━━☆No. 61☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2003. 8. 4☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事
6.お知らせ

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■03年上半期の国内自動車生産台数
前年同期比1.6%増の約513万台

日本自動車工業会は,03年上半期の国内自動車生産台数が前年同期比1.6%増の
513万4,903台となり,上半期では2年連続で増加したと発表した。乗用車の輸出
が堅調だったことに加え,排ガス規制前の買替え需要でトラックの生産が6年ぶ
りに増えたことが貢献した。

また,同期の輸出実績は,同2.5%増の229万9,608台で上半期では2年連続で増
加した。輸出の4割を占める北米向けが市場の軟化で7.5%減となったものの,
中国市場が好調なアジア向けが24.8%,欧州が16.2%それぞれ増加した。
http://release.jama.or.jp/sys/news/detail.pl?item_id=291

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■中小企業総合事業団
中小繊維製造事業者自立事業の採択者を決定

中小企業総合事業団では厳しい状況に置かれているものの、自ら商品の企画・
開発・生産・販売を行い、活路を切り拓く意欲と能力を持つ中小の繊維製造事
業者に対して助成を行っているが,このほど575件の申請があり、厳正な審
査の結果、110件を採択することを決定した。1件当たり助成規模は平均で、
約3千万円程度。

中小繊維製造事業者自立事業は、平成15年度から実施する中小企業総合事業
団による助成事業で、中小の繊維製造事業者の自立に向けた取組を支援するも
の。6月2日から6月30日までの間に同事業団が公募を行った。
http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0004343/0/030801seni.pdf 
http://www.jasmec.go.jp/

■クラレ
繊維・不織布事業で原料ポリマーを多様化

クラレは,繊維・不織布事業における原料ポリマーの多様化を推進する。高耐
熱ポリアミド樹脂やポリアリレート樹脂,ポリ乳酸(PLA)など高機能樹脂を活
用し,電気・電子分野などのユーザーとの共同開発を強化する。
(化学工業日報 7/30)
http://www.kuraray.co.jp/

■三井金属
介護等向け消臭・除湿マットの販売を開始

三井金属は、100%子会社である三井金属資源開発において、天然鉱物のゼオラ
イトを使用した消臭・除湿効果のある寝具用マット(商品名:ゼオライトマッ
ト)を開発した。“ゼオライトマット”は、620mm×1160mmの大きさのマッ
トレスパッドで,表面は不織布加工が施され、肌触りよく、吸湿性にも優れて
いる。

また、吸湿後も、べとつかず爽やかさが持続する特性を有している。敷布団の
上に敷き、直接もしくはシーツを掛けて使用するだけで効果を発揮。小売価格
は7,000 円で、同様の効能をうたう類似商品に比べ低価格に設定している(例
:竹炭マットの通常価格より約1/4〜1/3 程度)。
http://www.mitsui-kinzoku.co.jp/topics_030731.pdf

■三菱製紙
太陽電池用の増感色素を開発

三菱製紙はこのほど、東北大学多元物質研究所の内田聡助手の協力を得て、高
い光電変換効率を持つ実用レベルの色素増感型太陽電池用色素の開発に成功し
た。色素増感型太陽電池は、色素をつけた酸化チタン層と電解液を電極の間に
封入した構造。現行のシリコン型太陽電池と比較して、製造時に高真空、高温
が不要なため、製造コストが数分の1以下に抑えられることや、大面積フィル
ム化が容易であるため、国内外で研究開発が活発に行われている。
http://web.infoweb.ne.jp/mpm/news/030723.html

■フォルクスワーゲングループジャパン
輸入車の保護ワックス全廃,不織布で覆う

独フォルクスワーゲン(VW)の日本法人,フォルクスワーゲングループジャパ
ンは,04年7月をメドに,車両を輸入する際の外装保護用ワックス全廃し,不織
布製のカバーで覆う方式に切り替える。ワックス洗浄時に出る有害な排水をな
くして,環境負荷を低減する。(日経産業 7/29)
http://www.volkswagen.co.jp/index2.html

■日産自動車
シュレッダーダストを既設流動床炉で処理

日産自動車は,05年1月から施行の自動車リサイクル法での95%リサイクル率実
現への課題であるカーシュレッダーダスト(ASR)の処理で,既設の流動床炉を
用い,炉の上部の温度を1,000℃以下にコントロールし,ASRの投入方法も熱量
で制御するサーマルリサイクル技術を確立した。(日刊工業 7/30)
http://www.nissan.co.jp/

■ハザマ・西武建設
屋上緑化で技術提携

ハザマと西武建設はそれぞれ、クレアテラネットワーク、西武造園と従来から
緑化に関し技術提携を行ってきたが、さらにさまざまな顧客ニーズに対応して
いくため、各グループの提携関係を4社間に拡大した。これにより、ハザマと
西武建設は薄層緑化から庭園型緑化まで幅広い顧客ニーズに対応可能となり、
両社の自社設計・施工およびリニューアル物件へ積極的に展開していく予定。
http://www.hazama.co.jp/jp/newsrelease/2003/030729.html

■池上機械
青竹ほぐし繊維に加工

池上機械は,青竹をほぐして繊維に加工する爆砕竹用特殊開繊機“BH型”を製
品化,発売した。レーヨン化工程なしで竹繊維の製品化ができるのが特長。竹
繊維は広範な用途で需要が高まっており,初年度で30台の販売を見込む。
(日刊工業)
http://www.ikegamikikai.jp/take.htm
http://www.ikegamikikai.jp/linkp26.htm

■帝人と東レ
工場・研究所で使用の実験用消耗品などをネットによる共同購買を開始

東レおよび帝人はこのたび、工場、研究所などで使用する設備の保全や運転お
よび実験に関する消耗品等(MRO品目)について、ファイバーフロンティア
を窓口とし、MRO品目の大手取扱代理店であるアルファパーチェスからイン
ターネットによる共同購買方式による調達を開始することにした。本年7月よ
り、MRO品目の中でも特に汎用性・リピート性の高い約1万品目について購
買を開始し、その後対象品目を増やしていく。2005年度末までには、総品
目数で約6万品目、金額にしてそれぞれ1社当たり約10億円/年となる見込
み。
http://www.toray.co.jp/news/service/nr030731.html

■日本バイリーン
販売子会社2社を統合

日本バイリーンは経営課題である「国内衣料資材事業の再編と販売体制の整備
強化」の一環として10月1日付けで、販売子会社2社を統合し、同時に同社衣
料資材本部の販売機能の一部を移管する。同社100%出資販売子会社「バイリー
ンクリエイト(株)」へ、同じく100%出資販売子会社「ファッションマテリア
ルズ(株)」の営業の大部分を譲渡し、同時に同社の衣料資材本部の国内販売
機能を移管する。

