━━☆No. 82☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2004.1.5☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2003年の新生児出生
112万人で過去最低更新の見通し

厚生労働省が公表した人口動態統計の年間推計によると,2003年に生まれた赤
ちゃんは112万1,000人と3年連続で減少,過去最低を更新する見通しであること
が分かった。推計では新たに生まれた赤ちゃんは前年の115万3,855人より約3万
3,000人減る見通し。死亡数は1947年の113万8,238人に次いで戦後2番目の102万
5,000人となる見込みで,これにより自然増加数は9万6,000人と10万人を割り込
み,「人口減少時代」が一段と近づいた。(日経 1/1)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei03/index.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■昨年の新車販売
400万台回復、トラック買い替えがけん引

2003年の国内新車販売台数(軽自動車を除く)は3年ぶりに増加に転じ、400万
台の大台を回復したもようだ。日本経済新聞社の調査によると、自動車メーカー
各社の新車販売台数は前年比1.5%増の約402万7000台になった。乗用車は低迷
したが、ディーゼル排ガス規制強化に伴うトラックの買い替え需要がけん引役
となった。

車名別の年間新車販売ランキングではトヨタ自動車の小型車「カローラ」が2年
ぶりに首位を奪還した。昨年首位だったホンダ「フィット」は2位。1月に発売
したトヨタの小型ミニバン「ウィッシュ」が3位に食い込んだ。(日経 12/31)
http://www.jama.or.jp/

■福祉用具の評価機関創設へ
今春設立に向け発起人会

全国の福祉団体や介護サービス事業者、神戸市などは昨年末、都内で会合を開
き、車いすなど福祉用具の安全性や使い勝手を評価する第三者機関「日本福祉
用具評価センター」(仮称)の設立に向けた発起人会を発足させた。今年3月
に設立し、2005年度から業務を始める予定。高齢者の増加で福祉用具の利用が
広がる中、製品の信頼性を確保するのが狙い。(日刊工業 12/29)

■豊田紡織など
サイザル繊維を用いた自動車天井材を開発

豊田紡織は,トヨタ自動車や内装材メーカーの中川産業と共同で,ロープなど
の原料となるサイザル繊維を用いた自動車天井材を開発した。トヨタが発売し
た新型“クラウン”に採用された。トヨタではリサイクル率を向上させるため
に天然繊維を使用した部品の採用を拡大している。(日経産業 12/26)
http://www.toyoda-boshoku.co.jp/japan/03122501.pdf

■帝人ファイバー
LCA調査による新原料リサイクルの環境負荷削減効果を発表

帝人ファイバーが展開している新原料リサイクルは、特徴として、回収したポ
リエステル製品をDMTに戻すことにより、従来の石油からの生産に比べて省
エネルギーおよび二酸化炭素排出量削減の効果が大きいことが挙げられる。こ
うした地球環境負荷の低減について、このたび経済産業省の「繊維製品3R推
進会議」(2003年10月9日)で報告された「繊維製品のLCA調査報告書」にお
いてその効果が公的に示された。これにより、石油からDMTを生産するのに
対し、消費エネルギーを84%削減、二酸化炭素排出量を77%削減 ( 「繊
維製品3R推進会議」のデータにリサイクルせず焼却した場合の排出量を加え
た値 ) できることが実証されたことになる。
http://www.teijin.co.jp/japanese/news/2003/jbd031222.html

■シキボウ
花粉症を予防する繊維を開発

シキボウは杏林大学と共同で花粉症予防に役立つ繊維を開発した。花粉に含ま
れる炎症を引き起こす物質だけ吸着し,炎症の発生を抑える。今月から販売し,
シーツや布団カバーなど寝装品,シャツやパジャマなど衣料向けに売り込む。
(日経産業 1/5)
http://www.shikibo.co.jp/index.html

■ロイヤルネットワーク
紙おむつリサイクル事業を開始

クリーニングで東北最大の直営店舗をもつロイヤルネットワークは,10月から
紙おむつリサイクル事業を始める。病院で回収した高齢者用紙おむつから上質
パルプを抽出,再生紙原料として製紙会社や紙おむつメーカーに販売する。
(日経産業 12/24)
http://www.usachan.co.jp/

■大木工芸・龍谷大など
集団感染を防止する空気清浄機を開発

炭素新素材開発の大木工芸とサンセイ医療機材は,病院などで集団感染を防ぐ
空気清浄機を龍谷大学と共同で開発した。独自に開発した竹炭の粉末を混ぜた
酵素フィルターとオゾンの効果で殺菌する。(日経産業 1/5)

■アールストローム東京
アールストロームジャパンに社名を変更

アールストローム東京(堀江雅明社長) では,このほど社名をアールストローム
ジャパン(株)(英文表記:Ahlstrom Japan Inc.)に変更した。
http://www.ahlstrom.com/

■ヒューテック
上海に事務所を開設へ

検査装置製造のヒューテックは,今年にも上海に事務所を新設する。中国では
食品パッケージ用など印刷検査装置の需要が高まっており,まず現地の市場調
査などを目的に4人前後を派遣。営業や保守サービスも順次手掛ける方針。
(日経産業 12/30)
http://www.futec.co.jp/

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■欧州
8月中旬から横ばいを続けていたポリプロピレンチップ価格が、11月に入り0.05
ユーロ低下してキロあたり0.72〜0.77ユーロに

