━━☆No. 48☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2003.5.6☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■総務省
こどもの数は1801万人,総人口の14.1%で過去最低

総務省がこどもの日にちなんで発表した,4月1日現在のこどもの数(15歳未満人
口)は,前年より17万人少ない1801万人で,22年連続の減少となった。男女別で
は,男性が923万人,女性が878万人で,男性が女性より45万人多く,女性100
人に対する男性の数(性比)は105.1となっている。 また,総人口に占めるこど
もの割合は14.1%(前年比-0.2ポイント)で,過去最低となった。

こどもの数を未就学の乳幼児(0〜5歳),小学生の年代(6〜11歳),中学生の年代
(12〜14歳)でみると,それぞれ705万人(総人口の5.5%),720万人(同5.6%),
377万人(同3.0%)となっている。

これを年齢3歳階級別にみると,中学生の12〜14歳が377万人(総人口の3.0%)
と最も多く,次いで小学生の高学年(9〜11歳),低学年(6〜8歳)が共に360万人
(同2.8%),3〜5歳が355万人(同2.8%),0〜2歳が350万人(同2.7%)と続き,年
齢が低いほど少なくなっている。
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/topics/topics03.htm

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■三菱レイヨン
旭化成のアクリル長繊維の技術・設備を取得
 
三菱レイヨンは、旭化成の所有するアクリル長繊維に関する技術、一部の生産
設備を2003年4月、一部の商標権(ピューロン、タクタス、リーカス)を
2003年7月をもって譲り受ける。

三菱レイヨンは、オンリーワン素材としてアクリル長繊維の用途拡大を進める
のが目的。一方、旭化成も高度なアクリル長繊維技術の譲渡をスムーズに実行
するには実績のある三菱レイヨンが最適であると判断し、今回の合意に至った。
http://www.mrc.co.jp/press/p03/030502.html

■東レ
米カーギル・ダウとPLA繊維事業で包括提携

東レと米国カーギル・ダウLLCは、カーギル・ダウが開発したトウモロコシ
を原料とするポリ乳酸(PLA=Polylactic Acid)を使用し
て東レがPLA繊維を製造・販売する事業について、ブランド、技術ライセン
ス、PLAチップ供給などを含む包括的な契約を締結した。

東レがカーギル・ダウからPLAチップの供給と「INGEO(インジィオ)」
ファイバーの製造に必要な技術のライセンスを受け、PLAファイバーの製造
を日本、韓国、タイ、インドネシア、マレーシアなどで行うと共に、テキスタ
イルの製造についてはアジアおよび欧州を含むグローバルな地域で行うことに
両社は合意した。
http://www.toray.co.jp/release/news/fiber/nr030425.html

■ダイワボウ
上海に初の販売拠点

ダイワボウは,中国・上海市に販売拠点を年内に設置する。同社がアジアに販
売拠点を設けるのは初めて。将来的には日本から繊維製品を輸出して現地で販
売する体制を構築する。(日本工業 5/2)
http://www.daiwabo.co.jp/

■ホギメディカル
新工場の稼働で手術キットを増産

ホギメディカルは,茨城県牛久市にある同社筑波技術センター内に建設してい
たキット製造の新工場「筑波キット工場」が本日(6日)完成,手術キットの増
産体制に入る。生産能力は従来の約10倍になる。

膨大な医療材料の保管およびピッキングを完全に自動化することにより生産効
率が上がり、 また、より正確で安全な製品を供給することができるようにな
る。(日経産業 5/2)
http://www.hogy.co.jp/

■ベルテックス
竹を原料にした繊維素材を開発

カネボウ合繊のテキスタイル部門を担当するベルテックスは,竹を原料にした
繊維素材「涼竹」(すずたけ)を開発した。しなやかさやひんやり感といった
独特の特徴を活かした商品展開をするほか,環境対応商品としても売り込む。
(日刊工業 4/30)

■タリーズコーヒー
SARS対策を国内コーヒーチェーンで実施

タリーズコーヒーでは、国内コーヒーチェーンのフェロー(店員)および店内
のSARS(重症急性呼吸器症候群)対策として,アルバイトも含む全フェローに
対して5月1日より外科用マスクを配布し、通勤時には必ず着用を義務付けるな
どの感染予防策を実施することを決定した。
http://www.tullys.co.jp/sars/index.html

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■北米
北米の一部のメーカーがフラッフパルプ価格を40ドル/t値上げ

■北米
ティシュ市場は北米でもっとも収益の上がる分野に成長。プロクター&ギャン
ブル社、キンバリー‐クラーク社などが生産能力を増強

■レンツィング・ファイバーズ社(米国)
5月から米国でレーヨンステープルファイバーを7〜9%値上げ

■ニュー・ピッグ社(米国)
工業用吸収剤メーカー、ニュー・ピッグ社が140万ドルの国家経済開発貸付を受
け、ペンシルバニア州に倉庫を建設

■米P&G
1〜3月期の決算が好調

米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が発表した1〜3月期決算は,売上高
が前年同期比8%増の106億5,800万ドル,純利益が23%増の12億7,300万ドルと
増収増益だった。ヘルスケア部門の製品出荷量が18%増と好調だった。
(日経夕 4/30)
http://www.pg.com/
http://www.pg.com/news/media_release.jhtml?toolbar=/includes/ltb_inves
tors_mini.jhtml&document_id=%2Fcontent%2Fen_US%2Fxml%2Fnews%2Fnews_apr
282003_pg_delivers_earnings_growth_at_high_end_of_guidance.xml

■BBAノンウーヴンズ社(英国)
BBAノンウーヴンズ社は、全世界16ヵ国にまたがる26工場のサニタリー/工業用
製品事業を統合し、管理・研究部門の一極集中化を図る