新生「バイリーンクリエイト(株)」は、同社の衣料資材本部の国内販売の総
代理店となるとともに、従来のメディカル、コンシューマーおよび工業資材の
各分野に加え、「ファッションマテリアルズ(株)」のホビー用品分野なども取
扱う販売会社となる。
http://www.vilene.co.jp/news/img/20030730.pdf

■日本バイリーン
平成16年3月期第1四半期業績の概況(連結)を発表

日本バイリーンは,平成16年3月期第1四半期(2003年4月〜6月)の業績の概況
(連結)を発表した。経営構造改革をさらに強力に推し進め、成長性の回復と
採算性の改善に全社をあげて取組んだ結果,連結売上高118億4,900万円、連結
経常利益6億200万円、連結当期純利益3億4,200万円となった。
http://www.vilene.co.jp/ir/pdf/settele04/04c1.pdf

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■中国
過去10年間でテクニカル・テキスタイルが急成長

■中国
SARS流行により12月に延期が決まったANEX2003不織布トレード・ショーは成功
をもたらし、国内の不織布業界が強化されると楽観的見通しを発表

■フロイデンベルク社(米国)
破産保護申請中であったフリスビー・テクノロジーズ社からコンフォーテンプ
とC級ブランド、商標を買収

■スノコ社(米国)
6月の火事の後、停止していたテキサス工場で一部のプロピレン生産を再開

■ウェスタン・ノンウーブンズ社(米国)
ハイロフトメーカーのウェスタン社がカリフォルニア州の工場の設備を改造。
サーマルボンドラインを新設、ピロー事業を再構築、レジンボンド工場を改造

■ポール・ハルトマン社(ドイツ)
子会社のジーグラー社を投資会社、スタウフェン・インベスト社に売却

■BASF社、ペトロブラス社(ブラジル)
アクリルモノマーと高吸収性樹脂(SAP)市場の成長が予想を下回ったため、ブ
ラジルのアクリルアミド工場の合弁新設計画を廃止

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ユニ・チャームペットケア
消臭機能強化の“ユニ・チャーム ペットケア デオサンド 紙”を改良

ユニ・チャームグループのユニ・チャーム ペットケアは、さらに消臭機能を
強化した“ユニ・チャーム ペットケア デオサンド 紙”を9月下旬よりリ
ニューアル発売する。同社の“デオサンド可燃”はガッチリ固まり、消臭効果
にも高い評価があるが、消臭効果をさらに強化して、商品名も変更し新発売す
る。消費者が抱えている「消臭」に対する不満を解消する猫砂を提案する。
http://www.uc-petcare.co.jp/

■ユニ・チャームペットケア
ペット用トイレ“1週間消臭・抗菌デオトイレ”を発売

ユニ・チャームグループのユニ・チャーム ペットケアは、手入れは週1回で
すみ、部屋も臭わない“1週間消臭・抗菌デオトイレ”を9月下旬より新発売
する。猫の排泄用品は「猫砂」が一般的だが、消費者の猫の排泄用品に対する
満足度は、犬に比べて低く、部屋に広がる臭いや、排尿のたびに固まった砂を
取り除かなければいけない手間(1日に3〜4回)が主な不満の要因となって
いる。そこで、1週間手入れをしなくても部屋が臭わず、手入れも簡単な同製
品を新発売する。
http://www.uc-petcare.co.jp/

■東リ
プロが薦めるリフォーム壁紙100選 VOL2

東リでは、リフォームに最適な壁紙を厳選した見本帳“プロが薦めるリフォー
ム壁紙100選・VOL2”を新発売した。全点が「JIS規格」に合格して
いるので安心して使える。全点が「F☆☆☆☆」マークを表示し,「SV規格」
にも合格している。

2003年7月1日以降の着工物件に改正建築基準法が適用され,壁紙はホル
ムアルデヒド対策として、製品に「JISマーク」などの表示が必要。また、
2003年3月21日以降、JIS工場で生産されるJIS製品には「F☆☆
☆☆」(ホルムアルデヒド等級の最上位規格を示すマーク)を表示している。
また、揮発性有機化合物(VOC)等の化学物質や重金属を規制したSV規格
にも合格している。
http://www.toli.co.jp/product_wall/index.html

■ダイキン工業
光触媒応用の空気清浄機を発売

ダイキン工業は、空気清浄機の新商品として、世界初の実用化となる光触媒チ
タンアパタイトフィルター、業界初となる光触媒カテキンプレフィルターおよ
び新光触媒フィルターの3種類の光触媒フィルターによるトリプル構造と、「大
風量化」による集塵力アップにより、すばやく除菌できる(従来比約2.5倍
以上)空気清浄機「光クリエール」2機種を8月下旬より発売する。

同製品は、業界で初めて、実機で浮遊カビ菌を99.99%除去できることを実証。
また、毒素分解力が99.9%以上であることを公的機関で実証された光触媒チタン
アパタイトフィルターを採用。更に、業界トップの静音性・脱臭能力の強化な
ど、基本性能も大幅に向上させた。
http://www.daikin.co.jp/press/2003/030728/index.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■非木材紙普及協会
第6回「ケナフ栽培・利用研究発表会」を開催

非木材紙普及協会は,第6回「ケナフ栽培・利用研究発表会」を8月20日,東京
・中央区の中食本館で開催する。「ケナフの広範囲な用途」「ケナフボードの
開発と応用」など8テーマの発表が行われる。
http://www5.ocn.ne.jp/~himoku/

■INTC2003
9月15〜18日,米バルチモアで開催

INDAとTAPPIの共催による不織布技術に関する会議「INTC2003(International
Nonwovens Technical Conference)」が9月15〜18日,米バルチモアで開催され
る。
http://www.inda.org/
http://www.tappi.org/
http://www.inda.org/events/intc03/intc03_brochure.pdf

■TITAS2003(Taipei International Textile & Apparel Show)
9月8〜10日に台北で開催

繊維とアパレルに関する国際的な展示会,TITAS2003(Taipei International
Textile & Apparel Show/台北紡織服飾展)が9月8〜10日に台北市の台北世貿
中心展覧大樓で開催される。
http://www.titas.com.tw/c/06.htm

┏☆お知らせ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本誌「Nonwovens Review」Vol.14 No.2が発刊となりました。
主な内容は次の通りです。

●サニタリー特集/消費者の嗜好を映す商品開発

・「吸収体商品事業を再活性化するための提言」日本吸収体技術研究所代表取
締役社長・鈴木磨氏

・「収益重視の販売戦略が奏功」大王製紙H&PC事業部開発部部長・二宮俊史氏,
同・営業推進本部マーケティング部部長代理・塩出章志氏,同・開発部 ベビー
ケア・シルバーケア企画グループ課長代理・松岡正樹氏

