━━☆No. 74☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2003. 11.4☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事
6.お知らせ

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■03年の世界の携帯電話の販売台数
対前年比で10〜15%増、4億5千万台突破へ

世界の携帯電話の販売台数が今年、前年比で10〜15%増の4億5千万〜4億6千万
に達する見通しとなった。3年ぶりの2ケタ増で台数では過去最高。インターネッ
ト接続やカメラ内蔵など高機能商品への買替えが欧米でも進み始め、部品産業
を含めたIT景気の回復を牽引し始めた。

世界の携帯電話機市場は先進国市場が飽和状態に近づき、01年は6%減、02年は
7%増に留まっていたが、今年後半に入り需要が一段と拡大し始めた。最近の
成長回復は、日本を追う形で欧米市場でもカラー液晶画面、カメラ付き、ネッ
ト接続などの機能を備えた新製品が本格的な買替え需要を促し始めたことが大
きい。

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■帝人ファイバー
ナノテク活用の高フィブリルポリエステル素材を開発

帝人ファイバーはこのたび、ナノテクノロジーを活用した新規開発の易フィブ
リル性ポリマーを用い、特殊製糸技術、および特殊高次加工技術により、従来
品に比べよりフィブリル感の強く、繊細でウォーム感を有したポリエステルフィ
ブリル素材“ナーブ(R)(NARVE(R))”を開発した。シャツ・ブラウス用
途の薄地織編物から、スーツ、ジャケット、コートの厚地織編物まで対応でき
るよう2タイプの糸種があり、紳士・婦人、フェミニン・カジュアルなど、用
途を問わず幅広く展開出来る大型素材。同社独自のフィブリル素材群の最高級
素材として、「2004-5年秋冬 帝人ファイバー素材総合展」新素材コーナーに
出展するとともに、2004−5年秋冬から各種用途で本格展開する。
http://www.teijin.co.jp/japanese/news/2003/jbd031030.html

■富士紡績
「着る化粧品」を発売

富士紡績は、最先端の加工技術・テキスタイル技術・紡績技術の融合により、
繊維に化粧品の働きをプラスした“着る化粧品〜COSMEPLUS”と“着る化粧品〜
SUHADAKARA”を発売した。“着る化粧品〜COSMEPLUSは、衣類を通じ、素肌その
ものはもちろん、肌・心・ボディをトータルに考えた美と健康づくりを提案で
きる新しい素材ユニット。

また、“着る化粧品〜SUHADAKARA”は、着ることできれいに、ヘルシーになれ
る、「美と健康時代」の新しい繊維。衣類を通じ、素肌そのものはもちろん、
肌・心・ボディをトータルに考えた美と健康づくりを提案できる新しい素材ユ
ニット。
http://www.fujibo.co.jp/jp/news/030807/index.html
http://www.fujibo.co.jp/jp/seihin/wearable_cosme/cosmeplus.html
http://www.fujibo.co.jp/jp/seihin/wearable_cosme/suhadakara.html

■川島織物
米中で自動車用生地の生産を拡大

川島織物は、米国と中国で自動車用シート生地の生産を拡大する。11月から中
国上海市で、生地の縫製加工を始める。米国では04年春から生地の生産を開始
する。コスト削減や自動車メーカーの現地生産拡大に対応していく。
(日経 11/3)
http://www.kawashima.co.jp/

■萩原工業
産業資材向け繊維を開発

萩原工業は、建設シートなどの産業資材向けに、従来の半分程度のコストで製
造でき、製造工程で溶剤を使用しないため環境負荷も小さい繊維を開発した。
特殊な延伸技術によって強度を高めた。(日経 11/3)
http://www.hagihara.co.jp/

■鹿島
低コストかつ短工期で電磁シールドオフィスを実現する工法を開発

鹿島と凸版印刷は共同で、IT化時代のオフィスにおける電磁障害を低減できる
低コストかつ短工期な電磁シールド工法を開発した。同工法では、オフィスの
壁面に新開発の壁紙を貼るだけで、電磁遮へい効果を持たせることが可能とな
る。この壁紙により施工された壁面はシールド性能30dB(dB=デシベル、シー
ルド性能30dB=電波の電力強さを1000分の1に減衰すること)以上を確保する
ことができる。
http://www.kajima.co.jp/news/press/200310/27a1fo-j.htm

■池上機械
バナナの茎を繊維素材にリサイクル
中小企業テクノフェアに出展

池上機械は、東京都立産業技術研究所と共同で、バナナの茎を繊維素材にリサ
イクル小型再資源化装置を開発した。乾燥させた茎から薄いシート状に繊維を
剥ぎ取る切削機のローラー幅を、試作機段階の2mから30cmに縮小。量産化に対
応すると同時に機動性も高めた。(日本工業 11/4)

また同社では、10月29日〜31日の3日間、東京ビッグサイトで開かれた「中小企
業テクノフェア2003」に出展。天然エコ繊維とリサイクルをテーマに、同社の
不織布・繊維加工機械と、それらを用いてつくられた各種製品サンプルを展示
紹介した。
http://www.ikegamikikai.jp/

■東洋油圧工業
畳リサイクル装置を開発

東洋油圧工業は、畳リサイクル装置を発売した。畳表と中の基材を分別せずに
すべて一括して粉砕、木質ボードに加工する。ボードは畳の基材として使用で
きるため、畳原料メーカーや製造メーカーに販売する。(日刊工業 10/28)
http://www2.starcat.ne.jp/~toyopres/

■三井金属
介護マットを開発

三井金属は、天然鉱物で多孔質材料のゼオライトを利用して介護用ベッド消臭
・除湿マットを開発した。ゼオライトを直径0.5mm以下の微粒子に加工。これを
ナイロン製の多孔質フィルムで挟み込み、マットに仕上げた。年内に本格発売
する。(日経産業 10/29)
http://www.mitsui-kinzoku.co.jp/

■ウッドブリッジ
ガラス繊維を使わないヘッドライナー開発

カナダの自動車部品メーカー、ウッドブリッジは、自動車内装材に使われるヘッ
ドライナーでガラス繊維を使わない新技術を開発、環境に優しい新製品シリー
ズ“スタラタ・ゼロG”(商品名)として来年から販売を開始する。
(化学工業日報 11/4)
http://www.woodbridgegroup.com/index.html