■INDA(米国)
米国不織布工業会(INDA)の会長、ジョセフ・ウェインカム氏が退任

■INDA
「International Nonwovens Directory」を発刊

INDA(米国不織布工業会)では,このほど「International Nonwovens
Directory」を発刊した。

内容は,世界の不織布団体(INDA/米,EDANA/欧,ABINT/ブラジル,ANNA/日本,
CNITAおよびCNTA/中国,Korea Nonwoven Industry Cooperative/韓国,TNFIA/
台湾)の会員データや,不織布の原材料メーカー,機械・薬品メーカー,原反
メーカー,不織布を使用した製品メーカー,試験機関,コンサルタントなどが
紹介されている。会員特典として5月中に購入すると,通常価格の半額の345ド
ルとなる。
http://www.inda.org/pubs/nwdir/directorytoc.pdf

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■小林製薬
トイレットペーパーを洗浄・除菌シートに

小林製薬は,ワンプッシュでトイレットペーパーを洗浄・除菌シートに変え、
ちょっとした汚れ・尿だれをすぐに掃除できる“トイレットペーパーでちょい
ふき”を発売した。1回約1秒スプレーして約60回使用できる。
http://www.kobayashi.co.jp/seihin/index.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本ホビーショー
5月8〜10日,東京ビッグサイトで開催

日本最大のクラフトフェアである第27回「2003日本ホビーショー」が,5月8〜
10日,東京ビッグサイトで開催される。“心ゆたかに・手づくりコミュニケー
ション”をテーマに,ソーイング,ニッティング,クラフト分野の製品が一堂
に展示される。
http://www.hobbyshow.or.jp/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━☆No.49☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2003.5.12☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■東京国際ブックフェア2003
過去最高の出展者と来場者を記録

東京国際ブックフェア2003は、4月24日から27日までの4日間、東京・有明の東京
ビッグサイトで開催された。今回は、恒例となった7つの併催専門フェアを含
め、過去最高の国内452社、海外27カ国・地域107社の計559社が出展した。入場
者は4日間で前年比10.6%増の54,772人でこちらも過去最高を記録した。

各出展者は趣向を凝らしたイベントや、ブックフェア限定の謝恩価格本セール
を積極的に展開した。また、評論家の立花隆氏による基調講演「これからどう
なる、どうする出版界」をはじめ14の専門セミナー、15の各種セミナーが開か
れた。 3回目の開催となり定着してきた「書店向け商談会」には、約200社の出
版社が参加し、来場した書店と商談が活発に行われた。

なお、来年のブックフェアは、4月22日から25日まで、東京ビッグサイトで開催
される予定。
http://web.reedexpo.co.jp/tibf/view.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■大阪市立環境科学研究所
紙コップやティーバッグなどの紙製品に有害化学物質を検出

大阪市立環境科学研究所は,紙コップやティーバッグなど食品の包装や容器に
使われる紙製品に環境ホルモン(内分泌撹乱化学物質)のビスフェノールA
(BPA)などの有害化学物質が含まれているとの検査結果を発表した。
(化学工業日報 5/9)
http://www.city.osaka.jp/kenkoufukushi/iphes/

■ホギメディカル
キット製品を戦略商品に育成

ホギメディカルは,手術の際に医師が使用する用具を揃えたキット製品を戦略
商品として育成する。とくに必要部材をワンパック化したフルキットを中核に
据え,2007年までに全社売上の約4割まで引き上げ,ガウンなどソンタラ製品に
代わる経営の柱にする方針。(化学工業日報 5/7)
http://www.hogy.co.jp/

■ユニチカ
中国でスパンボンドを本格展開

ユニチカは中国でのスパンボンド事業に乗り出す。タイルカーペットと自動車
内装材用途をメインに中国市場を開拓する。近く営業活動を始め,04年度から
タイの現地法人「タスコ」を拠点に供給を本格化させる。4〜5年後には年500〜
1,000tの販売をめざす。(日刊工業 5/9)
http://www.unitika.co.jp/

■日本触媒
中国・張家港市でSAPを生産

日本触媒は,中国・江蘇省張家港市で高吸水性樹脂(SAP)の生産プラントを建
設する方針を正式に決めた。近く同市の化学工業団地内へSAP生産のための新会
社を設立,同時に年間3万t前後のプラント設備建築に向けた具体策に着手する。
(化学工業日報 5/12)
http://www.shokubai.co.jp/index2.html

■三洋化成
中国・南通市に繊維用油剤などの製造販売会社を設立

三洋化成工業では、中国江蘇省南通市に同社100%出資の子会社「三洋化成
精細化学品(南通)有限公司」を設立した。同社では昨年3月、上海に駐在員
事務所を開設し、中国での市場調査・市場開発を積極的に進めていた。

その結果、いくつかの製品に関して現地生産の目処を得たことから現地法人設
立の準備を進め、このたび中国当局の認可を得て南通市に新会社を設立した。
http://www.sanyo-chemical.co.jp/press/pr_new/jpn/index.htm

■丸紅
中国での販売業務を強化

丸紅は新設した上海の現地法人を拠点に中国での繊維原料とテキスタイルの輸
出入や中国国内での販売業務を強化し,3年後には売上を現在の約2倍に当たる
年3億ドルに引き上げる。(日刊工業 5/12)
http://www.marubeni.co.jp/news/nl/nl030422.htm

■クラボウ
沖縄産「月桃」を原料とした新天然素材を開発・販売

クラボウ綿合繊事業部は、同社がこれまで蓄積した天然素材開発のノウハウを
利用して、沖縄の農産物「月桃(げっとう)」を原料とした新しい天然繊維素材
を開発し販売を開始する。原料は沖縄県のベンチャー企業から供給を受け、衣
料用素材などを生産し、地元へも供給することにより、沖縄の地域産業の活性
化に役立てる。
http://www.kurabo.co.jp/news/f_news.html