■米国
第12回フィルトレーション2003インターナショナル・コンファレンス&エクス
ポジションが展示企業110社と3年間でもっとも小規模で開催

■BBAファイバーウェブ社(北米)
ワイパーの事業規模がサニタリーを超えて北米で最大となったため、2004年は
ワイパーの年になると予想

■レンツィング・ファイバー社、マーティン・カラーファイ社(米国)
レーヨンメーカー、レンツィング社とポリエステルメーカー、マーティン社が
売却

■メッドライン・インダストリーズ社(米国)
病院用サプライ製品生産/販売のメッドライン社が、ベビー用クリーン・クロ
スをテレビ通販で展開開始

■アルクエスト社(米国)
ベビー用紙おむつメーカー、アルクエスト社がトレーニングパンツの全国販売
開始

■マイン社、オルサ社(イタリア)
合弁でワイパー、医療用不織布を生産

■フィテサ社(ブラジル)
メルトブローン、スパンボンドの生産能力を拡大

■グルポ・マーベ社(メキシコ)
ベビー用紙おむつ・大人用紙おむつの生産能力を拡充。2004年1月、第9大人用
紙おむつラインを稼働開始予定

■アルティクロス・ハイジニコス社(メキシコ)
メキシコのアルティクロス社がパンティーライナーの新製品2種をPLMAショーで
紹介

■アタマン社(トルコ)
ワイパーメーカー、アタマン社が米国のPLMAショーに初参加。アクネ・ウォッ
シュ、ベビー・ウォッシュ、集中治療用のワイパーを紹介

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■王子ネピア
花柄プリント入り大人用紙おむつを発売

王子ネピアは,2月20日から花柄プリント入り大人用紙おむつ“ネピアテンダー
プリントパンツ”を全国発売する。女性を対象にしたパンツタイプのおむつで,
介護商品でもデザインに配慮した製品を身に着けたいとの需要が高いと判断し
た。(日経産業 12/26)
http://www.nepia.co.jp/index.html

■三菱重工業
世界初の酵素利用型アレルゲン分解フィルター搭載エアコン

三菱重工業は、世界初の酵素利用型アレルゲン分解フィルターを搭載した新し
い家庭用ルームエアコンの高級タイプ“SFシリーズ”6機種と標準タイプの“ZF
シリーズ”6機種を開発し、1月から順次販売を開始する。
http://www.mhi.co.jp/index_news.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ENEX2004/第28回地球環境とエネルギーの調和展 
2月に東京,大阪で開催

「第28回地球環境とエネルギーの調和展」が、2月に省エネルギー月間の主要行
事として、東京(2月12〜14日)と大阪(2月19〜21日)の2会場で開催される。
今回は「明日のヒントは、ここにある。」をテーマに産業部門、民生・業務部
門さらには家庭部門の省エネルギー・新エネルギーの情報を提供する。
http://www.eccj.or.jp/enex2004/guide/index.html

■メディカルショー ジャパン & ビジネスエキスポ 2004
5月27〜28日,東京国際フォーラムで開催

メディカルショー ジャパン & ビジネスエキスポ 2004(旧・総合医科器械展)
が,5月27〜28日,東京国際フォーラムで開催される。医療機器展示の方法にも
新たな工夫を試みながら、メーカーとディーラー、医療機関との開かれた対話
の場であることを広くアピールする。
http://www.jij.co.jp/event/medical/index.html

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No. 83☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2004. 1.13☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本不織布協会
関東地区の賀詞交歓会を開催

日本不織布協会(田中裕会長、日本バイリーン(株)代表取締役社長)は例年
「新春賀詞交歓会」を東京・関西・四国の3地区で開催しているが、1月9日に今
年最初となる関東地区の賀詞交歓会が東京・霞ヶ関の東京會舘において開催さ
れた。

当日は会員のほか来賓、業界関係者など123名が出席、同協会事務局長・吉村輝
夫氏の司会進行によりスタート、田中会長の年頭挨拶に続き来賓を代表し経済
産業省製造産業局繊維課長補佐の江原範孝氏、日本貿易振興機構(JETRO)海外
見本市課長の犬山正人氏が祝辞を述べ、日本不織布協会理事の大河原康博氏
((株)エヌ・ティ・シー代表取締役社長)の発声により乾杯が行われた。

また、中締めは同理事の西脇敬氏((株)フジコー 営業統括執行役員)により
行われた。ちなみに、関西地区の新春賀詞交歓会は1月16日大阪・太閤園ガーデ
ンホールで、四国地区は1月23日川之江・古辰でそれぞれが開催される。
なお、1月9日の田中会長による年頭挨拶は大要以下の通り。

「昨年、不織布の仕事に携わる者にとってもっともインパクトがあったのはSARS
である。まず5月に上海で開催予定だったANEX2003が12月に延期され、年末の多
忙な時期での開催を余儀なくされた。その一方では、SARSの予防・感染防止の
ためマスクや防護服、除菌ワイパーなど不織布製品が多量に使われ、不織布に
対する一般の認識も一段と深まった。

不織布全般については、経済産業省の生産動態統計調査によると昨年1〜10月は
不織布生産量は24万6,000tで対前年同期比101%とほぼ横這いに推移した。年間
通じてもほぼ同様であると予想され、繊維産業全体が厳しい環境にあるなか不
織布はまずまずの成果をあげた1年ではなかったかと思う。

とは言え、中国はじめアジアの近隣諸国について見ると不織布産業の成長には
著しいものがあり、わが国の不織布産業にとっては低価格品の輸入増加、海外
への生産シフトによる国内生産空洞化など深刻な問題となっている。しかし、
不織布の輸出入では輸出の伸びが輸入のそれを上回っており、日本製の高品質
・高機能不織布がアジア市場で需要を確実に伸ばしている。