・「店頭での消費者へのアピールを重視」王子ネピア営業本部おむつ事業部部
長・矢野浜男氏

・「“ポイズ”ブランドを“アクティ”に波及」クレシアマーケティング本部
マーケティング2部課長・吉野弘一氏

・ユニ・チャーム/使用済み大人用紙おむつのコンポスト化事業に着手
・花王/20代女性ターゲットに“ロリエ”を改良
・P&G/おむつ内側のふわふわ感をさらにアップ

●メディカル特集/感染症対策に威力を発揮する不織布製品

・「マスク用フィルターのグローバル展開も」日本バイリーン第三事業部
メディコン資材本部 技術部第二技術担当課長・鈴木美浩氏

・「ウエットティシュのシーズを育てる」和光堂営業企画部次長・村上柳一氏

●「“踊り場”的状況下における市場・製品開発の最新動向」
日本繊維機械学会・不織布研究会委員長,京都女子大学教授・矢井田修

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No. 62☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2003. 8.11☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事
6.お知らせ

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■環境省
02年度「容リ法」に基づく市町村の分別収集及び再商品化の実績を発表

環境省では、都道府県を通じて、02度において容器包装リサイクル法に基づき
分別収集を実施した市町村の分別収集量、再商品化量等を調査し、取りまとめ
た。その実績と傾向は次の通り。

(1)02年度における実施状況をみると、分別収集を実施する市町村数は前年度に
比べ、全品目にわたり着実に増加している。また、分別収集量、再商品化量に
ついても生産量が減少しているガラスびん、スチール缶を除くすべての対象品
目において増加しており、制度の浸透、定着が図られている。

(2)ペットボトルについては、分別収集量は前年度比で約1.2倍であり、回収
率(市町村の分別収集量/生産量)は、45%を超え年々着実な伸びを見せて
いる。生産量と分別収集量の差をもって廃棄量の動向を推し量るならば、 02度
においては生産量が対前年比で約2%の伸びがみられる中、その廃棄量は 98年
度時点を約10千トン下回る水準まで減少している。

(3)2000年4月から新たに対象品目に追加されたペットボトル以外のプラスチッ
ク製容器包装及び紙製容器包装については、施行3年目を迎えたが、その分別
収集量は、プラスチック製容器包装が前年度比で約1.4倍、紙製容器包装が約
1.2倍と引き続き大きな伸びを示している。
http://www.env.go.jp/recycle/yoki/jisseki_h14/index.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■内閣府
4〜6月期の機械受注が2期連続で増加

内閣府が8日発表した4〜6月期の機械受注統計によると、設備投資の先行指標で
ある「船舶・電力を除く民需」(季節調整値)は2兆7609億円で前期に比べ3.4
%増えた。二期連続の増加で、2001年7〜9月期以来の高水準。イラク戦争など
の影響で企業経営者の心理が冷え込んでいた3月時点の見通し(10.5%減)を実
績が大幅に上回った。調査結果の概要は次の通り。

(1)機械受注総額(季節調整値)の動向をみると、5月前月比7.0%増の後、
6月は同17.5 %増の2兆4954億円になった。

(2)需要者別にみると、民需は前月比6.8%増の1兆564億円、 官公需は
同17.8%減の2485億円、外需は同44.3%増の1兆578億円、 代
理店は同10.3%増の1043億円になった。

(3)民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、
5月前月比6.5%増の後、6月は同2.4%増の9540億円になった。 こ
のうち、製造業は0.8%減の3866億円、非製造業(除く船舶・電力)は
同4.6%増の5723億円になった。
http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/juchu/0306juchu.html

■花王
タイ・バンコク郊外に新工場建設

花王は、東南アジアの主力会社であるタイ花王に、家庭品、化学品の新工場を
建設し、タイ国内、及びアセアン地域の生産拠点としての機能を強化する。新
工場は、バンコク市にある現工場の生産設備を拡張するかたちで、バンコク近
郊のアマタ・ナコーン工業団地に移転するもので、敷地面積は現工場の約3倍
の約16万平方メートルとなる。

今回建設されるのは、各種洗剤などのハウスホールド製品やヘアケア、スキン
ケア製品、生理用品などの生産設備のほか、洗剤などの中間原料となる界面活
性剤や化学製品の生産設備などで、2005年から順次稼動し、将来的には現
在の生産量と比較すると約1.5倍の能力となる。投資額は合計で100億円
にのぼり、建設資金はタイ花王の自己資金及び増資などでまかなわれる予定。
http://www.kao.co.jp/comp/news/2003/08/n20030805_01thailand.html

■東洋紡
PBO繊維“ザイロン”を増産

東洋紡は,PBO(ポリパラフェニレンベンゾビスオキサゾール)繊維“ザイロ
ン”を増産する。2〜3年以内に,つるが工場(福井県敦賀市)に年300t能力の
生産設備を1系列新たに増設する計画。(化学工業日報 8/6)
http://www.toyobo.co.jp/

■カネボウ合繊
来年3月末でアクリル事業から撤退

カネボウは、この度100%子会社であるカネボウ合繊が事業展開しているア
クリル事業からの撤収を決定した。期間収益力向上と財務体質改善を進め、合
繊事業の構造改革を実現するためには、長期的に回復が見込めない同事業から
撤収せざるをえないと判断した。今後、合繊事業においては、固定費圧縮、ポ
リエステル系の独自品の強化を柱に、更なる成長が期待できる生分解性繊維「ラ
クトロン」事業の本格展開を実施し、非価格競争力を有している事業への構造
転換により収益基盤を強化する。
http://www.kanebo.co.jp/contents/fram/f_08rel.html

■サンケミカル
事業再構築計画が認定

中部経済産業局は7日、企業の立て直しを支援する産業活力再生特別措置法(産
業再生法)で、ニードルパンチ式不織布製造のサンケミカル(岐阜県南濃町)
の事業再構築計画を認定したと発表した。4月の同法改正後、中部経産局管内
では初めての認定で、増資の登録免許税の軽減措置などを受けることができる。

計画では、大洋紡績(同県柳津町)と大垣共立銀行(同県大垣市)からDES
(債務の株式化)を含み計16億5000万円の増資を受けて財務体質を強化。
生産工程の見直しや新商品開発を行い、2006年度の製造原価を02年度に
比べ5・4%以上低減する。(中日新聞 8/8)
http://www.sun-chemical.co.jp/
http://www.chubu.meti.go.jp/