■徳山ポリプロ
PP製造設備が稼働

徳山ポリプロは、5月1日よりポリプロピレン製造設備の営業運転を開始した。
出光石油化学とトクヤマの折半出資によるポリプロピレン製造会社である徳山
ポリプロでは、かねてより国内最大級のポリプロピレン製造プラントを建設し
ていたが、本年1月に完成、試運転を経て、このたび営業運転を開始した。

同プラントの完成により、出光石油化学、トクヤマ両社によるポリプロピレン
事業合理化と国際競争力強化のための基盤が一段と整うことになる。また同設
備の稼働により、出光石油化学、トクヤマ両社のパートナー関係をより緊密に
すると同時に、周南コンビナートの競争力強化にも貢献できる。
http://www.ipc.idemitsu.co.jp/cgi-bin/prodbc/ipchome/scripts/home/gues
tHomePage.jsp

■和光堂
SARSの影響で除菌用ウェットティシュ需要が倍増

ウェットティシュや離乳食などの製造販売で知られる和光堂では、中国や東南
アジアなどで流行しているSARS(重症急性呼吸器症候群)の予防対策として、
同社の“除菌用アルコールティシュ”が好調な売れ行きを示し、昨年の2倍弱
に達していると発表した。

SARSが問題化した今年3月中旬頃から引き合いが活発となり、4月1日からの
10日間だけですでに前年同月売上高の60〜70%に達したという。このため同社
では、通常の月産20万個から2倍の40万個の増産体制に入っている。

SARSはまだ,感染経路が十分に解明されておらず、マスクの着用や手洗いの励
行、患者の隔離政策といった対処法しかないのが現状。このため、ドラッグス
トアなどに設けられたSARS対策のコーナーでは、うがい薬や除菌用アルコール
ティシュも主要グッズとして扱われている。

除菌用アルコールティシュは1994年に発売されたが、もともとニッチな製品の
ため市場規模は小さかっが,O-157(腸管出血性大腸菌)感染症対策をきっかけ
に市場が一気に拡大した。しかし、O-157の沈静化に伴い売上が減少し,大手の
参入企業は撤退した。

同社のアルコールウェットティシュの年間売上高は約3億円強で、同社のウェッ
トティシュ全体の中では約20%を占めている。ボトルタイプ(80枚、50枚入り)
と携帯用(10枚入り)があり、ボトルタイプは病院ルート用、家庭用、高齢者
デイケア用の3タイプが用意されている。
http://www.wakodo.co.jp/

■東洋インキ
抗菌剤事業に参入

東洋インキ製造は,MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)などの感染防御に
有効な天然抗菌剤を,ベンチャー企業の鳳凰堂と共同開発,抗菌剤分野に新規
参入する。天然の笹から抽出したエキスを主成分とした抗菌剤で,院内感染防
止用マスク,換気用抗菌フィルター,抗菌シートなどの応用製品を開発中。
(化学工業日報 5/12)
http://www.toyoink.co.jp/
http://www.rakuten.co.jp/hac/470316/

■日本エアーテック
SARS対策商品をPR

日本エアーテックは,新型肺炎SARS(重症急性呼吸器症候群)対策商品のクリー
ンブースやパーテーションなどを病院向けにPRし,従来の半導体関連に加え,
医療やバイオ向けにもユーザーを拡げる。(日刊工業 5/12)
http://www.airtech.co.jp/

■チッソ
新社長に岡田氏

チッソでは,6月27日付けで,岡田俊一常務執行役員が新社長に就任する人事を
発表した。後藤舜吉社長は代表権のある会長に就く。
http://www.chisso.co.jp/top/topmain.html

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■インドネシア
繊維産業が苦境に

観光と並ぶインドネシアの中核ビジネスである繊維産業が猛烈な逆風にさらさ
れている。欧米向け輸出の減少と安価な中国製品との競合激化が主因。メーカー
各社の経営は厳しさを増しており,事業縮小や倒産に追い込まれるケースも増
えている。(日経産業 5/7)

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■エステートレーディング
再生紙100%のウエス

エステートレーディングは,再生紙100%でできた初めてのウエス“サーボイ
ル”を発売した。スウェーデンに本社を置く欧州最大の製紙メーカーSCAの製
品。ロールタイプで,必要な分だけ切り取って使用する。
http://www.st-c.co.jp/st-trading/
http://www.sca.se/

■太陽工業
海面処分場向けの低密度ポリエチレン製遮水シートを本格販売

大型膜面構造物(テント建築物)のトップメーカー・太陽工業は、今後需要増
大が予想される海面型廃棄物処分場(海面処分場)向けに低密度ポリエチレン
製の遮水シート“アドバンスシート”を開発し5月12日から日本国内で本格販売
を開始する。

一般的なポリエチレンシートの比重は0.91〜0.94であるのに対して、“アドバ
ンスシート”は特殊製法により、比重を1.2程度に高め,海水中においても自重
だけで沈みことが可能であることから、海水に沈む機能を保持しながら、陸上
処分場で要求されている品質も維持している点が特長のひとつ。
http://www.taiyokogyo.co.jp/
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/haitaibu/umekan/site.htm

■古河電工
呼吸する湿度調整シート「ドライキーパー」を本格発売

古河電工は配電盤などの電気設備内部で問題となる結露を防止するために開発
したシート状の調湿材“ドライキーパー”を5月19日から本格発売する。高
性能吸水ポリマーと同社が独自にブレンドしたゴム素材を複合し、高湿度時に
は吸湿し、乾燥時には放湿するという可逆性により湿度を一定に保つ調湿機能
が特長。可逆性のない塩化カルシウムやシリカゲル等に比べ、繰り返し使用を
可能にしたことで従来比10倍以上の長期寿命を実現した。
http://www.furukawa.co.jp/what/drykeeper030509.htm