このことから、わが国の不織布産業は市場の対象を国内にとどめずアジアへ拡
げていく視点からの展開を必要とされていることがわかる。わが国は世界的に
見ても繊維、バインダー原料、加工技術、商品開発などで優位な立場にあり、
それらを活かし国際競争力のある高付加価値・高機能素材を追求していき、同
時にコストの低減努力にも引き続き取り組んでいけばアジアのリーダーであり
続けることができよう。

こうした現状認識の下、今年は不織布産業の将来的課題を見直す年になると考
える。そのためにも不織布の基本を改めて問い直し、さらにその機能・特徴を
見つめ直して新たな市場を開拓していかなければならない。当協会は会員154社
で構成され、折々に各地で講演会などの行事を催しているが、それらへの参加
者は年々増加傾向にある。会員各社の情報交換の場として有効に利用されてい
るが、今後とも情報の発信、情報交換の場の提供に力を入れ、とくにアジアに
関連する情報の収集・発信を重点テーマとしていきたい。

また、先ほど述べた上海で開催したANEX2003は大盛況だったが、当協会も日本
パビリオンを設営しアジアのリーダとしてその存在を十分に示すことができた。
2年後のANEX2006については日本での開催が正式に決定しており、今年は開催準
備のスタート年となるわけだが、よりよい展示会開催となるようこれから会員
各位と大いに議論を交わしていきたいと考えている」

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■自動車国内メーカー12社
自動車リサイクル法でトヨタ,日産を中核に協業

トヨタ自動車,日産自動車など国内自動車メーカー12社は,2005年1月に施行さ
れる「自動車リサイクル法」に対応し,自動車の破砕後に出るシュレッダーダ
ストのリサイクル処理に向け,トヨタ,日産がそれぞれ中核となり2つの企業コ
ンソーシアム(協業組織)を発足した。(日本工業 1/13)
http://www.toyota.co.jp/jp/news/04/Jan/nt04_0102.html
http://www.nissan-global.com/JP/STORY/0,1299,SI9-CH180-LO4-TI973-CI731
-IFY-MC109,00.html

■国土交通省
大型ビルに緑化義務付け、敷地面積の25%上限

国土交通省は都市の緑化と美しい景観づくりのため、大規模ビル開発の際に、
市区町村が敷地面積の25%を上限に緑化を義務付ける「緑化地域」制度を創設
する。歴史的な町並み保存などのために、一定区域内で市区町村が建築物のデ
ザインや色彩を規制する仕組みも作る。早ければ2004年度中に導入する。
(日経 1/13)

■ニッポン高度紙工業
裁断加工工場を新設

ニッポン高度紙工業は、電解コンデンサ用セパレータおよび各種電池用セパレー
タの後工程である裁断加工工場を新設する。国内の裁断加工は現在、本社春野
工場、安芸工場および外注工場の3工場で行っているが、生産効率の向上と将
来における需要の増大に対処するため、本社春野工場と安芸工場を統合し、高
知みなみ流通団地内に新たに裁断加工工場を設立する。
http://www.kodoshi.co.jp/stock/press/160107.pdf

■クラレ
新世代ポバール“HPポリマー”を開発

クラレは、このほど独自技術により、より高性能で、使用特性にも優れる新世
代のポバール“HPポリマー”を開発し、販売を開始した。ポバール(ポリビ
ニルアルコール PVA)は、ビニロン繊維の原料として、同社が世界に先駆け
て工業化した機能性樹脂。合成高分子の一種でありながら「水に溶ける」とい
うユニークな性質を持つほか、造膜性、接着性、乳化性、耐油性、耐薬品性な
どに優れている。これらの特長を生かして、ビニロン繊維やフィルムの原料用
途はもとより、エマルジョン乳化重合安定剤、紙加工剤、接着剤、塩化ビニル
の重合安定剤など幅広い用途に向けられている。同社は世界の約30%以上のシェ
アを持つトップメーカー。
http://www.kuraray.co.jp/press/2004/040109/index.html

■東レ
アクリル繊維のリサイクル事業を拡充

東レは,今年4月からアクリル繊維のマテリアルリサイクルを本格展開する。ア
クリル繊維が特定の溶剤に溶解する性質を利用して,製糸工場から出る屑や紡
績屑を回収・溶解し繊維に再生するシステムを本格運用する。
(化学工業日報 1/6)
http://www.toray.co.jp/index.html

■日本板硝子
電気二重層キャパシタ用セパレータに進出

日本板硝子は,電気二重層キャパシタ用セパレータを開発し,同市場に進出す
る。自動車用バッテリー・セパレータで蓄積した技術力を生かして,無機フィ
ラーを複合化した多孔質ポリオレフィン系フィルムの開発に成功した。
(化学工業日報 1/5)
http://www.nsg.co.jp/

■白鳥ナノテクノロジー
排泄物の臭いを感度30倍で把握

慶応大学発ベンチャーの白鳥ナノテクノロジーは,遠隔地の介護者に寝たきり
老人が失禁したことを知らせるシステムを開発した。従来より30倍感度を上げ
たセンサーが臭いを感知し,データ化してインターネットで伝える。介護者が
状態を確認する負担を軽減する。(日経産業 1/1)
http://www.snt.jp/

■田島ルーフィング
屋上緑化で独社と提携

田島ルーフィングは,ドイツの屋上緑化最大手のツィンコ社と業務提携した。
ツィンコ社がもつ植物や土壌に関する技術を導入するほか,屋上緑化システム
事業全般で協力する。(日経産業 1/5)
http://www.tajima-roof.co.jp/

