━━☆No. 99☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2004. 5.11☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■IDEA04
中国の世界戦略がスタート

IDEA04が4月27日から29日の日程で米国マイアミビーチで開催された。日本から
はツアー3団体や個人参加を合わせ100名ほどが見学に訪れた模様だ。日本から
参加された業界関係者が同展を見学して抱いた感想を以下に紹介する。

IDEA04の出展社数は300社を越え前回を上回ったが,入場者数は前回より減少し
たという印象だった。また,欧州からの出展社や入場者も減少したという感じ
を受けた。おそらく05年にジュネーブでINDEX05が開催されることから地元での
開催を優先した結果と思われる。設備メ−カーはじめ関連部品,周辺機器メー
カーは撤退や縮小により出展社が減少したように思われた。

設備関係ではファメカニカが、小児用パンツ(はかせるタイプ)の設備を中心
に紹介していた。設備は2種類あり、P&GやKCタイプのサイドパネル方式と,ユ
ニ・チャームタイプ(いわゆる日本タイプ)の2種類の設備ができるとPRしてい
た。生産速度は製品により異なるが、250〜450DPS/minとのこと。大人用につい
ては、今後開発するであろう。なお、同社は上海に現地法人を設立し、05年春
より生産を開始する予定である。

ノードソン、ITWダイナテックは改良型設備をデモンストレーションで紹介して
いた。ノードソンの新型ロールコーターは,パンもドクターもない内部加圧型
で,スペースが少なくシンプルという特長がある。

台湾を含む中国勢は、不織布関連業者が多数出展した。なかでもおむつやナプ
キン機械の製造メーカー2社(福建省の「漢威」と安徽省の「恒昌」)が単独で
ブースを構え、積極的に売り込みをかけていた。いよいよ中国の世界戦略が始
まった,という感慨を抱いた。

材料関係の新商品は公表しないし,また表には出ていないので,具体的な目的
をもっていないと情報を入手するのが難しいと感じた。また,コンファレンス
には参加していないが、興味を引かれる講演内容に乏しいという印象を受けた。
ナノテクなど新技術の講演が行われることを期待する。

全体的な傾向としては、従来のようにカタログ・パンフレット類の配布やサン
プル提供のような展示方法は姿を消したと感じた。確実なユーザーの確保と新
技術の漏洩や模倣を避けるためか,対象を絞り対応しているとの印象が強い。
http://www.inda.org/idea04/homepage.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■国土交通省/03年の住宅着工戸数
4年ぶりプラス,対前年2.5%増の117万3,649戸

国土交通省が発表した2003年度の新設住宅着工戸数は,持屋、貸家、分譲住宅
が増加し総戸数は約117万戸となり、前年度比では 2.5%増となり、4年ぶ
りの増加となった。金利の先高観や住宅ローン減税の延長措置の不透明感に伴
う駆け込み需要が要因。
http://www.mlit.go.jp/toukeijouhou/chojou/kencha_h15.htm

■外食総研
03年の外食市場は対前年で1.7%減

外食産業総合調査研究センター(外食総研)がまとめた03年の外食市場は,前
年比で1.7%減の25兆269億円で,6年連続でマイナスとなった。個人消費の低迷
で外食支出が減っているうえ,法人需要もふるわなかった。
http://www.gaishokusoken.jp/H15marketsaizu/H15kaisetu.pdf

■JEITA
パーソナルコンピュータの2003年度出荷実績

電子情報技術産業協会(JEITA)は,2003年度の日本のパーソナルコンピュータ
(以下PC)の出荷実績を発表した。それによると,本体総出荷台数(国内出荷
+輸出)は1,156万8千台(前年同期比111%)、本体総出荷金額は1兆
7,164億円(同101%)となった。また、下半期(10〜3月) における
本体総出荷台数は607万4千台(同108%)、本体総出荷金額は8,722
億円(同98%)、第4四半期(1〜3月)における本体総出荷台数は335
万2千台(同110%)、本体総出荷金額は4,778億円(同102%)で
あった。
http://it.jeita.or.jp/statistics/pc/h15_4q/index.html

■パワーガード
介護用布おむつ新事業を開始

生ごみ処理機販売のパワーガード(名古屋市)は、病院や特別養護老人ホーム
などに購入してもらった介護用布おむつを回収、洗浄して配達する事業に本格
参入する。介護現場では使い捨ての紙おむつが廃棄物として大量に処理されて
おり、環境面からも注目を集めそうだ。この布おむつはグローバル・ケア(福
井市)が製造する“テンダーGCパンツ”。使用感は肌着に近く抗菌消臭効果
があり360回洗える。パワーガードは本社内にランドリー工場を併設。要介護者
一人当たりの費用は洗濯・消毒代や配送代が1日300円で、おむつの購入費を含
め月13,000円台。使い捨ての紙おむつより35%ほどコストが低減されるとい
う。(中日新聞 4/15)

■帝人ファイバー・平和堂
完全循環型ユニフォームリサイクルを展開

帝人ファイバーと平和堂は、平和堂の各店舗で従業員が着用した使用済みユニ
フォームを回収し、TFJ松山事業所(愛媛県松山市)内の新原料リサイクル
(「繊維to繊維」リサイクル)施設でポリエステル原料に再生する、完全循
環型リサイクルシステムを構築した。

平和堂は再生された素材を用いたユニフォームを採用することにしており、こ
れにより完全循環型ユニフォームリサイクルをしていくことになる。流通業界
における、このような取り組みはまだ例が少なく、TFJとしては、これを機
に流通業界に完全循環型ユニフォームリサイクルを本格的に展開していく計画。
http://www.teijin.co.jp/japanese/news/2004/jbd040427.html

