━━☆No. 78☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2003. 12.1☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ANEX2003
中国の不織布産業発展の象徴となる展示会

ANEX03主催者の発表によると,来る12月15日から17日まで中国・上海で開催さ
れるANEX03とSINCE03の合同展示会は,SARSによる延期にも関わらず,参加企業
は当初5月開催時よりむしろ増えているという。海外からの参加企業は200社を
超え,中国本土や台湾,香港からの出展も120社に達している。

展示会と併催される「Conference/会議」を取り上げた新聞・雑誌は30を超え,
そのうちの25紙誌は会議場で配付される。それらの記事は,世界の不織布産業
の進展やアジアにおける不織布産業の現状と将来を,不織布の原料,加工技術,
新しい不織布の情報,そして不織布製品・市場の発展とともに紹介している。

中国のたゆまない経済発展により,そのGDPはSARSの発生にも関わらず今年前半
で 8.2%を達成している。市民の生活レベルの向上は,不織布の巨大な需要を
生んでいる。中国の不織布生産量は現時点で47万7,000tに達しており,2003年
通期では55万tを超えると予想されている。というのは昨年,中国の不織布生産
能力が急激に拡大したからである。

04年までに中国のスパンボンドの生産ラインは,昨年の80から130以上になると
予想されている。またスパンレースの生産ラインは昨年の40以上から70以上に
なるだろう。現在,新規に輸入された2つのエアレイドマシンが試験運転中であ
る。そして来年には上海にも海外の新しいエアレイドマシンが導入される。そ
の結果,中国のエアレイドマシンは5ラインとなり,その生産能力は4万tを超
す。

中国の不織布産業の発展は,欧米および日本の不織布機械の生産増に貢献し,
世界の不織布生産者にビジネス機会を提供している。CNTAの調査によると,中
国の不織布マーケットは飽和点にはほど遠く,フィルターや紙おむつの材料の
生産拡大に対する要望は高い。

中国には高い生産技術でつくられた不織布製品が輸入されている。02年に中国
は8万t以上のさまざまな不織布材料・製品を輸入したが,輸出は同5万tに留まっ
ている。中国の1人あたりの不織布消費量はたったの0.38kgに過ぎない。これは
世界の平均消費量の0.55kgを下回っているし,北米の同5kg,ヨーロッパの同
3.6kg,日本の同2.4kgと比べてもはるかに低い。

それゆえに,今年の「ANEX03 + SINCE03」展示会は,不織布材料はじめ不織布
製品そして関連産業に,不織布マーケットの発展と交易促進のための素晴らし
い機会を与えるに違いない。そして,世界の不織布産業の発展に貢献するだろ
う。(ANEX03プレスリリースより)
http://www.anex2003.com/

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■空調設備工事会社の9月中間
建築低迷,競争激化で利益低下

空調設備工事会社主要8社(三機工業,日立プラント,高砂熱学工業,大気社,
ダイダン,新日本空調,朝日工業社,日比谷総合設備)の9月中間は,建築市場
の低迷を背景に,総じて厳しい業績となった。(日刊工業 11/24)

■商工中金
「中小繊維製造事業者自立事業で25件の融資決定

商工中金は、「中小繊維製造事業者自立事業」(国の助成事業)の対象事業者
の円滑な事業遂行を支援するため、15年8月27日より、繊維産地など全国36店舗
に「中小繊維製造事業者自立事業関連相談コーナー」を設置している。同相談
コーナーにおける借入相談は34先にのぼっており、10月末までに25先に対する
6億2千万円の助成金つなぎ資金等の融資を実施した。
http://www.shokochukin.go.jp/

■日本バイリーン
自動車用フロアマットを米テネシーで増産

日本バイリーンは,米国で自動車用フロアマットを増産する。4億円を投じてテ
ネシー工場に生産設備を増設する。すでに着工しており,2004年初にも完成・
稼働させる。日系自動車メーカーの北米生産拡大に伴い,系列や採用車種が増
加したため。増産により現在13%の北米シェアを20%に引き上げる。
(化学工業日報 11/26)
http://www.vilene.co.jp/

■東洋紡・東レ
エアバッグ布を中国で生産

東洋紡と東レは,それぞれ来年度から中国でエアバッグ基布の生産を始める。
東洋紡は約10億円を投じて月産50万mの新工場を上海近郊に建設。東レも江蘇省
南通市に新工場を設け,07年度をメドに月間50万mの生産体制を確立する。自動
車部品メーカーの中国進出が進み,需要拡大が見込まれるのに対応する。
(日経 11/29)
http://www.toyobo.co.jp/
http://www.toray.co.jp/

■クラレ
ポリエステル繊維の生産を6割減へ

クラレは3年後をメドにポリエステル繊維の生産を6割減の年4,000tに縮小する。
耐熱性ポリアミド繊維など付加価値の高い特殊繊維の生産に設備を転用する。
(日経 11/30)
http://www.kuraray.co.jp/

■日清紡
ゼオライトとコットンとの複合素材“ガイアコット”を開発

日清紡は、レンゴーのゼオライト化パルプ(レンゴー商品名“セルガイア”)
の技術を不織布や織物の繊維加工に応用し、ゼオライトとコットンの複合素材
“ガイアコット”を開発した。ゼオライトは、アルミとケイ素およびナトリウ
ムからなる結晶性鉱物で、多数のミクロポーラスにより、優れたガス吸着能力
とイオン交換能力を有している。その特性から、除臭・除湿,生鮮物の鮮度保
持,有毒ガスの吸着除去,抗菌剤など、多様な用途に利用されている。

“ガイアコット”は、このような鉱物であるゼオライトを、不織布や織物の染
色加工時にセルロース分子内部に融合させた複合物であり、従来のコットンと
は全く異なる性質を持つ、言わば第2のコットン"無機化コットン"と言える。
コットン素材の汎用性とゼオライトの特殊機能を併せ持つことから、生活関連
用途から産業資材用途まで、広範な用途が見込まれる。
http://www.nisshinbo.co.jp/press/20031127g-cotton.html

■王子製紙
軽量オフセット輪転印刷用紙を開発

王子製紙は、これまで不可能とされていたオフセット輪転印刷における薄物印
刷での 「ヒジワ」(印刷部分の波打ち状のシワ)を究極まで抑えた軽量ノンリン
クルシリーズ の販売を開始した。オフセット輪転印刷は、大量の部数を高速で
印刷する方法でコストパフォーマンスに優れているが、 「高速で印刷→高速で
乾燥」という印刷機の構造のため、紙の特性から発生する乾燥時の ヒジワは長
年の課題だった。
http://www.ojipaper.co.jp/release/cgi-bin/back_num.pl5?sele=1&page_vie
w_selected_=1

■東大・エコグローバル研究所
繰り返し使える脱臭シート開発

東大・橋本教授と環境関連のエコグローバル研究所は,繰り返し使える脱臭シー
トを開発した。活性炭粉末と,紫外光によって有機物を分解する酸化チタンの光
触媒作用を利用した。(日経 12/1)
http://www.u-tokyo.ac.jp/jpn/index-j.html
http://www.ecoglobal.co.jp/

■日新工業
常温で屋上防水改修

日新工業は,屋上防水改修の次世代型工法として“ダービー防水システム”を
開発,04年1月に発売する。ベルギーのイッパーベル社との提携技術をもとに開
発した。常温工法で火気を使用しないため短期間で施工でき,耐久性も高い。
(日刊工業 11/26)
http://www.nisshinkogyo.co.jp/index2.html