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本不織布協会
四国地区で不織布基礎講座を開催

日本不織布協会は,6月3日午後,川之江市の愛媛県紙パルプ工業会館で「03不
織布基礎講座」を開催する。講師は同協会関西支部長の日向明氏で,製法・用
途・試験方法・統計など不織布の基礎知識をテーマに講演を行う。参加費は1人
6,000円(テキスト代含む)。
申込み・問合せは,同協会事務局TEL03-5688-4041(吉村氏)まで。
http://www.anna.gr.jp/

■経済産業省
基本政策小委員会が「繊維産業の現状と今後の具体的な政策について」を議論

経済産業省の産業構造審議会繊維産業分科会第2回基本政策小委員会が,5月15
日(10:00〜12:00),同省第1共用会議室(本館17階東8)で,「繊維産業
の現状と今後の具体的な政策について」を議題に開催される。

傍聴希望者は、氏名、職業(勤め先)、連絡先を明記の上、5月13日(火)
17時までに、下記連絡先まで、FAXにて登録する。
問合せ先 : 製造産業局繊維課 波岡・小山氏
TEL: 03-3501-0969 FAX: 03-3501-0316

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No. 50☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2003. 5.19☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事
6.お知らせ

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■経産省・環境省
廃家電4品目の02年度リサイクル実績を発表

経済産業省と環境省は,2001年4月に施行した家電リサイクル法(特定家庭用機
器再商品化法)に基づく廃家電4品目(エアコン,テレビ,冷蔵庫,電気洗濯
機)の02年度リサイクル実績をまとめた。

それによると全国の指定引取場所が引き取った廃家電は1,015万台(前年度
比19%増)であり、全国40カ所の家電リサイクルプラントに搬入された廃
家電は1,016万台(同21%増)だった。

02年度の家電4品目の全国出荷量が前年度比95%と減少している中で、買い
替えに伴って排出されることが多い廃家電のリサイクル実績で大幅な上昇がみ
られたことは、消費者をはじめとする多くの関係者の理解と協力に支えられ、
家電リサイクル制度が着実に定着してきていることを示していると思われる。
http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0004007/

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■自動車のシュレッダーダスト処理
トヨタ・日産の2陣営で

自動車メーカーは04年末から施行される自動車リサイクル法で進めるカーシュ
レッダーダスト(ASR)の処理を,トヨタ自動車と日産自動車を中核企業とした
2グループで取り組むことになった。複数グループで対応することで競争力を高
め,低コストで効率的な処理の実現をめざす。(日刊工業 5/16)

■東洋紡
新タイプのガス吸着・金属防錆アクリレート系繊維を発売

東洋紡績は、今までにないまったく新しいタイプのガス吸着・金属防錆(変色
防止)アクリレート系繊維“セルファイン(R)”の開発に成功し、本格的に
販売を開始する。

“セルファイン(R)”は、大気中や水中の臭気物質を吸着するガス吸着繊維
で、従来からある粒状や繊維状の活性炭などの吸着材に比べ、優れた吸着能力
を持ち、消臭機能、金属の防錆(変色防止)機能、抗菌防臭機能などを兼ね備
えている。また、一般の繊維機械で加工ができ、用途に応じた形態(厚み、固
さ)に自由に設計が図れ、シート、成形物などへの展開が可能。
http://www.toyobo.co.jp/

■東レ
PLA(ポリ乳酸)繊維を使用した自動車用内装部材を開発

東レは、地球に優しい植物由来の素材であるPLA(ポリ乳酸)繊維“エコディア”
を用いた自動車内装部材を開発し、世界で初めて本格生産を開始した。この内
装部材は、トヨタ自動車、アラコと共同で開発したもので、トヨタ自動車が5月
12日に発売した新型「ラウム」のスペアタイヤカバーとフロアマット(販売店装
着オプション)に採用された。
http://www.toray.co.jp/release/news/fiber/nr030513.html
http://www.toyota.co.jp/News/2003/May/nt03_035.html

■東レ
3GT繊維の生産設備を増設

東レはこの度、ソフト性・ストレッチ性に優れた3GT(ポリトリメチレンテレフ
タレート)繊維(複合糸)の衣料用における旺盛な需要に対応するため、生産設備
を、三島工場(静岡県三島市)に年産1,000t増設することを決定した。この新設
備は、来春からの稼働開始を目指し、既存設備と併せた生産能力は年間1,500
tになる。
http://www.toray.co.jp/release/news/fiber/nr030514.html

■東レ
「先端研究所」を開所

東レは、創立75周年記念事業の一環として、2002年3月から神奈川県鎌倉市にお
いて、21世紀の科学・技術に極めて重要な意味を持つバイオテクノロジーとナ
ノテクノロジーに中心的に取り組む「先端研究所」の建設を進めていたが、5月
16日に開所した。

同研究所は、(1)バイオ・ナノテク関連研究の集中化による一層の強化、(2)
当該関連分野の優秀な研究者の国内外からの招聘、(3)国内外の大学、研究機
関との連携強化、などを主な目的として設立した。建築面積は約 3,200m2、延
床面積は約8,0000m2(3階建て)、人員は約50名でスタートし、近々100名程度
にしていく予定。
http://www.toray.co.jp/release/news/other/nr030515.html

■日本触媒
中国での高吸水性樹脂企業化のため新会社を設立
 
日本触媒は、このたび中国での高吸水性樹脂(SAP)企業化に向け、中国江蘇
省張家港市に新会社を設立・登記した。同社では、SAPをコア事業と位置付
け、これをグローバル展開することで世界シェア25%以上獲得することを基
本戦略としている。

現在、日本・米国・欧州三極で総生産能力23万t/年を有しているが、基
本戦略を達成するため、将来需要の伸張が期待できる中国を第4極目と捉え、
昨年来立地の選定、フィージビリティ・スタディを進め、このほど新会社を設
立することになった。
http://www.shokubai.co.jp/main/02releas/41.htm