■ダイワボウ
温度に応じ吸放熱する生地を開発

ダイワボウは,外気の温度に応じて吸熱したり放熱したりする効果のある生地
を開発し,05年の春物商品から販売する。温度の上下で吸放熱を繰り返す薬剤
をつめた超小型カプセルを生地に付着させた。(日経産業 5/7)
http://www.daiwabo.co.jp/

■アラコ
タチエスと提携解消

アラコとタチエスの大手シートメーカー2社は,自動車内装部品に関する業務提
携関係を解消する方針を固めた。アラコが10月1日付けで,豊田紡織,タカニチ
とトヨタ系内装メーカー3社で経営統合するのを機に,提携関係を白紙撤回す
る。(日刊工業 5/10)
http://www.araco.co.jp/
http://www.tachi-s.co.jp/

■ファイザー
40歳以上の女性500名対象に「排尿に関する意識と実態」調査を実施

ファイザーは、日常生活に深刻な影響を及ぼす疾患である排尿障害についての
意識と実態を明らかにすることを目的に、首都圏在住の40歳以上の女性500人を
対象に「排尿に関する意識と実態」についての調査を行った。その結果、5人に
1人が、過活動膀胱の疑いがあることが明らかになった。過活動膀胱
(Overactive Bladder:OAB)とは、「尿意切迫感を主症状とし、しばしば頻尿
や夜間頻尿を伴い、時には尿失禁を引き起こすことのある症状疾患」と国際禁
制学会で定義されている。
http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2004/2004_04_16.html

■大三金型製作所
低温・低圧成形のエアコン用フィルター開発

大三金型製作所は,低温・低圧成形を実現したエアコン向けの一体成形フィル
ターを開発した。網糸の断面を楕円形にすることで空気の流れの圧力損失を軽
減し,樹脂のスキン層との整合をとることで実現した。(日刊工業 4/29)
http://www2.ocn.ne.jp/~daisan/04_top/01j_top.html

■ユニ・チャーム/3月期連結決算
経常益20%増,過去最高の311億円

ユニ・チャームが発表した04年3月期の連結決算は,経常利益が20%増の311億
円と過去最高になった。新商品で国内の紙おむつのシェアを拡大,アジアなど
海外も大きく伸びた。
http://www.unicharm.co.jp/ir/pdfs/tansin/0403_con.pdf

■ユニ・チャーム
「業務執行会」を新設

ユニ・チャームは,高原豪久社長ら4人の執行役員で構成する「業務執行会」を
設け,業務執行の責任を明確にする新経営体制を導入すると発表した。
(日経産業 5/3)
http://www.unicharm.co.jp/

■エステー化学・住友スリーエム
家庭用品販売で業務提携

エステー化学は住友スリーエムとの間で、家庭用スポンジ・家庭用防水スプレー
・家庭用救急ばんそうこう等の家庭用品に関する販売業務提携を行うことで合
意した。それぞれが持つブランド力およびマーケティング力のシナジー効果に
よる、両社家庭用品事業の拡大をめざす。
http://www.st-c.co.jp/topics/040507.html

■新日石プラスト
本社を移転

新日石プラストは,下記に本社を移転,4月26日から業務を開始した。
移転先:〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-2-6(新日本石油虎ノ門ビル11F)
TEL03-3501-7030 FAX03-3501-7638
http://www.plasto.co.jp/

■ダイワボウ
東京事務所を移転・統合

ダイワボウは、同社およびグループ6社の東京事務所を下記に移転・統合し、
5月6日より新事務所にてそれぞれ業務を開始した。
同社ではまた,上海に中国初の事務所を開設する。

新住所
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2丁目26番5号 日通人形町ビル
大和紡績(株)東京支店 TEL03-4332-8220 FAX03-4332-8235
ダイワシザイ(株) TEL03-4332-5220 FAX03-4332-5221
http://www.daiwabo.co.jp/news/pdf/040426.pdf

■春の受勲
サンエムパッケージ・三宅隆夫会長に旭日双光章

中小企業振興功労が認められ,今春の旭日双光章受勲者に,サンエムパッケー
ジの三宅隆夫会長が選ばれた。
http://www.san-m.co.jp/

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日米欧
2006年の特許審査基準統一へ始動

日米欧は特許の審査基準を統一する新条約を2006年までに策定する枠組みで合
意し、世界知的所有権機関(WIPO)に共同提案した。新技術を公表してか
ら出願までの「猶予期間」や特許を無効にする「先行技術」の範囲など三極が
バラバラで企業の不満が強い課題に絞って一本化する。(日経 5/10)
http://www.wipo.int/

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■王子ネピア
幅広テープ採用の大人用紙おむつ

王子ネピアは,横漏れ防止機能を高めた大人用テープタイプの紙おむつ“ネピ
アテンダー安心幅広タイプ”を発売した。いちばんフィットした状態で止めら
れるので、脚まわりにもぴったりフィットし,漏れを防止する。
http://www.nepia.co.jp/topics/widetape.html

■NI帝人商事
高機能タオル

NI帝人商事は,優れた吸水力の超極細繊維を使った高機能タオル“ミクロピュ
ア”シリーズの新製品2種類を発売した。洗髪後の吸水目的の“吸水ヘアターバ
ン”と,“洗顔タオル”。
http://www2.ni-teijinshoji.co.jp/index.html