■東レ
米で炭素繊維を一貫生産

東レは総額100億円以上を投じて,米国でPAN(ポリアクリロニトリル)系炭素
繊維の生産設備を1系列増設するとともに,原料のアクリル長繊維(プリサー
カ)からの一貫生産体制を新たに構築する。(化学工業日報 11/25)
http://www.toray.co.jp/

■トクヤマ
「漆喰シート」の拡販戦略を強化

トクヤマは,ベース紙に漆喰を圧縮塗布するなど,業界で初めてシート加工に
成功した漆喰シート“しっくいシート新風”(商品名)の展示会への積極出展
などで,市場展開を一段と強化する。(化学工業日報 11/27)
http://www.tokuyama.co.jp/
http://www.e-491.com/

■池上機械
麻袋を繊維ボードにリサイクル

池上機械は,これまで廃棄処分されていた麻袋を原料にした繊維ボードを商品
化した。繊維をほぐして素材に戻す開繊機の拡販の一環として取組んでいるも
ので,ボードの新用途を不織布メーカーに提案していく。(日刊工業 11/27)
http://www.ikegamikikai.jp/

■三洋電機
従来よりも高容量・高性能を実現するニッケル水素電池を開発

三洋電機は、このほど、ニッケル水素電池用の新しい電極材料として「超格子
合金」の実用化に成功した。 「超格子合金」は、従来の材料と全く異なる構造
を持ち、その特徴的な構造から、優れた性能を発揮する。同社では、この新し
い電極材料を用いることで、従来よりも大幅な高容量、高性能を実現するニッ
ケル水素電池の開発を進める。
http://www.sanyo.co.jp/koho/hypertext4/0311news-j/1127-1.html

■和興産業
独社の出資を受容れ

和興産業は,来夏をメドにドイツの大手フィルターメーカーであるマン・ウン
ト・フンメル社の出資を受け容れる。第三者割当増資を実施し,フ社が三菱ふ
そうトラック・バスと並ぶ筆頭株主となる。また,04年5月の営業開始を目指
し,日本市場における自動車フィルターの合弁販売会社を設立する。
(日刊工業 12/1)
http://www.wako-ind.co.jp/

■日生バイオ
バイオフィルター開発

バイオベンチャーの日生バイオは,ダイオキシンや発ガン性物質など有害な物
質を取り除くバイオフィルターを開発した。有害物質がDNAの二重らせん構造の
隙間に入りやすい性質を利用して除去する。DNAで除去するフィルタの開発は初
めてで,同フィルターを採用した空気清浄機を今月から発売する。
(日本工業 12/1)

■花王
年末の大掃除の消費者意識・実態調査

花王では、2002年度の年末の大掃除に関する消費者意識・実態調査を実施した
ところ、大掃除を実施した家庭は約9割以上も占め、掃除実施日数も平均3.
4日間と数日に分けてきちんと掃除を実施している様子が伺えた。実施時期も
年末に実施する家庭が最も多く、年々、行事意識が薄れつつあるといわれる中、
大掃除は年末の恒例行事として捉えられている。
http://www.kao.co.jp/comp/news/2003/11/n20031119_01osouji.html

■ソニー・クリエイティブプロダクツ
P&G“パンパース”のキャラ版権を管理

版権管理・製造のソニー・クリエイティブプロダクツは,P&Gのおむつブランド
“パンパース”の販促キャラクターの版権管理を手掛ける。対象となったのは
象のキャラクター“パンパ”。
http://www.scp.co.jp/
http://jp.pg.com/

■ダイニック/9月中間連結
最終黒字に転換

ダイニックの9月中間連結決算は,最終利益が10億4,900万円と黒字転換した(前
年同期は19億9,500万円の損失)。出版・情報関連事業の売上高は、120億6,300
万円(前中間期比5.0%増)、営業利益6億7,900万円(前中間期比16.5%増)。
生活・工業用途関連事業の売上高は連結子会社譲渡による影響も受け、 2,400
万円(前中間期比37.8%減)、営業利益2,400万円(前中間期比83.1%減)と
なった。
http://www.dynic.co.jp/ir/press/031126/031126ren.pdf

■大王製紙
経常益74%増

大王製紙の2003年9月中間期の連結決算は,経常利益が前年同期比74%増の124
億円となった。昨秋の印刷用紙・家庭紙の値上げやコスト削減が寄与し,中間
期では過去最高。04年3月期通期でも合理化をテコに,連結経常利益は前期比19
%増の300億円と,過去最高となる見込み。(日経 11/26)
http://www.daio-paper.co.jp/ir_info/index.html

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■欧州
8月、9月の価格増加の後、原油価格の変動にもかかわらず、ポリプロピレン
価格は安定

■キンバリー‐クラーク社(米国)
第3四半期、激しい競合圧力と原材料コストの高騰により、純売上高が360億ド
ルと増加したものの純収益は4.9%低下

■トレデガー社(米国)
サニタリー用のフィルム事業が高コスト、競合により、第3四半期の売上が前年
比2%低下して9,220万ドルに

■スワンソン・ワイパー社(米国)
ワイパー加工のスワンソン社がロードランナー・モジュラー生産ラインを設置

■アルカディア・テキスタイル・マシナリー社、ドーソン・テキスタイル・マ
シナリー社(米国)
過去12ヵ月で米国のアルカディア社とドーソン社が、併せて3ラインのドクター
・オットー社ラインを売却

■ナショナル・プレスト・インダストリーズ社(米国)
主力事業の低迷によりサニタリー事業を拡大

■レイヨニア社、バックアイ・テクノロジーズ社(米国)
レイヨニア社がフラッフ・溶解パルプ工場を閉鎖、バックアイ社がフラッフ・
クラフトパルプ工場を閉鎖し、併せて3万5,000tの生産能力が減少

■ポール・ハルトマン社(ドイツ)
紙おむつ工場をベルギーのオンテックス社に売却

■スタンデックス・インターナショナル社(ドイツ)
収益の上がらないロール・テクノロジー事業を年末までに閉鎖し、同社の北米
と南米設備で事業を統合

■ペガス社(チェコ共和国)
スパンボンドメーカー、ペガス社が7番目の不織布ラインにあたるライフェン
ハウザー社製ライコフィル4ラインを購入

■テクスノーヴォ‐テサルカ社(スペイン)
スパンボンドメーカー、テクスノーヴォ社が9月にライフェンハウザー社製ラ
インに第2ビームを設置し、ラインの生産能力が8,000tに

■アールストローム社(スウェーデン)
フィンランドのアールストローム社が、スウェーデン工場のリストラ策により
2004年第2四半期までに約100人の従業員を解雇

■COP9/地球温暖化防止会議
12月1日,ミラノで開幕

先進国に温暖化ガスの排出削減を義務づけた京都議定書の早期発効をめざす地
球温暖化防止会議(COP9)が1日から12日まで、イタリア・ミラノで開かれ
る。10、11日の閣僚級会合は、小池百合子環境相が共同議長の1人を務める。議
定書はロシアの批准が遅れて発効時期が不透明になっており、早期発効へ向け
た国際的な取り組みの強化が最大の焦点となる。