■日本電池・関西電力
新型二次電池を開発

日本電池と関西電力は共同で、現在のリチウムイオン電池と比べ容量が1.8倍で
製造コストが約5分の1の新型二次電池を開発した。発進時に大量に電気を使う
ハイブリッド自動車など向けに2、3年以内に実用化する。(日経 4/3)
http://www.nippondenchi.co.jp/
http://www.kepco.co.jp/

■クラレ
上海に現地法人を設立へ

クラレは中国進出を本格化する。来年3月をメドに上海市にマーケティング拠点
となる現地法人を設立する。需要拡大が見込まれるガス遮断性樹脂やアクリル
樹脂、人工皮革などの製造・販売に取り組む。(日経 11/1)
http://www.kuraray.co.jp/

■ユニ・チャームペットケア
第43回「消費者のためになった広告コンクール」銅賞を受賞

ユニ・チャームペットケアでは、ペット用紙おむつのテレビ広告で、第43回「消
費者のためになった広告コンクール」銅賞を受賞した。この広告は、実際のオー
ナーとその愛犬(本当の失禁犬)をモデルに、高齢により介護が必要になった
犬に対する紙おむつの便利さを啓蒙した内容。
http://www.uc-petcare.co.jp/
http://www.jaa.or.jp/img/tv.gif

■ユニ・チャーム
9月中間の経常利益が前年同期比21%増

ユニ・チャームの03年9月中間は、紙おむつなどの主力製品が好調で売上高、営
業利益、経常利益とも過去最高となった。売上高は前年同期比6.8%増の1,162
億円、営業利益は同19.5%増の151億円、経常利益は同22.3%増157億円、中間
利益は同24.3%増の81億円だった。(日刊工業 11/3)

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■中国
SARS対策で不織布の生産が増加し少なくとも2002年比で4.6%増加

■プロクター&ギャンブル社(米国)
ウェットタイプのトイレットペーパーの販売を中止

■ダン‐ウェブフォーミング・インターナショナル社(中国)
デンマークのダン‐ウェブフォーミング社が中国の南寧喬虹新材料有限責任公
司にフラッフパルプを組み込む新不織布インラインシステムを販売

■FOR社(欧州)
イタリアのカード機器メーカー、FOR社がイスラエル、イタリア、スペインのス
パンレースメーカーにカード機器を販売

■アルバニー・インターナショナル社(フランス)
米国のアルバニー・インターナショナル社がフランスの2工場で生産をシフト
し、コフパ社とAIフランス・エンジニアド・ファブリックス社の本社を統合す
るなどのリストラ策を実施

■ヘンケル社(スイス)
ドイツの粘着剤メーカー、ヘンケル社がスイスのサニタリー用ホットメルト事
業のコラノ社を買収

■トルッツシュラー社(米国)
ドイツのカード式不織布メーカー、トルッツシュラー社が米国のワイヤークロ
スメーカー、ジョンDホリングスワース・オン・ウィール社を買収

■エンカ・テクニカ社(ドイツ)
エンカ社が欧州最大の紡績メーカー、ウェッツェル・マイクロ・プロダクツ社
を買収

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ユニ・チャーム
“マミーポコ”と“マミーポコパンツ”を改良新発売

ユニ・チャームは、ディズニーベビーキャラクターで人気のベビー用紙オムツ
“マミーポコシリーズ”を機能性・デザイン性をアップしてパッケージも新た
に、2003年10月下旬より全国で順次発売する。また、“マミーポコパンツ”は、
全面にカラフルなデザインを採用し、おしり側のベビーミッキーと仲間達のワ
ンポイントデザインも新しくし、かわいいパンツとして改良新発売する。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■アキレス
ペット用簡易毛取り掃除スポンジ“毛取り上〜手”

アキレスの新規プロジェクトチーム「21AXP」では、衣服や車のシートについた
ペットの抜け毛を簡単に掃除できる、“毛取り上〜手”を新発売した。コンパ
クトな手の平サイズで、使い易さと携行性を重視。小さくても手軽で簡単にペッ
トの抜け毛を掃除できる、利便性を高めたペット用品。軟質の特殊無膜ウレタン
を採用した。
http://www.achilles.jp/news/ketori.html

■エステー化学
肩に張る使い捨てカイロ

エステー化学は、肩に直接張る使い捨てカイロ“肩もみオンパックス”を発売
する。肩凝りに悩む部分に直接張ることで、筋肉などを温め、血行を促進する。
(日経流通 10/30)
http://www.st-c.co.jp/

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■HOSPEX JAPAN 2003
11月12〜13日、東京ビッグサイトで開催

HOSPEX JAPAN 2003/第32回「日本医療福祉設備学会」(主催:日本医療福祉設
備協会)が“患者中心・利用者本位の施設・設備を目指して”をメインテーマ
に11月12〜13日、東京ビッグサイトで開催される。
http://www.jma.or.jp/HOSPEX/ja/

■SAMPE JAPAN 2003
11月19〜21日、東京ビッグサイトで開催

SAMPE JAPAN 2003/第8回「SAMPE先端材料技術国際会議(シンポジウム・展示
会)」が、“新材料・新機能・新展開”をテーマに、以下の日程で東京ビッグ
サイトで開催される。
展示会:11月19〜21日
シンポジウム:11月18〜21日
http://www.nikkan.co.jp/eve/sampe03/

┏☆お知らせ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■本誌「Nonwovens Review」vol.14 No.3が発刊となりました。主な内容は次の
通りです。

●特集1/新たな機能・用途を開拓する不織布製品
〈インタビュー〉
・「不織布の製品開発は3次元をめざす」日本不織布協会 関西支部長・日向明氏
・「今後は提案型による営業展開も」日本バイリーン(株)メディコン資材本
部第二営業部 東京第二営業担当課長・漆原秀哉氏
・オーミケンシ「自然の恵みを最大限に利用した光触媒レーヨン繊維“サンダ
イヤ”」
・「最適なスペックづくりに苦心」日清紡績(株)繊維事業本部 第二部門産業
資材部 オイコス課長・源敏明氏
・「PETスパンボンドの高付加価値化を実現」東洋紡績(株)SB事業部・桑島徹
也氏
・「機能性を追及した商品で差別化を図る」王子キノクロス(株)専務取締役
社長補佐 生産本部長 兼 開発本部長・鮫島忠典氏
・「機能性素材の不織布への展開を模索」東邦テナックス(株)化成品営業本部
インダストリー販売課長・溝端聖氏
・「開発は結局スピードに尽きる」浪華絹綿(株)取締役環境管理責任者
兼 不織布事業部 部長・堀洋之氏
〈寄稿〉
・「オイルレス繊維“HR-KT”について」宇部日東化成_機能繊維事業部 大阪機
能繊維販売課・林茂樹
・「複合化が拓く不織布の新たな農業利用」新日石プラスト(株)営業本部産
業資材・ネットグループ販売チームリーダー・神保真