■東リ
ペット対応内装材“犬家猫館(イヌヤ ネコタチ)”新発売

東リでは、ペット対応内装材“犬家猫館(イヌヤ ネコタチ)”を新発売した。
飼い主もペットも、みんなが快適である暮らしを提案するために、ペットに関
するプロフェッショナルとともに開発した。床、壁、カーテンの推奨商品から
手入れ方法、商品選びのアドバイスなど、住まいにまつわるペットのさまざま
な悩みを解消する。
http://www.toli.co.jp/newsrelease/news20040415_1.html

■ソフト99コーポレーション
ワックスがかかる吸水クロス

ソフト99コーポレーションは,洗車後の水滴のふき取りと同時にワックスがけ
ができるクロス“カーキッズ ワックスがかかる吸水クロス”を発売した。特
殊製法により不織布繊維にワックス繊維をコーティングした。
http://www.soft99.co.jp/

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本不織布協会
不織布基礎講座を全国3ヵ所で開催

日本不織布協会では,「不織布基礎講座」を東京,大阪,四国中央市(愛媛)
の3ヵ所で開催する。講師は同協会関西支部長の日向明氏が務める。参加費は1
人あたり7,000円(テキスト含む)。日程などは以下の通り。

四国地区:6月8日,13:30〜16:30,愛媛県紙パルプ工業会館
関東地区:6月14日,13:30〜16:30,総評会館(東京・千代田区)
関西地区:6月21日,13:30〜16:30,大阪産業創造館(大阪・中央区)
http://www.anna.gr.jp/

■不織布研究会
研究例会を6月3日,大阪で開催

日本繊維機械学会不織布研究会は,第44回研究例会を6月3日,大阪西区の大阪
科学技術センターで開催する。テーマは「不織布関連機器の最新情報」とし,
池上機械,トクデン,ノードソン,ヒューテック,三井化学分析センターなど
が発表を行う予定。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/tmsj/japan/index.html#ann-meeting

■日本繊維機械学会
第57回年次大会を5月27日28日に大阪で開催

日本繊維機械学会は,第57回年次大会を5月27日28日に大阪科学技術セ
ンターで開催する。不織布に関する研究発表も行われる。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/tmsj/japan/planning/kaikoku-2004-4-p1-8.pdf

■吸水性樹脂工業会
通常総会と懇親パーティを開催

吸水性樹脂工業会(黒田昭会長,サンダイヤポリマー常務)は4月27日,東京都
内で第10回通常総会と懇親パーティを開催した。黒田会長は,「為替動向など
不透明な要素も多いが,創意と工夫で社会に貢献したい」と挨拶した。

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.100☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2004. 5.17☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■OECD
「日本経済、80年代以来の持続的回復」と予測

経済協力開発機構(OECD)は、主要国の経済見通しを示す「エコノミック
・アウトルック」を公表した。2005年までの世界経済について「米国がけん引
して回復の動きが拡大する」と予測。日本も同年まで3%程度の実質成長が続き
「1980年代以来初めての持続的な回復になる」と指摘し、「デフレ終息にも貢
献する」と強気の見通しを示した。

日本の実質経済成長率は2004年が3%、2005年が2.8%と予測。ともに1.8%とし
た昨秋時点の見通しを大幅に上方修正した。内外需ともにプラスを維持。特に
輸出は今年、来年とも12%増の高い伸びを見込んだ。
http://www.oecd.org/document/

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日経の設備投資調査
製造業9年ぶり2ケタ増

日本経済新聞社がまとめた設備投資動向調査によると、2004年度の当初計画額
(連結ベース)は製造業で前年度実績見込みを10.1%上回り、9年ぶりに2ケタ
増となった。デジタル家電向けが好調な電気機器や素材の伸びが目立つ。全産
業でも5.5%増え2年連続で増加、うち海外投資は中国向けを中心に2ケタ増と
なった。設備投資は景気のけん引役としての位置付けを一段と強めそうだ。
(日経 5/17)

■JEITA
03年の移動電話出荷実績が前年度比15.4%増

電子情報技術産業協会(JEITA)が発表した03年の移動電話(携帯電話,自動車
電話,PHS)の国内出荷実績は,前年度比15.4%増の5,101万台となり,3年ぶり
に前年度を上回った。同協会ではカメラ付き携帯電話の普及と第三世代機への
移行が進んでいるためと分析している。
http://www.jeita.or.jp/japanese/stat/cellular/2003/index.htm

■クラレ
中国に人工皮革の合弁会社を設立

クラレは,中国・浙江省に人工皮革の生産や販売を目的とした合弁会社「夭欣
可楽麗超繊皮嘉興有限公司」を設立する。05年春に稼働予定で,同社の人工皮
革“クラリーノ”を年間400万m2を生産する。
http://www.kuraray.co.jp/press/2004/040513/index.html

■豊田紡織・アラコ・タカニチ
合併契約を締結

豊田紡織、アラコ、タカニチの3社は、03年10月3日付で締結した合併基本合意
に基づき、合併に向けた協議および準備を進めてきたが、10日に開催したそれ
ぞれの取締役会の決議を経て、合併のための合併契約を締結した。3社の合併
により、豊田紡織、アラコ(内装事業)、タカニチが個々に展開してきたシー
トシステム、内装システムが一体化され、内装全体が事業領域となり、車室空
間をトータルにみた開発・提案が可能となる。
http://www.toyoda-boshoku.co.jp/japan/04051002j.pdf

■伊藤忠・寿屋フロンテ
広州の内装材工場が完成

伊藤忠商事が03年7月,寿屋フロンテと広州に自動車用フロアーカーペットを中
心とした内装部品を生産する合弁会社「広州寿藤汽車配件有限公司」を設立し
て建設を進めていた工場がこのほど完成した。日産自動車と中国東風汽車の合
弁会社「東風汽車有限公司」が生産する高級セダンの部品生産から操業を開始
する。また中国自動車市場においてブランドを確立している「広州本田汽車」
生産の車種に向けても部品提案を展開していく。(日刊工業 5/17)
http://www.itochu.co.jp/main/news/2003/news_030724.html