温暖化防止ミラノ会議では議定書の発効に備え、先進国が途上国で実施する植
林を、先進国の温暖化ガス削減分と見なす制度の細則がまとまる見通し。国内
での温暖化ガスの削減余地が少なく、企業の植林事業が盛んな日本は、植林に
厳しい制限を設けないよう求める方針。ただ、欧州連合(EU)や一部の途上
国は植林の推進に慎重な姿勢を見せており、議論は曲折も予想される。閣僚級
会合では、京都議定書の発効が遅れる影響について議論することにしており、
ロシアに早期批准を強く求めることができるかどうか注目される。また議定書
に続く次の温暖化防止策についても意見調整する。(日経 11/30)

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■新日石シートパレットシステム
鶏舎ベルトを発売

新日石シートパレットシステムは,鶏舎ベルトの新製品“日石鶏舎ベルト”を
発売した。鶏舎ベルトとは,養鶏,鶏卵の大型ケージシステムに用いられる鶏
糞を搬送する集糞ベルトに使用するPP樹脂製の巻物シートのこと。“日石鶏舎
ベルト”は,糞ばなれがよく集糞作業が容易で,引張り強度,耐摩耗性,ヒン
ジ特性が高い,などの特長がある。

■ピジョン
車の中で使いやすい高機能のウエットティシュ発売

ピジョンは、新開発の「フラットボトル」の採用により自動車の車内にコンパ
クトにすっきりと設置でき、取り出しが簡単で中身が乾燥しにくい専用のウエッ
トティシュ、“おき場所すっきりウエットティシュ”を新発売した。ドアポケッ
ト、ヘッドレストなど取り付け場所を選ばない全く新しい形状で、グレーとレッ
ドの2色を取り揃えている。また、30枚入りが2パックセットになった詰め替え
用も用意した。
http://www.pigeon.co.jp/

■松下電器
高い集塵性能やアレルゲン・ウイルスの不活化機能搭載のエアコン

松下電器産業は、同社独自の「酸素富化膜」による酸素チャージ機能に、新開
発の薄型換気ファンを室内機に搭載した事で、新鮮な約30%濃度の酸素を室
内に供給すると同時に、室内に残留する二酸化炭素やホルムアルデヒド等のガ
ス成分をすばやく屋外へ排出する事を実現した、ルームエアコン「kirei」
Xシリーズ10機種を2004年1月21日より順次発売する。

近年住宅の高気密化やアレルギー患者の増加などに伴い、室内に滞留しがちな
有害物質の除去など、室内の空質向上に消費者の関心が高まっている。そうし
た中で同社は今年3月発売のXEシリーズにて、不足しがちな室内の酸素濃度を
自然界と同じ約21%にキープする業界初の酸素チャージ機能を搭載した。しか
し更なる空質向上を実現するには、従来の空気清浄フィルターでは除去できな
いガス成分への対応や、より迅速な除去が課題としてあった。
http://matsushita.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn031120-1/jn
031120-1.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本繊維機械学会
「不織布研究会研究例会」を12月11日,大阪で開催

日本繊維機械学会不織布研究会(矢井田修委員長)は,第43回の研究交流会と
なる「不織布研究会研究例会」を12月11日午後,大阪科学技術センターで開催
する。会員の参加費は無料。内容は次の通り。

(1)「最近の不織布研究事例」京都女子大学・矢井田修氏
(2)「極細繊維の技術的進歩−人工皮革を中心として」八木技術士事務所・
八木健吉氏
(3)「不織布の高機能化技術」東洋紡績・田中茂樹氏

問合せ先
日本繊維機械学会不織布研究会
TEL06-6443-4691 FAX06-6443-4694
E-mail i-love-tmsj@nifty.ne.jp
http://wwwsoc.nii.ac.jp/tmsj/japan/

■中小企業庁
「医療・健康福祉産業マッチングフェア2004」の出展者を募集

経済産業省中小企業庁、近畿経済産業局、中小企業総合事業団では、「医療・
健康福祉産業マッチングフェア2004」を2004年2月26日,27日にインテッ
クス大阪で開催、出展者を募集している。

予防医療・健康福祉・介護の分野に現在関わるまたは今後参入を予定する中小
企業を展示やプレゼンテーションにより紹介し、流通業者、製造業者、研究機
関、投資家等とのビジネスマッチングの機会を提供するとともに、医療・福祉
分野への中小企業者の参入を促進するのが狙い。
http://www.chusho.meti.go.jp/chu_top.html
http://www.m-hci.com

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No. 79☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2003. 12.8☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■車の再資源化
国内2陣営で対応

自動車各社は二つのグループを結成して効率的に廃車を再資源化する体制を整
える。トヨタ自動車とホンダなど4社と、日産自動車を中心とする8社に分かれ、
適正に処理する枠組みをつくる。2005年1月の自動車リサイクル法の施行までに
それぞれ共同で回収網の整備や処理業者の選定などの準備を急ぐ。

自動車リサイクル法はメーカーに使用済み自動車を回収し、適正に処理して再
資源化することを義務付ける。処理が難しかったカーエアコンなどに含まれる
「フロン類」と「エアバッグ類」、金属やガラス片などが混ざった破砕くず
「シュレッダーダスト」が対象となる。メーカーは法施行までに廃車の回収か
ら処理までの仕組みや情報管理体制を構築する必要がある。トヨタとホンダ、
ダイハツ工業、日野自動車の4社は2004年1月にも、使用済み自動車の物流や情
報管理などを手がける新会社を設立する計画だ。日産、三菱自動車工業、マツ
ダ、スズキ、富士重工業、日産ディーゼル工業、いすゞ自動車、三菱ふそうト
ラック・バスも同様の新会社を設立する。(日経 12/7)

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■東工大・大手繊維メーカー5社
汎用繊維の強度を1.4倍に

東京工業大学・鞠谷教授と東レ,東洋紡など大手繊維メーカー5社でつくる共同
研究チームは,汎用合成繊維の強度を1.4倍まで高める技術を開発した。一般的
な樹脂の作製手法に改良を加え,価格の上昇も極力抑えた。(日経産業 12/3)

■カネボウ合繊・呉羽合繊
植物由来原料使用の3次元立体不織布構造体を開発

カネボウ合繊は呉羽合繊と共同で、植物由来原料“ラクトロン”を使用した、
3次元立体不織布構造体“PLAロック材”を開発した。繊維同士が立体的に
絡み合いながら融着している不織布構造で、従来の不織布に比べて、軽くて通
気性に富んでおり、引っ張り・曲げ強力が高くてつぶれにくく、寸法安定性に
優れた構造物。フィルター、梱包・緩衝資材、生活関連資材用途など、工業・
農業、生活用品の幅広い分野に展開が可能。
http://www.kanebo.co.jp/contents/fram/f_08rel.html

■カネボウ合繊
植物由来原料“ラクトロン”による長繊維不織布使用した「簡易衣料」を開発

カネボウ合繊は、植物由来原料“ラクトロン”による長繊維不織布(スパンボ
ンド)を使用した工場見学者用「簡易衣料」を開発した。工場見学者の白衣の
代わりや、各種軽作業着用途向けに、2004年1月より販売を開始する。