●特集2/ANEX03プレビュー
日本からは19社がジャパンパビリオンに出展
〈日本企業の出展内容やアジア戦略を中心に紹介〉
・日本バイリーン/中国市場に向けて事業活動アピール・クラレ/メルトブロー
の複合化素材を中心に紹介・王子キノクロス/顧客満足に適う商品を前面にア
ピール・倉敷繊維加工/芯地分野の「委託加工貿易」を推進・ニッポン高度紙工
業/アジア戦略はまず中国から・新日石プラスト/現地の良きパートナーを求め
て・呉羽テック/将来はジョイントベンチャー設立も・西川ローズ/ファイバー
マットレスを紹介・帝人ファイバー/差別化した不織布用原綿を提案・住友精化
/衛材および工業用の吸水性樹脂を展示・瑞光/新開発のナプキン加工機を紹介
・オルガン針/中国進出の日系企業の現地調達から・サンダイヤポリマー/“サ
ンウエットIM-930”が中心・化繊ノズル製作所/メルトブロー紡糸ヘッドに期待
・コンファレンス/市場から技術まで15の講演を開催
・会場図1・2階 ・List of Exhibitors(出展社リスト)

●日本繊維機械学会・不織布研究会
“抗菌・消臭不織布”を主テーマに第14回「研究交流会」を開催
〈講演の概要を紹介〉

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━☆No. 75☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2003.11.10☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.製品開発
4.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本包装技術協会
暮らしの包装商品展が盛況

日本包装技術協会主催、経済省が後援する「暮らしの包装商品展2003」が3日
間の会期を終え盛況裡に幕を閉じた。よりよい包装の普及を目指し、さまざま
な社会ニーズに適応した包装商品の展示を通じて、包装の果たす役割について
包装関係者と消費者がともに考え、情報を交換し、互いの理解を深める場とし
て開催されたもの。また会期中に、別会場で「2003パッケージングフォーラム」
が開催され、今年度の日本パッケージングコンテストにおいて上位入賞を果た
した3作品の開発事例が受賞各社から説明・紹介された。

暮らしの包装商品展の出展社は21社で、飲食品関連、日用雑貨関連、消費者団
体、機械メーカー、印刷会社などの各界から出展があり、紙パからは王子製紙
が出展した。王子製紙はグループ20社による幅広い末端商品のPRを主眼とし、
商品カテゴリー別に展示した。同社は「森のリサイクル」と「紙のリサイクル」
を両輪とする資源循環型企業として活動を展開しており、今回の出品はその活
動のほんの一部だが、一堂に展示された種々多様な商品群を見ると、同社グルー
プの活動の幅広さといったものが実感できる。

また大日本印刷は、03日本パッケージングコンテスト受賞作品を実際に展示し、
技術的な工夫をパネルで紹介するコーナーと、同社の包装設計指針である「USE
・FULL」に対応したユニバーサルデザインと環境に配慮した商品を展示した。
凸版印刷は、「安全・安心」を前提に、環境配慮と高機能を融合したパッケー
ジ開発を進めており、今回の展示では紙缶など特に環境配慮型のパッケージと
ユニバーサルデザインの事例を紹介した。
http://www.jpi.or.jp/kurashi/housouten/2003_shouhinten.htm

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■福井県工業技術センター
「開繊技術」で新材料開発

福井県工業技術センターは、繊維束を精密な空気の流れを利用して薄いシート
状に広げる開繊技術の産業分野への応用を研究する「開繊技術事業化研究会」
をサカイオーベックスなど福井県内企業10社で発足した。炭素繊維やガラス繊
維など高強度の糸とプラスチックなどを複合し、軽くて高強度の新材料を開発
するのが狙い。(日刊工業 11/6)
http://www.fklab.fukui.fukui.jp/kougi/

■ビジネスネットワーク機構
竹繊維で商品開発

異業種交流組織のビジネスネットワーク機構(BIN)は,竹繊維の実用化支援に
乗り出す。竹繊維を使った布団を開発した竹資源開発事務所と組んで,まず中
部地区で竹布団の販売を始める。会員企業に関連技術を紹介して,竹繊維がも
つ強度や殺菌力を活かした製品の用途開発もめざす。(日刊工業 11/10)
http://www.binnet.co.jp/

■三菱レイヨン
従来より太さ1/3のたばこフィルター用繊維を開発

三菱レイヨンは,従来に比べて太さが1/3のたばこフィルター用繊維を開発し
た。フィルター内部の表面積が大きくなり,タールなどの刺激性成分のろ過機
能を高められる。低タールに対応したフィルターとして内外のたばこメーカー
に採用を働きかける。(日本工業 11/5)
http://www.mrc.co.jp/

■旭化成
超軽量ポリエステル生地を開発

旭化成は住金物産の寝具子会社,エスビーリビングと共同で,羽毛布団の重さ
を半分にできる超軽量のポリエステル生地を開発した。従来の綿生地に比べ重
量は約1/3で,生地の重さで羽毛が圧縮されないため,羽毛の量も減らせる。
(日経 11/8)
http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/index.html

■東洋インキ
植物油塗布の不織布がSARSウイルスなど不活化

東洋インキ製造がベンチャー企業の鳳凰堂と共同開発した植物抽出エキスを塗
布した不織布を用い、SARSウイルスやインフルエンザウイルスを不活性化する
実験を行ったところ、未処理品に比べ有意差が生じることを確認した。
(化学工業日報 11/7)         
http://www.toyoink.co.jp/

■帝人ネステックス
花粉防ぐ網戸ネットを開発

帝人子会社の帝人ネステックスは、花粉粒子の浸入を80〜90%阻止できるポリ
エステル製の網戸用ネット“クロスキャビン”を開発した。網目の大きさは従
来に比べ100分の1で、通気性は約3割低下するが、花粉を防ぐ効果は約10倍高ま
る。(日経産業 11/16)
http://www.teijin.co.jp/japanese/news/2003/jbd031105.html

■シナネンゼオミック
SARSを不活性化する壁用抗菌剤を拡販

シナネンの全額出資子会社,シナネンゼオミックは,壁に塗るなどして使う粉
状の抗菌剤を拡販する。中国の研究機関がこのほど,同社製抗菌剤が新型肺炎
SARSウイルスを不活性化する効果をもつとする調査をまとめた。
http://www.zeomic.co.jp/