■昭和電工
光触媒を壁紙や蛍光灯に応用

昭和電工は,光触媒を壁紙や蛍光灯に応用するため顧客企業と共同で取り組む。
同社では昨年12月に可視光に対応し,屋内で利用しやすい光触媒を商品化した。
04の商品化をめざし,05年に光触媒事業の売上高を現在の10倍の15億円に拡大
する計画。(日経産業 8/5)
http://www.sdk.co.jp/contents/news/index.htm

■旭化成
リチウムイオン電池のセパレータ向け樹脂膜を3割増産

旭化成は,リチウムイオン電池のセパレータ向け樹脂膜を3割増産する。約20億
円を投資して守山支社(滋賀県守山市)に年産能力1,200万m2の設備を建設,
2004年秋に稼働する。(日経 8/7)
http://www.asahi-kasei.co.jp

■NECトーキン
リチウム二次電池の中国生産を80%に拡大

NECトーキンは,リチウムイオン二次電池の中国生産比率を80%弱にまで高める
計画である。同社は国内生産を縮小,中国シフトを強めており,今年12月には
江蘇省・呉江市に中国で二番目の生産拠点が完成する。(化学工業日報 8/11)
http://www.nec-tokin.com/

■ニチメン
イランの繊維産業を支援

ニチメンは,イランの繊維産業を育成する事業に参加する。イラン鉱工業省の
傘下にあるイラン工業復興公社(IRCI)と共同で,繊維会社向けに製造設備や
原材料の調達,技術や経営ノウハウの移転を進める。(日経 8/8)
http://www.nichimen.co.jp/

■東レ
タイの原糸、プラスチック関係会社を統合

東レおよび、東レのタイ地域統括会社であるトーレ・タイランド社(TTH)は、こ
のたび、タイにおける原糸事業とプラスチック事業の関係会社計3社を、今年10
月に統合することを決定した。統合するのは、トーレ・ファイバーズ・タイラ
ンド社(TFL)、トーレ・ナイロン・タイ社(TNT)、および3TMプラスチックス社
(3TP)で、TFLを存続会社として、新会社名は「タイ・トーレ・シンセティック
ス(TTS)」となる。

新会社は資本金を22億バーツ(63億円、予定)として、ナイロン・ポリエステル
長繊維、エンプラコンパウンド、CPPフィルム、蒸着フィルム事業を有する総合
化学企業に再編され、初年度の売上高は185億円を計画している。今回の統合
は、各社の営業・生産・開発ノウハウを結集することで、タイのグループ素材
事業の競争力を一層強化する一方、将来の事業拡大に向けて、より機動的な事
業運営を推進するために行うもの。
http://www.toray.co.jp/news/fiber/nr030806.html

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■欧州
欧州の不織布メーカーのポリプロピレン消費量が2002年6%増加

■ウェスタン・ノンウーヴンズ社(米国)
2003年末に14ヵ月にわたる増資計画が完了

■デュポン社(米国)
ノースカロライナ州のホワイト・ナイト・エンジニアド・プロダクツ社の不織
布クリーンルーム・アパレル事業を買収

■ラロシェ社(フランス)
北米、ポルトガル、オーストラリアの顧客にエアレイドラインを販売。3ライン
で、家具・ベッド市場用サーマルボンドフェルトを300?4,000gm2/月生産

■アールストローム社(イタリア)
極細繊維不織布生産ラインを550万ユーロで購入。新ラインはフィルターメディ
ア、複合素材、医療、ワイパー、工業用途の製品を生産し、2004年10月に稼働
予定

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本バイリーン
メガネ拭き洗顔の不織布製“パーフェクトマジカルボディークロス(全身用)”
と同“フェイスクロス(洗顔用)”を新発売

日本バイリーンは、いま話題の「メガネ拭き洗顔」用に不織布によるクロス《商
品名:パーフェクトマジカルボディークロス (全身用)、パーフェクトマジカル
フェイスクロス(洗顔用)》を開発、8月1日から新潟県内のエステティックサロ
ン業者・オフィスピュア(本社:新潟県新発田市)を通じ、県内のコンビニ・スー
パー・ドラッグストアなどに向け販売する。

開発した素材はいずれも日本バイリーン製の水流絡合不織布(ポリエステル/ナ
イロン) で、極細の分割繊維が毛穴の汚れ、老廃物(皮脂・角質)を除去する。サ
イズはボディークロス(全身用)が33×33cm。フェイスクロス(洗顔用)が20×
20cm(泡立てネット入り)。希望小売価格はどちらも700円/枚で、織物タイプの
製品よりも約10〜20%求めやすくなっている。

日本バイリーンでは今回、オフィスピュア社が洗顔美容に精通し実績もあるこ
とから、同社の地元・新潟県内から販売をスタートさせ、市場反響などを分析
した上で今後全国販売も開始する考え。販売は日本バイリーン100%出資の販売
子会社、バイリーンクリエイトが総発売元となる。
http://www.vilene.co.jp/

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本繊維機械学会・不織布研究会
第14回研究交流会を開催

日本繊維機械学会の不織布研究会(矢井田修委員長)では,不織布研究会(第
14回)研究交流会を9月5,6日の両日,兵庫県の塩田温泉「夢乃井」を会場に開
催する。スケジュールは以下の通り。

第1日目(9月5日)
(1)新幹線「姫路駅」集合 13時30分(貸切バスにて移動)
(2)池上機械(株)見学 14時-16時
(3)会場着 塩田温泉「夢乃井」17時
(4)夕食ならびに交流パーティ 18時-20時

第2日目(9月6日)
(5)朝食8時
(6)講演会 9時-12時
 1.経済産業省産業技術環境局リサイクル推進課 辻本圭助氏
 2.近畿大学資源再生研究所教授 中島照夫氏
 3.阿波製紙(株)取締役 濱義紹氏
(7)昼食 12時-13時
(8)講演会 13時-15時
 4.ダイニック(株)依頼中
 5.旭化成(株)依頼中
(9)解散15時頃

〔参加費〕不織布研究会登録メンバー本人または代理参加は28,000円 (1泊3食
,資料代,貸切バス代交流パーティ費ほか個人使用のものを除く一切を含む),一
般参加は 35,000円

問合せ先
日本繊維機械学会
TEL06-6443-4691 FAX06-6443-4694
http://wwwsoc.nii.ac.jp/tmsj/japan/#labo

■JAPAN DIY SHOW 2003
8月30〜8月31日,幕張メッセで開催

JAPAN DIY SHOW 2003が,8月30〜8月31日,幕張メッセで開催される。テーマ
は「くらしを変える力DIY」。
http://www.diy.or.jp/DIYSHOW-TOKYO/2003/main.html

■第56回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2003
9月2〜5日,東京ビッグサイトで開催