■大成建設
クリーンルーム向け空調機を開発

大成建設は新晃工業と共同で,医薬品工場などのクリーンルーム向け空調機を
開発した。製薬工場のエンジニアリング事業で国内トップの実績を活かし,ゼ
ネコン自らが業務用空調機の最大手メーカーと連携して製品化した。
(日刊工業 5/17)
http://www.taisei.co.jp/
http://dns.sinko.co.jp/sk/main.html

■五洋建設
柱列式地中壁工法を開発

五洋建設は、鉄道や道路沿線の振動低減に効果がある柱列式地中防振壁工法を
開発した。中空円柱形状のドレーン(排水)材を地中に打設して柱列壁を構築
することで、狭いスペースの場所でも効果の高い防振壁を設置できる。地中に
打設する場合は土砂流入を防止するため周囲に不織布を巻く。
http://www.penta-ocean.co.jp/index_html.html

■日本触媒
世界で年32万t体制構築

日本触媒は,今年度からスタートした新中期計画において高吸水性樹脂(SAP)
の生産体制を強化,06年度までに日米欧中の世界4極で年間32万t体制を確立す
る。(化学工業日報 5/13)
http://www.shokubai.co.jp/index2.html

■湘北短大・コペル電子
おむつの尿漏れを無線で遠隔探知

湘北短期大学と電子測定機器開発のコペル電子は,おむつの尿漏れを遠隔探知
できるシステムの試作品を共同で開発した。無線通信規格「ブルートゥース」
を活用し,10m以内にあるパソコンなどで着用者が尿をしたかどうか確認でき
る。(日経 5/15)
http://www.copernics.co.jp/
http://www.shohoku.ac.jp/

■日之出
玄関マットを接着剤使わずに低温成型

清掃用品製造・販売の日之出は,再生ペットボトル繊維と合成ゴムを,接着剤
を使わずに一体成型したマットを開発した。レンタル用玄関マットとして初め
て「エコマーク」の認定を受けた。(日経産業 5/14)

■東レグループ
フィルム加工事業強化のため国内フィルム事業を再編

東レグループは、フィルム加工事業の総合力強化・拡大を図るべく、国内フィ
ルム事業の再編を行う。7月1日付で、東レが82.5%を出資する子会社の
東洋メタライジングと、東レ100%出資の子会社である東レ合成フィルムの
2社を統合すると共に、東レの包装用フィルム事業の販売業務を統合新会社に
移管し、東洋メタライジング社を存続会社とする「東レフィルム加工株式会社」
(英文名:TORAY ADVANCED FILM Co.,Ltd.)を
設立する。
http://www.toray.co.jp/news/film/nr040513.html

■国際綿花評議会
「コットンUSAアワード」を開催

米国綿製品の販売促進に取り組む国際綿花評議会(本部・米国)が10日、
「コットンの日」にちなみ、「コットンUSAアワード」を東京都内で開いた。
「ミセスコットン」に酒井法子さん、「ミスターコットン」に賀集利樹さん、
「ミスコットン」に菊川怜さんを選出。3人からTシャツ、タオルなど計13
点の提供を受け、16日までヤフーのサイトに出品し、チャリティーオークショ
ンを行う。落札の収益金額はすべてユニセフ(国連児童基金)に寄付する。
(毎日新聞 5/10)

■紙おむつ類と生理用品のPOSシェア4月ランキング

紙おむつ類は,1位がユニ・チャームで47.0%(前月比4.1%減),2位が花王で
20.0%(同0.3%減),3位がP&Gで17.0%(同2.7%増),4位が大王製紙で7.2% (同
1.3%増),その他が8.8%(同0.4%増)。

生理用品は,1位がユニ・チャームで40.0%(前月比0.9%減),2位が花王で26.6%
(同0.4%減),3位がP&Gで16.8%(同0.7%増),4位が大王製紙で8.7%(同0.3%
増),その他が7.9%(同0.3%増)。(日経流通 5/15)

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■BP社(米国)
ニードルパンチを含む織物・繊維を販売

■ファイバーマーク社(米国)
米国事業の破産保護申請

■メッドライン・インダストリーズ社(中国)
米国医療用サプライ大手、メッドライン社が2004年末までに、2,000ドルを投じ
て80万平方フィートの加工設備・倉庫を上海に開設

■ジョンズ・マンビル社(米国)
2006年までにグラスファイバー製管用断熱材、成型グラスウールなどを生産す
る工場を建設計画

■ハヴン・プライド社(米国)
大人用紙おむつメーカー、ハヴン社が11月までに事業部閉鎖、機械売却の予定

■トレデガー・フィルム・プロダクツ社(米国)
米国のフィルムメーカー、トレデガー社とイスラエルの不織布メーカー、シャ
ラグ・インダストリーズ社が共同で女性用衛生用品・紙おむつのトップシート
生産

■イーストマン・ケミカル社(英国)
米国のイーストマン社が英国にあるコポリエステル工場を閉鎖し、米国または
マレーシアに生産を移転

■アウテファ・オートメーション社(ドイツ)
不織布機器メーカー、アウテファ社が破産保護申請。可能性のある投資会社を
模索中

■ノードソン社(ドイツ)
米国のノードソン社が、ドイツの紙おむつ加工用ホットメルト粘着剤機器メー
カー、Wパフェ・テクノロジー社の資産を買収

■コンチェルト社(カナダ)
ケベック州最高裁判所と取引銀行が同社に再編成計画を申請

■バックアイ・テクノロジーズ社(アイルランド)
米国のバックアイ社が、8月までにアイルランドのエアレイド工場を閉鎖。83
人の従業員が解雇され、リストラ・退職金費用は今後6ヵ月間で300万ドル

