━━☆No.10 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2002. 8.5 ☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■三菱総合研究所
「バイオ生分解素材普及に向けた政策提言」を発表

農林水産省および各識者の協力のもとに三菱総合研究所が事務局となり設置さ
れた「バイオ生分解素材の開発・普及に関する研究会」(座長:木村俊範 筑
波大学農林工学系教授)はこのほど、「バイオ生分解素材普及に向けた政策提
言」を発表した。

同研究会では、さる3月11日から7月3日の間に、計5回の研究会を開催し、
専門家による現状報告、バイオ生分解素材を利用する秋田県小坂町への現地視
察を行った。また、消費者、食品容器利用事業者、農業協同組合に対してアン
ケート調査を実施し、バイオ生分解素材の利用者側の意向について分析を行っ
た。それらの情報をもとに議論を重ね、このたび、研究会報告書「バイオ生分
解素材普及に向けた政策提言」をとりまとめた。

現在わが国は、地球温暖化問題への対応、循環型社会の構築、国内農業・農村
の活性化という課題に直面しており、この解決策の一つとして「バイオ生分解
素材」の普及促進が期待されている。

折しも、「経済財政運営と構造改革の基本方針2002(6月25日閣議決定)」に
おいて、農林水産資源を活用したバイオマス産業の重要性を位置づけており、
農林水産省ではこれを受け、関係府省の協力を得つつ、バイオマスの総合的な
利活用に関する戦略(「バイオマス・ニッポン総合戦略(仮称)」)を策定す
るためのプロジェクトチームを設置している。今回の政策提言は、このような
バイオマスの利活用に関する全体戦略の中で、具体的に検討されていくことが
期待される。
http://www.mri.co.jp/NEWS/2002/pr02073100.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■厚生労働省「2001年簡易生命表」発表
日本人の平均寿命、男女とも世界一に

日本人の平均寿命は男性が78.07歳、女性は84.93歳となり、過去最高を更新し
たことが、厚生労働省がまとめた「2001年簡易生命表」で分かった。男女とも
世界一となる見込み。2001年に生まれた赤ちゃんのうち、男性の半数以上、女
性の4人に3人が80歳の誕生日を迎える計算になり、今世紀後半の長寿社会が
浮かび上がった。(日経 8/1)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life01/index.html

■経産省
中国政府によるフェノールのアンチダンピング調査を開始

経済産業省の製造産業局化学課は,中国政府より在中国大使館経済部に対し、
フェノールを対象としたアンチダンピング調査を開始することを公告した。

今回の調査開始は、本年6月18日の中国4社による調査開始申請を受けて行
われるもので、今後、中国の「アンチダンピング条例」に基づき、調査対象国
からの輸入に関するダンピングの状況、中国の国内産業における損害の状況に
関する調査が行われる。

中国のアンチダンピング調査は、1997年以降これまで20件行われており、
そのうち日本を原産とする製品を対象としたものは10件。化学品は14件(
うち日本対象のものは8件)。
http://www.meti.go.jp/press/index.html

■東洋紡
ポリエステル不織布を欧米に輸出

東洋紡は建材の防水シートや自動車の内装材などに使うポリエステル不織布の
輸出を開始した。国内需要の伸びが期待できないため,海外市場を開拓し,今
秋から稼働する新しい製造設備の稼働率を高める。2003年度には,年間の生産
能力全体の1割弱に相当する1,500t前後を欧米向けを中心に輸出する。
(日経産業 7/30)

■旭化成
ロイカで立体編物

旭化成は,スパンデックス繊維“ロイカ”で空隙を形成した世界初の立体編物
“フィネックス”を開発した。ロイカベアー糸を使用することで,従来の立体
編物にない伸縮性とソフト感,独特の弾力風合いを実現した。
(化学工業日報 8/1)

■三菱レイヨン
アクリル人工皮革を増産

三菱レイヨンは,アクリル人工皮革の生産能力を増強する。現在,大竹事業所
(広島県)で年産220万m2の生産能力を有するが,04年までに5割増強し,300万
m2以上に引上げる。主力の衣料用途に加え,自動車内装材などの産業資材用途
でも国内外の需要が高まっている。(化学工業日報 8/1)

同社ではまた,ダイキンとの共同出資による中国の子会社「大連麗陽環保機器
有限公司」内に,水処理用の中空糸膜モジュールを組み立てる工場を完成,8月
下旬にも中国国内で完成品の出荷を始める。(日刊工業 8/1)

■松下電器産業
悪臭やシックハウス症候群原因物質を吸着するハイブリッド吸着材を開発

松下電器産業は、トイレ臭、生ゴミ臭、体臭などの悪臭原因物質を強力に除去
し、さらにシックハウス症候群などの原因化学物質を効果的に吸着できるハイ
ブリッド吸着材を開発した。生活環境で発生する悪臭の多くを取り除くことが
でき、また換気装置と組み合わせることにより、目の痛みや頭痛などを引き起
こすシックハウス症候群の原因物質を効果的に除去できる。

さらにリユースが可能で、リユースのための再生過程の環境負荷が低く、脱臭
剤などの家庭用分野から、下水処理およびし尿処理などの業務用分野まで幅広
く対応でき、快適な住環境の実現に貢献する。
http://www.matsushita.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn020802-
3/jn020802-3.html

■東レ
米デュポン社のフッ素(PTFE)繊維事業を買収

東レは、このたび、米国デュポン社高機能繊維事業部との間で、同社のフッ素
(PTFE:PolyTetra−Fluoro Ethylene)繊維事
業を資産取得により買収することで合意に達し、7月26日付けで契約調印し
た。

この買収契約締結に伴って、東レは米国内にFluorofibers(Am
erica),Inc.」(トーレ・フロロファイバーズ(アメリカ))を設
立し、本年9月末を目途に生産設備や営業権等を譲り受けて事業を継承する。

新会社は本件買収後一定期間、デュポン社高機能繊維事業部に生産を委託し、
その後、米国アラバマ州にある東レ現地子会社の隣接地にこれらの設備を移設
して新工場を建設し、生産・販売の一貫拠点を確立する予定。
http://www.toray.co.jp/release/news/fiber/nr020801.html

■住友商事
中国・家電大手の海信集団と合弁で日本に家電事業会社を設立

住友商事は中国・青島の大手家電メーカーである海信集団有限公司(青島市商
品ブランド名:ハイセンス)と合弁で、家電事業会社を日本に設立することに
合意した。

住友商事および海信集団の2社は、本年9月に日本に合弁会社「サミット・ハ
イセンス株式会社」を設立する。新会社のターゲット・コンセプトは「中国−
日本(さらに海外)間における家電分野でのビジネス・プラットフォームの形
成」であり、家電製品およびそれに使用される部材・部品、技術等の双方向の
交流を促すインフラ機能の提供にある。
http://www.sumitomocorp.co.jp/news/20020730_173209_kiden.htm