■フジックス
中国・上海の子会社により糸工程を移管

大手縫い糸メーカーのフジックスは,11月中旬をメドに中国・上海の子会社に
増資する。より糸工程の大部分を中国に移管するため,現地での設備資金に充
てる。(日経産業 11/5)
http://www.fjx.co.jp/indexj.html

■リンテック
中国・蘇州で粘着フィルム生産

日本製紙系で粘着フィルム大手のリンテックは今年度内をメドに中国・江蘇州
蘇州市で,自動車部品などに張る粘着フィルムや合成皮革などの生産に乗り出
す。上海市には半導体などに使うフィルム製品の販売拠点を新設する。
(日経産業 11/10)
http://www.lintec.co.jp/

■日立製作所・豊田通商
トヨタから生分解性プラ製造プラント受注

日立製作所と豊田通商は,トヨタ自動車から生分解性プラスチックの製造プラ
ントを共同受注した。サトウキビ由来の乳酸をプラスチックにする装置で,国
内で初めてのプラントになる。(日経産業 11/10)
http://www.hitachi.co.jp/
http://www.toyotsu.co.jp/

■ナガイレーベン
高齢者に配慮した色の介護服を発売

白衣大手のナガイレーベンは、ホームヘルパー向けの介護服事業を強化する。
高齢者に特有の視覚を考慮して採用した色合いの製品を順次発売する。高齢者
の精神状態に色合いが影響を与える点を配慮した。(日経産業 11/6)
http://www.nagaileben.co.jp/

■大成建設
沿道フィルターで大気を浄化

大成建設は、土の中に生息する微生物の働きで、車の排ガスなどで汚れた都市
の大気を浄化する技術を開発した。交通量の多い交差点や道路沿いに土を入れ
たフィルターを設置。汚れた大気を採取してフィルターに通し、窒素酸化物
(NOx)と粒子状物質(PM)を90%以上除去する。(日経産業)
http://www.taisei.co.jp/

■産業技術総合研究所・千代田メインテナンス
放射性物質防護服システムを開発

産業技術総合研究所スマートストラクチャー研究センターは、千代田メインテ
ナンスと共同で、産総研の研究成果である、形状記憶合金を金属やプラスチッ
ク等の弾性体と複合化した可逆的形状変化スマートストラクチャーを着脱機構
部に用いて、放射性二次廃棄物の生じない放射性物質防護服システムを開発し
た。

従来の作業においては、汚染を放射性物質汚染環境より外部に出さないように
するために、放射性物質防護服(エアラインスーツ)の上に薄手の汚染コント
ロール用衣服を重ね着していた。この汚染コントロール用衣服は作業の度に使
い捨てにされるため、放射性二次廃棄物が大量に発生するという問題点があっ
た。また、作業エリアへの入退室時には、付属室にて補助員の手を借りて放射
性物質防護服を着脱装する作業を複数段階経る必要があり、作業効率の低下を
招いていた。
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2003/pr20031106/pr20031106.html
http://cmaint.co.jp/www/

■帝人
タイに高機能繊維開発の拠点

帝人は衣料用の高機能繊維事業を強化するためタイの現地法人に新たな開発拠
点を設けた。生産部門はタイとインドネシアに拠点をもつが,今後は国内に比
べ安い人件費を活かしながら,開発スピードを上げる狙い。(日経 1/8)
http://www.teijin.co.jp/japanese/flash.html

■東レ/9月中間連結決算
営業利益が倍増

東レの03年9月中間連結決算は,営業利益が前年同期比96%増の247億円となっ
た。赤字が続いていた東レ単体の繊維事業が大幅な営業黒字に転じたほか,欧
米のフィルム子会社および液晶カラーフィルター事業の収益改善,炭素繊維・
複合材事業の収益増が利益を押し上げた。
http://www.toray.co.jp/ir/finance/pdf/fin_a034.pdf

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ライオン
ウェットタイプのフィルターを発売

ライオンは、花粉をのがさず破壊し、吸着・不活性化するウェットタイプの高
機能フィルター“花粉破壊 ウェットフィルター”を12月15日から全国で
新発売する。また、専用うす型立体マスクのセット“花粉破壊 マスク&ウェッ
トフィルター”も併せて発売する。同社は、泥の成分「スメクタイト」が、「ス
ギ花粉アレルゲン」を吸着し、不活性化する高い効果があり、一度吸着したア
レルゲンを再遊離させないことを確認しており、同技術を応用し、花粉を捕捉
・不活性化するウェットタイプの高機能フィルターを開発・商品化した。
http://www.lion.co.jp/press/page/2003106.htm

■日本光電
感染症対策の防護服キット3タイプを発売

日本光電は、SARS等の感染症あるいは感染症が疑われる患者の来院に備え、医
療従事者の感染リスクを低減させるためのディスポキット3タイプを発売した。
診療所での感染対策に使用する感染対策キット“ZK-300”(オールインワンタ
イプ)、同簡易タイプ“ZK-400”、感染症患者搬送用防護服キット“ZK-100”の
3タイプ。
http://www.nihonkohden.co.jp/products/resp_resus/04_infect/zk300.html
http://www.nihonkohden.co.jp/products/resp_resus/04_infect/zk400.html
http://www.nihonkohden.co.jp/products/emergency/01/zk100.html

■コーセーコスメニエンス
まぶた部分が開閉自由全顔用シート状パック発売

コーセーコスメニエンスは、11月16日より、乾燥しやすい目のまわりまで
保湿するために、まぶた部分をふさぐことができる、まぶた部分付シート状パッ
ク“潤肌精スーパーモイスチュアマスク”(5枚入り1,200円)を発売す
る。コットン素材のシートに美容液と乳液を浸したパックで、しっかりとうる
おいを与えるとともに、肌をやわらかく整える。11月28日からは、人気女
優柴咲コウを起用したTV宣伝を展開する。
http://www.kose.co.jp/

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第7回繊維総合見本市「ジャパン・クリエーション2004」
12月3〜5日,東京ビッグサイトで開催

日本の繊維関連産業が一堂に会する見本市,第7回繊維総合見本市「ジャパン
・クリエーション2004」が,12月3〜5日,東京ビッグサイトで開催される。
http://www.japancreation.com/2004/