■スヴェンスカ・セルローサ社(ニュージーランド)
スウェーデンのスヴェンスカ社がニュージーランドのカーター・ホルト・ハー
ヴェイ社のフラッフ・ティシュ事業を50億クローネで買収

■ヘンガン・インターナショナル・グループ(中国)
ハートテックスブランドのサニタリー製品生産の管理を行うための株式を買収

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本メディカルプロダクツ
食品工場向けフード

日本メディカルプロダクツは,汗吸・発汗性に優れた食品工場向けのフードを
開発した。伸縮性があるため調理人などの頭や顔にぴったり装着して毛髪の混
入などを防ぐ。(日経産業 5/13)
http://www.hopes.co.jp/index.html

■カースル産業
糊付きフィルター

カースル産業は,不織布を使った糊付きフィルター“ペッタリーナ”を発売す
る。エアコンや換気扇などに装着する。糊によりフィルターに付いたホコリを
落ちにくくする(日経産業 5/11)。
http://www.casle.co.jp/

■松下電工
人工毛皮で包んだ照明器具を発売

松下電工は、フェイクファー(人工毛皮)で光源を包み込み、まぶしさをカッ
トした柔らかな光を放つ照明器具“PUFFMUFF(パフマフ)”を新発売
する。フェイクファーであかりを包み込み、部屋全体を落ち着いた雰囲気に演
出する。
http://www.mew.co.jp/press/0405/0405-4.htm

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ビューティーワールド ジャパン 2004
5月17日〜19日,東京ビッグサイトで開催

ビューティーワールド ジャパンは、化粧品、美容機器、ネイル商材、ヘアケア
製品、ダイエット&健康食品、化粧品OEM、パッケージ、装粧品など、ビュー
ティービジネスにかかわるすべての製品・商品、情報、そしてサービスが一堂
に集う、日本最大の国際総合ビューティー見本市。
http://www.mesago-messefrankfurt.com/cgi-bin/base.cgi?fair=beautyworld

■国際バイオEXPO
5月19〜21日,東京ビッグサイトで開催

創薬・食品・環境などの分野におけるあらゆるバイオ研究支援機器・技術が一
堂に集まる国際専門展。
http://www.bio-expo.jp/jp/

■自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展 2004
5月19〜21日,パシフィコ横浜で開催

自動車の技術に関する展示会。5月20日(16:45〜17:45)には,カルロス ゴー
ン氏(日産自動車)の講演も。
http://www.jsae.or.jp/2004expo/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.101☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2004. 5.24☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.製品開発
4.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■03年度の経済成長率
3年ぶり3%成長に

内閣府が18日発表した国内総生産(GDP)速報によると、物価変動の影響
をのぞいた04年1〜3月期の実質GDP(季節調整値)は前期比1.4%増
(経済成長率=年率換算では5.6%増)で堅調な伸びを示した。03年度の
成長率はこれで3.2%となり、IT好況による00年度(3.0%)以来の
3%成長を実現した。物価変動を反映した名目成長率も03年度は0.7%と
3年ぶりのプラス。だが、実質成長率を大きく下回り、依然、デフレが続いて
いることを示した。
http://www.esri.cao.go.jp/index.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■科学技術振興機構
保水性ゲルを用いた屋上緑化システムを開発

独立行政法人科学技術振興機構(JST)は、委託開発事業の開発課題「高保水性
軽量化マットを用いた屋上緑化技術」の開発結果を成功と認定した。早稲田大
学理工学総合研究センターの研究成果を基に、平成13年から同16年にかけて久
保工に委託して実用化開発を進めていた。新技術による高保水性ゲルは、植物
の生育に重要なカルシウムイオンの吸収量を低減できるため、植物の生育阻害
を防ぐことが可能。ゲルを配合した人工軽量土壌とトレーユニットを用いるこ
とで、ほぼ自然灌水のみで植物が生育する屋上緑化システムを実現した。
http://www.jst.go.jp/pr/info/info63/index.html
http://www.kuboco.co.jp/top.html

■日産の中国合弁会社
東風汽車有限公司が操業を開始

日産の中国合弁会社で中国最大の自動車合弁企業、東風汽車有限公司は、広州
市花都区における新工場の操業を開始した。立ち上がり時の生産能力は年間15
万台で、「サニー(陽光)」の2004年モデルを頭出しとして、中国市場で販売
される日産ブランドの新型乗用車を生産する。

東風汽車は、敷地面積94万m2を誇る工場の建設に18億人民元(約229億7,000万
円、約2億1,790万米ドル)を投資した。新工場では、プレス、車体溶接、塗装、
車両組立の各工程に、グローバルで展開している日産生産方式(Nissan
Production Way:NPW)を採用し、最高品質の車両を生産する。
http://www.nissan-global.com/JP/STORY/0,1299,SI9-CH180-LO4-TI1050-CI78
7-IFY-MC109,00.html

■三菱自動車
約1万1000人削減・再生計画発表

経営不振の三菱自動車は21日、総額4500億円の資本増強策を柱とする事業再生
計画を発表した。主力生産拠点の岡崎工場(愛知県岡崎市)での車両生産を打
ち切るほか、世界人員の22%に相当する約1万1000人を削減。2006年3月期の連
結経常黒字転換を目指す。独ダイムラークライスラーによる追加支援打ち切り
やリコール関連不祥事に揺れる三菱自の再建が三菱グループ主導で動き出す。
(日経 5/22)
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/japan/

