェルト,不織布大手のフジコーは,中国で生産を拡大する。5月をメドに現地
の合弁工場に新たに2ラインを増設,稼働させる。現地需要の拡大が見込まれる
自動車用の吸音材やピアノ用ハンマーフェルトを生産する。(日経産業 4/11)

■三井化学
高弾性のウレタン原料を開発

三井化学は,高機能のウレタン原料を開発した。独自開発の触媒を使い反応性
を向上させ,純度や分子量を大幅に高めることに成功した。弾性が高く,主に
クッションなどに使うウレタン原料として来年から量産を始める。
(日経産業 4/12)

■三洋電機・ホンダ
ハイブリッド用電池を共同開発

三洋電機とホンダは,ガソリンエンジンと電気モーターの併用で動くハイブリッ
ド車向け電池を共同開発スル。同電池分野はトヨタ自動車と松下電器産業のグルー
プがほぼ独占しているが,三洋はホンダとの提携をテコに追い上げる。
(日経 4/2)

■貴光
おむつ焼却炉を発売

貴光(鹿児島県川内市)は,ダイオキシンの発生を極小にした焼却炉「ECP100」
を発売した。病院,福祉施設向けにおむつ焼却炉として販売する。価格は1,300
万円。(日刊工業 4/12)

■旭化成・帝人
PTT繊維事業を行う合弁新会社を設立

旭化成と帝人は、ポリトリメチレンテレフタレート(PTT)繊維の事業を行う合
弁新会社を設立することに合意し、契約を締結した。この合弁新会社は、社名を
「ソロテックス株式会社(仮称)」とし、資本金:2億5千万円、本社:大阪市で、
本年5月に設立され、6月1日の営業開始を目標としている。

合弁新会社は、両社のPTT繊維事業(販売、製造、研究開発)の一切を引き継
ぎ、これまで両社にて行われていたPTT繊維事業に関する研究開発・市場開拓
の成果を結集して、さらに強化することを目的とする。
http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/news/2002/fi020410.html

■日本ルトラビル
新社長に獅子倉氏が就任

フロイデンベルググループのスパンボンド不織布販売会社である日本ルトラビ
ル(JLC)は,4月1日付で,獅子倉雅人氏が社長に就任した。

同氏は82年,中央大学卒業後,日本バイリーンに入社。スパンボンド一筋に84
年JLC設立から参画し,台湾,米国のフロイデンベルグ系企業勤務を経て01年
同社営業部長に就任した。なお,福士稔前社長は常勤顧問に就任した。

■パシフィック技研
企業情報検索市場skkiにホームページをオープン

日本バイリーン100%出資の加工会社,パシフィック技研(住井義征社長)は,
3月25日付けで(財)滋賀県産業支援プラザが主催する「滋賀県企業情報検索
市場skki(すっき)」に登録しホームページをオープンした。

skkiは滋賀県内の企業や団体を対象に,商品・製品・技術・サービス情報や受
発注情報などを集め,インターネットを使って県内外に発信する検索市場で,
昨年7月にスタートした。

同社では,とくに不織布加工部門と機器加工部門双方に対応窓口を設けるなど,
取引拡大の手段として位置づけ,新たなビジネスチャンスに期待している。
http://skki.shigaplaza.or.jp/

■大王製紙
家庭紙事業部を「ホーム&パーソナルケア事業部」に名称変更

大王製紙は4月1日付けで、家庭紙事業部の名称を「ホーム&パーソナルケア事
業部」(略称:H&PC事業部)に変更した。

近年、大量生産、大量販売そして大量消費を支えてきた従来のマス・マーケティ
ングが変革期を迎えている。慢性的な商品供給過剰、価格破壊、競争激化、知
的消費行動の浸透とライフスタイルの多様化に加え、ITを活用した顧客デー
タ管理ノウハウの発展が、環境の変化にさらに拍車をかけている。

そのような環境下で同社は、さらなる成長と企業価値の創造を目指し、ベビー
用紙おむつの新ブランド“GOO.N(グーン)”の発売を機に事業部名称を刷
新することにした。
http://www.daio-paper.co.jp/newsrelease/index.html

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ユニ・チャーム
“チャーム ソフトタンポン”のパッケージデザインをリニューアル