■三洋化成
2003年度から4年間の「第6次中期経営方針」を策定

三洋化成工業では、グローバルな大競争時代に勝ち残り、「ユニークな優良企
業グループ」に成長していくための基本戦略として、このたび、「第6次中期
経営方針」を策定した。 期間は2003〜2006年度(2003年4月〜
2007年3月)の4年間で、“CHALLENGE WIN1000” を
スローガンに、戦略的開発品の拡大とグローバル化の推進により、最終年度の
2006年度に連結売上高1,000億円、ROE(株主資本利益率)8%の
達成をめざす。
http://www.sanyo-chemical.co.jp/press/pdf2003/jpn/K030514.pdf

■四国化成工業
シックハウス対策で備長炭配合の内装材を全国で販売開始

壁材の総合メーカーである四国化成工業は、シックハウス対策にかかわる改正
建築基準法(7月1日施行)に適合した備長炭配合の高機能内装材の新製品、
炭壁シリーズ“さやか”の販売を5月20日から開始する。炭壁シリーズ「さ
やか」は、業界で初めて内装材に備長炭の配合を試みた製品であり、一部地域
で試験的に販売してきたが、活発な引き合いが続いていることから全国レベル
での本格販売に踏み切ることになった。
http://www.shikoku.co.jp/
http://kenzai.shikoku.co.jp/sayaka/index.html

■大日本印刷
建築材料から放散されるVOCの測定プロセスで国内初の第三者認定を取得

大日本印刷は、建築材料から放散されるVOC(揮発性有機化合物)の測定プロセ
ス、技術で、第三者認定 ISO/IEC 17025を取得した(認定取得日:平成15年4月
25日/認定機関:財団法人日本適合性認定協会(JAB)/認定番号: RTL01330)。
同社は、今回の認定取得を機に、建築材料の環境評価事業を拡大する計画。

JIS A1901は、小形チャンバーを用いて、建築材料から空気中に放散するVOC、
ホルムアルデヒド及びカルボニル化合物の測定方法について規定しており、建
築用ボード類、壁紙、カーペットなど、及びそれらの施工に用いる接着剤、塗
料などに適用される。
http://www.dnp.co.jp/jis/news/2003/20030513.html

■三協フロンテア
タイルカーペットの再利用技術を確立

ユニットハウスメーカーの三協フロンテアは,タイルカーペットの再利用技術
を確立,他メーカーに先駆けエコマーク認定のカーペットを製品化した。これ
を機に新会社を設立,カーペット販売事業に乗り出す。(日刊工業 5/15)
http://www.sankyofrontier.com/

■新潟県真野町
全町民分のSARS予防マスク発注

新潟県真野町は,中国を中心に猛威をふるっている新型肺炎SARS対策として,
全町民分の予防マスクを業者に発注した。パニック防止が目的で,町が保管し
て緊急時に備える。(日本工業 5/14)

■サンエムパッケージ
SARS対策マスクに国内外から注文殺到

新型肺炎「重症急性呼吸器症候群」(SARS)の被害が拡大する中、不織布
マスクの生産で世界でも有数のシェアを誇るサンエムパッケージ(本社・金谷
町、従業員150人)に、国内外から注文が殺到している。4月の中国、香港、
シンガポールへのマスクの出荷は前年比100倍の1000万枚。月産300
0万枚から4000万枚に増産し、工場の稼働時間や従業員を増やすなど対応
に追われている。

SARSの影響で、同社は一躍有名になった。ホームページのアクセス件数も
これまで月間2000件だったが、4月第2週目は1週間で20万件を突破し
た。相手先ブランドによる受託生産(OEM)方式を採用しているため一般小
売りはしていない。それでも最近では「香港に嫁いだ娘が、マスクを入手でき
ず困っている」といった個人消費者からの問い合わせが1日100件前後もあ
るが、営業部員は3人しかいないため、「丁寧に断るしかない状況」(同社)
という。
http://www.san-m.co.jp/

■松下電器産業
SARS対策向け空気清浄機を増産

松下電器産業は,新型肺炎SARSの広がりを受けて,6月から8月までの間,香港
市場向けの空気清浄機を月2,000台増産することを決めた。従来は月産100台程
度だった。(日本工業 5/15)
http://www.matsushita.co.jp/

■電通
SARS(新型肺炎)に関する意識調査を実施

電通は,SARS(新型肺炎)に関する以下の5項目に関して,意識調査を実
施,その結果を発表した。(1)SARSに関する情報源,(2)SARS関
連のことで家族や友人と話題に出る内容,(3)SARS感染国・地域の今後
の動向に関する見解,(4)SARSに関する不安要素の内容,(5)SAR
S拡大による行動変化
http://www.dentsu.co.jp/marketing/sars/sars-report.pdf

■ダイワボウ
新社長に菅野常務が昇格

ダイワボウは,武藤治太社長が代表取締役会長に就任し,菅野肇常務が社長に
昇格する人事を内定した。6月27日の取締役会で正式就任する。
http://www.daiwabo.co.jp/

■不織布統計3月確報
                       
     生産量     出荷量     販売量    在庫量 
湿式  1,546t(87.9%) 1,722t(92.9%) 1,559t(84.3%) 2,005t(47.1%)

乾式 23,362t(98.4%)24,221t(97.7%)21,838t(98.1%)16,816t(99.0%)

合計 24,908t(97.7%)25,943t(97.4%)23,397t(97.0%)18,822t(89.6%

 出所;経済産業省「繊維・生活用品統計」。()内の数値は前年同月比

■紙おむつ類と生理用品のPOSシェア4月ランキング

紙おむつ類は,1位がユニ・チャームで42.2%(前月比1.9%減),2位が花王で
21.3%(同3.8%減),3位がP&Gで19.5%(同4.0%増),4位が大王製紙で8.8%(同
1.1%増),その他が8.2%(同0.6%増)。