■帝人ファイバー
強度2倍のポリエステル繊維を開発

帝人ファイバーと信州大学は従来に比べて強度が2倍のナノメートル級ポリエス
テル繊維を開発した。これまで難しかった衣料への応用などが見込める。今後,
量産化技術の開発を進め,1〜2年後をメドに販売を始める計画。
(日経産業 5/24)
http://www.teijinfiber.com/top/top.html

■三井化学・出光石油化学
ポリオレフィン事業を統合

三井化学、出光興産および出光石油化学は、2004年2月3日付にて3社間
で締結した、提携に向けた包括的検討に関わる「意向書」に基づき、三井・出
光石化両社のポリオレフィン事業の統合について検討を行ってきたが,来年4
月をもって合弁新会社を設立し、ポリオレフィン事業を統合することに合意し
た。
http://www.mitsui-chem.co.jp/
http://www.ipc.idemitsu.co.jp/

■東洋ケース
光触媒シートの脱臭製品を東大と共同開発

東洋ケースは,東京大学先端科学技術センターなどと,光触媒シートを利用し
た家庭用の脱臭製品を共同開発することで合意した。土壌浄化用に開発したシー
トを初めて家庭用に応用する。(日刊工業 5/21)

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■松下電工
原料にペットボトル再生材を100%使用したOAフロアを開発

松下電工は、原料にペットボトル再生材を100%使用したOAフロア「ワイヤ
リングフロア・RP3000」を、5月21日より発売する。本商品は、資源
の有効活用を考え地球環境に配慮したOAフロア。また全面半透明のスケルト
ン仕様なので配線状態の確認が容易にできる。
http://www.mew.co.jp/press/0405/0405-5.htm

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■池上機械
2004 NEW環境展(N-EXPO 2004)に出展

池上機械は,5月25〜28日の4日間,「人と地球の未来を守る環境革命への挑戦
!」をテーマに東京ビッグサイトで開催される「2004 NEW環境展(N-EXPO
2004)」に出展する。同社では,繊維リサイクル機械(リサイクラーおよびリサ
イクルブレーカー)を写真パネルと処理サンプルを用いて紹介。併せてバナナ,
竹など天然エコ繊維の紡出サンプルも展示する。また,同社の不織布製造機械
をビデオで紹介する。同社の展示ブースは,東3ホールのNo.3332。
http://www.ikegamikikai.jp/
http://www.nippo.co.jp/nexpo004/t_ne04.htm

■エコ・グリーンテック2004
5月26〜28日,東京ビッグサイトで開催

都市環境の保全と新たな創出に向けた最新の技術・製品を展示。近年注目を集
めている屋上・壁面緑化技術が一堂に集めた「エコ・グリーンテック2004」が
5月26〜5月28日,東京ビッグサイトで開催される。
http://www.interaction.co.jp/event/egt/egt_02.html

■SINCE2005(上海国際不織布会議・展示会)
05年9月26〜28日,上海で開催

第11回めとなる,SINCE2005(上海国際不織布会議・展示会)は,05年9月26〜
28日,インテックス上海で開催される。
http://www.since2005.com/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━☆No.102☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2004. 5.31☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■環境省
2004年版環境白書を公表

環境省は,公害白書から数えて36 回目となる,2004年版環境白書をまとめ公表
した。今回の白書は、「広がれ環境のわざと心」が総説テーマ。優れた環境技
術や環境に配慮した事業形態などの「環境のわざ」と、環境を大切にし、敬う
「環境の心」とを組み合わせることにより、環境と経済の好循環を生み出せる
ことを説明している。

また、「環境のわざと心」を、環境教育、国際環境協力等を通じて日本国内に、
そして世界へ広げていくことで、くらしや社会経済活動に一層の発展をもたら
す「環境革命」を実現し、地球環境の保全につなげることを訴えている。白書
の内容を広く国民に普及させ、環境保全に関する意識の啓発を図るため、東京
のほか全国9カ所で「環境白書を読む会」(白書説明会)も開催する。
http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=4977

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本衛生材料工業連合会
紙おむつのエコマーク化に“反対”

紙おむつ、生理用ナプキン、救急絆創膏、ペットシーツなどのメーカーで構成
する日本衛生材料工業連合会(=日衛連、高原慶一朗会長)では、日本環境協
会が提案するエコマーク認定商品の新しい類型基準案に対して反対の意向を表
明し、協会側に伝えた。この新商品類型基準案は「日用品(Version1.0)」で、
03年4月末を期限とするパブリックコメントを公募、基準制定委員会で検討さ
れた後、早ければ7月1日から施行・適用される予定。今回の「日用品」基準
案の最大の特徴は、対象範囲が非常に広範なことにある。
http://www.jhpia.or.jp/about_ecomark.htm

■日本バイリーン
自動車用フロアマットを米工場で増産

日本バイリーンは,10億円を投入して米国のテネシー工場で自動車用フロアマッ
トを今夏をメドに増産する。日系自動車メーカーの北米生産強化に対応する。
(化学工業日報 5/27)
http://www.vilene.co.jp/

■クラレ
JAL国内線新クラスのヘッドレストに“クラフレックス”が採用

クラレの不織布を用いたヘッドレストカバーが、6月1日からスタートするJALの
国内線新クラス「クラス J」に採用されることになった。「クラス J」の座席
数は機種によって変わるが、30席〜80席が用意されている。今回採用されたレー
ヨンを素材とするヘッドレストカバーは、“クラフレックス”の商品名で展開
しており、吸水性、通気性、柔軟性、肌触り、しなやかさ、高級感の演出等の
点で高い評価を受けている。
http://www.kuraray.co.jp/press/2004/040527/index.html