日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市,第56回「東京インター
ナショナル・ギフト・ショー秋2003」が,9月2〜5日,東京ビッグサイトで開催
される。テーマは“業種専門店から「複合専門店」への転換”。
http://www.giftshow.co.jp/tigs/56tigsinvitation/index.htm

┏☆お知らせ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■紙業タイムス社とテックタイムスのホームページを開設

姉妹会社の紙業タイムス社とテックタイムスはこのほど,ホームページを開設
しました。アドレスは次の通りです。
http://www.st-times.co.jp/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No. 63☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2003. 8.18☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.製品開発
4.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■国際光触媒技術展2003
10月15〜17日,東京ビッグサイトで開催

多彩な応用を遂げる光触媒とその周辺技術を一堂に会し、新たなビジネスチャ
ンスの創出をめざす「国際光触媒技術展2003」が10月15〜17日,東京ビッグサ
イトで開催される。

光触媒の技術が新たな市場を生み出そうとしている。防汚・防曇・消臭・抗菌
・分解浄化作用などの機能をもつ光触媒は、いまあらゆる産業でその応用技術
が検証され、生活環境から地球環境まで幅広い分野でその技術が応用されてい
る。

なかでも大気中のNOxを分解浄化する効果や、光触媒の超親水性と気化熱を応用
した都市冷却構想など、今日われわれが取り組むべき最重要課題である環境問
題に対応する技術のひとつとして注目され、民間シンクタンクの調査では環境
関連における光触媒の市場は2005年には1兆円規模に達するとも予測されてい
る。
http://www.iptc-expo.com/

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■立命館大・日本ガイシ
ダイオキシンを除去する高機能活性炭を開発

立命館大の西脇一宇教授らの研究グループは,日本ガイシなどと共同で,ダイ
オキシンを除去する高機能活性炭を開発した。ダイオキシンなどと反応する触
媒を活性炭に組み込んだ。繰り返し利用できるので,従来の処理方式に比べ活
性炭の使用量を90%削減できる。(日経産業 8/18)
http://www.ritsumei.ac.jp/
http://www.ngk.co.jp/

■東京都
屋上緑化の効果を検証

東京都は、既存建築物に適応した屋上緑化技術を開発し、その普及を図るため、
軽量・薄層、ローコスト・ローメンテナンスな屋上緑化技術が持つヒートアイ
ランド緩和効果を定量的に明らかにする研究を実施する。同研究は、平成15年
度重点事業の一環として、環境局環境科学研究所、産業労働局農業試験場、建
設局土木技術研究所の三者が行う共同研究。植物の種類や地盤の状況など条件
を変えて気温の上昇を抑制する効果を測り,最適な組合せを探る。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2003/08/20d8b100.htm

■豊田紡織
大口工場(愛知県)で成形天井を増産

豊田紡織は,大口工場(愛知県大口町)での成形天井の生産能力を月間12万枚
から同15万枚程度に引き上げた。大幅にコストを低減した新工法「KT工法」の
生産ラインを本格稼働させたことによる。トヨタ自動車では成形天井の外注化
を進めており,豊田紡織は能力を増強してトヨタの受注に対応する。
(日刊工業 8/13)
http://www.toyoda-boshoku.co.jp/japan/index00.html

■豊田紡織
単一素材製のエンジン用エアフィルターを増産

豊田紡織は,単一素材製で再生しやすいエンジン用エアフィルターを増産する。
2004年1月をメドに刈谷工場(愛知県刈谷市)で1ラインを増設,月産能力を10
万個弱増やして55万個弱とする。(日経産業 8/15)
http://www.toyoda-boshoku.co.jp/japan/index00.html

■ユニ・チャーム
“ムーニーマン”を全国発売へ

ユニ・チャームは、新型のはかせるオムツ“ムーニーマン”(Lサイズ、ビッ
グサイズ)を、既発売の九州、中四国、沖縄、近畿、中部・北陸地区に加え、
8月18日に北海道、東北地区で、10月15日に関東地区で発売し、全国発
売を完了する。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■和光堂
東日本の物流を栃木に統合

和光堂は,東日本の配送拠点を統合する。2004年7月までに7億円を投じて栃木
配送センター(栃木県氏家町)を増設し,配送拠点を2ヵ所から1ヵ所に集約す
る。(日経産業 8/12)
http://www.wakodo.co.jp/

■池上機械
中小企業テクノフェア2003に出展

池上機械は,大阪と東京で開催される中小企業テクノフェアに昨年に次ぎ今年
も出展し,新製品のリサイクルブレーカー“RB-100型”などの紹介を通して環
境・資源の大切さを訴える。

大阪会場は9月11〜13日,インテックス大阪4号館で開催され,同社は完成品
ゾーン2205小間で展示。また東京会場は9月25〜27日,東京ビッグサイトで開
催,同社は東 5・6ホールの完成品ゾーン2239小間で展示を行う。

中小企業テクノフェアは,中小企業の優秀な技術、製品等を一堂に展示し、中
小企業の製品開発力、加工技術等を紹介する。商談会を通じて、中小企業の新
規取引先の開拓及び広域的な受注機会の増大を図ることにより、中小企業の自
立化、国際化を促進するとともに地域経済の活性化を図ることを目的に開催さ
れる。今年のテーマは「いいね! 未来へ この技術」。
http://www.ikegamikikai.jp/index1.htm
http://www.sme-tf.org/j/index.html 

■アンビエンテ丸大
医療系産業廃棄物処理施設を旭川で稼働

産業廃棄物処理のアンビエンテ丸大は,産業廃棄物処理施設を旭川市内に新設,
稼働した。病院内での焼却処理が困難な医療器具などの産廃を中心に受け入れ
る。(日経産業 8/14)
http://www.ambiente-m.co.jp/

■ビーケー・ギューリニ・ジャパン
スポンジクロスを拡販

食品素材・食品添加物メーカーのビーケー・ギューリニ・ジャパンは,事業拡
大の一環として独カレ社の“スポンジクロス”(商品名)の本格的な販売活動
を始めた。(化学工業日報 8/8)

■不織布統計(03年6月)
生産量   出荷量  販売量  在庫量
乾式不織布  22,501t   23,937t  21,451t  16,410t
(95.4%) (98.3%) (98.7%)(95.1%)
湿式不織布  1,615t   1,483t   1,482t   2,025t
(96.4%) (77.1%) (77.2%)(56.9%)
不織布計 24,116t    25,420t  22,933t  18,436t
(95.4%) (96.7%) (96.9%)(88.6%)
※カッコ内は対前年同月比。
経済産業省「繊維・生活用品統計確報」より

■紙おむつ類と生理用品のPOSシェア7月ランキング

紙おむつ類は,1位がユニ・チャームで45.7%(前月比3.9%減),2位がP&Gで
20.6%(同0.8%増),3位が花王で14.4%(同0.4%減),4位が大王製紙で11.0%
(同 2.8%増),その他が8.3%(同0.7%増)。