■ケンコーコム
介護用品の取扱いを開始

健康食品のインターネット通販を手掛けるケンコーコムは,2004年度中に老人
介護を念頭に置いた「介護用パンツ」や「尿漏れ防止シート」などの介護用品
やペット関連用品の販売を始め,取扱い商品を4万種類に倍増させる。
(日経流通 1/8)
http://www.kenko.com/

■フジタ
ネットバリヤー工法を高架橋・トンネル補修工事へ積極提案

フジタは、首都圏で多くの施工実績を有する、コンクリート片の剥落防止工法
“ネットバリヤー工法”を全国展開し、高架橋やトンネルの補修工事へ積極的
に提案し、土木リニューアル事業を強化していく。同工法は、アラミド繊維と
ビニロンの格子ネットにポリプロピレンの不織布を合体した連続繊維シートを、
紫外線対策不要の無機系ポリマーセメントモルタルでコンクリート躯体に接着
させる。コンクリート片の落下を防止すると同時に、コンクリートの劣化要因
である二酸化炭素や塩化物イオンの侵入を遮断する効果がある。施工面では、
工数が少なく1日で仕上げられるため、時間の制約がある場所に適する。
http://www.fujita.co.jp/release/R2003/2004_0109net.htm

■中央自動車工業
車内を抗菌・防臭加工

中央自動車工業は,自動車の内装部分を抗菌・防臭加工するサービスを始めた。
チタン化合の水溶液を車内に散布するだけで,最低2年間は効果が続くとしてい
る。(日経流通 1/13)
http://www.central-auto.co.jp/

■旭・デュポン
化学防護服のブランド再編

旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツは,化学防護服“タイベック プロ
テック”シリーズのブランドを,米デュポンの世界展開策に合わせて再編,今
月から名称変更する。今後は,乾燥粒子に対し高いバリア性をもつ“タイベッ
クソフトウェア”,幅広い化学物質に対し高い防護性能を有する“タイケムC/
同F”のブランドで展開する。(化学工業日報 1/13)
http://www.tyvek.co.jp/

■チバ・スペシャルティ・ケミカルズ
田中氏がディマリー社長の後任に

チバ・スペシャルティ・ケミカルズでは1月1日付けで,アラン・ディマリー北
東アジア地域社長が北ヨーロッパ地域社長に就任した。後任の代表取締役社長
には,田中正孝氏が就任した。
http://www.cibasc.com/view.asp?id=1285

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■中国衛生省
SARS3人目の疑いと発表

中国衛生省は12日、広東省の35歳の男性が新型肺炎、重症急性呼吸器症候群(S
ARS=サーズ)に感染した疑いがあり、同省人民病院で隔離、治療を受けて
いると発表した。香港衛生当局は11日、広東省当局から「新型肺炎の兆候を持っ
た男性が、経過観察のため病院で隔離されている」と報告を受けたと発表して
いた。中国本土でのSARS感染の確認例、疑い例は今冬3人目。(日経 1/12)

■韓国
最大輸出先が米国を抜き中国に

韓国の対中輸出額が昨年、対米輸出額を初めて抜き、輸出相手国として中国が
1位になった。韓国は昨年、年間輸出額が過去最高を記録したが、中国向けは
357億ドル(推定)と前年比約50%増えたのに対し、米国向けは4%増の342億ド
ルにとどまった。中国市場の重みが増す半面、日本は3位の座が定着しそうな
気配だ。(日経 1/3)

■INDA
International Nonwovens Journal 冬号をネット上にアップ

INDAは,International Nonwovens Journal 冬号をインターネット上で閲覧で
きるようにした。
http://www.inda.org/subscrip/inj03_4/toc.pdf

主な内容は次の通り。

■Evaluation of Potential Exposure To Metals In Laundered Shop Towels
Original Paper by Leslie A. Beyer MS, Mara R. Seeley PhD, and Barbara D.
Beck PhD, Gradient Corporation

■Quality Control In Manufacturing of Electrospun Nanofiber Composites
Original Paper by Dmitry M. Luzhansky, Donaldson Company, Inc

■Electret Media For HVAC Filtration Applications
Original Paper by David L. Myers and B. Dean Arnold, Nonwoven Fabrics
Research and Development, Kimberly-Clark Corporation

■The Manufacturing of Wet-Laid Hydroentangled Glass Fiber Composites:
Preliminary Results
Original Paper by N. Vaidya1 , B. Pourdeyhimi2 and D. Shiffler,
Nonwovens Cooperative Research Center, North Carolina State University,
and M. Acar, Mechanical and Manufacturing Engineering, Loughborough
University

■Utilization of Peanut Shell Fibers In Nonwoven Erosion Control
Materials
Original Paper by Nicole Bieak, Auburn University, and Brian R. George,
School of Textiles & Materials Technology, Philadelphia University

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■花王
女性の軽い尿モレ用パッドなど発売

花王は、女性の軽い尿モレの悩みに応える“フリーデイ デオドラントライ
ナー”と“フリーデイ ふわっとフィットショーツ”を新発売する。“フリー
デイ デオドラントライナー”はスピード吸収でいつもサラサラ快適な使いご
こち、しかも活性炭シートや緑茶エキス配合で気になるニオイも瞬間消臭する。