■クラレ・細野機
能性とデザイン性を両立させた“美脚パンプス”が「JALSHOP」に登場

クラレと細野(カルツェリア・ホソノ)との共同企画によって誕生した“美脚パ
ンプス”が、JALUXが展開するJALグループの機内通販カタログ「JALSHOP」に
2004年6/7月号から登場する。靴の表素材には、天然皮革の仕上げ手法を人工皮
革に採用したクラレの最高級人工皮革“パーカッシオ”を採用。また、靴の中
敷材にはストッキングでも滑りにくい加工を施した人工皮革を用いている。
http://www.kuraray.co.jp/press/2004/040528/index.html

■フジコー・ホソカワミクロン
使用済み濾布リサイクル事業に参入

フジコーは,ホソカワミクロンと共同で,使用済み濾布フィルターのリサイク
ル事業に参入する。濾布フィルターを回収,洗浄後に解体,繊維に分解した後,
不織布に再生,新生の濾布フィルターに縫製する。(化学工業日報 5/31)
http://www.fujico-jp.com/j_top3.htm
http://www.hosokawamicron.co.jp/

■NI帝人商事
スポーツ向け四軸織物を拡販

NI帝人商事は、明大が開発した、四軸織物“テトラス”に帝人グループの高機
能素材を使用したスポーツ用品向けの織物素材の開発に成功した。四軸織物は
従来の織物の常識である タテ糸、ヨコ糸構成に 更に斜め糸を2方向加え、織物
全方向(8方向)に対し繊維が在する構造。

今回この四軸織物に、帝人グループの東邦テナックスの炭素繊維“べスファイ
ト”および帝人テクノプロダクツのパラ型アラミド繊維“テクノーラ”などを
使用し、ゴルフシャフトやテニスラケットなどのスポーツ商品への採用に成功
した。
http://www2.ni-teijinshoji.co.jp/news/040524.html

■豊田紡織
成形天井の輸送費を削減

豊田紡織は,納入先の完成車工場の近くに相次ぎ「分工場」を新設する。三重
県と愛知県内に計17億円を投じて2工場を建設,自動車用成形天井の半製品を持
ち込んで最終製品に加工する。(日経産業 5/25)
http://www.toyoda-boshoku.co.jp/japan/index00.html

■永大加工
ベトナムで自動車用フロアマットを増産

永大加工は,ベトナムで自動車用フロアマットを増強する。生産拠点の永大加
工ベトナム内に後工程の専用工場を建設,今年9月をメドに稼働させる。
(化学工業日報 5/25)
http://www.eidaikako.co.jp/

■デュポン
ニッカン工業と二層フレキシブル回路基板材料の製造工場を日本に設立

デュポンは、急速に需要が拡大しているフレキシブル回路基板向け材料、デュ
ポン“パイララックス”を、従来より緊密な業務提携関係にあるニッカン工業
と共同で日本国内にて製造工場を新設、来年から生産を開始する。デュポンの
持つポリイミド樹脂技術および銅箔とポリイミドとの接合技術と、日本市場顧
客に評価の高いニッカン工業の量産技術を融合させた製品を供給することによ
り、更なる拡販を目指す。
http://jp.dupont.com/jpcorp/news/052504Pyralux.html

■東レ
炭素繊維複合材料でボーイング社と長期供給基本契約に調印

東レはこの度、米ボーイング社が計画している次世代中型旅客機B7E7(2
008年就航予定)一次構造材料向けの炭素繊維複合材料について、同社との
間で、04年から21年までの18年間に亘る長期供給に関する基本契約に調
印した。契約内容は、この期間にボーイング社が当該機種1,500機を生産
する前提で炭素繊維プリプレグを供給するもので、受注額は約3,300億円
となる。今回の受注に加えて、現在材料認定作業中の複合材料を加えれば、受
注額はさらに大幅に拡大する見込み。
http://www.toray.co.jp/news/carbon/nr040526.html

■清水建設
「屋上用ユニット型ビオトープ」を開発

清水建設は、同社技術研究所内の5階建てビルの屋上と地上に、10平方メートル
の全く同じ形状と内容のユニット型ビオトープを2種類1組で設置して、屋上ビ
オトープの効果を確認するための比較実験を約2年半にわたり行ってきたが、こ
のほどその調査が終了した。

今回の調査で収集した数値データの分析・解析結果から、都市域の屋上に設け
たごく小規模のビオトープでも、地上と遜色ないビオトープの機能を発揮する
ことを確認した。これにより小規模でも屋上ビオトープを設置することにより
生物多様性は高まり、都市の生態系の復元・維持などに貢献できることが実証
できた。
http://www.shimz.co.jp/news_release/587.html

■マップ
屋上・壁面緑化事業を拡充

マップは屋上・壁面緑化事業を拡充する。施工法のバリエーションを増やす一
方,新たに山本工務店と連携し常設場を開設した。
http://www.map-corp.com/
http://www.ymcon.com/

■ユニ・チャーム
子供と保護者が共に生理について学びあうサイトをオープン

ユニ・チャームは、子供と保護者が共に生理について学びあうサイト『はじめ
てからだナビ for girls』(http://www.unicharm.co.jp/girls/)を
5月28日にオープンする。また、学校の初経教育等でも活用できる初経について
のアドバイス小冊子として『はじめてからだBOOK for girls』、
『自分のからだのことだからちゃんと知ろうね!』ポスターを東京都、千葉県、
埼玉県、神奈川県の小学校全校(公立学校、私立学校)約4000校に5月28日から
無料で配布する。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■日本バイリーン・3月期連結
最終利益が倍増