■エコプロダクツ2003
12月11〜13日,東京ビッグサイトで開催

エコプロダクツの普及とエコビジネスの振興を目的とするわが国最大級の環境
総合展示会「エコプロダクツ2003」が,12月11〜13日,東京ビッグサイトで開
催される。
http://www.eco-pro.com/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No. 76☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2003.11.17☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■富士経済
「エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2003」を発表

総合マーケティングビジネスの富士経済は、調査報告書「エネルギー・大型二
次電池・材料の将来展望 2003」をまとめた。同調査資料では、今後、市
場拡大が期待される大型二次電池及び、燃料電池(PEFC及びSOFC)市
場展望の予測・分析を目的とし、「応用製品市場」、「二次電池・燃料電池及
びコンポーネント市場」を体系的に調査している。

同調査によると90年代に開発・商用化されたニッケル水素及びリチウムイオ
ン電池に代表される二次電池は、携帯電話やノートパソコンなどの携帯型電子
機器の普及に伴い、急速に市場を拡大させてきた。現在、このような新型二次
電池を中心に大容量化・長寿命化の研究が進められ、大型二次電池の商用化が
始まりつつある。大型二次電池の普及が想定されるマーケットは、自動車分野、
農業・建設機械分野、産業機械分野、二輪・電車などの移動体機器分野、自然
エネルギー分野と計り知れないマーケットポテンシャルを保有している。

また、90年代後半に商用化段階に達した燃料電池は、コージェネレーション、
自動車用電源、携帯電子機器用電源などの多様な市場展開が想定され、大型二
次電池と同様に多くの企業・研究団体が開発に関わっている。電力貯蔵分野と
しては、NAS電池・レドックスフロー電池などの大型電池が商用化初期段階
にあり、自家発電設備との競合、電源高品質化システムとして新たな市場が期
待されている。大型二次電池、及び燃料電池は、100年以上にわたり普及し
てきた内燃機関の代替システムとして普及が期待されている。さらに「環境保
全」、「国内産業の強化」など、技術立国として非常に大きなインパクトを持
つ市場である。
http://www.group.fuji-keizai.co.jp/press00.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■農林水産省
生分解性プラ食品容器を省内で使用

農林水産省は,バイオマスから生産するプラスチック実用化プロジェクトの一
環として,生分解性プラスチックを利用した容器の利用試験を同省の食堂など
へ導入して開始した。
http://www.maff.go.jp/
http://www.maff.go.jp/www/press/cont/20030808press_4bio.htm

■合繊大手6社/9月中間連結決算
そろって経常増益

合繊大手6社(東レ,帝人,東洋紡,クラレ,三菱レイヨン,ユニチカ)の03年
9月中間連結決算が出そろった。繊維事業を中心に経費削減が奏功し,東レやユ
ニチカなど全社が前年同期比で経常増益となった。クラレや三菱レイヨンは樹
脂,フィルムなど非繊維事業の伸びも寄与した。東洋紡は経常利益が84%増の
92億円,ユニチカは同4.2倍の38億円と大幅に改善した。
http://www.toray.co.jp/ir/finance/html/fin_a001.html
http://www.teijin.co.jp/japanese/investors/settle/fy_2003inter.html
http://www.toyobo.co.jp/annai/zaimu/kessan/2004.html
http://www.kuraray.co.jp/tansin/index.html
http://www.mrc.co.jp/ir/kessan.html
http://www.unitika.co.jp/ir/houkoku/p1.htm

■三井化学
タイでPPスパンボンドの次期増設を検討

三井化学は,PP製スパンボンドの事業拡大を加速する。今春から操業を開始し
たタイの生産拠点が,紙おむつの旺盛な需要により来年初からフル稼働となる
ことから,次期増設に向けた本格的な検討を開始する。(化学工業日報 11/17)
http://www.mitsui-chem.co.jp/

■三井化学
通気性フィルムをタイで生産

三井化学は,紙おむつのバックシートに使われる通気性フィルムをタイで事業
化する。今年3月から稼働を開始したPPスパンボンドの新工場内に,年2,000t能
力の設備を設置する計画。新ラインを導入するか,名古屋工場の既存設備の一
部を移設するか年内に決定し,05年をメドに稼働させる。
(化学工業日報 11/12)
http://www.mitsui-chem.co.jp/

■三井化学
シンガポールに樹脂改質剤工場

三井化学は11日,シンガポールで樹脂改質剤として使う高機能エラストマー工場の開所式を開いた。年産能力は10万tで,同社の日本国内の生産能力に匹敵する。
http://www.mitsui-chem.co.jp/

■旭化成せんい
弾性繊維“ロイカ”のアジア生産を加速

旭化成せんいは,弾性繊維“ロイカ”(スパンデックス)のアジア生産を加速
する。タイ製造販売会社の04年9月操業開始を機に,日本を含むアジア地域の生
産能力を年産1万7,500t体制とする。さらに5年後をメドに20〜30%の能力アッ
プをめざす。(日刊工業 11/12)
http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/news/2003/fi031021.html

■オーミケンシ
香りの出るレーヨン繊維開発

オーミケンシは,香りの出るレーヨン繊維を開発した。香り成分を直接練り込
み,ポリエステル繊維などの表面に小さなカプセルを付けた従来のタイプより
も香りを強くした。1〜2年以内に衣料品やシーツなどの寝装品向けに商品化を
めざす。(日経産業 11/11)
http://www.omikenshi.co.jp/

■クラボウ
繊維に卵殻膜の成分を付着

クラボウと伊藤忠商事は,保湿効果のある卵殻膜の成分を表面に付着させた天
然繊維を発売する。キューピーが卵殻膜原料を提供,出光テクノファインが直
径約5ミクロンに微細化,クラボウが繊維に付着加工する。(日経産業 11/14)
http://www.kurabo.co.jp/index2.html

■昭和高分子
ケナフ繊維を強化材に

昭和高分子は,木質代替資源として注目されているケナフ繊維を利用し,リサ
イクル性に優れる成形材料を開発した。バルク・モールディング・コンパウン
ド(BMC)の強化材として,ガラス繊維を代替させた。(化学工業日報 11/14)
http://www.shp.co.jp/

■クラレ
02年度のSOxとNOxの排出を大幅削減

クラレは,02年度に国内主要関係会社24社を含めたグループ全体で,大気汚染
防止法で排出濃度が既製されている硫黄酸化物(SOx)と窒素酸化物(NOx)の
排出量をそれぞれ大幅に削減することに成功した。発電用ボイラーの燃料転換
や製造工程における燃焼条件の見直しが寄与した。(日本工業 11/12)
http://www.kuraray.co.jp/