■大王製紙
「エリエールレディースオープン」のイメージキャラクターに菊川怜を起用

大王製紙が主催する女子プロアマゴルフトーナメント「第21回エリエールレ
ディースオープン」(11月21日〜24日)のイメージキャラクターに、映画やド
ラマなど多方面で活躍する女優の菊川怜さんの起用が決まった。

■京王製紙
「創造技術研究開発プロジェクト」の1社に選定

経済省が、新規産業・雇用創出の担い手である中小企業の研究開発および技術
の実用化への取り組みを支援するため、研究開発に要する経費の一部を補助す
る目的で設けた「2002年度創造技術研究開発事業採択プロジェクト」の1社に、
静岡県富士市に本社を置く板紙メーカーの京王製紙が選ばれた。

同社の採択理由は「リサイクル可能な機能紙の研究」。京王製紙は1962年創立
で、01年は白ボールと色板紙で約1万3,400tの生産実績がある。白板紙、ラミ
ネート紙・加工紙、トイレットペーパー用紙管などがメイン製品。

■日本化学繊維協会
ナノテク利用し高機能品を開発

日本化学繊維協会は,ナノテクノロジーなど先端技術を活用した高機能繊維の
研究開発を促進する。ナノメートルオーダーで高分子の配列を制御することに
より,これまでにない機能が繊維に付与できるとしており,国家プロジェクト
として現在申請中だ。(化学工業日報 8/5)

■光触媒製品フォーラム
JIS・ISO制度化へ

光触媒にかかわる117のメーカー・団体によって構成される光触媒製品フォー
ラムは2年後をメドに,同製品についてJIS(日本工業規格)とISO(国際標準
化機構)規格としての制度化をめざす。市場拡大に伴い,東南アジアなどから
十分な性能を発揮していない製品が流入しているのに対応するのが目的。規格
の取得によって製品の信頼度を高める考え。(日本工業 8/1)
http://www.photocatalyst.gr.jp/

■自販連
平成14年7月新車販売台数(登録車)概況

平成14年7月における登録車の新車販売台数(特殊車、トレーラー等を除く
シャシーベース)は、合計で367,902台、前年同月(390,653台)
に対して5.8%の減少、前月に対しては10.2%の増加を示した。

車種別にみると、乗用車合計は289,958台で2.3%の減少(2リット
ルを超える普通乗用車は61,122台、Δ16.5%。2リットル以下の小
型乗用車は228,836台、+2.4%)となった。

貨物車合計は76,591台で17.2%の減少(3・4t級以上の普通貨物
車は5,730台、Δ6.1%、その内輸入車を除く普通貨物車は5,442
台、Δ1.2%。乗用タイプのワゴンを一部含む小型貨物車は70,861台、
Δ18.0%)となった。バスは1,353台で6.8%の減少となった。
http://www.jada.or.jp/

■繊維統計・不織布(6月速報)
生 産 24,710t(102.2%)
出 荷 23,450t(103.6%)
在 庫 19,950t( 97.0%)
注)カッコ内は対前年同月比

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■米国コグネックス社
レメルソン訴訟に関連する上訴で主張を認められる

マサチューセッツ州ネイティック発(2002年1月31日)。マシンビジョン・シス
テムの世界的なリーディング・サプライヤであるコグネックス社(NASDAQ: CGNX)
はこのほど、レメルソン医学教育研究ファンデーション・リミテッド・パート
ナーシップ(以下、レメルソン・パートナーシップという)に対するコグネッ
クスの訴訟に伴う重要な上訴について、米国連邦巡回区控訴裁判所がコグネッ
クスに有利な判定を下したことを発表した。

1月24日に下された上訴判決により、レメルソン・パートナーシップからの特許
権侵害の主張に対する抗弁として、特許訴訟上のラッチェス(懈怠)原則を提
起する権限がコグネックスに与えられた。
http://www.cognex.co.jp/news/news020731.asp

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■P&G
“アテント”の全シリーズをリニューアル,夜用尿とりパッドを新発売

P&Gは、大人用紙おむつ“アテント”の全シリーズ(テープ式・尿とりパッド・
パンツ型)をリニューアル,8月中旬より全国で発売する。

近年、大人用のおむつ使用習慣は、モレへの不安と経済的な理由から、おむつ
単体の使用から、パッド等との重ね使い・複数枚使いへと変わってきている。
しかしその一方で、重ね使い時に尿モレを経験する頻度が高くなっている。

このことに注目し、アテントは消費者の新しい習慣に合わせて全てのアテント
シリーズ(テープ式・尿とりパッド・パンツ型)を新設計した。水色の立ち上
がる立体ギャザーの採用やパッドの縁取りをカットすることなどにより、パッ
ドとの重ね使いがより正しく簡単に行えるようになり、日常の中での尿モレが
減るように改良した。

また同社では、これに併せて夜用尿とりパッド“おしりすっぽりパッド”を8月
中旬より全国で新発売する。

新発売のアテント“おしりすっぽりパッド”は一晩中の尿を吸収することがで
きるうえ(従来の尿とりパッド約3枚分の吸収量-同社比-)、おしりをすっぽり
包む幅広設計、高いギャザーで背中からのモレ、横モレをしっかり防止する。
http://jp.pg.com/news/200207/20020730p02.htm
http://jp.pg.com/news/200207/20020730p03.htm

■ジョンソントレーディング
ペット用ウェットタオルを発売

ジョンソントレーディングは,ペットの体の汚れを拭き取る使い捨てウェット
タオル“ジョイペット汚れをふきとるボディータオル”を発売する。超大型・
大型犬用,中型・小型犬用,猫用の3種類。重ねなくても適度な厚みのある不織
布で破れにくい。

■東レ
吸水・保水性に優れた大判サイズのクリーニングクロスを発売

東レは、このたび、外出時やレジャー・スポーツ時に使いやすい大判サイズの
高機能クリーニングクロス“どこでもトレシーTM”を、7月末より全国の眼鏡店
などにて発売開始する。 販売価格は900円(希望小売価格、税別)。

本商品は、東レの高機能クリーニングクロス"トレシー"に用いられている超々
極細ポリエステル繊維に綿糸を織り交ぜた、高機能クリーニングクロス。"トレ
シー"本来の高いクリーニング性能に加え、吸水性・保水性に優れているため、
レンズに付着した雨や汗なども簡単に拭き取ることができる。