食品・薬品工場などの工場内見学時には、白衣の着用が義務付けられており、
こういった白衣は通常、1回短時間着用しただけで、クリーニングをして繰り
返し使用されている。同社では、このような用途に使用される白衣などの代わ
りに「簡易衣料」を、クリーニング費用と同額の価格設定とし、1枚300円
という低価格で提供する。
http://www.kanebotx.com/news/index.htm

■旭化成せんい
立体構造編物をニッターなどと共同開発

旭化成せんいは,アパレルや編物業者(ニッター)と共同で立体構造編物“ファ
イネックス”の商品開発に乗り出す。新用途開発に三位一体で取り組み,新規
市場を掘り起こす。(日刊工業 12/8)
http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/index.html

■河西工業
日産から中国生産用の自動車用ドアを受注

河西工業は,日産自動車から中国生産向けに自動車用ドアを受注した。受注規
模は月産約4,000台で,日産と東風汽車が05年8月に合弁生産を立ち上げる新型
車に供給する。河西工業はまだ中国に拠点をもっていないが,これまで実施し
てきた企業化調査(FS)の結果を踏まえ,04年には進出の可否を決める。
(日刊工業 12/2)
http://www.kasai.co.jp/

■日本特殊塗料
中国・天津に自動車用防音材の第二拠点

日本特殊塗料は、中国での日系自動車メーカーの生産拡大に対応して、本年9
月26日に華南に「日特固(広州)防音配件有限公司」(Rieter NITTOKU
(Guangzhou)Automotive Sound-Proof Co., Ltd.) を設立済みだが、今般、
中国拠点網拡充計画の一環として、華北にも「日特固(天津)防音配件有限公
司」(Rieter NITTOKU(Tianjin)Automotive Sound-Proof Co., Ltd.)を設立
する。
http://www.nttoryo.co.jp/topics14.html

■ダイワボウ
花粉症対策マスクを拡販

ダイワボウは,独自の消臭繊維“デオメタフィ”を使った花粉症対策マスクの
拡販に乗り出す。今春のテスト販売で,3ヵ月間に約10万枚販売したことから,
コンビニや一般の薬局にも販路を拡大する計画。(日本工業 12/3)

■三菱レイヨン
カーペットを糊付きタイル型に集約

三菱レイヨンは,カーペット事業を2年後をメドに,糊付きタイルカーペットに
集約する。ロールカーペットや人工芝からは基本的に撤退する。住宅着工の低
迷などで一般のタフトカーペット市場全体は縮小傾向だが,そのうちタイル型
は糊付きを中心に施工が容易なため需要が拡大している。得意分野に特化し,
苦戦する同事業の立て直しを図る。(日経産業 12/2)
http://www.mrc.co.jp/

■アキレス
クリーンルームの静電気を張るだけで抑制

アキレスは,クリーンルーム内に張るだけで静電気の発生を抑えられる高機能
フィルムを開発した。電気を通す性質を持つ特殊樹脂でポリエステルなどの膜
の表面を覆い製品化した。(日経産業 12/3)
http://www.achilles.jp/

■スリーイー
SARS予防に新素材

環境・健康関連ビジネスを手掛けるスリーイーは,ウイルス感染力を抑制でき
るマスク用のガードフィルターを商品化した。インフルエンザウイルスやSARS
と似た鳥コロナウイルスの滅菌効果が期待できるという。(日刊工業 12/4)
http://www.three-e-net.com/

■P&G
生理用品を見つけやすい売場を提案

P&Gが女性の心理と購買行動に基づいた新たな生理用品の売場提案を始めた。棚
を縦横に碁盤の目のように区切り,縦の烈に同じブランドを配置,横に同じ用
途の商品を並べ,目的の商品を見つけやすくした。短時間で商品を選びたいと
いうニーズを汲み取った。(日経流通 12/2)
http://jp.pg.com/index.htm

■排泄総合研究所
京都に排泄ケアの情報館をオープン

排泄総合研究所は11月27日、排泄用具の情報館「むつき庵」を京都にオープン
した。同情報館は、介護の現場で必要となる排泄に関する用具や機器を展示。
一部の排泄用具などは販売も行う。また、排泄介護についての相談を受けるほ
か、排泄用具を製造するメーカーとの情報交流を進める。おむつを意味する「む
つき(襁褓)」から名前を取った。

■池上機械
バナナの茎部から糸をつくる特殊紡糸機を試作

池上機械は,バナナの茎部から糸をつくり出す手回し式の特殊紡糸機を試作し
た。ODA(政府開発援助)に協力して開発に取り組んできた。農産物の有効活用
と廃棄物削減に役立つ。今後は足踏み式も製作する。(日刊工業 12/2)
http://www.ikegamikikai.jp/

■ピジョン
多比良を子会社化

ピジョンは12月2日開催の取締役会において、多比良株式会社の発行済株式総数
の60%の株式を取得することを決議した。(1) 介護用品新規販売ルートの取得
(多比良:施設向け、ピジョン:一般生活者向け),(2)介護用品の開発・生産
・販売に関するピジョン関連事業との相乗効果,(3)ホームヘルスケア・介護用
品事業を育児用品事業に次ぐ柱として成長させる規模の確保,などの理由によ
る。
http://www.pigeon.co.jp/
http://www.tahira.co.jp/ 

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■アルバード・マスート・イツァック社(米国)
イスラエルのアルバード社が米国にウェットワイパーの加工工場を新設

■メッドライン・インダストリーズ社(米国)
SARS再流行の懸念により在庫を15%増加

■プリアント社(米国)
フィルムメーカー、プリアント社が1年前に設置した通気性フィルムのテストラ
インの操業開始を待機

■ウェルマン社(米国)
ポリエステル・メーカー、ウェルマン社が管理部門を変更し、2、500万ドルの
コスト削減策を開始

■フェーラー社(オーストリア)
ニードルパンチ機器メーカー、フェーラー社がフランスのタルケット・ソマー
社、ドイツのポリヴリー・フランツ・ファイヤー社、オランダのヘノファ社な
ど世界で11ラインを販売

■ハッサン・グループ(トルコ)
不織布メーカー、ハッサン・グループが、2004年に設備を新設して、ニードル
パンチと接着芯地コーティングの生産能力を2倍以上に増加

■イノティス社(アルジェリア)
2004年1月にフライスナー社製2.5m幅水流絡合ラインの稼働を開始

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ロート製薬
高機能マスクを発売

ロート製薬は,風邪の原因となるウイルスや花粉症をもたらす花粉を遮断する
高機能マスク“アルガード銀力”を発売する。マスク内のフィルターに抗菌力
に優れた銀と,吸着力のあるゼオライトを配合した。(日経産業 12/3)
http://www.rohto.co.jp

■ベネックス
殺菌力強い医療用マスク

燃料販売などのベネックス(札幌市)は強力な殺菌作用を持つ医療用マスク“ハ
イジーニック エコ・マスク”を開発した。光に当たると有機物を死滅、分解
させる二酸化チタンと炭素微粒子を繊維内部に含有させ、マスクに付着したウ
イルスなどを除去する。(日経産業 12/5)

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■INDA
「VISION2004」を04年1月25〜28日,ラスベガスで開催

INDAは,吸収体やパーソナルケア,家庭クリーニング用品に関する展示会
「VISION2004」を04年1月25〜28日,ラスベガスで開催する。
http://www.inda.org/events/vision04/Vision04Conference.pdf