“フリーデイ ふわっとフィットショーツ”はライナーやパッドと一緒に使う、
はじめての不織布でできた洗える使い捨てショーツ。やさしい肌触りと、きつ
くしめつけすぎないフィット感でパッドやライナーをしっかり固定するので安
心。いずれも手に取りやすいパッケージデザインで、生理用品売り場を中心に
展開予定。
http://www.kao.co.jp/comp/news/2004/01/n20040113_01SN.html

■岩崎環境施設
“光”除菌脱臭装置を新発売

岩崎環境施設は、光触媒を利用した空気清浄調湿装置“Saafu”に続き、新たに
“光”除菌脱臭装置“クリーン太くん”を開発、インフルエンザなど感染症多
発シーズンに向けて、一般販売を開始した。NEDO(新エネルギー・産業技術総
合開発機構)の福祉用具実用化開発費助成事業の下で、東京女子医科大学感染
症科による実証試験を行った後に種々の改良を重ねるなど、フィールドにおけ
る脱臭性能はもちろんのこと、特に除菌性能の強化を目指し、産学官連携によ
り製品化した。
http://www.iwasaki-kankyou.co.jp/news02.htm

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本不織布協会
IDEA04の視察ツアーを募集

世界の3大不織布展のひとつIDEA04が4月27日から29日まで,米マイアミビーチ
で開催されるが,日本不織布協会では,同展への視察ツアーを募集している。
日程は4月25日から30日までの5泊6日。

ツアーではThe College of Textiles of North Carolina State Universityの
中にある不織布研究開発機関であるNCRC(Nonwovens Cooperative Research
Center)の見学も予定されている。
http://www.inda.org/idea04/index.html
http://www.tx.ncsu.edu/ncrc/

問合せ先
日本不織布協会
TEL03-5699-4041 FAX03-5688-4042
TEL06-6945-4088 FAX06-6945-6066
http://www.anna.gr.jp/index2.html
(株)インセンティブ
TEL06-6543-8875 FAX06-6543-8856
TEL0120-887587

■HEALTH CARE 2004
1月21〜23日,ビッグサイトで開催

HEALTH CARE 2004は高齢者介護関連施設の新設・改修をテーマに、施設関連の
ハード・ソフト・サービスを集めた展示会。施設の建設から運営まで、事業展
開のステージに応じた最新情報を得る事ができる。また介護施設の経営に関す
る講座を中心に、介護分野に従事する人に役立つ、専門性の高いフォーラムも
同時開催する。
http://expo.nikkeibp.co.jp/kaigo/

■日本包装学会
第33回シンポジウム「レトルト食品と包装」を2月5日,東京で開催

日本包装学会は,第33回シンポジウム「レトルト食品と包装」を2月5日,東京
品川区のきゅりあんで開催する。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/spstj/
http://www.jpi.or.jp/

■インターネプコン・ジャパン
1月28〜30日,東京ビッグサイトで開催

エレクトロニクス製造・実装に関する装置、技術、部品・材料が一堂に集まる
アジア最大の専門技術展として、1972年に第1回目を開催。以来エレクトロニク
スの実装・製造業界に欠かせない専門展として定着している。
http://www.reedexpo.co.jp/inj/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No. 84☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2004. 1.19☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本の貿易
「中国圏」が最大の輸出先に

日本から中国,台湾,香港を合わせた「中国圏」への輸出が急増している。昨
年の輸出額は前年より約20%増え,暦年で初めて対米輸出を上回るのが確実。
中国はすでに最大の輸入元だが,輸出でも「中国圏」経済への依存が鮮明で,
日中を核にした貿易関係は一段と緊密になっている。財務省の貿易統計による
と「中国圏」への03年1〜11月の輸出額は前年同期比19.5%増の12兆3,449億円
で,米国向けの12兆2,980億円を上回った。(日経 1/17)
http://www.customs.go.jp/toukei/info/index.htm

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■乾溜リサイクル総合技術研究会
廃自動車を蒸し焼きにしてリサイクル

乾溜リサイクル総合技術研究会は,廃自動車を蒸し焼きにしてリサイクル「乾
溜リサイクル方式」を確立した。リサイクル率は95%に達し,今年中に完全施
行される廃車リサイクル率95%を掲げた自動車リサイクル法に対応する。
(日刊工業 1/14)

■ユニチカ
ナイロンフィルムの海外生産を拡大

ユニチカは食品や洗剤の包装資材などに使うナイロンフィルムの生産をアジア
地域で拡大する。中国・無錫市に新工場を稼働させるほか、インドネシアでも
生産設備を増強する。投資額は計150億円程度。2008年度までに国内を含めた総
生産量を年5万4000トンと、現在の約二倍に引き上げる。中国や東南アジアで冷
凍・レトルト食品など向けの需要が増加していることに対応する。(日経 1/14)

■ニッパツ
日産向けシート受注拡大

ニッパツは自動車シート大手の仏フォルシアと共同で,日産自動車向けシート
の受注拡大に乗り出す。急成長を続ける中国や最大市場の米国で両社の営業・
生産拠点を相互に活用し,海外各地で現地生産を拡大する日産の動きに対応す
る。(日経産業 1/15)
http://www.nhkspg.co.jp/

■古河産業
屋上植生グリーンマットの効果を確認

古河産業は,夏場の直射日光による室温情報を抑える屋上グリーンマット製品
の効果について,同製品を敷いた直下と,敷かない直下の部屋で比較すると1℃
強の温度差が出ることを確認した。(日刊工業 1/14)