ユニ・チャームは、生理用品市場のリーダーとして「女性の快適を科学し自由
を創造する」という事業理念のもと、商品を通じ、女性の生活の向上に努めて
きた。なかでも、“チャーム ソフトタンポン”は現在タンポン市場で7割の
シェアを占め、No.1ブランドとして多くのユーザーをもつ。
今回“チャーム ソフトタンポン”のパッケージデザインをリフレッシュし、
同時に市場を拡大するキャンペーンを実施することで、タンポン市場の拡大を
促進していく。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■ユニ・チャーム
“ライフリー パンツ用尿ガード”改良新発売

ユニ・チャームは、パンツタイプオムツ(大人用失禁製品)ユーザーのための
尿取りパッド“ライフリー パンツ用尿ガード”を改良新発売する。これにより、
パンツタイプオムツ使用時におけるパッド交換のしづらさや、パンツの中でズ
レたり丸まったりすることによるモレを解決し、ユーザーにとっても介護者に
とっても、さらに快適な生活を提案する。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■豊田紡織
自動車用防音材の新製品を開発

豊田紡織は,自動車用防音材“サイレンサー”で,従来に比べて半分程度と大
幅に軽量化した製品を開発した。完成車メーカーは静粛性を高めるサイレンサー
の採用を拡大しており,より軽い製品の需要は大きいと判断した。
(日経産業 4/9)

■繊維リサイクルセンター
燃費・トルクを向上させるエアフィルター用布製シートを開発

繊維リサイクルセンターは,自動車のエアフィルターボックスに装着すると燃
費とトルクを向上する布製シート“ブルースカイシート”を開発,発売した。
排ガスの黒鉛や悪臭も減らせるという。(日刊工業 4/9)

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.54☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2002.4.22☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,クライアントの皆
様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.製品開発
4.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本フェルト・市川毛織・日本フイルコン
経営統合を発表

日本フェルト,市川毛織および日本フイルコンの3社が,経営統合を発表した。
3社は経営統合を行うことについて独占禁止法に違反するおそれがないとの公
正取引委員会の回答や株主の承認を前提として、基本的に合意し、そのための
具体的な検討を開始することとなった。

今日の抄紙用具業界は、経済のグローバル化による国際競争の激化、製紙産業
の統合・再編による巨大化と技術革新、抄紙用具3品目[ワイヤー・フエルト・
カンバス]の一括購買方式への転換など世界規模での急速な構造変化への対応を
迫られている。

このような認識の下に3社は、総合抄紙用具メーカーとして、企業体質の強化、
国際競争力の向上と企業の成長を図るために持株会社を設立することに合意した。

統合によりグループの経営体質を強化し、抄紙用具の高度化ならびに多様化する
ユーザーニーズに迅速に対応し得る世界一流の総合抄紙用具グループを目指す。
http://www.felt.co.jp/company/news.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本環境協会
環境ラベル運用を国際共通化

日本環境協会は,環境負荷が少ないことを製品に表示する環境ラベルで,北欧
のラベル運用認証機関と運用の一部を共通化した。アジアの機関とも年内に共
通化する。環境ラベルは企業が使用権を得る場合,認証機関ごとに申請するの
が一般的だが,運用の共通化により申請手続きが簡略化でき,認証までの期間
も短縮化できる。(日本工業 4/22)
http://www.jeas.or.jp/

■ダイワボウ
かゆみを抑える下着投入で医療品分野に進出

ダイワボウは医療品分野に進出する。4年後をメドにアトピー性皮膚炎による
かゆみを抑える下着を投入する。研究協力先である信州大学の敷地内に研究所
分室を設置したほか,研究員も1人から3人に増員した。

今後,大学での臨床試験と並行して医療用下着のデザインやフィット感,品揃
えなどの研究を進める。(日刊工業 4/19)

■二村化学
繊維状活性炭で攻勢

二村化学工業は,繊維状活性炭を戦略製品と位置づけ,市場攻勢をかける。同
製品は炭素繊維を賦活した繊維状の活性炭で,粒状炭と比べて吸着・脱着速度
の早いことが特長。

すでに溶剤回収や浄水器などの用途で採用実績を積み上げており,今後はクリー
ンルームや病院の脱臭フィルターなど広範な分野で一層の需要増を狙う。
(化学工業日報 4/19)
http://www.futamura.co.jp/index.html