■ジラフ
植物繊維をこんにゃく成分で固めた自動車内装材向け素材開発

こんにゃく応用製品開発のジラフは,植物繊維をこんにゃく成分で固めた自動
車内装材用など向け素材を開発した。成型が容易で,繊維の長さ成分を調整し
固さや柔軟性などを変えることもできる。(日経産業 11/12)
http://www.alphatec.or.jp/~giraffe/

■テラボウ・中部化成
ガラス繊維強化ナイロン樹脂のリサイクル事業を開始

テラボウと樹脂成型加工の中部化成は共同で,自動車部品などに使うガラス繊維強化ナイロン樹脂のリサイクル事業を始めた。同樹脂は従来,再生すると強度が落ちたが,微量の添加剤を加え解決した。(日経産業 11/12d)
http://www.terabo.co.jp/

■がんばらない介護生活を考える会
排泄介助の方法を掲載した冊子を作成

介護者を支援する団体,がんばらない介護生活を考える会は,排泄介助の方法
を掲載した冊子「がんばらない介護生活のための排泄ケアチェックシート」を
作成した。紙おむつの使い方などを解説するとともに,介護者が排泄介助に対
して過度な負担を感じていないかをチェックする項目も付けた。
(日経産業 11/11)
http://www.gambaranaikaigo.com/

■内田洋行
間仕切りに光触媒

内田洋行は,表面に光触媒を塗布した間仕切りを発売する。光触媒機能をもつ
酸化チタンを塗布した三菱樹脂製の化粧鋼板“ヒシメタルM”を採用,間仕切り
に組み込んだ。(日経産業 11/13)
http://www.uchida.co.jp/

■前田工繊
東京支社を本社に格上げ

前田工繊は来年1月から東京支社を本社に格上げし福井との2本社体制にする。
開発と営業は東京,モノづくりは福井という両本社の性格を明確んいする。
(日経産業 11/12)
http://www.maedakosen.jp/ja_top.html

■紙おむつ類と生理用品のPOSシェア10月ランキング

紙おむつ類は,1位がユニ・チャームで46.1%(前月比1.1%減),2位が花王で
19.3%(同1.4%増)、3位がP&Gで18.9%(同1.9%増),4位が大王製紙で8.2% (同
0.5%減),その他が7.5%(同1.7%減)。

生理用品は,1位がユニ・チャームで39.9%(前月比1.0%減),2位が花王で27.0%
(同0.8%増),3位がP&Gで14.4%(同0.9%減),4位が大王製紙で10.8%(同1.2%
増 ),その他が7.9%(同0.1%減)。(日経流通 11/15)

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■杭州サンゴバン・ヴェトロテックス
アジア市場向けにガラス長繊維を大幅に増産

仏ガラス大手メーカーであるサンゴバングループの杭州サンゴバン・ヴェトロ
テックス(HSGV)は,アジア市場向けにガラス長繊維を大幅に増産する。今回
の増強は主に,ロービング,CS(チョップド・ストランド)マットなどプラス
チック補強材分野の拡大が目的。(化学工業日報 11/13)
http://www.saint-gobain.com/en/html/index.asp

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■エフティ資生堂
マスクタイプの空気環境衛生商品“Block It”を発売

エフティ資生堂は、屋内外の空気に含まれ、健常人に有害な微生物や化学物質
を防ぎ健康を守る、2種類のマスクタイプの空気環境衛生商品“Block(ブ
ロック) It(イット)”(2品目4品種/550円〜1,500円)を1
2月中旬からGMS、大手ドラッグストアを中心にテスト販売する。

“Block It”のマスクは、〈花粉〉を極細帯電繊維を用いたエレクト
リックフィルターで防御する。〈有害微生物〉は新規テクノロジーから生れた
「Agコロイド」により、フィルター上で細菌の細胞膜を破壊し、無害化する。
また、〈有害化学物質〉は新規開発した「ホルムフリー技術」を使い、フィル
ター上で化学反応により除去する。

“Block It”は、〈花粉〉〈有害微生物〉〈有害化学物質〉の3大有
害物質の呼吸による吸入を防ぎ、必要な時に安心して呼吸できる空気環境衛生
商品を提供するブランドとして新しい「健康」への提案を行う。
http://www.ft-shiseido.co.jp

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■インテリアトレンドショー/第22回JAPANTEX2003
「2004メゾン・エ・オブジェとは・・・」と題する講演会を開催

インテリアトレンドショー(第22回JAPANTEX2003)が11月26〜29日,東京ビッ
グサイトで開催されるが,パリの「メゾン・エ・オブジェ」を主催する組織SAFI
のエティエンヌ・コシェ専務理事が来日し,会期中の28日午後,「2004メゾン
・エ・オブジェとは・・・」と題する講演を行うことになった。
http://www.japantex.jp/

■EFAFF2003(第4回農林水産環境展)
11月25〜28日,幕張メッセで開催

EFAFF2003(第4回農林水産環境展)が“人と自然との共生を目指して”をテー
マに11月25〜28日,幕張メッセで開催される。
http://www.kankyo-news.co.jp/efaff/

■帝人ファイバー
「2004-05年秋冬 帝人ファイバー素材総合展」を開催

帝人ファイバーは、ファッション衣料用素材を中心とした「2004−05年秋冬 帝
人ファイバー素材総合展」を11月25〜27日,東京・港区北青山の「テピ
ア」で開催する。今回のテーマは、2003年6月に開催した「2004年春夏 帝
人ファイバー素材総合展」に引き続き「CORDIAL」。
http://www.teijin.co.jp/japanese/news/2003/jbd031110_2.html

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No. 77☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2003.11.25☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■経済産業省
「新産業創造戦略」を策定

経済産業省は,バイオテクノロジーや燃料電池などの6分野を「日本が世界に席
巻できる産業」と位置づけ,これらの産業が日本経済を牽引する総合戦略を策
定する。企業トップや学識者も参加,業界再編の必要性や政府の支援策などを
洗い出す。名称は「新産業創造戦略」となる予定。来年5月までに報告書をまと
め,諮問会議に提出する。6分野はバイオ,燃料電池のほか,インターネットで
遠隔操作できる情報家電,ソフトウェアなどのコンテンツ,環境機器・サービ
ス,産業用などのロボット。(日経 11/25)
http://www.meti.go.jp/