■東レ
上海に新研究拠点

東レは,中国・上海市に,繊維に関連する高分子研究を手掛ける研究所を新た
に開設した。中国政府が重点大学と位置づける上海交通大学と連携しながら,
現地の優れた研究者を積極的に投入し,先端技術研究を強化するのが狙い。
(日本工業 1/14)
http://www.toray.co.jp/index.html

■東レ
タイに工業用縫糸設備

東レは高強力ポリエステル繊維の事業強化に乗り出す。これまで自動車用シー
トベルト向けの事業展開が中心だったが,工業用縫糸のアジア需要が堅調なこ
とから,タイのポリエステル繊維拠点に専用設備を新設,03年12月から生産を
開始した。(化学工業日報 1/15)
http://www.toray.co.jp/

■ホギメディカル
経常益9%減

ホギメディカルの2003年4月〜12月期の連結業績は,経常利益が前年同期比9%
減の45億円だった。新たに販売を始めた,手術用器具のキット製品を受発注す
る情報管理システムが成約できず,新設工場の償却負担を補えなかった。
(日経 1/16)
http://www.hogy.co.jp/pdf/0401tanshin_j.PDF

■紙おむつ類と生理用品のPOSシェア12月ランキング

紙おむつ類は,1位がユニ・チャームで49.3%(前月比1.5%増),2位が花王で
19.6%(同1.6%増)3位がP&Gで16.5%(同3.6%減),4位が大王製紙で6.3% (同
0.4%減),その他が8.3%(同0.9%増)。

生理用品は,1位がユニ・チャームで42.5%(前月比3.6%増),2位が花王で24.2%
(同1.0%減),3位がP&Gで14.6%(同4.1%減),4位が大王製紙で9.3%(同0.2%
減 ),その他が9.4%(同1.7%増)。(日経流通 1/17)

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■米国
米国の不織布原反需要が年率4%増加し、2007年に50億ドルに達すると予想

■欧州
年末年始は事業が鈍化するため、ポリプロピレン、ポリエステル価格は横ばい、
2004年レーヨン価格は上昇予想

■ポリマー・グループ(米国)
2005年半ば操業を目指して、上海近郊にスパンメルト新工場を建設

■ポリマー・グループ(メキシコ)
ポリマー・グループがメキシコ工場にライフェンハイザー社製ライコフィル3ス
パンボンドラインを設置完了

■マクエアレイド・ヴリーストフ社(ドイツ)
エアレイド不織布メーカー、マクエアレイド社が、前年比売上30%増の好調な
2003年を終え、2004年さらに良好な業績を予想

■康那香企業(KNHエンタープライズ社)(台湾)
サニタリー用の新複合素材“テアレイド”を生産開始

■03年の欧州新車販売
日本車の台数・シェアとも過去最高

欧州自動車工業会(ACEA)が発表した新車販売統計(西欧18ヵ国)によると,
トヨタ自動車など日本車の03年の販売台数は前年比9%増え,過去最高の179万
9.000台となった。販売シェアは12.7%で12年ぶりに最高記録を更新した。
(日経 1/16)
http://www.acea.be/ACEA/press_releases.html

■デュポン
成長市場に人材投入

デュポンは成長に焦点を当てた新組織を発足させた。世界市場のマーケティン
グと販売を統括する責任者を任命し,事業部門の枠を越えて市場を開拓する体
制をつくりあげる。また,成長市場のアジア太平洋と南米の両地域の事業体制
を再編した。(化学工業日報 1/14)
http://www1.dupont.com/NASApp/dupontglobal/corp/index.jsp?GXHC_gx_sess
ion_id_=ce284425bb2b3a88&GXHC_lang=en_US&GXHC_ctry=US&page=/content/US
/en_US/news/daily/2004/dn01_14_04a.html

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■花王
パウダーシート2製品を新発売

花王は2月28日、汗のベタつきやにおいをもとから取り除き、さらさらの素
肌を保つ“ビオレ さらさらパウダーシート”から、汗をふきとると同時に紫
外線もカットできる“UVカット”と、みずみずしい香りが楽しめる“ラ・フ
ランスの香り”の2品を新発売する。強化パルプシートが汗をすっきりふきと
る。

また同社は2月21日、凹凸のある鼻にぴったりフィットする、新しい立体裁
断シートになった“ビオレ 毛穴すっきりパック”を改良新発売する。凹凸の
ある鼻にぴったりフィットする新立体裁断シートに改良することにより、パッ
クを鼻に貼る際によれたり浮いたりせず、小鼻のわきや鼻先までぴったり貼る
ことができ、毛穴の汚れをきちんと取ることができる。また今回の改良に合わ
せて、デザインも一新する。
http://www.kao.co.jp/comp/news/2004/01/n20040114_01biore.html
http://www.kao.co.jp/comp/news/2004/01/n20040114_03biore.html

■クラレほか3社
ポリ乳酸繊維“プラスターチ”製のペーパーバッグ用ハンドルを発売

包装メーカー大手のザ・パック、ハンドルメーカーの松浦産業、クラレの3社
は、トウモロコシを原料とするポリ乳酸繊維“プラスターチ”製のペーパーバッ
グ用ハンドル“バイオロープ”を共同開発し、このハンドルを装着した環境に
優しいペーパーバッグをザ・パックより1月20日に本格発売開始する。製品すべ
てが循環型素材で構成されており、プレマーケティングでは環境意識の高い企
業を中心に高い評価を得ている。

今回の“バイオロープ”を使ったペーパーバッグは「自然に優しいパッケージ」
を推進するザ・パックと「エコロジーマテリアル」化を進める松浦産業、「エ
コフレンドリー企業」を目指すクラレの共同企画によるもので、各社の環境に
対する姿勢を具現化した。
http://www.kuraray.co.jp/press/2004/040115/index.html