■ミサワホーム
廃紙を原料に断熱材

ミサワホームは今年中に北海道地域で,段ボールなどの廃紙を原料とする再生
素材“M-Woodシスター”を断熱材に採用した戸建て住宅を商品化する。同素材
は断熱性に優れ,同じ断熱材のグラスウールの代替品として使うと木質系パネ
ルの厚みを25%削減でき,これによりコストダウンを図る。(日本工業 4/22)

■通信総合研究所
布製のアンテナを開発

通信総合研究所は,服や帽子に縫い付けられる布製のアンテナを開発した。全
地球測位システム(GPS)や徘徊老人の位置測定,無線LANなどの使える。15cm
角,厚さ1mmのフェルト生地の表裏に電磁遮へいなどに使う導電性布を張り付け
た。(日経 4/19)

■ペットリバース・日本ポリエステルリサイクル
2会社が合併

日石三菱などが出資するポリエチレンテレフタレート(PET)ボトルのリサイク
ル会社,ペットリバースは,日本車両製造などが出資する日本ポリエステルリ
サイクルと合併した。存続会社はペットリバース。

■旭・デュポンフラッシュスパンプロダクツ
新社長に河野氏

旭・デュポンフラッシュスパンプロダクツでは,社長に河野嘉夫デュポン(日
本法人)高機能不織布生産業務部長(兼務)が3月15日付けで就任した。

これに伴い,アンドリュー・V・ホールズワース社長は,デュポン高機能不織布
事業部門アジア太平洋地域担当事業本部長に就任した。

■紙おむつ類と生理用品のPOSシェア3月ランキング

紙おむつ類は,1位がユニ・チャームで49.1%(前月比1.8%減),2位が花王で
23.5 %(同2.7%増),3位がP&Gで13.9%(同2.9%増),4位が大王製紙で6.5%(同
3.1%減),その他が7.0%(同0.7%減)。

生理用品は,1位がユニ・チャームで39.3%(前月比0.1%増),2位が花王で26.5%
(同3.1%増),3位がP&Gで11.9%(同0.3%減),4位が大王製紙で11.4%(同4.0%
減),その他が10.9%(同1.1%増)。(日経流通 4/20)

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■クラレ
軽量・高強度合成繊維を開発

クラレは,軽量で高強度の合成繊維を開発した。レンコンのように穴があいた
中空糸など5種類で,ポリエステル製が中心。スポーツ衣料や婦人服のほか,不
織布など産業資材への応用もめざす。(日経産業 4/19)

■ユニ・チャーム
“シルコット ウェットティッシュ”をリニューアル
天然除菌成分配合で子供の手口まわりにも安心な“シルコット ウェットティッ
シュ 食卓での安心除菌タイプ”を新発売

ユニ・チャームは、ユーザーに「簡単・キレイ」を提供する“シルコット ウェッ
トティッシュ”をより開けやすく素敵なデザインに改良した。

さらに、部屋でも安心して使える除菌タイプのウェットティッシュを使いたい
というユーザーの強い要望に応え、天然除菌成分の孟宗竹(もうそうちく)エキ
スを配合した“シルコット ウェットティッシュ 食卓での安心除菌タイプ”を
新発売した。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■ユニ・チャーム
“ムーニー 1枚でスッキリシート”を新発売

ユニ・チャームは、これまでのおしりふきでは“ウンチがなかなかきれいに拭
き取れない”という不満に対して新たに“ムーニー 1枚でスッキリシート”を
新発売した。

同社が1994年に発売した“ムーニー ラクラクおしりふき”は多くのユーザーに
高い満足度を提供し、高い評価を得ている。しかし、低月齢の赤ちゃんのやわ
らかいウンチを拭き取るには、非常に多くの枚数のおしりふきが必要になる。

しかも、拭取り回数が多くなるとおしりふきによるこすれカブレも発生しやす
くなる。そこで、同社はこの問題に対応し、少ない枚数できれいにやさしく拭
き取れる厚手のおしりふきを新発売した。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■日立金属・東洋化学
ITS用に画期的な電波吸収体を開発