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■リチウム2次電池の03年出荷
過去最高の7.3億個に

03年のリチウムイオン2次電池の出荷が7億3,000万個と過去最高になりそうだ。
国内の携帯電話やモバイル機器などが好調なことに加え,ノートパソコンが回
復しているとともに,携帯電話向けの輸出が好調なため。今年の累計出荷は8月
までに4億8,000万個で前年同期比40%増の大幅増が続いており,過去最低だっ
た02年の5億7,000万個を大きく上回ることが確実になってきた。
(化学工業日報 11/18)
http://www.baj.or.jp/

■塩ビ工業・環境協会
塩ビのリサイクルを強化

塩ビ工業・環境協会は,塩化ビニール樹脂のリサイクル展開を強化する。ユー
ザーや高炉メーカーとの産業間連携を通じて,水道管や床材といった建材分野
での使用済み塩ビ樹脂のリサイクルを進める。(日刊工業 11/25)
http://www.vec.gr.jp/top.html

■日本バイリーン
光触媒事業に参入

日本バイリーンは光触媒事業に参入する。光触媒の原料である酸化チタンを付
着させた不織布を開発,カーテンや壁紙,エアコンのフィルター向けに商品化
する。04年秋をメドに東京工場(茨城県総和町)に年産能力500万m2の設備を導
入する。投資額は約5億円。(日経産業 11/19)
http://www.vilene.co.jp/

■呉羽テック
米国で自動車向け不織布フィルター増産

呉羽テックは,米国の拠点「TOYOBO KUREHA AMERICA」(オハイオ州)で自動車
エアクリーナーに使われる不織布フィルターを増産する。数億円を投じ,年250
万m2能力の設備を増設するもので,12月から立ち上げる。(化学工業日報 11/19)
http://www.kurehatech.co.jp/

■帝人
「ボトルtoボトル」リサイクル施設が操業

帝人グループは、使用済みPETボトルを化学的にポリエステル原料に戻し、
再びPETボトル用樹脂として再生する「ボトルtoボトル」リサイクル施設
を帝人ファイバー徳山事業所内に完成し操業を開始した。

帝人グループでは、ポリエステル繊維の生産開始から間もない1962年より、
生産工程内で発生する糸屑を原料に戻すリサイクルを続けてきたが、92年に
は「帝人地球環境憲章」を制定し、以来、持続的発展可能な循環型社会構築に
向けた取り組みとして、使用済みポリエステル製品を原料にまで戻してリサイ
クルする技術の開発を進めてきた。

その成果として、昨年4月には、使用済みPETボトルから、石油より製造し
たものと同等の高純度DMT(テレフタル酸ジメチル)を回収するプラントを
操業し、それを原料としてポリエステル繊維へのリサイクルを開始した。
http://www.teijin.co.jp/japanese/news/2003/jbd031119.html

■日産自動車
薄型リチウムイオン電池を開発

日産自動車は燃料電池車の発進・加速時などに使う補助電源用の薄型リチウム
イオン電池を開発した。床下に配置しても広い室内空間を確保できるなど,車
体の設計の自由度が高まる。近く発売する燃料電池車に採用する。
(日経 11/19)
http://www.nissan.co.jp/

■日清紡
家庭紙生産能力を増強,来夏めどに島田に製紙ライン新設

日清紡は来年初夏をめどに高級ティッシュペーパーなど家庭紙の生産能力を増
強する。島田工場(静岡県島田市)に約30億円を投じて製紙ラインを新設。
月産能力を2100トンと現行比1・4倍に引き上げる。同社の家庭紙は吸水
性や肌触りの良さなどが消費者に評価され、フル生産が続いている。しかし現
行の製造設備は導入から30年ほど経過し老朽化も進展。需要先への安定供給
を図る意味からも増設を決めた。

市場の飽和と価格下落に苦しむ家庭紙業界で、国内生産能力の増強に踏み切る
ケースは珍しい。日清紡は綿紡績技術を応用して家庭紙や洋紙を製造している。
紙事業の年商は約270億円、うち家庭紙は100億円規模だが、91年に発
売したコットン・パルプ混合の上級品「コットンフィール」の販売量が順調に
増加している。
http://www.nisshinbo.co.jp/

■東レ
中国に1,000億円投資

東レは中国で2010年までに今年分を含めて1,000億円を投資する戦略だ。2010年
に中国での売上高を現在の6倍の3,000億円,営業利益200億〜300億円をめざす。
(日経産業 11/19)
http://www.toray.co.jp/index.html

■東レ
中国でナイロン長繊維生産

東レは05年1月から中国でナイロン長繊維の生産を始める。ポリエステル繊維生
産の中国子会社,東麗合成繊維南通(TFNL)敷地内に年産6,000tの工場を新設
する。(日経産業 11/18)
http://www.toray.co.jp/index.html

■東レ
トリニダード・トバコで稼働中フルプラントで最安の造水コストを実現

東レは、カリブ海にある島国トリニダード・トバコにある西半球最大の逆浸透
法海水淡水化プラントに逆浸透膜(RO膜)を納入しており、現在世界で稼働中の
逆浸透法を使った海水淡水化プラントの中で、最も安価な1m3あたり$0.707(85
円)という造水コストを実現した(取水からの一貫プラントベース)。
http://www.toray.co.jp/news/water/nr031019.html

■日本特殊塗料
天津に車用防音材の製販拠点

日本特殊塗料は,自動車用防音材分野における中国での取組みを強化する。04
年2月に稼働する広州に続く第二の製造・販売拠点として,天津にスイス・リエ
タオートモーティブシステムズ社と合弁会社を設立した。04年5月末に稼働す
る。(日刊工業 11/19)
http://www.nttoryo.co.jp/

■五大開発
斜面緑化のソフトを開発

建設会社向けコンサルティングを手掛ける五大開発は,土木工事で土がむき出
しになった斜面を効率的に緑化できる支援ソフトを開発した。(日経産業 11/18)
http://www.godai.co.jp/view/activ.htm

■廃棄物学会
廃棄物行政に関する会員を募集

廃棄物学会は,「廃棄物行政をめぐる課題と方策」をテーマとして研究活動を
進める行政研究部会の会員を募集する。
http://www.jswme.gr.jp/

■保健福祉広報協会
ホームページ上に「福祉機器の選び方・使い方」のパンフレットを掲載

国際福祉機器展の主催者である(財)保健福祉広報協会はこのほど,ホームペー
ジ上に「福祉機器の選び方・使い方」のパンフレットを掲載した。ベッド,車
椅子,トイレ・排泄・おむつ,入浴,住宅改修,福祉車両の6分野で「利用者に
合った福祉機器の選び方」「福祉機器の効果を最大限に発揮する正しい使い方」
などを紹介している。
http://www.hcr.or.jp/