■富士通ゼネラル
「フィルター自動清掃」の高機能エアコン新シリーズ4機種を新発売

富士通ゼネラルは、2004年度ルームエアコンとして、独自の「フィルター自動
清掃機構」を持った高機能エアコン“nocria”の新シリーズ4機種を開発、
発売する。新シリーズでは、省エネ性能や独自の「フィルター自動清掃機構」
などの機能を一層充実させるとともに、新除菌素材「チタンアパタイト」採用
による除菌能力の向上、「ボイスチェック」機能による使いやすさの向上など
を図った。新商品は28型から63型までシリーズ4機種を揃え、2月より順
次発売する。
http://www.fujitsugeneral.co.jp/japanese/koho/0401/nocria/nocria.htm

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本不織布協会
関西地区の新春賀詞交歓会を240人の参加のもとに盛大に開催

日本不織布協会は16日,大阪市都島区の太閤園で関西地区の新春賀詞交歓会を
会員ら240人の参加のもとに盛大に開催した。田中裕会長(日本バイリーン社
長)の挨拶に続いて,来賓の矢井田修氏(日本繊維機械学会不織布研究会委員
長・京都女子大学家政学部教授)が祝辞を述べた。乾杯の音頭は金井宏副会長
(金井重要工業副社長)が,また中締めは井上靖三副会長(シンワ副社長)が
それぞれ行った。また,新会員として正会員3社(ユウホウ,旭化成商事,明星
産商),賛助会員5社(繊維社,テクノトレーディング,兼松KGK,三澤繊維,
エヌエスシージャパン)の紹介が行われた。

■Guangzhou International Nonwovens Exhibtion(広州国際不織布展)
5月19〜21日に中国・広州で開催

Guangzhou International Nonwovens Exhibtion(広州国際不織布展)が,5月
19〜21日に中国・広州のChinese Export Commodities Fairground Guangzhouで
開催される。
http://www.toprepute.com.hk/pages/exhibitions/china/nonwoven.htm

■ドルッパ2004
5月6日〜19日,独デュッセルドルフで開催

世界最大規模の国際印刷メディア見本市「drupa 2004(ドルッパ)/国際総合印刷
機材展」 が,5月6日〜19日,独デュッセルドルフで開催される。4年に1度の開
催で今回の見本市では,デジタル技術を駆使した印刷技術から包装材料まで幅
広く出展される。
http://www5.drupa.de/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No. 85☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2004. 1.26☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■経済産業省
光触媒試験方法のJIS制定(空気浄化性能試験方法のJIS化)

経済産業省は、光触媒に関する最初のJISとなる「光触媒の空気浄化性能試
験方法」を制定した。今回のJIS制定により、光触媒の空気浄化性能の正確
な測定が可能となる。この結果、商品の信頼性向上に伴う市場拡大(現在の国
内市場規模約400億円、消費者保護(正確な性能情報に基づき商品選択が可能、
メーカの商品開発の側面支援、環境・資源循環型社会への貢献)等が期待でき
る。

なお、本件試験方法については、日本から国際規格化を提案し、国際的合意を
得ている(2003年10月。その際、規格化のための作業委員)会の主査として日
本の研究者が指名された。光触媒は日本発の先端技術であり、技術力及び商品
化において他国に先んじている。標準を有効に活用することにより、技術的優
位を競争力として具現化することが期待される。
http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0004875/0/040120jis.pdf

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本化学繊維協会
2003年の化学繊維生産の概況(速報)を発表

日本化学繊維協会は,2003年の化学繊維生産の概況(速報)を発表した。
それによると,2003年年間の化学繊維生産は131.6万t、前年比7.1%減。うち、
合成繊維は115.7万t、同7.7%減、セルロース繊維は15.9万t、同2.1%減で
あった。
http://www.fcc.co.jp/JCFA/press_release/seizai2003.pdf

■リチウムイオン2次電池
03年の出荷量が対前年比31%増

2003年のリチウムイオン2次電池の出荷数量が7億8,800万個に達し,前年の6億
200万個を31%上回る過去最高となった。また,出荷金額も3千54億7,000万円で
同18.2%増となり数量ともに過去最高を記録した。(化学工業日報 1/20)
http://www.baj.or.jp/

■九州工業大学・東邦チタニウム
光触媒の活性技術を開発

九州工業大学の横野教授は東邦チタニウムと共同で,光触媒微粒子の構造を制
御し活性を向上する基礎技術を開発した。結晶の構造を整えることで,酸化力
が減衰するのを抑えた。(日経産業 1/21)
http://www.kyutech.ac.jp/top/index.asp
http://www.toho-titanium.co.jp/jp/index.htm

■東レ
韓国でPPスパンボンド増強

東レグループは,PPスパンボンドのアジアシフトを拡大する。韓国合弁拠点の
東レセハンで,2005年に年7,000t能力を増強し5万t体制に引き上げる。現状
の4層品から5層品まで可能な設備とすることで,風合いをより柔らかくできる
としている。(化学工業日報 1/22)
http://www.toray.co.jp/
http://www.toraysaehan.co.kr/jp/main/main.html

■東レ
人工皮革のブランドを統一

東レは国内外の自動車用人工皮革のブランドを欧州向けの“アルカンターラ”
に統一する。これまで国内では衣料や雑貨向けと同様“エクセーヌ”ブランド
で販売していた。
http://www.toray.co.jp/