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No. 80☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2003.12.15☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■パソコン世界出荷
最高の1億5200万台以上に

2003年の世界パソコン出荷が過去最高を更新するのが確実となった。米調査大
手によると、ピークだった2000年を1200万台上回る1億5200万台となる見込み
だ。米調査会社、IDCは、今年の世界出荷台数の前年比伸び率を11.4%と9月
の前回調査より3ポイント上方修正し、出荷総数が1億5200万台以上になるとの
見通しを公表した。

出荷金額は1750億ドル(約19兆円)と前年並み。2000年との比較で台数は9%増
加するが、金額は20%減少する。けん引役は米国の個人消費。11月以降のクリ
スマス商戦が好調で、同市場の家庭用パソコンの出荷台数は前年比18.8%増加
する見通し。日本市場の出荷台数は同3.8%増の1260万台にとどまる。

デルとヒューレット・パッカード(HP)の二強による価格競争で、来年の平
均単価は初めて1000ドルを割り込む公算が大きい。高付加価値機種を軸に展開
してきた東芝など日本勢の収益回復が遅れる可能性もある。(日経 12/13)
http://www.idc.com/

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■青森県
光触媒空気清浄機を実証実験

青森県は産学官で共同開発した光触媒空気清浄機の実証試験を行う。県立病院
など8施設に導入する計画。3年かけて殺菌効果などを確認する。
(日刊工業 12/12)
http://www.pref.aomori.jp/

■東京都立産業技術研究所
ピートで屋上緑化シートを開発

東京都立産業技術研究所と園芸用品メーカーのピース産業は,来年3月までに
ピート(腐朽した植物が炭化した泥炭)を活用したで屋上緑化シートを開発,
販売する。ピートと芝の種を混ぜ合わせ30cm四方に成形する。
(日本工業 12/12)
http://www.iri.metro.tokyo.jp/
http://www.ric-shizuoka.or.jp/messe/kankyo/k-009.htm

■豊田紡織
三重県に内装部品の組付け工場を稼働

豊田紡織は来春に,三重県いなべ市に内装部品の組付け工場「いなべ工場」(仮
称)を稼働する。トヨタ車体のワンボックス系車両の組立工場の敷地内にサテ
ライト工場として建設する。(日刊工業 12/11)
http://www.toyoda-boshoku.co.jp/japan/index00.html

■豊田通商
使用済み車両のリサイクル事業を全国規模に拡大

豊田通商は,現在中部地域で展開している使用済み車両のリサイクル事業を全
国規模で拡大する。同地域で培った回収・処理事業の手法の確立にめどがつい
たためで,廃車処理台数ベースで,現在の20万台から08年度には160万台まで拡
大する計画。(日本工業 12/12)
http://www.toyotsu.co.jp/

■ダイキン工業
北米で空調機販売

ダイキン工業は04年夏にも,北米に業務用空調機の販売会社を設立し,同市場
に参入する。ビル用マルチエアコンと呼ばれるビル空調を分散管理するシステ
ムを販売する。(日本工業 12/12)
http://www.daikin.co.jp/index.html

■ダイキン工業
フッ素樹脂系エアフィルター開発

ダイキン工業は,汎用タイプのフッ素樹脂系エアフィルター開発,本格的な市
場展開に乗り出す。従来は半導体製造工場向けクリーンルーム用の超高性能ULPA
フィルターを軸に販売していたが,より市場規模の大きいHEPAフィルターとし
て市場投入する。(化学工業日報 12/10)
http://www.daikin.co.jp/index.html

■日本無機
空調用プレフィルターに生分解性素材を採用

日本無機は,ポリ乳酸系繊維素材を使った生分解性プレフィルター“生分解性
ダスクリーンエコフィルタ”を業界で初めて開発した。従来品と同等の補集効
率を維持しながら,優れた難燃性を有する。(化学工業日報 12/11)
http://www.nipponmuki.co.jp/

■小松精練
光触媒使った繊維製品を販売

小松精練は,豊田中央研究所が開発した「可視光応答型光触媒」技術を使った
光触媒繊維製品の加工技術を確立,製品を豊田通商を通じて販売する。
(日刊工業 12/12)
http://www.komatsuseiren.co.jp/

■東邦テナックス
耐炎繊維の能力倍増

東邦テナックスは,炭素繊維(CF)を中心とする周辺事業の強化を急ぐ。溶接
シートや断熱材向けに需給がタイト化していく耐炎繊維“パイロメックス”の
生産設備を増設する考えで,04年にも現状比倍増の年1,200tに引き上げる。
(化学工業日報 12/12)
http://www.tohotenax.com/tenax/jp/index_f.shtml

■ホギメディカル
手術用フルキット製品に新販売システムを採用

ホギメディカルは,病院の経営を改善する医療材料販売システムの本格普及活
動を開始した。手術時に使用する医療材料をセットにしたフルキット製品に,
最短4日間で手術前日に納入する物流システムと手術予定管理などの院内の情報
管理システムを加えたもの。(化学工業日報 12/11)
http://www.hogy.co.jp/

■リンテック
植物由来粘着ラベル素材開発

リンテックは、生分解性プラスチックフィルムを表面基材に使用した植物由来
粘着ラベル素材“ビオラ(BIOLA: Biodegradable Label)”を開発、2004年1月中
旬から全国販売を開始する。生分解性プラスチックを使用した各種包装用フィ
ルム・容器や日用品、文具などに幅広く使用可能。粘着剤についても新たに開発
した植物由来の天然ゴム系粘着剤を採用し、ラベル素材全体として(1)化石資源
の保護、(2)焼却時の有害物質発生の防止、(3)地球温暖化防止といった点に配
慮した製品となっている。
http://www.lintec.co.jp/news/20031208.html

■盛和工業
光触媒使用の天井埋込み型空気清浄機を開発

光触媒フィルター・装置を製造・販売する盛和工業は,光触媒を使った天井埋
込み型の空気清浄機を開発した。たばこの臭いなどの脱臭装置として飲食店な
どに売り込む。(日経産業 12/9)
http://seiwa-inc.com/

■ゼクセルヴァレオクライメート
カーエアコンにワサビの抗菌作用を応用

ゼクセルヴァレオクライメートコントロールは,ワサビ成分で内部抗菌できる
揮発性抗菌剤付きカーエアコンを開発した。カーエアコンにワサビ抗菌剤を取
り付けたフィルターを装着することで,抗菌剤なしの状態に比べて1ミリリット
ル中の微生物数が約100分の1に軽減できるという。(日本工業 12/10)

■シナノケンシ
絹で導電・抗菌効果

シナノケンシは,絹で導電性が高く消臭・抗菌効果をもつ新素材“カーボンシ
ルク”を開発した。燃料電池の電極や空気清浄機のフィルターとしての利用が
見込めるという。(日経産業 12/12)
http://www.skcj.co.jp/kinousozai/index.html

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■中国
スパンデックスの大幅増強続く

中国でスパンデックス(ポリウレタン弾性繊維)の大幅な設備増強が続く見通
しである。旭化成や韓国,台湾メーカーのほか現地企業も参入し競争が激しく
なっている。(化学工業日報 12/15)

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■コグネックス
In-Sightビジョンセンサの新モデルおよび新ソフトウェアを発表