生理用品は,1位がユニ・チャームで40.7%(前月比1.4%減),2位が花王で25.0%
(同0.6%増),3位が大王製紙で11.5%(同0.3% 減),4位がP&Gで11.2%(同1.1%
減),その他が11.6%(同2.2%増)。(日経流通 8/16)

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■クラレ
自動車シート用面ファスナーを開発

クラレは、1996年より“モールドインファスナー”の名称で自動車シート用面
ファスナーを販売しているが、このほど、従来の機能を大幅に改善し、複雑な
シート形状にも容易に対応でき、作業性の高い“マグネットタイプ”と“マグ
ネット打ち抜きタイプ”を開発し、自動車メーカーへの販売を行っていく。

同社が既に提案している“モールドインファスナー”システムは、組立て作業
を軽減すると同時にウレタンクッション材と表皮材の分別も容易な工法として
登場(96年)、業界の注目を集めた。同工法は、従来の金属ワイヤー使用に比
べ60%の軽量化、車両の省金属化を実現するとともに、面ファスナーで固定する
方式のため、作業の自動化・生産効率の向上にも繋がり大幅なコストダウンに
寄与した。
http://www.kuraray.co.jp/press/2003/030812/index.html

■トンボ鉛筆・旭化成
液晶・CRT画面用ウエットワイパー

トンボ鉛筆は,旭化成と共同でパソコンなどの画面に拭きムラが残らない不織
布型クリーナー“クリーンギアウエットワイパー液晶・CRT画面用”と“詰め替
えパック”を商品化した。新配合の界面活性剤と特殊な不織布を組み合せた。
(日刊工業 8/4)
http://www.tombow.com/index2.html
http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/index.html

■松下電工
紀州・備長炭入りカーペット

松下電工では、人体検知センサー「ひとセンサ・ナピオン」での節電に加え、
カーペットカバーのインテリア性、肌触りにこだわった、紀州・備長炭入り繊
維採用のナショナルホットカーペ“備長炭カーペ”を8月1日から販売を開始
した。紀州・備長炭入り繊維をヒーターユニットに採用し、遠赤外線効果 や消
臭効果を発揮させる。
http://www.mew.co.jp/press/0307/0307-13.htm

■ユニパアクス
天然繊維製の油吸着剤

ユニパアクスは,天然繊維カポック製の油吸着剤“ノヴァパッド”を開発した。
カポックは,アジアおよび熱帯地域に分布するキワタ科のインドワタノ属の高
木。撥水性に優れており,水に沈まない。
http://www.kt.rim.or.jp/~kenaf/


┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■王子製紙グループ
「2003年 王子製紙環境展」を開催

「2003年 王子製紙環境展」が8月25日より29日までの5日間、日本新
聞博物館5階「最先端ギャラリー」で開催される。今年で第6回目となる「環境
展」として同社は,『王子の森と環境』と題し、「森」を テーマに、同社の環
境に対する取り組みを紹介する。
http://www.ojipaper.co.jp/release/cgi-bin/back_num.pl5?sele=1&page_vie
w_selected_=1
http://www.pressnet.or.jp/newspark/

■非木材紙普及協会
第10回セミナーを開催

非木材紙普及協会では,第10回セミナーを9月11日,東京中央区で開催する。講
演内容は,ファミリーマート環境推進部・高橋哲氏による「ファミリーマート
の環境への取り組み」。

問合せ先
非木材紙普及協会
TEL.03-5643-5628 FAX.03-5643-5638
http://www5.ocn.ne.jp/~himoku/

■マテリアルライフ学会
通常総会と特別講演/研究発表会を開催

マテリアルライフ学会は,9月25〜26日,金沢工業大学多目的ホールで,第15回
通常総会と第14回特別講演/研究発表会を開催する。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/mls/2003nenzi.pdf

■経済産業省自動車課
自動車リサイクル法全国説明会(第2回)を開催

昨年7月に成立した「使用済自動車の再資源化等に関する法律(自動車リサイ
クル法)」については、現在本格施行(平成17年1月1日)に向けて準備が
進んでいる。経済産業省自動車課では,自動車リサイクル法の概要及び今後の
スケジュールについて、本年1〜3月にかけて全国52ヶ所にて説明会を開催
したが、今般、解体業・破砕業に係る許可基準の内容、リサイクル料金の負担
の方法や電子マニフェスト(使用済自動車の移動報告)制度の骨格を含め、経
済産業省・環境省主催の全国説明会(第2回)を全国51カ所にて開催する。
開催期間:9月1日(月)〜10月9日(木)
問合せ先:経済産業省自動車課 佐久間氏
TEL:03−3501−1690
Mail:sakuma-yasuhiro@meti.go.jp

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No. 64☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2003. 8.25☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■総務省人口調査
出生者数は115万1507人で過去最少

総務省は20日、2003年3月末時点の住民基本台帳に基づく人口調査の結果を発表
した。総人口は1億2668万8364人となり、前年同期比では20万9692人増えた。た
だ、人口増加率はわずかに0.17%の増で4年連続で0.2%を割った。国立社会保
障・人口問題研究所は、2000年の国勢調査に基づき「総人口は2006年がピーク」
と推計している。

2003年3月までの1年間でみると、出生者数は115万1507人で過去最少を更新。死
亡者数が過去最高の100万7966人だったため、出生者数から死亡者数を差し引い
た自然増加数も14万3541人で過去最少となった。3月末時点の年代別人口構成で
は、15歳未満の年少人口が全体の14.17%(前年同期比0.16ポイント減)、労働
力の主な担い手となる生産年齢人口が67.0%(同0.42ポイント減)、65歳以上
の老年人口は18.82%(同0.57ポイント増)だった。

1994年に年代別調査を始めて以降、老年人口の割合が毎年増え続ける一方で、
年少人口や生産年齢人口の割合は減り続けており、少子高齢化の傾向は一層、
拍車がかかっている。
http://www.soumu.go.jp/
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/tsuki/index.htm

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■トヨタ系内装部品メーカー3社
04年の経営統合をめざす

トヨタ系内装部品メーカー,豊田紡織,アラコ,タカニチの3社は,04年の経営
統合をめざし交渉に入った。豊田紡織が存続会社となり,アラコとタカニチを
吸収合併する案が有力で,早ければ年内にも基本合意する見通し。今後,グロー
バル競争を勝ち抜くために,連合を組む必要があると判断した。
(日刊工業 8/20)
http://www.toyoda-boshoku.co.jp/japan/index00.html
http://www.araco.co.jp/
http://www.takanichi.co.jp/