日常の生活シーンはもちろん、雨や汗が気になる外回りのお仕事、レジャー、
キャンプ、ゴルフ、スポーツ観戦、フィッシングなど、色々な場面で大変便利
に使用できる。
http://www.toray.co.jp/release/news/fiber/nr020725.html

■三洋電機
排気循環式クリーナー“ジェットターン”を発売

三洋電機は、見えない汚れであるニオイにも着目し、脱臭機能を備えるととも
に、壁ぎわの集塵性能を高めた、排気循環式クリーナー「ジェットターン」を
発売する。排気エネルギーを約80%カットした特長を生かし、ハウスダスト
徹底対策を考え、清浄な環境作りを目指す。

主な特長は次の通り。
1)排気の見えない汚れ"ニオイ"まで取る,業界初「光ドーム脱臭システム」
2)取れにくかったダストを吹き付け風とマイナスイオンで除去する世界初の
「ジェットイオン変換ローラー」
3)アレルギーの原因となるふとんのダニを吸引できる、ふとんローラー「ア
トピットII」標準装備
http://www.sanyo.co.jp/koho/hypertext4/0208news-j/0801-1.html

■三洋電機
マイナスイオン機能搭載したカーペットを発売

三洋電機は,マイナスイオンを発生する機能を付けたホットカーペットを発売
する。カーペットカバーにマイナスイオンを発生する加工を施し,カバー全面
から発生するマイナスイオンがここちよい暖かさを届ける。また,清潔面にも
こだり天然の抗菌防臭成分のキトサンを繊維に練り込んだ。
http://www.sanyo.co.jp/koho/hypertext4/0207news-j/0725-1.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本インテリアファブリックス協会
中堅幹部研修会で講演会を開催

日本インテリアファブリックス協会は,中堅幹部研修会を9月26日,東京神田の
YMCAホテルで開き,以下の講演会を開催する。

テーマ:「第三の開国を志向する中国〜WTO加盟が中国繊維産業に与える影響〜」
講師:西田健一氏(丸紅専務取締役)
問合せ先
TEL 03-3433-4521

■四国紙パルプ研究協議会
平成14年度総会と講演会を開催

四国紙パルプ研究協議会は,来る8月27日,産総研四国センター(高松市)で
平成14年度総会と講演会を開催する。

講演内容は以下の通り。

「セルロースの成形材料化」産総研四国センター環境調和材料研究グループ
主任研究官・遠藤貴士氏

「木材腐朽菌を用いたバイオレメディエーションによるダイオキシン類の分解」
愛媛大学農学部生物資源学科生物資源化学
教授・橘燦郎氏

「紙と水溶性高分子」
京都大学大学院農学研究科森林科学専攻生物材料科学分野
助教授・高野俊幸氏


┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.11☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2002. 8.12☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.製品開発
4.催事
5.お知らせ

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■化学防護服
日本工業規格(JIS)の改正を検討中

現在,1998年に制定された化学防護服の日本工業規格(JIS T 8115)の改正が
検討されている。改正は,2002年に第1版として発行された「ISO DIS16602.
2:2002 Clothing for protection against chemicals -- Classification,
labelling and performance requirements」 を翻訳し,技術的内容を変更して
作成した規格に基づいている。

同規格は,酸,アルカリ,有機薬品,その他の気体および液体または粒子状の
有害化学物質を取り扱う作業に従事するときに着用し,化学物質の透過および/
または浸透の防止を目的として使用する化学防護服について規定している。

この改正の詳しい内容は,日本不織布協会関西支部(Fax06-9845-4088)で入手
できる(会員のみ)。

http://www.iso.ch/iso/en/stdsdevelopment/techprog/workprog/TechnicalPr
ogrammeProjectDetailPage.TechnicalProgrammeProjectDetail?csnumber=32327
http://www.jsa.or.jp/
http://www.jisc.go.jp/

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■環境省
CO2削減に成果主義

環境省は,店舗や家庭など民生部門の温暖化対策を抜本強化するため,二酸化
炭素(CO2)の削減量に応じ,CO2 1kg当たり50円を交付する補助金制度を03年
度に導入する。(日本工業 8/9)

■経産省・農水省
シックハウス対策で新基準値

経済産業省と農林水産省は,建材に含まれる化学物質が原因となる「シックハ
ウス症候群」の対策を強化するため,原因物質のホルムアルデヒドに新たな基
準値を設ける。有害物質の使用を抑えた建材の普及を促すのが狙いで,来夏ま
での基準制定をめざす。(日本工業 8/9)

■廃棄物・リサイクル小委員会
繊維製品・繊維産業の3Rに関するガイドラインを改定

産業構造審議会の廃棄物・リサイクル小委員会は,繊維製品・繊維産業の3R
(リデュース,リユース,リサイクル)に関するガイドラインを,再利用しや
すい易リサイクル衣料の開発を積極的に行うなどの改定を行った。
(日刊工業 8/9)

■東洋紡
“ザイロン”の生産能力を拡大

東洋紡は,高強度・高弾性繊維“ザイロン”の生産能力を拡大する。防護服関
連などへの出荷が好調に推移しており,従来の年間200tから同300tに引上げた
のに続き,2004年度をめどにさらに同100t増強,従来の2倍の同400t体制を整え
る。(日本工業 8/9)

■ソロテックス
PTT短繊維を増産

帝人と旭化成の共同出資会社であるソロテックスは,10月をメドに伸縮性に優
れたポリトリメチレンテレフタレート(PTT)短繊維の生産を始める。低コスト
の量産技術を確立,世界で初めて本格生産に乗り出す。(日経 8/10)
http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/news/2002/fi020527.html

■セーレン
米の自動車内装材の生産能力を5倍に

セーレンは,米国の自動車内装材工場の生産能力を大幅に増強する。2006年末
までに約70億円を投資し,能力を現在の生産量の5倍強に引き上げる。主に日系
の自動車メーカー向けに売込む。(日経 8/10)

■昭和高分子
生分解性プラの生産能力を04年に倍増

昭和高分子は,生分解性プラスチック“ビオノーレ”の本格量産をにらみ,04年
には現有設備能力を倍増の年6,000t体制に移行する。農業用マルチフィルムや発
泡緩衝材向けに伸びているほか,04年には食品包装資材向けに新規参入できる見
込みにあることから生産体制を拡充する。(化学工業日報 8/9)

■三菱レイヨン
水・環境事業を拡大

三菱レイヨンは中空糸膜エレメントを利用した下排水処理市場向けビジネスを
強化し,水・環境事業を拡大する。従来の産業廃水処理向けに加え,国内の下
水処理場,海外の水処理施設向け市場を開拓する。(日刊工業 8/9)