日立金属と東洋化学は、反射波による電波障害を大幅に低減する高度道路交通
システム用電波吸収体を共同開発した。

日立金属のもつ磁性材料技術、電波吸収体の設計・評価技術と、東洋化学のも
つポリマー技術、高品質プロセス技術を融合し、高性能で使いやすいDSRC
用電波吸収体の開発に繋がった。
http://www.hitachi-metals.co.jp/press/news/2002/n0415.htm

■サンゲツ
コットン壁紙を発売

サンゲツ独自の環境対応壁紙として販売してきたパピウォールが「コットン壁
紙」(従来はレーヨン混紡不織布)として生まれ変わった。綿花(コットンリ
ンター)を使用し、森林の減少につながる木材を使用しない非木材紙で,水性
インキを使用し、人体に有害な重金属類は含まない。

ホルムアルデヒドはほとんど検出されない。また、焼却しても、ダイオキシン
の原因とされる塩化水素ガスなどは発生しない。メンテナンス面では、汚れの
拭き取りやすさが一般ビニル壁紙と同等程度とすぐれている。そして、コット
ン特有のソフトな風合いに加え、適度な通気性がある。施工性はビニル壁紙に
近く、貼りやすく、はがしやすい。
http://www.sangetsu.co.jp/press/index.html

■日東紡
厚さがグラスウールの半分以下の高機能断熱材を開発
 
日東紡は,厚さをグラスウールの半分以下に抑えた高機能断熱材“ファイヤロッ
ク スーパーフォーム”を開発した。フェノール樹脂を素材に,断熱の役目を
果たす高性能ガスを閉じ込めた気泡の制御技術を確立した。
 

高い断熱性能で省エネルギーに貢献し、フロンを使わないことで地球環境にも
配慮。燃えにくく、万が一火災になった場合でも、煙や有害ガスの発生が非常
に少ない断熱材。
http://www.nittobo.co.jp/building-materials/products/firelock/index.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■JIAM 2002
アジア最大のアパレルマシンショーが5月15〜18日,インテックス大阪で開催

世界の縫製基地としてますますその重要度を高めている「アジア」において、
アパレル生産から消費に至る関連技術のハード、ソフトを一堂に集めた、世界
の3大国際アパレルマシンショーの一つである「JIAM 2002」が5月15〜18
日,インテックス大阪で開催される。

今回は縫製関連機器をはじめアパレルの生産から消費までに関わる最先端技術
を有する世界の一流企業が出展。ますます競争がグローバルにハードになる中、
企業の存続、発展を図ろうとするアパレル業界関係者にとって見逃せないイベ
ントとなる。

今回は,アパレル産業の動向をトータルに捉え、「アパレル生産から消費まで」
のアパレル産業総合フェアとして展開する新しいコンセプトをシンボリックに
表現する場として「アパレルITパビリオン」を特設する。

「余剰在庫を削減し、販売の機会を失わない」システムの実現へ向けてITを
十分に駆使したソリューションを呈示する「アパレルITパビリオン」は「テー
マゾーン」と「企業出展ゾーン」で構成される。

また,会期2日目、3日目の午後2日間にわたり開催される「シンポジウム」で
は,“IT時代におけるアパレル産業の動向”をテーマに以下の講演などが行
われる。

第1日 5月16日(木) 13:00〜17:00
(1)アパレル産業におけるビジネスモデル
(2)新しい繊維素材 
 「生分解性繊維ーラクトロンの開発と用途」カネボウ合繊  
「難燃繊維“コーネックス”について」帝人
(3)モデリストと技術
(4)ファッションビジネスのグローバル化と人材育成

第2日 5月17日(金) 13:00〜17:00
ーパネルディスカッションー(2部構成)
第1部:テーマ=アパレルにおけるSCM
第2部:テーマ=アジア・アメリカ・ヨーロッパにおけるアパレルマーケットの
最新動向

http://www.fair.or.jp/jiam/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.54☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2002.4.22☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,クライアントの皆
様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.製品開発
4.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本フェルト・市川毛織・日本フイルコン
経営統合を発表

日本フェルト,市川毛織および日本フイルコンの3社が,経営統合を発表した。
3社は経営統合を行うことについて独占禁止法に違反するおそれがないとの公
正取引委員会の回答や株主の承認を前提として、基本的に合意し、そのための
具体的な検討を開始することとなった。