生理用品は,1位がユニ・チャームで37.7%(前月比1.4%減),2位が花王で26.9%
(同0.8%増),3位がP&Gで13.8%(同0.5%増),4位が大王製紙で12.9%(同0.9%
増),その他が8.7%(同0.8%減)。(日経流通 5/17)

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■欧州
ポリプロピレン価格が原油価格の低下にもかかわらず増加。価格は約0.03ユー
ロ/kg増の0.87〜0.92ユーロ/kg

■EDANA(欧州)
不織布の価格は2002年生産量の伸びに反して低下

■ポリマー・グループ(米国)
サニタリーと医療分野で事業を再構築

■テクテキスタイルショー(ドイツ)
フランクフルトの第10回テキスタイル・トレードショー・シンポジウムの参加
企業が12%増加の883社、参加者が8%増加の1万8,500人に

■モーグル社(トルコ)
スパンボンド・メルトブローンメーカー、モーグル社がポリエステルのスパン
ボンドの生産を開始。3,200mm幅ラインの生産能力は7,000t/y

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ライオン
熱放散ジェル採用の高熱用熱冷却シート

ライオンはこの度、新開発の"熱放散ジェル"採用した、不織布を使用しない高
熱用熱冷却シート“冷えピタ 超冷却ジェル 子供用”“冷えピタ 超冷却ジェ
ル 大人用”を5月16日から全国で新発売した。粘着性の高い熱冷却シート
で、不織布を使用していないタイプは同社が初めて。
http://www.lion.co.jp/press/page/2003044.htm

■松下ファシリティマネジメント
底面給水で屋上緑化

松下ファシリティマネジメントは,ビルの屋上緑化向けに,水の入ったタンク
上に鉢植えを並べる底面給水方式のシステムを開発した。不織布を通じて根の
部分から給水するため,散水などの手間がかからず,防水工事が不要。
(日経産業 5/16)
http://www.mfm.mid.co.jp/top.html

■独インフィニオン
カーペットの発光で誘導

独インフィニオンテクノロジーズは,組込み型マイコン,LED(発光ダイオー
ド),センサーなどをカーペットに組み込んだ“スマート・カーペット”を開
発した。火災探知などの防災,来館者の順路案内,緊急時の避難誘導などに利
用できる。
http://www.infineon.com/
http://www.infineon.com/cgi/ecrm.dll/jsp/showfrontend.do?lang=EN&news_
nav_oid=-9979&content_type=NEWS&content_oid=76718

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本繊維機械学会
第56回年次大会を6月5,6日大阪で開催

日本繊維機械学会は,第56回年次大会を6月5,6日,大阪科学技術センター
で開催,特定テーマセッションはじめ,一般研究発表,新製品紹介セッション,
若手研究者セッション,特別講演会,学会賞受賞者講演会などの研究発表が行
われる。

特定テーマセッションのなかの「不織布」(6月6日午前)では,以下の研究発
表が行われる。

「海面処分場保護マットに用いる不織布の貫入抵抗と保護性能」
大阪府産技総研・赤井智幸氏,同・松本哲氏
ジオシンセティックス・村上豊氏ほか
京都女子大教授・矢井田修氏

「スパンボンド/スパンレース複合不織布の力学的性質に及ぼすWater Jet二次
圧の影響」
京都女子大教授・矢井田修氏,同・中村亜衣氏,同・吉田恵子氏

「絹複合不織布の耐洗濯性」
京都女子大教授・矢井田修氏,同・武村有子氏,同・堀田智氏
http://wwwsoc.nii.ac.jp/tmsj/japan/kaikoku-2003-5.pdf

■紙百科ギャラリー
「合成紙展」を来月まで開催

大倉三幸主催の「ようこそ水の中へ・合成紙展」が東京・銀座の紙百科ギャラ
リーにおいて、同ギャラリーの第8回企画展として開催されている。

この展示では、大倉三幸が取り扱う各種の合成紙・耐水紙を取り上げている。
合成紙・耐水紙には種々の特徴があるが、その中でも共通する「水に強い」特
質をアピールするため、会場内を水の世界で表現した。各種の紙を楽しむうえ
で、効果的な演出となっている。

この企画展は6月28日(土)までだが、期間中、各素材ごとに次のフェアも開
催される。
「ユポ」フェア…5月27日〜6月3日
「レポ」フェア…6月5日〜12日
「オーパー」フェア…6月14日〜21日
「クリスパーコート」フェア…5月16日〜5月24日、6月24日〜28日
 
紙百科ギャラリーの営業時間は10時半〜19時で、日・月・祝日が定休日。
http://www.ospcl.co.jp/kami100/gallery/data/g08.html

■ビジネスシヨウ TOKYO2003
5月20〜23日の4日間,東京ビッグサイトで開催

「ビジネスシヨウ TOKYO2003」が,“ビジネスソリューション−経営未来力の
発信”をテーマに5月20〜23日の4日間(招待日:20〜21日,一般公開日:22〜
23日)東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催される。
http://bs.noma.or.jp/2003/composition/index.html

■第7回環境・緑化産業展「エコ・グリーンテック2003」
5月21〜23日,東京ビッグサイトで開催

第7回環境・緑化産業展「エコ・グリーンテック2003」が,“人とみどりの夢
結ぶ環境技術”をテーマに,5月21〜23日,東京ビッグサイトで開催される。
http://www.interaction.co.jp/

■人とくるまのテクノロジー展2003
5月21日〜23日,パシフィコ横浜で開催

自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2003」が,5月21日〜23日,パシ
フィコ横浜で開催される。自動車に関わる先端技術を見て、触れて、体験する
ことができる国内唯一の専門展示会で,入場は無料。
http://www.jsae.or.jp/2003expo/index.html

┏☆お知らせ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊誌「NONWOVENS REVIEW」Vol.14 No.1を発刊いたしました。主な内容は以下の
通りです。