日本バイリーンの3月期の連結売上高は486億3,000万円で前期比1.2%の増収と
なり、連結経常利益は25億6,900万円で前期比18.8%の増益を果たした。また、
特別利益として厚生年金基金代行返上益11億4,600万円を計上したことなどによ
り、連結当期純利益は20億3,700万円で前期比95.7%の増益となった。
http://www.vilene.co.jp/ir/pdf/settele04/ren_04.pdf

■リンテック
新社長に大内昭彦氏

リンテックは大内昭彦常務の代取社長就任を内定した。6月29日の取締役会で
正式決定する。現・代取社長の田中郷平氏は代取会長に就任し、現・代取会長
の庄司昊明氏は名誉会長に就任する。 大内昭彦氏は1945年1月2日生まれ、
兵庫県出身。67年、法政大学法学部を卒業後、リンテックに入社。西日本営業
本部名古屋支店長、生産本部龍野工場長を経て、2000年取締役、02年常務に就
任し現在に至る。
http://www.lintec.co.jp/news/20040510.pdf

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■欧州
OPEC諸国の原油生産減少により原油価格高騰の懸念があるものの、需要低迷で
4月のポリプロピレン価格は横這い

■ダウ・ケミカル社(欧州)
5月からポリエチレン・レジン、ポリプロピレン・レジンをトン当たりそれぞ
れ50ユーロ、70ユーロ値上げ

■メンリッケ・ヘルスケア社(チェコ)
スウェーデンのメンリッケ社が滅菌医療製品生産のチェコ工場の規模を倍に拡
張。同工場では欧州の病院向けトレイを生産し、事業が年間20%拡大

■ヤコブ・ホルム・インダストリーズ社(米国)
米国に水流絡合ラインを建設予定

■ポリマー・グループ(米国)
4億7,500万ドルの債務借り換えによりキャッシュ・フロー、バランスシートを
改善

■ブリストル・マイヤーズ・スクイブ社(米国)
アコーディス・スペシャリティ・ファイバーズ社をアコーディス社から買収し、
創傷治療・ストーマ製品の開発を専門とするコンバテック部門に統合

■コンウェッド社(米国)
コンウェッド社がアトランティック・エクストルージョン社の資産と延伸・押
出スクエア・ネットの生産技術を買収

■DAKファイバーズ社(米国)
5月からポリエステル・ステープル価格を9〜11%増加

■グリーン・ベイ・ノンウーヴンズ社(米国)
6月から素材の価格を7〜10%値上げ

■リバティ・ファイバーズ社(米国)
5月からレーヨン・ステープル価格をポンド当たり0.03ドル値上げ

■オムノヴァ・ソリューションズ社(米国)
5月からスチレンブタジエン・ラテックス価格を0.03ドル値上げ

■バックアイ・テクノロジーズ社(米国)
3月期で税引後2,750万ドルの損失を計上。リストラとアイルランド工場閉鎖に
伴う2,860万ドルの損失が主な原因

■ノヴェオン・インターナショナル社(米国)
特殊化学製品メーカー、ノヴェオン社が、ルブリゾル社に18億ドルで自社を売
却することに合意

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■大王製紙
『北野 武』のオリジナルデザインティシューを限定発売

大王製紙は7月1日より、「エリエール」ブランド誕生25周年を記念した感謝品
として、北野武がこれまで描いた絵の中から特別に選んだ絵を起用したオリジ
ナルデザインティシューを発売する。デザインは2種類で、1つは金魚と子供を
描いた作品。もう1つはひまわりと子供の天使を描いた作品。
http://www.daio-paper.co.jp/newsrelease/index.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■JPCA Show 2004 第34回国際電子回路産業展
6月2〜4日,東京ビッグサイトで開催

最先端電子基板・半導体パッケージング及び電子回路製造・実装技術の最新情
報、製品、プロセスツールの総合展である,PCA Show 2004 第34回国際電子回
路産業展が6月2〜6月4日,東京ビッグサイトで開催される。
http://www.jpca.jp/

■FOOMA JAPAN 2004(国際食品工業展)
6月8〜11日の4日間、東京ビッグサイトで開催

FOOMA JAPAN 2004(国際食品工業展)が6月8〜11日の4日間、東京ビッグサイト
で開催される。 27回目となる今回は、「実を結ぶ、食と文化とテクノロジー」
をキャッチフレーズに掲げている。
http://www.fooma.or.jp/fooma2004/JTOP/index.html

■ヘルス&フィットネスジャパン2004
6月9〜11日,東京ビッグサイトで開催

健康機器・管理システム、健康グッズの展示を行うヘルス&フィットネスジャ
パン2004が6月9〜11日,東京ビッグサイトで開催される。
http://www.hfj.jp/

■王子ファイバー
「CHORI EXHIBITION」で“OJO+”を出展

来る6月2日、3日の2日間に東京・北青山で開催される「CHORI EXHIBITION」(主
催:蝶理)に王子ファイバーが出展し、天然紙糸繊維“OJO+”を展示紹介する。
“OJO+”は王子製紙が開発し、王子ファイバーが製造・販売しているマニラ麻
を原料とした紙製の糸で、現在のエコロジー志向の高まりから注目を集めてい
る。
■会 期:6月2日(水)・3日(木) 10:00〜17:30
■会 場:青山ベルコモンズ 9階 クレイドホール
http://www.ojipaper.co.jp/release/cgi-bin/back_num.pl5?sele=2&page_vie
w_selected_=1
http://www.ojifiber.co.jp/home/home.html

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━