コグネックスはこのたびIn-Sightビジョンセンサの新モデル“In-Sight 3400”
を発表した。コグネックスのマシンビジョン・センサの最高性能であり、従来
のIn-Sight 2000および3000モデルの4倍の速度でビジョンツールが動作する。

In-Sight 3400には、実績あるCognexビジョンツールの広汎なライブラリとアプ
リケーションを素早く簡単にセットアップするための独自のビジョン・スプレッ
ドシートが装備されている。また,スタンドアロン型ビジョンセンサなので、
PCを使用せずに設定して運用することができる。

さらにイーサネット接続機能により、ファクトリ・ネットワークに接続された
他のイーサネット対応装置と情報を共有でき、ビジョン・データにリアルタイ
ムでアクセスし、システム統合を合理化し、ビジョン処理のリモート管理、監
視、および制御が可能になる。

同時に同社は、In-Sightビジョンセンサ製品群に使用する新ソフトウェア
“In-Sight Explorer”を発表した。これにより、ビジョン・アプリケーション
の簡単な開発とビジョンセンサ・ネットワークの効率のよい管理が結合され、
業界で最も強力なビジョンセンサがこれまで以上に使いやすくなる。Explorer
は、ビジョンセンサを1つの使いやすいパッケージとして導入する上でのあらゆ
る要求に応えることにより、所有コスト(CoO)を低減し、ビジョン・アプリケー
ションをより短期間で工場に設置できる。
http://www.cognex.co.jp/news/2003/news031202a.asp
http://www.cognex.co.jp/news/2003/news031202b.asp

■ソフト99
フクピカ ホイール専用拭くだけシート 

ソフト99コーポレーションでは,拭くだけカーケアシート“フクピカシリーズ”
のニューラインナップとして、汚れやすいホイールのお手入れ専用の“フクピ
カ ホイール専用拭くだけシート”を新発売した。拭くだけでホイールのブレー
キダストやしつこい油汚れをスッキリ落とす。
http://www.soft99.co.jp/

■アツギ
電気を通すナイロンをタイツに初めて応用

アツギは、タイツに求められる付加機能として消費者の関心が非常に高い「静
電気防止機能」を強化したタイツを新開発、2003年12月より伊勢丹新宿
店に店舗を限定して試験的に販売する。導電性ナイロン“ルアナ”(東レ登録
商標、略称;東レルアナ)を世界最高水準まで細繊度化することでアツギのタ
イツ用途に初めて応用され生まれた新しいタイプの静電気防止機能付タイツ。
http://www.atsugi.co.jp/

■コーセーコスメポート
"黒い"シートパック登場

コーセーコスメポート、2004年1月21日より、小鼻の毛穴から取れた角
栓がひと目で分かる小鼻専用の黒いシートパック“ソフティモ 角栓すっきり
黒パック”(10枚入り 500円)を発売する。シートがやわらかいので小
鼻全体にぴったりと密着し、貼ってはがすだけで毛穴につまった角栓をすっき
りと取り除くことができる。最大の特長は、小鼻専用シートパックでは初めて
シートの色を"黒く"したこと。取れた白っぽい角栓が見えやすく、「取れた!」
という効果を強烈に実感することができる。
http://www.kose.co.jp/

■ジュトク
災害避難帽子

ジュトクは災害避難時用の帽子“災害ボウシ”を発売した。避難時にあれば便
利なマスクや軍手などがひとつに収納されている。
http://www.jutoku.co.jp/saigai.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本不織布協会
新年賀詞交歓会を東京・大阪・川之江で開催

日本不織布協会では,2004年の新年賀詞交歓会を東京・大阪・川之江で以下の
日程で開催する。

東京:1月9日(金) 12:30〜14:30,霞が関東京会館シルバースタールーム
大阪:1月16日(金) 12:30〜14:30,太閤園ガーデンホール
川之江:1月23日(金) 17:30〜19:30,古辰
http://www.anna.gr.jp/

■包装関連の11団体
合同新年会を1月7日に開催

日本包装技術協会など11団体では,包装界の合同新年会を1月7日午後,千代田
区の東京会館で開催する。
http://www.jpi.or.jp/

■国際シンポジウム/ワークショップ
「生物多様性・生態系保全と京都メカニズム」を開催

国立環境研究所では,国際シンポジウム/ワークショップ「生物多様性・生態系
保全と京都メカニズム」を04年1月29,30日に早稲田大学で開催する。

シンポジウムでは、温暖化対策としてのCDMやバイオマス利用を目指した新
規植林や再植林活動が地域社会を含んだ熱帯林生態系に及ぼすインパクトを主
題として、京都議定書や地球温暖化枠組条約の関係者、温暖化対策の実施者、
研究者の間で、森林管理や自然再生に対する「認識」の違いを共有することを
目的とする。

さらに、ワークショップでは、熱帯域における地域住民の資産、環境の保障や
安全の確保や生物多様性保全のバランスを踏まえ、地域社会による持続的資源
管理への参画や、生物の多様性保全機能を維持しつつ、新規植林や再植林など
の土地利用改変やランドスケープ管理を最適化するための科学的アプローチや
手法を討論する。
http://www.synergy-sympo.com/
http://www.nies.go.jp/index-j.html

■産業交流展2003
12月16,17日,東京ビッグサイトで開催

産業交流展2003が,12月16,17日,東京ビッグサイトで開催される。首都圏(東
京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)に事務所を有する中小企業、事業協同組合、
企業組合、その他団体などを対象に、経営改善、技術・研究開発に取り組み、
販路拡大をめざす「チャレンジ精神」のある企業の体力を高めると同時に、ビ
ジネスチャンス創造の場の提供を目的とする。
http://www.sangyo-koryu2003.jp/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No. 81☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2003.12.22☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ANEX2003/SINCE'03
300社を超す参加で盛況裡に閉幕

「アジア国際不織布産業総合展示会・会議“ANEX2003”」は、アジア不織布協
会(ANFA)および中国技術市場協会(CTMA)の主催により、12月15日から17日
まで上海国際展示センターで開催された。今回は第10回上海国際不織布展示会
“SINCE'03”と合同しての開催であった。出展者数は共同出展を含め314社にの
ぼり、2フロアに収まりきらず屋外にもテントを並べる盛会であった(来場者
数は12月22日現在集計中)。

うち約200社がアジアからの出展で、中でも中国は地元という事もあるが100社
余りと他国を圧した。ちなみにアジア地域でついで多かったのは韓国で41社。
ヨーロッパは各国あわせて60社、ダンウェブやウィンクラー、ライフェンホイ
ザー、フライスナー、M&J等の主要機器メーカーも欠けることなく出展し不織布
製造・加工機械分野での強さや中国市場への意欲をうかがわせた。しかし欧米
との合弁や技術提携も含め、中国・韓国・台湾の機器メーカーの進出も目立っ
た。

サニタリー分野の加工機器では広州市興世機械製造(Xingshi Equipments Co)
をはじめHanwei Machinery Manufacturing Co、杭州余宏精工、Unitec
(Shanghai)Precision Industries Coなどが実機を持ち込みデモ運転を展開し
た。欧米勢ではファメカニカ、GDM、ノードソン、ロバテック、ファビオペリー
ニ/ダイアテック等が出展した。