今日の抄紙用具業界は、経済のグローバル化による国際競争の激化、製紙産業
の統合・再編による巨大化と技術革新、抄紙用具3品目[ワイヤー・フエルト・
カンバス]の一括購買方式への転換など世界規模での急速な構造変化への対応を
迫られている。

このような認識の下に3社は、総合抄紙用具メーカーとして、企業体質の強化、
国際競争力の向上と企業の成長を図るために持株会社を設立することに合意した。

統合によりグループの経営体質を強化し、抄紙用具の高度化ならびに多様化する
ユーザーニーズに迅速に対応し得る世界一流の総合抄紙用具グループを目指す。
http://www.felt.co.jp/company/news.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本環境協会
環境ラベル運用を国際共通化

日本環境協会は,環境負荷が少ないことを製品に表示する環境ラベルで,北欧
のラベル運用認証機関と運用の一部を共通化した。アジアの機関とも年内に共
通化する。環境ラベルは企業が使用権を得る場合,認証機関ごとに申請するの
が一般的だが,運用の共通化により申請手続きが簡略化でき,認証までの期間
も短縮化できる。(日本工業 4/22)
http://www.jeas.or.jp/

■ダイワボウ
かゆみを抑える下着投入で医療品分野に進出

ダイワボウは医療品分野に進出する。4年後をメドにアトピー性皮膚炎による
かゆみを抑える下着を投入する。研究協力先である信州大学の敷地内に研究所
分室を設置したほか,研究員も1人から3人に増員した。

今後,大学での臨床試験と並行して医療用下着のデザインやフィット感,品揃
えなどの研究を進める。(日刊工業 4/19)

■二村化学
繊維状活性炭で攻勢

二村化学工業は,繊維状活性炭を戦略製品と位置づけ,市場攻勢をかける。同
製品は炭素繊維を賦活した繊維状の活性炭で,粒状炭と比べて吸着・脱着速度
の早いことが特長。

すでに溶剤回収や浄水器などの用途で採用実績を積み上げており,今後はクリー
ンルームや病院の脱臭フィルターなど広範な分野で一層の需要増を狙う。
(化学工業日報 4/19)
http://www.futamura.co.jp/index.html

■ミサワホーム
廃紙を原料に断熱材

ミサワホームは今年中に北海道地域で,段ボールなどの廃紙を原料とする再生
素材“M-Woodシスター”を断熱材に採用した戸建て住宅を商品化する。同素材
は断熱性に優れ,同じ断熱材のグラスウールの代替品として使うと木質系パネ
ルの厚みを25%削減でき,これによりコストダウンを図る。(日本工業 4/22)

■通信総合研究所
布製のアンテナを開発

通信総合研究所は,服や帽子に縫い付けられる布製のアンテナを開発した。全
地球測位システム(GPS)や徘徊老人の位置測定,無線LANなどの使える。15cm
角,厚さ1mmのフェルト生地の表裏に電磁遮へいなどに使う導電性布を張り付け
た。(日経 4/19)

■ペットリバース・日本ポリエステルリサイクル
2会社が合併

日石三菱などが出資するポリエチレンテレフタレート(PET)ボトルのリサイク
ル会社,ペットリバースは,日本車両製造などが出資する日本ポリエステルリ
サイクルと合併した。存続会社はペットリバース。

■旭・デュポンフラッシュスパンプロダクツ
新社長に河野氏

旭・デュポンフラッシュスパンプロダクツでは,社長に河野嘉夫デュポン(日
本法人)高機能不織布生産業務部長(兼務)が3月15日付けで就任した。

これに伴い,アンドリュー・V・ホールズワース社長は,デュポン高機能不織布
事業部門アジア太平洋地域担当事業本部長に就任した。

■紙おむつ類と生理用品のPOSシェア3月ランキング

紙おむつ類は,1位がユニ・チャームで49.1%(前月比1.8%減),2位が花王で
23.5 %(同2.7%増),3位がP&Gで13.9%(同2.9%増),4位が大王製紙で6.5%(同
3.1%減),その他が7.0%(同0.7%減)。