■三菱化学MKV・三井化学プラテック
農業資材事業の合弁会社を設立

三菱化学MKVと三井化学プラテックは、両社の保有する農業資材事業につい
て統合し、2004年4月新たに合弁会社を設立することに基本的に合意した。
新会社は、両社の技術を結集して、需要の減少が見込まれる農ビについては、
徹底したコストダウンを図り、伸長が見込まれる農PO(農業用特殊ポリオレ
フィンフィルム)については、三菱化学MKVが7月に稼動した新鋭設備を使っ
ての本格的な事業展開をとり進め、更に両社のその他商品をラインアップする
ことにより、より効率的・効果的な事業の展開を図る。
http://www.m-kagaku.co.jp/index.htm
http://www.mitsui-chem.co.jp/

■日本特殊塗料
自動車防音材などで中国展開強化

日本特殊塗料は,社内に新設した「中国ビジネス室」を軸に,自動車防音材や
制振材の現地生産に向けたFS(事業化調査)を進めており,具体的な生産展開
が視野に入ってきた。協業関係を締結しているスイス・リエタ社と共同で広州
周辺へ合弁会社を設立する方向にある。(化学工業日報 8/21)
http://www.nttoryo.co.jp/

■三乗工業
自動車内装材のリサイクル設備を増強

三乗工業は,自動車内装材のリサイクル設備を増設,10月から本格稼働する。
主力納入先である三菱自動車工業向けが順調なのに加え,他社からの受注が増
えていることが背景にある。
http://npy.web-tab.com/green/p16.html
http://www.okakogi.go.jp/Official/function/fruit/yuuki2/yuuki2.htm

■産総研
古紙を利用した耐水耐熱防炎防汚性建具を開発

独立行政法人・産業技術総合研究所(産総研)のセラミックス研究部門環境材
料化学研究グループと東海電子熱錬,弁天堂は共同で、古紙を利用した耐水耐
熱防炎防汚性建具を開発した。

段ボールなどの古紙を材料とした建具(襖や屏風、衝立など)に透明セラミッ
クスコーティング液を染み込ませて透明セラミックスをコーティングした後、
その表面に超親水性の透明セラミックスコーティングを施したもので、襖業界
の念願であった「破れず汚れず水に強く難燃性を有する襖を」という夢を実現
したものである。さらに超親水性の透明セラミックスに光触媒を添加して用い
ることで防汚性や脱臭性、室内環境浄化性などの優れた機能を持たせることが
できる。
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2003/pr20030819/pr2003081
9.html

■クラレ
機能素材で介護用品

クラレは,消臭繊維など機能素材の用途拡大に乗り出す。これまで衣料品メー
カーに供給していたが,独自ブランドの最終商品を開発,まず介護用品の販売
を始めた。機能の高さへの認知を広げることで,素材の拡販に結びつける考え。
(日経産業 8/20)
http://www.kuraray.co.jp/

■ユニ・チャーム
尿漏れ商品の市場を開拓

ユニ・チャームは,女性向け軽度尿失禁関連商品を新たな事業の柱に据える。
今秋の新商品投入に合わせ陳列方法を生理用品と同位置に変更,購入者の心理
的な抵抗を和らげる。ホームページに「尿もれケアナビ」も開設した。主力の
ベビー用紙おむつや生理用品は国内市場の拡大が見込みにくいため,新市場を
開拓する。(日経流通 8/19)
http://www.unicharm.co.jp/
http://www.nyoucare.jp/

■ユニ・チャーム
アジア市場のトップ狙う

ユニ・チャームはアジアで生理用品,ベビー用紙おむつなどのカテゴリーごと
に各国でトップシェアをとる戦略を本格化する。中国,タイ,インドネシアを
はじめとして主要な地域に生産,営業拠点を構築し,カテゴリーの強化を進め
る。(日刊工業 8/22)
http://www.unicharm.co.jp/

■花王
健康関連商品の専門研究施設を建設

花王は,健康関連商品に的を絞った研究施設を都内に建設する。投資額は26 億
円で,2004年3月の稼働予定。同社は食用油や茶飲料など健康維持機能を強調し
た商品で相次ぎヒットを飛ばしており,健康関連分野の研究開発体制を一段と
強化する。(日経 8/24)
http://www.kao.co.jp/

■日産自動車
消臭内装材の採用を拡大

日産自動車は,消臭効果のある自動車用内装材の採用を拡大する。住江織物の
新素材“トリプルフレッシュ”を新型ミニバン“プレサージュ”のシートに採
用したのを皮切りに,新型車などに順次採用する。(日経産業 8/19)
http://www.nissan.co.jp/
http://www5.mediagalaxy.co.jp/suminoe/index.htm

■日産自動車
「2003年3月期 環境・社会報告書」を発行

日産自動車は、同社の2002年度における環境への取り組み及び社会とのかかわ
りについての実績をまとめた「2003年3月期環境・社会報告書」を発行した。報
告対象は昨年度に引き続き、海外拠点を含む主要な連結子会社とし、GRI*1が
提唱する持続可能性報告を目指した報告書としている。

2002年度は2002年1月に発表した中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログ
ラム2005」に基づき活動を推進した。2003年1月には、日産が国内で販売するガ
ソリン乗用車について、その80%以上が超-低排出ガス車(U-LEV)となり、計
画を2ヶ月前倒しで達成した。

*1 Global Reporting Initiative:企業全体レベルの持続可能性報告書に関し
て全世界で適用可能なガイドライン立案を目指し、世界各地の企業、NGO、公認
会計士団体、大学、コンサルタント等が参加している。
http://www.nissan-global.com/JP/STORY/0,1299,SI9-CH179-LO4-TI877-CI663
-IFY-MC109,00.html

■住江織物
消臭剤の用途拡大

住江織物は,消臭剤“トリプルフレッシュ”の販売強化と用途拡大を進める。
欧州に続き,米国への輸出もスタートさせ,販売量と展開エリアの拡大を図る。
用途拡大の第一段として自動車内装材用途へ投入した。(日刊工業 8/21)
http://www5.mediagalaxy.co.jp/suminoe/index.htm

■帝人
海外で繊維新素材を開発

帝人は海外にある生産拠点で繊維の新素材開発に乗り出す。第一弾としてタイ
のポリエステル長繊維合弁会社がスーツ・ジャケットなどに使う独自素材を製
品化,衣料品を欧米で販売する。(日経産業 8/22)
http://www.teijin.co.jp/japanese/flash.html

■オーミケンシ
不織布に光触媒

オーミケンシは不織布事業で,光触媒繊維を使った商品など高機能タイプの品
揃えを拡大する。従来はレーヨン繊維の不織布をおむつ向け中心に販売してい
たが,高機能化でフィルター分野など新用途を広げる。(日経産業 8/25)
http://www.omikenshi.co.jp/
http://www.omikenshi.co.jp/other/develop.html