不織布および繊維メーカーでもBBA、ウェアハウザー、PGI、フロイデ 塔xルグ、
アールストローム、ジョージアパシフィック、レヨニアといった欧米勢に伍し
て、中国・海南のHainan Xinlong Nonwovensや上海の繊維メーカーHuvis、台湾
の康那香企業(Kang Na Hsiung Enterprise)が1階に単独でブースを確保し
存在をアピールしていた。

BBAはさる10月、先涛慧石プラスチック工業と合弁で先涛市にスパンボンド工場
を立ち上げる事に合意している。同じ1階では韓国不織布協会(KNIC)のパビ
リオンに活気があった。日本企業では住友精化とトーメン/サンダイヤポリマー
が吸収体の技術を展示した。

2階では台湾と日本がそれぞれパビリオンを展開、また中国/韓国/台湾の大
手不織布メーカーやサプライヤーも大スペースを取って展示を競い合った。社
名を挙げればきりが無いが、Sino Protection(Hefei)Sanitary Material Co.、
卓得嘉(Treadgar)フィルム、可隆油化(Kolon)、杭州新貨集団(Hangzhou
Xinhua Group)、同高紡績化繊(Equal Good)、浙江King Safe Group、中国紡
績機械集団、広東俊富実業(Junfu)、Shanghai Fengwei Nonwovens Co.、山東
Kangjie Nonwovens Co.といった所が目立っていた。

ジャパンパビリオンには弊誌No3での既報通り、18社が参加。日本バイリーン、
スズラン、西川ローズ、王子キノクロス、ニッポン高度紙工業、呉羽テック、
ダイセル・デグサ、オルガン針、日商岩井マシナリーシステム/化繊ノズル製
作所、大和紡績、日本ノズル、帝人ファイバー、クラレ、倉敷繊維加工、新日
石プラスト、瑞光が展示を行った。このほかアジア不織布協会(ANFA)、日本不
織布協会(ANNA)も単独で出展した。

コンファレンスは16日、17日に開催。16日午前には戴榮吉ANFA会長による基調
講演と、『不織布…産業界における位置付けと将来性について』と題して岩熊
昭三ANFA名誉会長の講演があり、この他EDANA、INDAからそれぞれ欧州、米国の
不織布の技術動向や状況に関する報告があった。以降17日まで、PGI、ダウ・ケ
ミカル、NSC、康那香企業、ライフェンホイザー、エアープロダクツ、GDMといっ
た企業や各国の大学などから研究発表がなされた。展示会終了後の17日夜には
ANFA主催の交流パーティが開かれた。

また日本不織布協会(ANNA)では日本からの視察旅行を企画、倉敷繊維加工の山
田忠美社長を団長に2コースが設定され、展示会見学のほか王延熹・中国不織
布技術協会(CNTA)会長による中国不織布産業の現状に関する特別セミナーや、
上海郊 OのShanghai Fengwei Nonwovens Co.の工場見学などが行われた。

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■光触媒の性能評価
日本工業規格(JIS)を来年1月にも制定へ

光触媒の性能を評価する初の日本工業規格(JIS)が04年1月下旬にも制定,官
報公示さaれる見通しとなった。NOx(窒素酸化物)除去の性能試験に関するもの
で,同じ空気浄化のなかでもVOC(揮発性有機化合物)の性能評価については別
に制定作業を進めている。(日刊工業 12/22)
http://www.jisc.go.jp/

■ダイキン工業
「光触媒チタンアパタイト」フィルターで新たにウィルスの捕獲像を撮影

ダイキン工業は、山形大学医学部との共同研究において、世界ではじめて「光
触媒チタンアパタイト」フィルターが新たにウィルスを吸着・捕獲する様子の
撮影に成功した。同社は「光触媒チタンアパタイト」フィルターの実用化に世
界で初めて成功し、公的機関においてこのフィルターがウィルス・細菌・エン
テロトキシンを不活化・分解することを世界で初めて検証した。
http://www.daikin.co.jp/press/2003/031218/index.html

■帝人ファイバー株式会社
「繊維to繊維」リサイクル設備を松山に移転

帝人ファイバーは、使用済みのポリエステル製品から、石油より作ったものと
同等以上の高純度(99.99%以上)の原料を回収するリサイクル技術を開発し、
2002年4月以降、徳山事業所(山口県周南市)内にて操業する。そのリサ
イクルの一環として、使用済みのポリエステル繊維製品から化学処理によって
ポリエステルの原料であるDMT(テレフタル酸ジメチル)を回収し、再びポ
リエステル繊維を生産する「繊維to繊維」を昨年7月より展開しているが、
このたび同リサイクル設備の移転を決定し、2004年4月から松山事業所(愛
媛県松山市)で本格的に展開していくこととした。
http://www.teijin.co.jp/japanese/news/2003/jbd031216.html

■東レなど4社
竹繊維素材の品質保証「竹マーク」を設定

東レ、野村産業、倉敷紡績、日本毛織は、この度共同で、高品質な竹繊維使用
の品質表示マーク「竹マーク」を新たに設定した。「竹マーク」は、高品質な
竹繊維使用の素材であることを保証するとともに、品質の伴わない素材を使用
した製品の流通を防止する。

「竹マーク」は、4社が定めた厳しい規格に合格 オた素材にのみ表示可能であ
り、今後、アパレル・流通から小売りまで、製品添付ラベル、製品貼付用シー
ル、店頭POPなどに「竹マーク」を表示することにより、業界関係者および一般
消費者まで広く訴求する。
http://www.toray.co.jp/news/fiber/nr031218.html

■クラレ
光触媒利用で防汚性能を格段に向上装飾用テント生地を新発売

クラレは,テント生地の表面に、酸化チタン層をコーティングし、その光触媒
反応による有機物分解と優れた親水性効果で高い防汚性能を発揮するオーニン
グなどの装飾用テント生地“エクサランス”を04年1月1日より新発売する。

酸化チタンの光触媒反応により、生地に付着した油汚れなどの有機汚れを分解
するとともに、親水性効果で表面の汚れを落ちやすくするという二つの“セル
フクリーニング”機能を有するため、テント表面を長期間美しく保つ。
http://www.kuraray.co.jp/press/2003/031219/index.html

■ダイワボウ
消臭繊維を家電・車向けに攻勢

ダイワボウは,消臭機能をもつ高付加価値繊維“デオメタフィ”の市場開拓に
乗り出す。掃除機フィルターなど家電製品の分野で売上拡大をめざすほか,排
ガス中のNOxやSOxの吸着分解能力を活かして自動車分野の攻略も狙う。
(日刊工業 12/22)
http://www.daiwabo.co.jp/

■日本エクスラン
光触媒機能による効能で高度な除菌性能を持つ繊維を発売

日本エクスラン工業は、今までの繊維製品にはなかった安全で高度な除菌性能
を持つ繊維“銀世界(TM)”の販売を来春より開始する。アクリル繊維に銀
を保持させることにより、繊維上での直接的な効能と、光触媒機能による効能
で、繊維上のさまざまな細菌(「グラム陽性菌」、「グラム陰性菌」)、さら
に真菌(「白癬菌」への効果;特許申請中)の増殖を抑制、除菌する。機能の
持続性、安全性についても、第三者機関で測定した各種データで確認された極
めて信頼性が高い。
http://www.exlan.co.jp/