生理用品は,1位がユニ・チャームで39.3%(前月比0.1%増),2位が花王で26.5%
(同3.1%増),3位がP&Gで11.9%(同0.3%減),4位が大王製紙で11.4%(同4.0%
減),その他が10.9%(同1.1%増)。(日経流通 4/20)

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■クラレ
軽量・高強度合成繊維を開発

クラレは,軽量で高強度の合成繊維を開発した。レンコンのように穴があいた
中空糸など5種類で,ポリエステル製が中心。スポーツ衣料や婦人服のほか,不
織布など産業資材への応用もめざす。(日経産業 4/19)

■ユニ・チャーム
“シルコット ウェットティッシュ”をリニューアル
天然除菌成分配合で子供の手口まわりにも安心な“シルコット ウェットティッ
シュ 食卓での安心除菌タイプ”を新発売

ユニ・チャームは、ユーザーに「簡単・キレイ」を提供する“シルコット ウェッ
トティッシュ”をより開けやすく素敵なデザインに改良した。

さらに、部屋でも安心して使える除菌タイプのウェットティッシュを使いたい
というユーザーの強い要望に応え、天然除菌成分の孟宗竹(もうそうちく)エキ
スを配合した“シルコット ウェットティッシュ 食卓での安心除菌タイプ”を
新発売した。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■ユニ・チャーム
“ムーニー 1枚でスッキリシート”を新発売

ユニ・チャームは、これまでのおしりふきでは“ウンチがなかなかきれいに拭
き取れない”という不満に対して新たに“ムーニー 1枚でスッキリシート”を
新発売した。

同社が1994年に発売した“ムーニー ラクラクおしりふき”は多くのユーザーに
高い満足度を提供し、高い評価を得ている。しかし、低月齢の赤ちゃんのやわ
らかいウンチを拭き取るには、非常に多くの枚数のおしりふきが必要になる。

しかも、拭取り回数が多くなるとおしりふきによるこすれカブレも発生しやす
くなる。そこで、同社はこの問題に対応し、少ない枚数できれいにやさしく拭
き取れる厚手のおしりふきを新発売した。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■日立金属・東洋化学
ITS用に画期的な電波吸収体を開発

日立金属と東洋化学は、反射波による電波障害を大幅に低減する高度道路交通
システム用電波吸収体を共同開発した。

日立金属のもつ磁性材料技術、電波吸収体の設計・評価技術と、東洋化学のも
つポリマー技術、高品質プロセス技術を融合し、高性能で使いやすいDSRC
用電波吸収体の開発に繋がった。
http://www.hitachi-metals.co.jp/press/news/2002/n0415.htm

■サンゲツ
コットン壁紙を発売

サンゲツ独自の環境対応壁紙として販売してきたパピウォールが「コットン壁
紙」(従来はレーヨン混紡不織布)として生まれ変わった。綿花(コットンリ
ンター)を使用し、森林の減少につながる木材を使用しない非木材紙で,水性
インキを使用し、人体に有害な重金属類は含まない。

ホルムアルデヒドはほとんど検出されない。また、焼却しても、ダイオキシン
の原因とされる塩化水素ガスなどは発生しない。メンテナンス面では、汚れの
拭き取りやすさが一般ビニル壁紙と同等程度とすぐれている。そして、コット
ン特有のソフトな風合いに加え、適度な通気性がある。施工性はビニル壁紙に
近く、貼りやすく、はがしやすい。
http://www.sangetsu.co.jp/press/index.html

■日東紡
厚さがグラスウールの半分以下の高機能断熱材を開発
 
日東紡は,厚さをグラスウールの半分以下に抑えた高機能断熱材“ファイヤロッ
ク スーパーフォーム”を開発した。フェノール樹脂を素材に,断熱の役目を
果たす高性能ガスを閉じ込めた気泡の制御技術を確立した。
 

高い断熱性能で省エネルギーに貢献し、フロンを使わないことで地球環境にも
配慮。燃えにくく、万が一火災になった場合でも、煙や有害ガスの発生が非常
に少ない断熱材。
http://www.nittobo.co.jp/building-materials/products/firelock/index.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■JIAM 2002
アジア最大のアパレルマシンショーが5月15〜18日,インテックス大阪で開催