特集/アジア不織布産業の展望
・21世紀における中国不織布産業の課題と展望/王延熹中国不織布技術協会
(CNTA)会長
・グローバルオペレーションの拡大めざす/日本バイリーン(株)水谷良明取締
 役第一事業部長
・加工による差別化で最終製品を強化/(株)クラレ生活資材カンパニークラフ
 レックス製品販売部・箭本敏之東京担当部長
・自ら市場開拓する積極営業を基本に/王子キノクロス(株)佐々木坤彪参与
 開発本部副本部長兼製品開発部部長(農学博士)
・メイド・イン・ジャパンの良さをアピール/倉敷繊維加工(株)守屋修治取締
 役,同・岸井義隆営業第一部部長,同・大阪芯地グループ在間定一課長,同・
 営業第一部山下兼生課長
・中国への工場進出を視野に/呉羽テック(株)岡田勇取締役経営企画室長
・日米欧の3極で“ワリフ(R)”を世界に展開/日石プラスト(株)宍戸淑郎取締
 役営業本部長 兼 Atlanta Nisseki CLAF,Inc取締役
・アジア地区でのNo.1をめざして/東レ(株)産業資材・機能素材事業部門
丸山和博部門長
・中国製不織布機械を日本企業に販売/コンテックス(株)大塚政男代表取締役
・中国・南通にSAP生産工場を建設/サンダイヤポリマー(株)
・過去10年間(94〜03年)の新聞報道に見る日本とアジアの不織布の関わり
                   *
・DATA SHEET / 2002年の不織布生産量

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.51☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2003.5.26☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.製品開発
4.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第7回「繊維製品3R推進会議」
化繊協会がアクションプランを策定

経済産業省が発足させた「繊維製品3R推進会議」の第7回会合が20日開催さ
れ,日本化学繊維協会が「化学繊維」,日本被服工業組合連合会が「ユニホー
ム」に関する行動計画を報告した。日本繊維輸入組合と日本貿易会は,輸入業
界としてのアクションプランを作成し,提出した。

化繊協会は,繊維屑の減量化・熱回収などの推進により,2001年度実績のリサ
イクル率93%を今後も堅持する目標を設定。PETボトルからの再生PET樹脂の環
境対応力をアピールし,用途を産業資材や土木資材に広げるなどの目標を打ち
出した。
http://www.meti.go.jp/report/committee/index.html
http://www.fcc.co.jp/JCFA/index_j.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■国交省
都市部のビルの緑化を義務付け

国土交通省は都市部の緑化を進めるため、大規模ビル建設時に緑化区域の設置
を義務付ける。敷地の20%程度を最低限とし、緑化面積に応じてビルの容積率
を割り増し、固定資産税の軽減も検討する。都市環境の改善やヒートアイラン
ド現象の緩和に向けて、都市緑化を総合的に進める新法を制定する。
(日経 5/26)

■日本貿易振興会
アジア進出日系企業へSARSの影響に関するアンケートを実施

日本貿易振興会(ジェトロ)は5月8〜14日、アジア進出日系企業3,071社に対
し、新型肺炎(SARS)による事業への影響に関しアンケート調査を緊急に実施
した(有効回答数2,015社、有効回答率65.6%)。
調査結果の概要は以下のとおり。

(1)約7割の企業が事業への影響を「ある」と回答した。

(2)中国(86.2%)、香港(84.9%)、シンガポール(84.3%)で8割を超える
企業が「影響あり」と回答。タイ(38.0%)、インドネシア(39.3%)では4割
を下回った。

(3)国・地域別、業種別にみると、中国・華北の輸送機器、建設・不動産、運輸
・通信・サービス、商社などのその他非製造業のすべてが「影響あり」と回答
した。シンガポールでは、電気・電子、輸送機器で「影響あり」との回答が多
かった。

(4)具体的な影響では「商談の滞り」(75.7%)が最も深刻。また、「技術者の
移動制限による生産停滞」(32.1%)がこれに次ぐ(複数回答)。

(5)8割近くの企業が対策を「講じている」と回答した。具体的には、「流行地
域への出張見合わせ」(89.6%)、「衛生用品(マスクなど)の配布」(77.1
%)などの安全管理面が中心。事業活動面では、「部品・在庫等の積み増し」
(22.8%)が最も多く、「代替生産拠点の検討」(6.6%)、「部品調達先の変
更」(2.0%)、「製品輸出先の変更」(0.7%)などは少ない(複数回答)。

(6)生産、販売が現時点で「減少」した企業は25.7%。一方で「増加」した企業
も8.5%ある。増加と回答した企業は体温計など衛生用品関連の販売増を挙げ
る。今後2〜3ヵ月間SARSの影響が続いた場合の見込みは、「減少」が42.8%へ
大きく上昇、「増加」は7.0%へ低下。
http://www.jetro.go.jp/ged/j/press/2003/20030520.html

■名工大
土のうを使った地盤補強法を大学発のベンチャー企業に

名古屋工業大学は,松岡元教授が開発した土のうを使った地盤補強法「ソルパッ
ク工法」の設計・施行を行う「スペック」を大学発のベンチャー企業として設
立すると発表した。
http://www.nitech.ac.jp/
http://db.ccr.nitech.ac.jp/event/cgi-bin/siginfo.cgi?sig=sole
http://www.cbr.mlit.go.jp/chugi/html/fair2000/technology/a/a-007/
http://www.cbr.mlit.go.jp/chugi/fair-c/fair2001/shousai/h/h07.htm

■合繊大手7社の今期業績見通し
営業益,5社が2桁増

合繊大手7社(東レ,帝人,旭化成,クラレ,三菱レイヨン,東洋紡,ユニチ
カ)では,04年3月期の連結営業利益として,退職給付金の差異償却が発生する
旭化成を除き6社が増益,うち帝人を除き5社が2桁の伸びを見込んでいる。
(化学工業日報 5/21)