■ユニチカ
燃料電池セパレータの生産コストを低減

ユニチカは,固体高分子型燃料電池用のセパレータを低コストで生産する方法
を開発した。材料のフェノール樹脂を焼成する温度を制御し,従来の半分の時
間で焼き上げることで,生産コストを従来の1/3程度に削減できる。
(日経産業 8/9)

■シナネンゼオミック
抗菌剤に消臭機能を付加

シナネンの100%子会社で無機系抗菌剤の国内トップメーカーであるシナネンゼ
オミックは,優れた消臭機能を併せ持つ抗菌剤を開発した。介護分野で使われる
繊維製品類をはじめ,建材,家庭用品,ペット用品などに幅広く展開し,新商品
で3年後に5億円の売上をめざす。(化学工業日報 8/9)

■コスモテクニカルセンター
経皮吸収促進剤の評価法を開発

化粧品・医薬品原料の製造販売を手掛ける日光ケミカルズのコスモテクニカル
センター(東京・板橋)は,化粧品や塗り薬に混ぜる経皮吸収促進剤の評価法
を開発した。促進剤によって主成分の皮膚への吸収がどれだけよくなるかを効
率よく分析できる。(日経産業 8/8)
http://www.nikkol.co.jp/japanese/index_j.html

■鹿島・萩原工業
コンクリート補強用波形ポリプロピレン繊維を開発

鹿島は萩原工業と共同で、コンクリート補強用波形ポリプロピレン短繊維“ポ
リウェーブ”を開発した。“ポリウェーブ”は、繊維の形状を波形に加工した
コンクリート補強用繊維で、従来品に比べ繊維自身の強度および剛性が向上し、
優れた補強効果を発揮する。

鹿島では、このポリウェーブをコンクリートの剥落防止対策として橋梁上部工
に適用したほか、トンネルの吹付けコンクリートの補強用繊維として実工事に
適用し、良好な結果を得た。
http://www.kajima.co.jp/news/press/200208/6c1fo-j.htm

■松下冷機
真空断熱材を開発

松下冷機は,硬質ウレタンフォームの10倍の断熱性能をもつ真空断熱材“ユー
バキュア”を開発,真空断熱材事業を本格化する。“ユーバキュア”は,グラ
スウールを乾式圧縮によって成形することで,断熱性を高めたのが特長。
(日刊工業 8/7)
http://www.mrc.panasonic.co.jp/vip/index.htm

■新日本テックス
布状の炭を開発

合繊織物の新日本テックス(石川県)は,和紙を原料とした布を焼成した「布
状の袋」を開発した。一般の炭や竹炭より優れた脱臭効果をもつ。介護用品や
衣料品,生活用品など幅広い応用をめざす。
http://www7.ocn.ne.jp/~newjapan/

■ダイワボウ
舞鶴と和歌山の紡織工場を分社化

ダイワボウは5日、紡織工場である舞鶴(京都府舞鶴市)、和歌山(和歌山県
日高郡)2工場を10月1日付で分社すると発表した。新会社名はダイワ紡織
(仮称)。資本金は5000万円で、本社は大阪市に置き、社長には鳥居進一
氏(現・第一事業本部原材部長兼和歌山工場長)が就く。従業員数は舞鶴工場
(200人)、和歌山工場(70人)合わせて270人。初年度売上高6億円
(6カ月)、次年度13億円の売り上げを見込む。

分社化は(1)事業責任の明確化に基づく徹底したコストダウン(2)独立採
算制による事業成果の明確化(3)一貫生産による製品事業強化のための素材
供給を狙いとしており、ダイワボウは新会社に対し生産に必要な原料支給と製
造設備などを提供し、製造委託する運営方式を取る。製品の販売機能は従来通
りダイワボウで行う。従業員は新会社に転籍させることを労働組合に申し入れ
ており、すでに協議に入った。

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■クラレ
新世代の人工皮革“パーカッシオ”がミズノ新型ゴルフシューズに採用

クラレが、2001年9月に販売を開始した人工皮革“パーカッシオ”が、その優れ
た透湿性・通気性、天然皮革並みの高感性を評価され、ミズノから8月10日に発
売されるゴルフシューズ“マルチスパイク”に採用された。

“パーカッシオ”は同社が、(1)天然皮革の感触と外観を持ち、かつ従来の人
工皮革では有し得なかった機能性を付与すること、(2)オリジナリティーが高
く、世界市場で優位性を確立できる素材であること、(3)全用途に展開可能な
技術プラットフォームであることをコンセプトとして開発した、次世代の素材。
http://www.kuraray.co.jp/press/index.html

■P&G
子供用パンツ型紙おむつ“パンパースすくすくパンツ”をリニューアル

P&Gは、子供用パンツ型紙おむつ「パンパースすくすくパンツ」を全国にて9月
中旬よりリニューアルする。新しいすくすくパンツは、綿の肌着のようにやわ
らかくフイットし、しかも8.5時間もらさないパワフルな吸収力。

また、ママが赤ちゃんに語りかけるきっかけになるようにパンツの前と後ろで
絵本のように楽しめる絵柄と、「はい、どうぞ」、「ありがとう」といった言
葉のやり取りをプリントしている。期間限定でもれなく、すくすくパンツの新
しい絵柄と同じ10種類のシールもついている。パッケージも一新。それぞれの
サイズの成長段階に合わせた赤ちゃんとパンパの写真が入り、選びやすくなっ
た。
http://jp.pg.com/news/200207/20020809p02.htm

■P&G
子供用紙おむつ“パンパースコットンケア”をリニューアル
 
P&Gは、子供用紙おむつ“パンパースコットンケア”を全国にて9月中旬よりリ
ニューアル発売する。新しいコットンケアは、画期的な工夫で二つ折りを採用。
また、M/Lサイズではつけ直しテープを40%幅広にして、ますます赤ちゃんの体
に沿いやすく、おしりにぴったりフィットするようになった。

パンパの写真が入り、選びやすくなった。新発売を記念して、9月中旬よりま
た、パッケージを一新。それぞれのサイズの成長段階に合わせた赤ちゃんと増
量パックプロモーションを行う。
http://jp.pg.com/news/200207/20020809p03.htm

■ニチバン
抗菌防臭効果のキトサンを配合したネット包帯を発売

ニチバンは、抗菌・防臭効果のある天然成分キトサンを配合した、蛍光染料無
使用の肌にやさしいネット包帯“ケアーズ(R)抗菌ネット包帯”を、8月1
9日より全国の薬局、ドラッグストア、スーパー、ホームセンターにて新発売
する。
 