■王子ファイバー
「JAPAN CREATION 2004」に出展

来る12月3日〜5日までの3日間、東京ビッグサイトにて開催される「JA
PAN CREATION 2004/第7回 繊維総合見本市」に、王子製紙グ
ループの王子ファイバーが出展。王子製紙が開発し、王子ファイバーが製造・
販売している天然紙糸繊維“OJO+”を紹介する。“OJO+”は、マニラ
麻を原料にした紙製の糸で、同素材を用いた生地は強く,軽く,夏涼しく、冬
暖かく、しかも耐水性に優れる。
http://www.ojipaper.co.jp/release/cgi-bin/back_num.pl5?sele=2&page_vie
w_selected_=1

■東燃タピルス
「タピルス株式会社」として12月15日から営業を開始

東燃タピルスは,12月12日付けで東燃化学から日栄工業に譲渡されるが,これ
を機に社名を「タピルス株式会社」に変更する。また,本社住所も下記に移転,
12月15日から営業を開始する。なお,伊勢原事業所については変更はない。

新本社住所
〒108-0074 東京都港区高輪3-19-15 二葉高輪ビル5階
TEL03-5449-7911(代) FAX03-5449-2485
http://www.tapyrus.co.jp/jap/index_j.html

■日本バイリーン9月中間連結
前年同期比2.6倍の増益

日本バイリーンの9月中間連結決算は,売上高が243億5千7百万円で前年同
期比0. 7%の増収を果たした。また、経常利益は12億9千2百万円で同3
4.2%増となり、中間純利益は14億2千3百万円で同2.6倍の増益となっ
た。

部門別では,衣料資材は38億2百万円で前年同期比3.2%減,自動車資材は
74億9千3百万円で同1.6%増,空調資材は42億7百万円で同2.5%減,
メディコン資材は33億6千7百万円で同4.0%増,工業資材は30億5千4
百万円で同3.6%増,電気資材は19億7千9百万円で同6.0%増となった。
http://www.vilene.co.jp/ir/pdf/settele04/04c9.pdf

■日清紡9月中間連結
経常利益が2.5倍に

日清紡が17日発表した04目m3月期9月中間連結決算は,繊維事業の合理化や,
海外子会社でブレーキ製品の受注が増加し,経常利益が前年同期比2.5倍の42億
6,100万円となった。
http://www.nisshinbo.co.jp/ir/index.html

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■米国
中国に繊維特別セーフガード発動

米国商務省は,国内繊維業界から要求が出ていたニット生地,バスローブ,ブ
ラジャーの繊維3品目について,中国からの輸入に制限を設ける対中特別セーフ
ガード(緊急輸入制限)の発動を決めた。(日経 11/19)

■米国デュポン社
コーク社とインビスタ社(デュポン繊維事業部門)の売却について合意

米国デュポン社とコーク・インダストリーズ社は、11月17日(米国時間)、イ
ンビスタ社(旧社名:デュポン テキスタイル アンド インテリア社)を現金4
4億ドルでコーク社の子会社2社に売却することで最終的な合意を得たことを発
表した。譲渡の完了は、政府の承認を待って2004年上半期になる予定。譲渡益
は、2004年度のデュポンの利益に計上される。
http://www.dupont.co.jp/jpcorp/news/03-11-18InvistaKoch.html

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■コグネックス
画期的な画像処理ソフトを発表

コグネックスは,形状パターンマッチングの限界を超える画期的な画像処理ソ
フトウェア・ツール“PatFlex”(パットフレックス)を発表した。飲料のアル
ミパックやお菓子の袋など,湾曲・歪み・しわといった外観変化が起りやすい
対象物の画像処理を行うときに非常に高い精度を発揮する。
http://www.cognex.co.jp

■フクハラ
油吸着不織布の普及タイプ

フクハラは,工場内の油漏れ・汚れなどの処置やその防備に効果を発揮する油
吸着不織布“オイルのQちゃん”シリーズに普及タイプ“OQ-M01”を追加した。
http://www.fukuhara-net.co.jp/new_pro.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ウェステック2003/廃棄物処理・再資源化展
11月25〜28日,幕張メッセで開催

ウェステック2003/廃棄物処理・再資源化展が,“もっと地球に愛を!”をテー
マに11月25〜28日,幕張メッセで開催される。棄物処理・再資源化の技術・関
連機器・システムの開発・生産・供給を行なっている企業・団体と、それらを
利用する企業・団体に呼びかけ、その成果と今後の方向を総合的に展示し、よ
り良い環境創出に寄与することを目的としている。
http://www.wastec.gr.jp/

■'03国際画像機器展
12月3〜5日,パシフィコ横浜で開催

今年で25回目を迎えた世界最大規模の画像処理関連機器の展示会,「'03国際画
像機器展」が12月3〜5日,パシフィコ横浜で開催される。不織布関連メーカー
ではコグネックスが出展する。
http://www.seiki-tsushin.com/ite/
http://www.cognex.co.jp/seminar/index.asp

■経済産業省・環境省
自動車リサイクル法の本格施行に向けた合同会議

自動車リサイクル法の本格施行に向けた準備状況等を報告・検討をするため、
中央環境審議会自動車リサイクル専門委員会と産業構造審議会自動車リサイク
ルWGの第5回合同会議が、12月3日に開催される。会議は公開で行われる。
 
日時 12月3日(水)15:00〜17:00
場所 経済産業省本館17F 第1〜3共用会議室
議題(予定)
(1)自動車リサイクル法の施行準備状況について
(2)自主的取り組み(商用車架装物リサイクル、二輪車リサイクル、環境負荷物
質削減)について  
(3)フロン回収破壊法の施行状況について
(4)その他
 
傍聴希望の方は、FAXまたはe-mailにて、「第5回合同会議傍聴希望」と記
載し、住所、氏名、勤務先、電話番号を明記の上、以下のいずれかの連絡先ま
で申し込む。
  
(連絡先)
○環境省廃棄物・リサイクル対策部リサイクル推進室 担当 卯田氏
 電話 03−5501−3153
 FAX  03−3593−8262
 e-mail:hairi-recycle@env.go.jp 
○経済産業省製造産業局自動車課 担当 佐久間氏
 電話 03−3501−1690
 FAX  03−3501−6691
 E-mail  a-recycle@meti.go.jp 
http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=4492

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━