■デュポン
プラスチックレーザー溶着ビジネスを開始

デュポンは、プラスチックの効果的接合方法として注目を集めているプラスチッ
クレーザー溶着工法について、関連企業とのコラボレーションにより包括的に
顧客にソリューションを提供する新しいビジネスを開始する。これにより、顧
客はデュポンと開発を行うことで、プラスチックレーザー溶着に必要な全ての
技術が揃い、今までよりも更に複雑および難易度の高い開発の実現、開発期間
の短縮、部品点数の削減、歩留まりの向上、生産時間の短縮が可能となる。今
後は、日本およびアジアを中心に展開していく。
http://jp.dupont.com/jpcorp/news/012104LaserWeld.html

■大王製紙
泳げる紙おむつをリニューアルして全国発売

大王製紙では、2003年6月より一部地域にて試験発売を行っていた日本初
の泳げる紙おむつの新商品“GOO.N スイミングパンツ”を、来る1月2
1日(水)より全国発売した。テスト販売を踏まえて、ユーザーの声をさらに
取り入れた結果、サイズ変更とデザインのリニューアルを行うことで、新生「G
OO.N(グ〜ン)スイミングパンツ」へと生まれ変わった。
http://www.daio-paper.co.jp/newsrelease/index.html

■王子ネピア
花柄模様付き大人用紙おむつを全国発売

王子ネピアは,業界初となる女性向けの花柄模様付き大人用紙おむつ“ネピア
テンダープリントパンツ”を2月から全国発売する。昨秋から関東などで先行発
売したが,好評のため全国販売に移行する。(日本工業 1/20)
http://www.nepia.co.jp/

■アスクル
医療機関向けカタログを発行

アスクルでは、医療・介護施設向けに衛生用品、医療事務用品、介護用品など
を取り扱う専門カタログ「アスクル メディカル&ケア カタログ 創刊春・夏
号」を創刊した。「おむつ」などの介護用品や、「カルテフォルダー」などの医
療事務用品を中心に、約1,200アイテムの新規取扱い商品をラインアップした。
https://www.askul.co.jp/

■日立プラント
感染症法対応「第一種病室」の大幅な短工期化とコストダウンを実現

日立プラントは、2001年に独自で開発した感染症法対応「第一種病室」の大幅
な短工期化とコストダウンの実現に成功した。1)空調設備のユニット化、2)
病室サイズの標準化、さらに3)滅菌処理装置といった単品装置類など細部に
わたる短工期化の検討を行って、据え付け工事の着工から完了までの期間を従
来の約2/3に短縮することに成功した。
http://www.hitachiplant.hbi.ne.jp/topics/topics_frame.html

■東北東京鉄鋼
シュレッダーダストを電炉で熱分解

東北東京鉄鋼は,自動車リサイクルで発生するシュレッダーダストを電炉で処
理する最初の事業を立ち上げるため,中間処理施設となる1日90t規模となるキ
ルン式熱分解式炭化炉を三井造船に30億円で発注した。(日刊工業 1/20)

■兼松KGK
工作機械の販売を強化

兼松KGKは,機構を改革し工作機械の販売を強化する。ユーザーニーズのきめ細
かな対応や,高度な提案営業をするための専門チームを設置する。
(日刊工業 1/22)

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■中国
2003年のGDP成長率は9.1%,11兆6694億元

中国国家統計局は2003年の経済成長率について大まかな統計を発表した。推計
によると、中国の2003年の国内総生産(GDP)は前年比9.1%増の11兆6694億元
に達したとみられる。1997年以来、最も高い成長率となる。ドルに換算すると、
GDPは1兆4000億ドル、国民一人当たりのGDPは1090ドルとなる。

このうち、第一次産業は1兆7247億元(成長率2.5%)、第二次産業は6兆1778億
元(成長率12.5%)、第三次産業は3兆7669億元(成長率6.7%)だった。 四半
期ごとの成長率は、第1四半期が9.9%、第2四半期が6.7%、第3四半期は9.6%
(先の発表では9.1%)、第4四半期が9.9%だった。 (朝日新聞 1/20)

■03年の中国の繊維生産量
シェア36%に上昇

日本化学繊維協会がまとめた世界の化学繊維生産動向によると,中国の2003年
の生産量は前年実績比17.4%増の1,126万9,000t。世界シェアは36.6%と4.6%
上昇した。
http://www.fcc.co.jp/JCFA/index_j.html

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■クレシア
花粉症の季節に向け高品質ティシュで新製品

クレシアは、アロエエキス配合の新製品“クリネックス アロエローションティ
シュー”を新発売した。ティシュの両面にアロエエキス配合のローションを塗
工し、しっとりと滑らかな肌触りをさらに向上させた点が特徴。これまでのロー
ションティシュは片面塗工が一般的であったため、表裏差を避けられなかった。
しかし新製品は表裏どちらも肌触りがよく、デリケートな肌の人や、鼻炎など
でティシュの使用頻度が高い人に適している。
http://www.crecia.co.jp/

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本繊維機械学会/第10回春季セミナー
「繊維産業復活への道」をテーマに,3月4,5日京都で開催

日本繊維機械学会は,第10回春季セミナーを「繊維産業復活への道」をメイ
ンテーマに,3月4,5日,京都駅前のキャンパスプラザ京都で開催する。今
回は,アパレル,リサイクル,ナノテクノロジー,バイオシルク,繊維機械の
分野ごとの会場で開催する。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/tmsj/japan/planning/kaikoku-2004-1-p1-2.pdf

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━