同新製品は、カニやエビなどの殻から取れるキトサンの微粒子を練りこんだ、
やわらかな肌ざわりの100%天然系繊維と、伸縮性ポリウレタン繊維を使用
した、チューブ状の伸縮性ネット包帯。キトサンが雑菌の繁殖を抑えて、繊維
を常に清潔な状態に保つため、嫌な臭いも発生しない。
http://www.nichiban.co.jp/

■シャープ
快適な座り心地のクッション材採用のホットカーペット2機種を発売

シャープは、本体の厚さが同社従来の約3倍の約18mmで、弾力性や遮音性
を飛躍的に高めた「ふかほかクッション材」を採用したホットカーペット“H
J−N30FX/N20FX”を発売する。

繊維が横に寝ず、斜めに立った状態で形を保つ新しい織り方を採用することに
より、厚さ約18mmの「ふかほかクッション材」を実現した。反発力が強く、
クッション性に優れ、長時間座っても疲れない。

さらに、床への衝撃音の大きさを表す「遮音等級」は一番静かなLL-30と、遮音
性に優れ、マンションなどでは階下でも、椅子の移動音や物の落下音などが聞
こえない。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/020807-2.html

■三菱電機
空気清浄機2機種を発売

三菱電機では、部屋の汚れに対する反応スピードを約4倍(同社従来品比) に
向上して、より快適な室内環境を届ける空気清浄機2機種を9月1日より発売
する。

高効率ULPAフィルターでの集塵と、(1)新搭載の洗える光再生脱臭フィルター、
(2)パルス放電式プラズマ脱臭、(3)特殊活性炭フィルターのトリプル脱臭の効
果によりすばやく空気を清浄にする。
http://www.MitsubishiElectric.co.jp/news/2002/0806.htm

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■中小企業テクノフェア2002
不織布関連では池上機械が出展

中小企業テクノフェア2002が,「未来を支える技術の結晶」をテーマに,東京
(9月25〜27日,東京ビッグサイト)と大阪(9月11〜13日,インテッ
クス大阪)で開催される。

同展は,中小企業の優秀な技術、製品等を一堂に展示し、中小企業の製品開発
力、加工技術などを紹介するとともに、商談を通じて、中小企業の新規取引先
の開拓及び広域的な受注機会の拡大を図ることにより、中小企業の自立化、国
際化を促進するとともに地域経済の活性化を図ることを目的にしている。

不織布関連では,池上機械が出展する。21世紀型カード“トリプルカード”は
じめ品質保証に貢献する“タフトブレンダー”や地球にやさしい“リサイクラー”
などをパネル展示するほか,不織布製造装置に関するビデオを上映する。また,
ブースでは不織布製造関連機械の相談にも応じる。
http://www.sme-tf.org/
http://www.ikegamikikai.jp/

■東京パック2002 
10月に東京ビッグサイトで開催

第19回「東京パック2002」(2002東京国際包装展,社・日本包装技術協会主催)
が、“包装の進化/人と地球のために”をテーマに,500社(3,000小間)の出
展のもとに 10 月1日から5日までの5日間、東京ビッグサイトで開催される。

本展は1966年以来隔年に開催され、今やその規模と内容において全世界の包装
関係者の注目を集め、包装の総合展示会としての確固たる地位を築いている。

21世紀を迎えた東京パックは、地球環境保全の問題など包装への役割・期待が
より一層高まる中、世界の最高技術を結集した包装の祭典として、社会のニ−
ズに応え、包装業界のさらなる発展を目指している。
http://www.jpi.or.jp/t-pack/contents.htm

┏☆ お知らせ ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■Nonwovens Review Vol.13 No.2

本日,Nonwovens Review Vol.13 No.2が発行となりました。
主な内容は次の通りです。

特集1/サニタリー製品の最新傾向
 旭化成/紙おむつ市場の“ニーズ”に適う“シーズ”を提供
 ユニ・チャーム/夏場の肌のトラブルに着目し紙おむつを改良
 花王/脚周りに吸収帯を付けた大人用紙おむつを発売
 大王製紙/新ブランドで市場の立て直し図るベビー用紙おむつ
 P&G/ベビー用紙おむつに春夏のさわやかなデザイン追加
 ネピア/超薄型商品で軽失禁ケア市場に参入
 クレシア/優れた吸収力を生む“厚み”に対する安心感

特集2/ INDEX02に見るサニタリー技術
 ノードソン/サニタリー製品の製法や製造機械の構造に変革をもたらす可能性
      秘める画期的な開発
 瑞光/高齢化社会に求められる紙おむつづくりに貢献
 丸栄日産/地下に蠢くマグマを探り当てる開発努力を
 日本不織布協会関西支部長・日向明氏の講演より/INDEXユ02ツアーに参加して

特集3/新たな可能性拓くメディカル製品
 日清紡績/廃棄処理を含めたトータルコストでの導入を提案
 リブドゥコーポレーション/キットビジネスのトップランクをめざして
 アールストローム東京/自社工場で複合化素材の設計が自在に
 アリージャンス/マルチファブリックで価格競争を制す

不織布市場の最新動向と製品開発について/京都女子大学教授・矢井田 修

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.12☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2002. 8.19☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■中国国際産業用繊維・不織布見本市「Cinte Techtectil China」
9月25日〜27日の3日間,中国・上海で開催

中国国際産業用繊維・不織布見本市「Cinte Techtectil China」(チンテ・テ
クテキスタイル・チャイナ)(主催:メッセ・フランクフルト香港)が来る9
月25日〜27日の3日間,中国・上海で開催される。

昨年12月にWTOの加盟が承認された中国では近年,産業用繊維の消費量が著しい
伸びを示しており,さらに2005年までには繊維製品の関税も13%に引き下げるこ
とを表明している。

中国国内企業をはじめ,世界各国から100社を上回る企業が出展し,最新製品を
披露する。また,産業用繊維の各応用分野をテーマにしたセッションも行われる。

問合せ先
メサゴ・メッセフランクフルト(株)
TEL03-3262-8441 FAX03-3262-8442
http://www1.techtextil.de/cinte_china0005/?MIval=framesets&&language=gb

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■大阪府・池田病院
新生児68人がMRSA感染

大阪府池田市の市立池田病院は、今年5月から7月までに同病院産婦人科病棟で
生まれた新生児121人のうち、半数以上の計68人からメチシリン耐性黄色ブドウ
球菌(MRSA)を検出したことを明らかにした。

同病院によると、感染した68人のうち発熱や発疹(ほっしん)などの症状が出
たのは6人。うち2人がMRSAの発症と確認された。いずれも治療を受け、回
復しているという。(日経 8/17)

■環境省
燃料電池車導入を後押し

環境省は,燃料電池自動車を地方自治体に普及させるため,2003年度から3年計
画で,全国に自治体と協力し走行試験に乗り出す。政府は燃料電池車を2010年
までに5万台導入する計画を発表している。(日本工業 8/15)
http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=2729