■東邦テナックス
アクリル系耐火繊維を倍増へ

東邦テナックスは,アクリル系耐火繊維の生産設備を2004年度をめどに2倍に増
設する。車両用断熱材や溶接の火花受けシートといった従来の用途に加え,電
池電極材料などに新規用途が拡大しているため増産に踏み切る。
(日本工業 8/19)
http://www.tohotenax.com/tenax/jp/index.html

■高島屋
紳士服をリサイクル回収

高島屋は,百貨店業界で初めて独自に紳士服のリサイクル回収に乗り出す。ま
ず東京店が,不要になったスーツ,ジャケット,スラックスを無料で回収し,
提携業者に提供。加工処理後に自動車の断熱材などに再利用する。
(日経 8/30)
http://www.takashimaya.co.jp/

■JFE環境
ペット再資源化工場を完成

JFEスチールの子会社,JFE環境が川崎市に建設していたペットボトル再資源化
工場が26日に完成する。年間5,500tをリサイクルし,繊維材料などに加工する。
(日経産業 8/20)
http://www.jfe-kankyo.co.jp/

■ナカヒロ
制菌効果をもたせた食品加工業向け作業服を発売

ナカヒロは,制菌効果をもたせた食品加工業向け作業服を本格販売する。東レ
が開発した特殊素材“マックスペック”を使用。合成繊維のポリマー中に細菌
の増殖を抑える成分を配合し,高い制菌効果をもたせた。(日刊工業 8/20)
http://www.mydome.or.jp/ibo/dyr/nakahiro.html
http://www.toray.co.jp/news/fiber/nr980826.html

■ワコール
中国・大連に新たな生産拠点を設立

ワコールは、中国での同社製品の売上拡大と生産の海外シフト進展に対応する
ために、中国・大連に新たな生産拠点「大連ワコール時装有限公司」を設立し
た。中国国内での販売用及び日本への輸出用製品を生産する。
http://www.wacoal.co.jp/company/newsrelease_n/index.html

■マルコ
オーダーメードの女性用下着で攻勢

マルコは,女性用オーダーメード肌着の販売を強化する。ブラジャーに必要な
パーツを購入者の体形に合わせて採寸できる“ハイブリッドメジャー”システ
ムを拡大する。(日刊工業 8/25)
http://www.maruko.com/

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■欧州
不安定な原油供給を反映してポリプロピレン価格が低下

■キンバリー‐クラーク社(米国)
売上低迷、原材料・エネルギーコストの増加により、第2四半期の営業利益が
前年同期比3%低下して6億690万ドルに

■プロビデンシア社(米国)
米国でのサニタリー事業を拡大

■トレデガー社(米国)
第2四半期のフィルム製品部門の売上、利益がすべて低下。営業利益が前年同期
比46%低下して1,010万ドルに

■DSGインターナショナル社(北米)
北米の紙おむつメーカー、アソシエーテッド・ハイジーニック・プロダクツ社
を所有するDSGインターナショナル社は2002年売上2億2,780万ドルのうち1,720
万ドルの収益を計上

■パンテックス・グループ(欧州)
水流絡合ラインを売却し、スパンレース事業から撤退

■スオミネン社(フィンランド)
2003年前期の不織布部門の売上、収益ともに減少して、2003年全体の売上が10
%低下予想

■フェーラー社(オーストリア)
ニードルパンチ機械メーカーのフェーラー社は米国、アジア、欧州の10企業に
複数の設備を販売

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ユニチャーム
“クックアップ”を改良新発売

ユニ・チャームは、キッチンで使用する使い捨てシート“クックアップ”を、
キッチンペーパーとしてはもちろんふきんとしても使えて、濡らしても破れず
便利で経済的な“クックアップ キッチンクロス”として、改良新発売する。

油きり、水きりといった従来のキッチンペーパーの用途はもちろんのこと、「濡
らして、絞れて、破れない」ので、その日1日のふきんとしても使用できる新
しいキッチンクロス。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■ユニ・チャーム
“ソフィ Colorライナー”に大パック新発売

ユニ・チャームは9月2日,“ソフィ Colorライナー40枚入り”を新発売する。
これまでの20枚に加え大パックを追加した。ここ数年,パンティライナー市場
は年々拡大している。毎日使用する女性が増えてきたことなどが背景にある。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■ユニ・チャーム
夜の伝いモレを解決する生理用ショーツを新発売

ユニ・チャームは9月2日、生理用夜用ショーツ“ソフィ ナイトフィット”を新
発売する。経血の夜の伝いモレの原因を根本から考えた、どんな格好でもモレ
を気にせず、熟睡できる夜用ショーツ。

Tバックと人気のボクサーショツを合体した革新的形状が伝いモレを徹底ガード
する。Tバック部分は引き締め効果の高い生地で、お尻の谷間にナプキンをぴっ
たりフィットさせ、ボクサー部分がソフトで通気性に優れた生地で全体にやさ
しくフィットし、安心。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■P&G
高性能タイプの尿とりパッドのラインアップを強化

P&Gでは、大人用紙おむつブランド“アテント”から、高性能タイプの尿と
りパッドの新製品、昼・長時間用“長時間おまかせパッド”、ならびに、改良
品、夜・長時間用“おしりすっぽりパッド”を9月下旬より全国にて発売する。

現在、大人用紙おむつは、経済性などの理由から、テープタイプやパンツタイ
プの紙おむつと尿とりパッドを組み合わせた「重ね使い」をすることが一般的
となっており、尿とりパッドの使用率が非常に高くなっている。その中でも長
時間用や夜用といった高機能タイプの尿とりパッドに対するニーズが高く、今
回、“アテント”から新たにモレ防止効果・逆戻り防止効果に優れた2種類の
高性能タイプの尿とりパッドを発売し、ラインナップを強化、介護者・要介護
者のニーズに対応する。
http://jp.pg.com/news/2003_02/200308/20030820p01.htm

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■China Paper/China Forest 2003
11月5〜7日,北京で開催

中国の紙パルプ産業と森林資源に関する展示会「China Paper/China Forest
2003」が11月5〜7日,北京の中国国際展示センターで開催される。同展には,
不織布原反や製品,関連の機械機器も出展される予定。
http://www.ejkrause.com/chinapaper/

■第37回東京モーターショー2003(乗用車・二輪車)
10月24日〜 11月 5日に,幕張メッセで開催

第37回「東京モーターショー2003」(乗用車・二輪車)が10月24日〜 11月5
日に,幕張メッセ(日本コンベンションセンター)で開催される。
http://www.motorshow.or.jp/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━