■三菱レイヨン
中国でアクリル系塗料用樹脂を事業化

三菱レイヨンは、アクリル樹脂板製造会社として中国に設立した三菱麗陽高分
子材料(南通)有限公司の第二事業として、アクリル系塗料用樹脂を事業化す
ることにした。これに伴い、中国当局へ諸変更申請を行い、03年12月に認
可された。アクリル樹脂板を含む総投資額はおよそ3,500万ドル。アクリ
ル樹脂板とアクリル系塗料用樹脂は、ともに05年春の稼働を目指す。アクリ
ル系塗料用樹脂の生産能力は、3,500トン/年を予定している。
http://www.mrc.co.jp/press/p03/031215.html

■ユニチカ・資生堂
熱に強く水分を逃しにく生分解性容器を試作

ユニチカと資生堂は共同で,熱に強く水分を逃しにくい生分解性樹脂製の容器
を試作した。特殊な界面活性剤を使って粘土の微粒子をむらなくちりばめ,熱
や水に強くした。(日経 12/22)
http://www.unitika.co.jp/business/home.htm
http://www.shiseido.co.jp/

■豊田通商
光触媒応用製品が相次いで登場

豊田通商が“V-CAT”ブランドで展開をめざしている「可視光応答型光触媒」技
術を使った光触媒製品が相次いで登場する見通しとなった。小松精練の繊維製
品のほか,ノリタケカンパニーリミテドが空気浄化,ニコンアイウェアがメガ
ネフレームへの適用をめざしている。(日刊工業 12/17)
http://www.toyotsu.co.jp/new/detail.html?p1=46

■プラス・クラレ
シックハウス対策のオフィス家具新発売

プラスは、「光触媒反応」と「化学吸着反応」のダブル効果でシックハウス症
候群の原因物質のひとつとされるホルムアルデヒドを吸着・分解する光触媒ク
ロス“クオレナ”を原糸メーカーのクラレと共同開発。同素材を採用したオフィ
ス家具」を12月22日より全国一斉に発売する。
http://www.plus.co.jp/news/031127.htm

■三ツ星ベルト
屋上緑化システムの営業を強化

三ツ星ベルトは,屋上緑化システム事業を強化する。過去2年間で財務省大阪造
幣局など約10件を受注した実績を踏まえ,今後2年間で約30件の受注獲得をめざ
す。(日本工業 12/19)
http://www.mitsuboshi.co.jp/japan/

■トヨタ
04年世界販売計画、初の700万台超え

トヨタ自動車は、2004年の世界全体の販売を708万台(日野自動車とダイハツ工
業を含む)とする計画を発表した。2003年実績見込み比4%増で、初めて700万
台を超える。2003年の実績は678万台(前年比10%増)と過去最高になる見込み
で、世界二位の米フォード・モーターと並ぶ公算が大きく、2、3位の逆転も視
野に入ってきた。(日経 12/19)
http://www.toyota.co.jp/jp/news/03/Dec/nt03_1204.html

■三菱化学MKVと三井化学プラテック
農業資材合弁会社の詳細を発表

三菱化学MKV(株)と三井化学プラテック(株)は、8月21日に両社が保有す
る農業資材事業を統合し04年4月1日に新社を設立することについて発表した
が、この度、新合弁会社の社名、資本金、社長名が決定した。
社  シ MKVプラテック株式会社
    (英文名 MKV PLATECH CO.,LTD.)
資本金 3億円
社長名 清 水 顕 祐(しみず けんすけ)
    (現 三菱化学MKV(株) 取締役農業資材事業担当)

■日本不織布協会
2002年度「不織布関係資料集」を発刊

日本不織布協会ではこのほど,2002年度「不織布関係資料集」を発刊した。
内容は次の通り。
(1)日本の統計(2002)
(2)世界の統計(2002)
(3)その他
(4)EDANA国際シンポジューム(03/6,ローマ)発表論文
http://www.anna.gr.jp/

■紙おむつ類と生理用品のPOSシェア11月ランキング

紙おむつ類は,1位がユニ・チャームで47.9%(前月比1.7%増),2位がP&Gで
20.1%(同1.1%増)、3位が花王で18.0%(同1.3%減),4位が大王製紙で6.7%
(同 1.5%減),その他が7.3%(同0%)。

生理用品は,1位がユニ・チャームで38.9%(前月比1.0%減),2位が花王で25.2%
(同1.8%減),3位がP&Gで18.8%(同4.3%増),4位が大王製紙で9.5%(同1.2%
減 ),その他が7.6%(同0.3%減)。(日経流通 12/20)

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本車の海外生産
05年にも1000万台突破

日本車の海外での生産台数が2005年にも1000万台を突破し、国内での生産台数
を超えそうだ。トヨタ自動車などが北米、中国などで進める能力増強投資が2006
年ごろまで活発に続き、日本からの輸出は85年のピーク時の6割弱の水準まで減
少。国内販売の低迷も長期化する見通しで、自動車業界で国内工場の設備余剰
問題が改めて浮上する可能性もある。

03年の日本車の海外生産は2年連続で前年比二ケタ増となり、850万台(02年は
765万台)となりそうだ。全体の6割強を占めるトヨタ、ホンダ、日産自動車の
3社は北米、欧州、中国の生産能力をさらに100万台以上増強する計画。海外生
産の4割を占める北米で50万台程度、欧州が約20万台。各社が相次いで合弁生産
を始めた中国では30万―40万台増える見通しで、全体では2005年の1000万台突
破が視野に入ってきた。 (日経 12/22)

■中国
家電リサイクル法を来年メドに策定

中国は使用済みの電気製品の再利用を促すため,来年をメドに「家電リサイク
ル法」を策定する。メーカーにリサイクルを義務付け,費用の負担を求める方
向だ。施行すれば中国に生産拠点を移す日本の電機メーカーなどのコスト上昇
要因となる。(日経 12/21)

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ユニ・チャーム
排泄リハビリケアで離床を促進するパッドを発売

ユニ・チャームは、排泄リハビリケアを促進する“ライフリー 座位安心パッ
ド”を施設病院向けに販売を開始した。長時間座っていてもパッドが後ろにず
れることなく、座ることによる体圧がかかっても2度目、3度目の排尿でもすば
やく吸収して確実にとじ込める工夫がしてあるため、座った姿勢でのもれを長
時間防ぐ。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■エアテクス
天然素材の油吸着材

エアテクスは,独自の不織布製造技術を用い,天然素材カポックをメイン素材
に使用した油吸着材“あぶらむし”を発売する。合繊(PP)製に比べ4倍以上の
吸着能力をもつうえ,価格も従来品より約40%安いという。(日刊工業 12/22)

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル
1月23〜25日,インテック大阪で開催

日本最大の縫製機械展示会「大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル」が1月
23〜25日,インテック大阪で開催される。国内縫製関連機器が網羅される。
http://www.omsk.gr.jp/

■HEALTH CARE 2004
1月21〜23日,東京ビッグサイトで開催

高齢者介護関連施設の新設・改修をテーマに、施設関連のハード・ソフト・サー
ビスを集めた展示会「HEALTH CARE 2004」が,1月21〜23日,東京ビッグサイト
で開催される。施設の建設から運営まで、事業展開のステージに応じた最新情
報を得る事ができる。また介護施設の経営に関する講座を中心に、介護分野に
従事する皆様に役立つ、専門性の高いフォーラムも同時開催する。
http://expo.nikkeibp.co.jp/kaigo/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━