■旭化成
ポリウレタン弾性繊維の新原料の生産を開始

旭化成は,ポリウレタン弾性繊維(スパンデック)に使う新しい原料の生産を
本格的に始めた。繊維にすると低温でも伸縮性が発揮できるほか,従来の原料
でつくった繊維に比べ半分の力で伸ばすことができる。(日経 8/15)

■高島屋日発工業
メキシコにシートカバーの新工場を建設

高島屋日発工業は,メキシコ・モントレー市にシートカバー生産の新工場「メキ
シコ・タカニチ」(MTC)を設立,03年初めに稼働する。関連会社でシート完成
品として,トヨタ自動車のインディアナ工場に供給する。(日刊工業 8/15)

■東レ
ポリ乳酸事業に進出

東レはポリ乳酸(PLA)事業に進出する。生分解性プラスチックを代表するポリ
マーであるPLAについて,米カーギル・ダウと提携,このほどポリマー供給を受
ける契約を結んだことを明らかにした。東レでは現在,不織布などの製品開発
を進めており,ユーザーのスペックインを待っている段階。
(化学工業日報 8/14)

■ミサワホーム
古紙から新断熱材

ミサワホームは,環境ベンチャーの環境経営総合研究所と共同で,古紙を主原
料とした新しい断熱材を開発した。微細化した古紙とポリオレフィン樹脂を7対
3の割合で原料に用い,圧力と水蒸気を注入して発泡させる。(日経産業 8/13)

■三井不動産
老朽カーペットのリサイクルを開始

三井不動産は,産業廃棄物として処分していた老朽カーペットのリサイクルを
開始する。ビル管理会社を通じて分別回収し,東リの工場で再生し,それを三
井不動産が買い取り,再びビルに敷く。(日経 8/14)

■大成建設
低価格の屋上緑化用の人工地盤パネルを開発

大成建設はリフォーム施工の渡辺物産と共同で,低価格な屋上緑化用の人工地
盤パネルを開発した。1m2あたり9,800円と業界で初めて1万円を切る価格に設定,
広い面積でも低コストで設置できる。(日経 8/18)

■トヨタ自動車
欧州で廃車回収

トヨタ自動車は欧州で廃車回収網の構築に乗り出した。7月にドイツ,オランダ
など4カ国で合計560個所の回収拠点を設置したほか,今後,独フォルクスワー
ゲンの回収網も活用する方針。欧州連合(EU)は,2007年に廃車回収の全面的
な義務づけを予定している。(日経 8/13)

■荏原
据置型の燃料電池を量産

荏原は2003年春に,据置型では国内初の燃料型燃料電池を発売する。水素をボ
ンベで供給,燃料配管なしでも長時間の電力供給が可能で,非常用電源などに
販売する。(日経 8/14)

■松下電工
高信頼性のコンポジット銅張積層板を開発

松下電工は,ガラス基材銅張積層板(FR-4)に匹敵する高信頼性を有した,コン
ポジット銅張積層板(CEM-3)を開発した。CEM-3の加工性と低コスト性を維持
しながらFR-4の高信頼性を兼ね備えた基板が得られることになる。
(化学工業日報 8/19)

■富士フィルター工業
燃料噴射ノズルの生産費を削減する金属製フィルター開発

富士フィルター工業は,自動車の燃料噴射ノズルの生産コストを2割削減した金
属製フィルターを開発した。ノズルの部品点数を削減,組立て時の不良品率を
抑える。(日経産業 8/19)

■紙おむつ類と生理用品のPOSシェア7月ランキング

紙おむつ類は,1位がユニ・チャームで45.0%(前月比1.2%増),2位が花王で
23.5%(同0.1%減),3位がP&Gで12.7%(同2.3%減),4位が大王製紙で11.3%
(同0.9%増),その他が7.5%(同0.3%増)。

生理用品は,1位がユニ・チャームで38.9%(前月比1.8%増),2位が花王で24.3%
(同2.0%増),3位が大王製紙で12.8%(同0.3% 減),4位がP&Gで11.9%(同2.0%
減),その他が12.1%(同1.5%減)。(日経流通 8/17)


┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■スパンレース市場
経済低迷にもかかわらず、過去数年世界のスパンレース市場でワイパー用の需
要が大幅に増加

■テラシス社(トルコ)
サニタリー用カバーストックメーカーが700万ドルを投じてイスタンブールに
カード式サーマルボンド生産設備を建設

■アロエス&アロエス社(ブラジル)
サニタリーメーカーのアロエス社がリオデジャネイロの第2工場で女性用サニ
タリー製品と大人用失禁製品の生産を開始

■エドゥアルド・クステールズ・マシネンファブリク社(ドイツ)
カード用設備のクステールズ社がテキスタイル・不織布用カード事業のKKAクラ
イネヴェフェール・アンラゲン社を買収

■レンツィング社(オーストリア)
1億2,500万ユーロを投じてレーヨンの「リオセル」とパルプ関連の生産設備
2ヵ所で拡張

■インティア社(スペイン)
カナダの自動車用インテリアメーカーがスペインに 1,100万ユーロの生産設備
をオープン

■デクスター社(米国)
前デクスター社のエンジニアが、不織布業界で水流絡合繊維と弾性素材形成に
関する特許の購入先を検討


┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■シャープ
脱臭セラミックファンヒーターを新発売

シャープは、プラズマクラスターイオン「除菌イオン」を室内に放出すること
で、浮遊するカビ菌をやっつける、脱臭セラミックファンヒーター“HX-CC1”
を新発売する。

浮遊するカビ菌をやっつける方式は、プラズマクラスターイオンを部屋の中に
放出し、そのプラスとマイナスの分子が、空気中に浮遊するカビ菌などに密着
し、強力なパワーで分解・不活性化する同社独自の空気浄化技術。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/020807-1.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本繊維機械学会 不織布研究会
研究交流会を9月13〜14日,岐阜で開催