■綿紡大手6社
5社が当期黒字に転換

綿紡大手6社(日清紡,クラボウ,日東紡,ダイワボウ,富士紡,シキボウ) の
03年3月期は,前年度に当期赤字を計上した5社とも,投資有価証券評価損が少
なくなったため黒字転換を果たした。繊維部門は海外子会社の不振などが響き
各社とも苦戦。一方で非繊維部門ではIT需要の回復や好調な自動車需要を受け
増益が目立つ。(日刊工業 5/22)

■アラコ・高島屋日発工業
欧州車を意識した商品企画体制へ

トヨタ自動車系のシート大手,アラコと高島屋日発工業が欧州車を意識した商
品企画体制を整える。アラコがベルギーにデザイナーを常駐させ,高島屋日発
工業は技術系社員のフランス研修を制度化した。(日経産業 5/20)
http://www.araco.co.jp/
http://www.takanichi.co.jp/top.html

■ジャック
蓄光糸を開発

繊維資材製造のジャックは,光を蓄積する糸を開発した。太陽光や蛍光灯の光
を5〜10分程度あてると約8時間発光する。ポリエステル繊維の中に,ストロン
チウム系蓄光材を1〜10μm単位で細かく練り込んだ。(日経産業 5/20)

■御美商・コクヨグループなど
タイルカーペットの循環型リサイクルシステムを構築

産業廃棄物運搬の御美商およびセルコンテクノスとコクヨのオフィス家具・建
材販売会社であるコクヨオフィスシステム、同エンジニアリング会社であるコ
クヨエンジニアリングは、オフィス家具業界ではじめてタイルカーペットの循
環型リサイクル事業を構築する。

これまで、オフィスのフロアーに使用されているタイルカーペットは、塩化ビ
ニールなどの複合構造になっているため、リサイクルが困難で、産業廃棄物と
して埋立処理されていた。今回、廃棄タイルカーペットに使われている塩ビと
その他の素材を分別し、リサイクルする技術を御美商が開発したことで、産業
廃棄物の最終処分量を削減する循環型リサイクルシステムを構築することが可
能となった。
http://www.kokuyo.co.jp/press/news/20030523-151.html
http://www.gomisho.com/
http://www.selkon.co.jp/technos/menu.html

■蒲郡市・永向寺
不織布スクリーンで文化財を防火 

蒲郡市の永向寺では,文化財の木造愛染明王坐(ざ)像を火災から守るために,
火災を探知すると特殊保護スクリーンが下りるシステムを導入した。スクリー
ンは難燃、断熱性などにすぐれた不織布で,文化財の上部の格納箱を固定して
おき、火災が発生すると、煙または熱感知器が作動してスクリーンが文化財の
四方を囲むように落下する。内部温度を低く保って損傷を防ぎ、消防隊の到着
を待つ。(中日新聞 5/22)
http://www.asahi-net.or.jp/~gi4k-iws/sub44-15.html

■日本フエルト
社長に山本常務が昇格

日本フエルトは、23日開催の取締役会において、山本洋一常務が6月27日付けで
社長に昇格すると発表した。松浦治社長は代表権のある会長に就任する。
http://www.felt.co.jp/image/H15052301.pdf

■ヒラノテクシード
社長に三浦常務が就任

ヒラノテクシードは23日,三浦日出男常務が6月27日付けで社長に昇格する人事
を発表した。中川久明社長は代表権のある会長に就任する。
http://www.hirano-tec.co.jp/

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ビッグテクノス
有効成分を皮膚細胞に送るオイルゲルシート開発

ビッグテクノス(奈良県御所市)は、有効成分を皮膚細胞に強力に浸透させる
“オイルゲルシート”を開発した。従来の水性ゲルシートと比較してコスト高
になるものの、浸透力がアップするだけでなく皮膚に対しても優しいとしてい
る。今秋にも化粧品メーカー向けに発売する。ユーザーの個別ニーズに応じて、
ビタミンCや皮膚を活性化するビタミンEなど有効成分を一定量含有させ、貼
付シートとして供給する。

保湿性の高いミネラルオイルに美白効果があるとされるビタミンCなど有効成
分を含ませることに成功。さらに、このオイルをゲル状の共重合樹脂に含浸さ
せ貼付(てんぷ)シートに仕上げた。ゲル状の同樹脂はストッレッチ(伸縮)
性のある不織布に薄くコーティングされる。(日刊工業新聞)
http://www1.mahoroba.ne.jp/~k-ueda/

■東邦レオ
壁面緑化システム

東邦レオは,植物の生育基盤に崩れにくく保水力のある専用の長繊維植栽ブロッ
クを採用した,壁面緑化システムを開発した。自動潅水装置との組合せによっ
て,垂直方向の植物生育を可能にした。(日刊工業 5/21)
http://www.toho-leo.co.jp/

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2003 NEW環境展(NEXPO 2003)
5月27〜 30日,東京ビッグサイトで開催

2003 NEW環境展(NEXPO 2003) が5月27〜 30日,“人と地球の未来を守る環境革
命への挑戦!”をテーマに東京ビッグサイトで開催される。

深刻化する廃棄物問題を含め、社会・経済活動に関する環境負荷低減を図るた
め、これに対応する処理・浄化技術、施設、再資源化技術の情報、機器、シス
テムを展示する。
http://www.nippo.co.jp/nexpo003/t_ne03.htm

■2003東北ハイテク農業展
7月9〜7月11日に仙台市で開催

2003東北ハイテク農業展が,7月9〜7月11日に仙台市の夢メッセMIYAGI(みやぎ
産業交流センター)で開催される。農薬、肥料、農業機械などの農業資材とそ
の技術、さらにバイオテクノロジーや農業情報ネットワークなど最新の農業技
術・システムを一堂に集めて、農業関係者に広く紹介する。
http://www.chemicaldaily.co.jp/ent/exhibit/index_ex.html#ex01

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━