世界の縫製基地としてますますその重要度を高めている「アジア」において、
アパレル生産から消費に至る関連技術のハード、ソフトを一堂に集めた、世界
の3大国際アパレルマシンショーの一つである「JIAM 2002」が5月15〜18
日,インテックス大阪で開催される。

今回は縫製関連機器をはじめアパレルの生産から消費までに関わる最先端技術
を有する世界の一流企業が出展。ますます競争がグローバルにハードになる中、
企業の存続、発展を図ろうとするアパレル業界関係者にとって見逃せないイベ
ントとなる。

今回は,アパレル産業の動向をトータルに捉え、「アパレル生産から消費まで」
のアパレル産業総合フェアとして展開する新しいコンセプトをシンボリックに
表現する場として「アパレルITパビリオン」を特設する。

「余剰在庫を削減し、販売の機会を失わない」システムの実現へ向けてITを
十分に駆使したソリューションを呈示する「アパレルITパビリオン」は「テー
マゾーン」と「企業出展ゾーン」で構成される。

また,会期2日目、3日目の午後2日間にわたり開催される「シンポジウム」で
は,“IT時代におけるアパレル産業の動向”をテーマに以下の講演などが行
われる。

第1日 5月16日(木) 13:00〜17:00
(1)アパレル産業におけるビジネスモデル
(2)新しい繊維素材 
 「生分解性繊維ーラクトロンの開発と用途」カネボウ合繊  
「難燃繊維“コーネックス”について」帝人
(3)モデリストと技術
(4)ファッションビジネスのグローバル化と人材育成

第2日 5月17日(金) 13:00〜17:00
ーパネルディスカッションー(2部構成)
第1部:テーマ=アパレルにおけるSCM
第2部:テーマ=アジア・アメリカ・ヨーロッパにおけるアパレルマーケットの
最新動向

http://www.fair.or.jp/jiam/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.55☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2002.4.30☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,クライアントの皆
様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.製品開発

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2001年度国内パソコン出荷概要
出荷台数 1,214万台 前年比13.2%減

マルチメディア総合研究所がまとめた 2001年度の国内パソコン出荷実績による
と国内パソコン総出荷量は、前半で店頭、後半にビジネス系が減速し前年度比
13.2%減の1,214万台に大きく後退した。

メーカーシェアは、トップのNECと2位の富士通の差がさらに縮まり、トップ2
社時代となった。ソニーは約6万台生産したVAIO Wを春だけで完売するなど好調
で、日本IBMを抜き3位に浮上したうえ、店頭販売でNECを抜いて初めてトッ
プに躍り出た。

ちなみに、ビジネス系の1位は富士通で、NECは総合1位をかろうじて確保した
ものの分野別トップの地位から陥落した。一方、外資系ではコンパック、アップル
が大幅に実績をダウンした半面、デルが唯一台数・シェアともに大きく伸ばした。

半期別の推移を見ると、上半期(4〜9月)559万5,000台、下半期(10〜3月)654万
5,000台。上半期は店頭の不振が響き、前年比10.5%ダウン、下半期にはWindowsXP
が出たにもかかわらず同15.4%ダウンと市場は後半冷え込みを増した。

タイプ別では、ノートタイプの売れ筋が17万〜18万円となり需要を促進、デスク
トップの44.8%を上回った。また出荷金額は、単価が16万8,000円から15万6,500円
へと前年比6.8%ダウン。総出荷金額は1兆9,000億円となり2兆円
http://www.m2ri.co.jp/newsreleases/020423.htm

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■内閣府
耐久消費財の保有状況調査

内閣府は,3月末時点での耐久消費財の保有状況をまとめた。冷蔵庫や洗濯機
などの家電製品普及率が頭打ちとなるなかで,情報技術(IR)製品が急速に家
庭に浸透している。パソコン普及率は全世帯で57.2%で1年前に比べて7.1ポイン
ト上昇した。また今回から調査対象となった携帯電話の普及率は78.6%。
(日経 4/24)
http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/0203shouhi.html

■ユニチカ
スパンボンドの増設計画を見直し

ユニチカはスパンボンドの増設計画を見直す。来年度に予定していた新設備導
入の方針を転換,当面既存設備改良による増産で対応することにした。紙おむ
つや生活資材向けに需要が拡大しているものの,近年の国内消費不振に加え,
各社の増設ラッシュなどから,新設備導入には時期尚早と判断した。
(化学工業日報 4/23)