日本繊維機械学会不織布研究会(矢井田修委員長)は,第13回「不織布研究会
研究交流会」を9月13〜14日,岐阜で開催,以下の概要で工場見学や講演会を
行う。

13日(金)午後:工場見学

岐阜県製品技術研究所,宇部日東化成岐阜研究所

14日(土)9:00〜15:00:講演会

(1)不織布におけるグラフト重合の応用/(株)環境浄化研究所・竹田俊英氏

(2)次世代不織布EVOLONの性能と特徴/日本バイリーン(株)木村英雄氏

(3)非木材繊維の常圧パルプ化法の研究/岐阜県製品技術研究所・高田誠氏

(4)機能性不織布の製造と応用/金井重要工業(株)・小畑勉氏

(5)Baby Care用途における不織布の応用/P&Gファーストインク・JIE TAO氏

(6)不織布産業への思いと提案/日本不織布(株)・神山亮氏

問合せ先
日本繊維機械学会不織布研究会
TEL06-6443-4691 FAX06-6443-4694

■EDANA
イタリアで「2003国際不織布シンポジウム」を開催

EDANAは来年6月4〜5日にイタリアで「2003 国際不織布シンポジウム」を開催す
る。このシンポジウムでは不織布市場の最新動向、不織布の原材料や製造技術
の開発動向が主要テーマとなっており、昨年コペンハーゲンで開催された同シ
ンポジウムでは、21ヵ国・企業190社から300人以上が出席した。

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.13☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2002. 8.23☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■環境問題連絡会ダイオキシン対策検討会
「ダイオキシン発生機構調査研究」および「非臭素系難燃材料調査研究」の結
果を発表

環境問題連絡会ダイオキシン対策検討会(経済産業省産業技術環境局長の検討
会)第2回排出抑制技術検討分科会(座長:平岡正勝立命館大学エコ・テクノ
ロジー研究センター長)が7月29日に開催され,新エネルギー・産業技術総
合開発機構(NEDO)が平成11年〜13年度において実施した「ダイオキ
シン発生機構調査研究(研究実施者:(社)産業環境管理協会、立命館大学)」
及び「非臭素系難燃材料調査研究(研究実施者:(社)産業環境管理協会、芝
浦工業大学)」の結果概要について、それぞれ研究実施者から報告があった。
以下にその概要を紹介する。

◎「ダイオキシン発生機構調査研究」
熱力学平衡解析では、都市ごみ焼却過程におけるダイオキシン類の生成には、
濃度不均一によって局所の元素割合が都市ごみの平均組成と大きく異なるため
に起こることを示した。また、低空気過剰率条件下では、炉内のように高温域
(約900℃)でもダイオキシン類が存在しえる条件が存在することを確認した。

燃焼場のような高温度域では高塩素化ダイオキシン類の割合が高く、燃焼ガス
冷却過程の比較的低温度域(約300℃)で低塩素化ダイオキシン類の割合が高く
なること、および低温度域では系中に塩素が多いと高塩素化ダイオキシン類の
割合が高く、塩素が少ないと低塩素化ダイオキシン類の割合が高いという実験
的傾向と一致した計算結果を得たことから、ダイオキシン類の同族体分布は熱
力学平衡に支配されていることが示唆された。さらに、NaCl もダイオキシン類
生成への塩素源となり得ることを示した。

◎「非臭素系難燃材料調査研究」
開発対象とした10 種類のプラスチックについて、
・ 非臭素系難燃材料で平均添加量4.1wt%レベルにてUL 試験の平均燃焼秒数で
3.12sec から3.54sec の成績を得た。また非臭素系で新規な触媒などを用いた
試験でもプラスチックの平均燃焼秒数で 4.60sec が得られた。
・ ゴムやプラスチックの一部(ポリプロピレンなど)のものについては燃焼を
かなり抑制することができたが、さらなる改善が期待される。
・ 臭素系難燃材料に比較して燃焼過程の発煙・ガスの発生を削減することがで
きた。(定量的結果は写真および分解試験結果に示す。)
・ 塩素系、臭素系化合物を含まない材料の難燃化によって毒性物質の発生を抑
制できた。
・ 難燃剤の添加量を平均として低減し得たとともに、100ppm オーダーの添加
で難燃性を向上させることができる例を示した。
・ 高分子の熱分解、コンピューターシミュレーションなどと難燃性の関係を調
べ、今後の産業界の応用が可能なレベルに達した。
などの成果を上げた。また本開発調査に参加した企業との検討会、産業上の応
用などについて特許出願も含めて貢献した。
http://www.meti.go.jp/report/whitepaper/index.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■経産省
繊維加工のナノテクを後押し

経済産業省は,国内繊維産業の活性化を図るため,2003年度から先進のナノテ
クノロジーを駆使した繊維加工技術の開発に乗り出す。繊維1本の分子構造を
10〜100ナノメートル単位できめ細かく制御できる微細加工方法を確立し,超
軽量の自動車用内装材や吸湿・撥水性に優れたスポーツウェア,寝具など付加
価値の高い商品開発をめざす。(日本工業 8/21)

■国土交通省
燃料電池車を04年前非課税に

国土交通省は,国産自動車メーカーが世界に先駆け02年中にも販売する燃料電
池自動車について,自動車取得税と自動車税を03年度から2年間,非課税とする
方針を決めた。(日刊工業 8/22)

■矢野経済研究所
2 0 0 2 年先端燃料電池システム市場の徹底研究

矢野経済研究所は,「2 0 0 2 年先端燃料電池システム市場の徹底研究」と題
する固体高分子型燃料電池(PEFC)の市場規模予測をまとめた。実用化が
間近に迫ったPEFC(Polymer Electrolyte Fuel Cell)のポテンシャル市場を
用途別に分析・予測すると共に、その採用可能性を需要分野別・ユーザ別に分
析した。

それによると2010 年推定市場規模は、出荷額ベースで約4011 億円、出荷量ベー
スでは約432 万台となった。PEFCの2010 年用途別出荷内訳は、小型携帯機
器用途:440 億円(11.0%)、家庭コージェネレーション用途:2650 億円(66.1
%)、自動車(バス含む)用途: 725 億円(18.1%)、可搬型用途:123 億円
(3.0%)、業務/産業用途:73 億円(1.8%)であった。
http://www.yanoresearch.jp/pdf/multi/020822a.pdf

■ヤフー
「Yahoo!リサーチ」で「自動車に関するアンケート」結果を発表

日本最大のアクセスを誇るウェッブサイトYahoo! JAPANを運営す
るヤフーが提供する法人向け調査サービス「Yahoo!リサーチ」は、Ya
hoo! JAPANが独自に行った「自動車に関するアンケート」結果を発
表した。

それによると「自動車を購入するときに環境への配慮のある車を選びたいと思
いますか?」という問いに対しては、76%の人が「(非常に)そう思う」と
回答し、エコカー(低公害車)への支持の高さが確認された。環境に配慮する
ために効果的だと思う車の機能としては、「低排出ガスであること」という回
答が47%で最も多く次いで「燃料がガソリン以外であること」(20%)、
「燃費効率が良いこと」(19%)となった。また自由回答では「外気を清浄
化しながら走る車」や「酸素排出車」「土に戻る素材で作られている車」といっ
た発想豊かなアイディアも聞かれた。
http://research.yahoo.co.jp/sales/carplan.html

■東レ
不織布の海外展開を加速

東レグループは,不織布事業でグローバル展開を加速する。韓国合繊最大手セ
ハンとの合弁である東レセハン(TSI)では,2005年までに中国にポリプロピレ
ン(PP)スパンボンド生産拠点を構築,紙おむつなど衛生材料向けに拡販を図
る考え。TSIでは昨年末にSMMSSという5層の超低目付品の第4系列を完成・稼働
させており,中国を除く東アジアに拡販を進めている。(化学工業日報 8/19)

■日本特殊塗料
自動車向け軽量防音材の専用工場新設

日本特殊塗料は,静岡工場(静岡県小笠郡)の敷地内に自動車向け軽量防音材
“リエタ・ウルトラライト”の専用設備を新設する。設備投資額は13億円。第
1期工事として9億円を投じ,専用工場と月産能力パーツ5万枚分の製造ライン
を設置する。(日刊工業 8/20)

■日本ポリオレフィン
川崎地区のポリエチレンプラント一系列を10月末で休止

日本ポリオレフィンは、川崎地区の高密度ポリエチレン(HDPE) 年産4
万tプラントを、2002年10月末日をもって休止することを決定した。

同社は、1995年10月設立以来、国際競争激化の合成樹脂業界の中で勝ち
残りを目指し,グレード統廃合による生産の合理化、物流費削減、業務の効率
化、人員のスリム化などを実施し、コスト改善に努めてきた。

しかしながら、昨今の原料ナフサ価格の高止まりをはじめとする経営環境悪化
の中、設備集約による生産効率の最適化および不採算分野の縮小を目的として、
川崎地区HDPEプラント2系列のうち年産4万tプラントを休止し、年産1
2.5万tプラントに生産を集中することにした。

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■米国
数ヶ月間ほぼ横ばいだった不織布価格が6月に前年同月比で2〜3%低下。と
くにスパンボンド、乾式不織布の価格が著しく低下

■欧州
7月初旬のポリプロピレン価格は安定。パルプとレーヨンは上昇傾向

■欧州
過去3年間で欧州のスパンレース生産能力が急増したため、多くのスパンレー
スメーカーは低価格維持と市場シェア確保に向けて、生産コスト削減を強いら
れている。一部メーカーが値上げを検討

■キンバリー‐クラーク社(北米)
今秋、紙おむつとトレーニングパンツの値上げを予定

■トルコ
スパンレースラインが2ライン国内で稼働開始、不織布市場が成長中

■HPペルツァー社(ドイツ)
ベルギーとドイツの自動車用内装製品の生産設備をチェコの新工場に移転。820
万ユーロを投じて不織布生産を倍増

■フロイデンベルク社(米国)
フロイデンベルク社の北米の自動車用素材事業部がイノサーム・プロダクツ社
と提携して自動車用装飾コンポーネントを販売

■コグネックス社(カナダ)
カナダのマトロックス・エレクトロニック・システム社をコグネックス社マシ
ンビジョンシステムの特許権侵害で提訴

■ドナルドソン社(米国)
ドイツの空気清浄機・フィルター製品のサプライヤー、ウルトラフィルター・
インターナショナル社を7,200万ユーロで買収


┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ユニ・ハートス
“愛犬元気 オシッコ広がらないペットシート”を発売

ユニ・チャームグループのユニ・ハートスはペットシート“デオシート”で高
いシェアを獲得しているが,こまめにシートを取り替えるユーザーのために“愛
犬元気 オシッコ広がらないペットシート”を10月に新発売する。
  
室内犬飼育率の増加に伴い室内排泄率も年々増加しており、ペットシート市場
も順調に成長している。その中で、ペットシートを使用する消費者には、1回
のオシッコでシートを取り替える「こまめに取り替え派」と、1枚のシートに
オシッコを何回もさせる「長時間派」がいる。

「こまめに取り替え派」のユーザーは、オシッコの広がりにより、シートのフ
チからモレることや、愛犬の足が汚れてしまうことと、部屋がにおうことに対
して不満を持っている。そこで、オシッコが広がらないから「モレない、ニオ
わない、足濡れしない」という特長をもつ“愛犬元気 オシッコ広がらないペッ
トシート”を新発売する。

これにより、「長時間派」のための“デオシート”と、「こまめに取り替え派」
の“愛犬元気 オシッコ広がらないペットシート”ですべての室内飼育者に対
応し、消費者の満足度をより高める。

また,同社では“デオシート”のパッケージをリニューアルして発売する。

■松下電工
「ケナフ」資源利用の建築用ボードを開発

松下電工は、環境素材であるケナフ資源を利用した建築用ボードを開発した。
同社は98年から京都大学木質科学研究所・川井秀一教授、南京林業大学・張
敏教授とケナフを利用した素材の開発を共同で進めていた。2001年5月に
中国安徽(あんき)省の日系合板メーカーにテストプラントを設置し、ケナフ
ボードをテスト生産してきた。

この8月から同社への本格生産委託を開始。ケナフボードの中でも薄型で構造
強度に優れて透湿性の高い「ケナフ繊維ボード」を、同社で展開しているテク
ノストラクチャー工法用の構造用壁下地部材「ケナボード」(910×3030×4mm
厚)として発売する。
http://www.mew.co.jp/press/index.html

■東レコーテックス
透湿・防水性兼備の屋根下地材を開発

東レ100%出資子会社で膜加工専門メーカーである東レコーテックスは,日精と
共同で透湿性と防水性を併せ持つ屋根下地材“ムレンディー”を開発した。多
数の微細孔をもつポリウレタン弾性膜を表面にコーティングしたポリエステル
織物で,雨や水滴は通過できず水蒸気は通過・発散する仕組み。
(化学工業日報 8/22)
http://www.tcx.co.jp/
http://www.nissei.co.jp/

■ダイキン工業
癒し超音波を搭載したエアコンを発売

ダイキン工業は、2003冷凍年度ルームエアコンの新商品として、年間を通
じた最適湿度コントロール“うるるとさらら”の基本機能充実に加えて、大自
然のもつ、もっと快適な空気環境を追求し、業界で初めて癒し超音波を搭載し
た「エアロテラピー」を提案する省エネインバーター、壁掛形Rシリーズ14
機種を2002年10月より順次発売する。

癒し効果があるといわれている「超音波(聞こえない音)」を1/ fゆらぎの
風にのせることで、心身ともにやすらげる空間を提供。さらに、好評のマイナ
スイオンとの相乗効果で、より自然に近い室内空気環境をつくる。
http://www.daikin.co.jp/press/2002/020821/index.html

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━