■フジコー
NAS電池向け電極材を生産

フジコーは,次世代の大容量電池として期待されるNAS(ナトリウム硫黄)電池
の電極材用フェルトの営業生産を始めた。東邦テナックスの耐炎繊維“パイロ
メックス”を独自の不織布加工技術により高密度フェルト化する。3年後に年間
10億円の売上を見込んでいる。(日経産業 4/25)

■星野洋紙店
リンゴ保護袋を中国で生産

星野洋紙店は,全額出資で中国・山東省栄成市に星野製袋有限公司を設立,リン
ゴ栽培用保護袋の生産工場を稼働させた。果樹栽培用保護袋メーカーは日本に
3社あるが,生産農家の減少により需要が減っている。同社はリンゴの生産量が
日本の20倍といわれる中国への進出をいちはやく計画してきた。生産能力は1日
あたり240万袋。中国のリンゴ農家を中心に韓国にも販売する。(日刊工業 4/25)

■大建工業
和紙製畳表の生産能力を倍増

大建工業は,和紙製畳表の生産能力を倍増する。4億円弱を投じて岡山工場(岡
山市)の設備を増強し,2002年度内に能力を2倍に引き上げる。畳表は中国から
の輸入増加で競争が激化しているが,同社の和紙製商品はデザインが豊富など
の理由で需要が拡大している。現行の設備がフル稼働になったため,増設に踏
み切る。(日経産業 4/25)

■西田通商
オフィスのカーペットを再生

繊維関連商社の西田通商は,米コリンズ&アイクマン社からライセンスを取得
し,オフィスなどのタイルカーペットのリサイクルを近く開始する。大手デベ
ロッパーや不動産業者,建設会社などと組んで古いカーペットを回収し協力工
場で再生,販売する。(日経産業 4/30)

■人事異動
日本バイリーン
(6月27日付)
▽常務取締役(取締役)企画部担当 今村一紀
▽第三事業部担当第三事業部長委嘱(技術部門担当)取締役 吉田善司
▽技術・生産・資材部門担当(生産・資材部門担当)取締役 田中稔
▽非常勤取締役,大日本インキ化学工業 常務 吉田一彦
▽非常勤取締役,フロイデンベルグ社 日本・中国・東南アジア地域代表
トーマス・ザイデル
▽常勤監査役(滋賀工場長)理事 木村俊夫
▽常勤監査役(東レ・デュポン常務) 萩森昭二
▽監査役(常勤監査役)村上寿滋
▽総合支援部付キュムラス株式会社出向(東京工場長)岸本邦和
▽滋賀工場長(総合支援部付キュムラス株式会社出向)森岡茂男
▽東京工場長(生産技術部プロジェクト推進担当部長)松宮祐次
(7月1日付)
▽理事,第一事業部衣料資材本部長兼企画部長 粟村孝雄
▽理事,第三事業部工業資材本部長 高田修
▽理事,第二事業部空調資材本部長 吉田俊雄

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■クラレケミカル
水道水の鉛を除去する特殊活性炭を開発

クラレケミカルは,水道水に含有する鉛を除去機能をもつ特殊活性炭を業界で
初めて開発した。活性炭に特殊素材を添着する高度な独自技術を駆使し,鉛を
効率よく吸着できる機能を付与した。(化学工業日報 4/26)
http://www.kuraray-c.co.jp/

■前川製作所
医療廃棄物を高温炭化する処理装置を発売

前川製作所は,使用済み針付き注射針や手術後の廃棄物をはじめとした感染性
医療廃棄物を高温下で炭化し,安心して廃棄できるバッチ式炭化装置“環境神”
を開発,病院向けなどに本格発売する。(日刊工業 4/24)
http://www.yokosuka-city.net/ytt/maekawa/

■シーシーアイ
騒音・振動などを大幅に減らす新素材を開発

カーケミカル製品大手のシーシーアイは,騒音・振動・電磁波などを大幅に減
らす効果をもつ新素材を開発,第一弾の商品“ダイポルギー吸音フォーム”を
発売した。従来のウレタンフォームに比べ,2.8倍の吸音性能をもつという。
(日経産業 4/30)
http://www.ccijp.co.jp/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━