━━☆No.111☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2004.8.2☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■自動車破砕残さリサイクル促進チーム
「全部再資源化コンソシアム」を設立

日産自動車など自動車メーカー11社で構成する自動車破砕残さリサイクル促進
チーム「ART (Automobile shredder residue Recycling promotion Team、
呼称:エイ・アール・ティー)」は,「全部再資源化コンソシアム」を設立す
る。全部再資源化とは,自動車リサイクル法で自動車メーカーなどに引取り・
破壊・再資源化を義務づけているエアバッグ,フロン,シュレッダーダスト
(ASR)のうち,ASRを生じさせない手法での再資源化をいう。
http://www.asrrt.jp/
http://www.asrrt.jp/consortium.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■トヨタ
自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金を決定

トヨタ自動車は、自動車リサイクル法の2005年1月施行にあたり、トヨタ車所
有者から預託を受けるリサイクル料金を決定した。今回決定したリサイクル料
金は、車種毎に設定するなど分りやすい料金体系とするとともに、長期的視点
に立ち、所有者負担の最小化を図っている。具体的には、ASRはリサイクル率向
上に伴う再資源化費用等を勘案し各車種毎のASR重量に応じ設定、エアバッグ類
は回収・運搬・再資源化または車上作動処理の費用等を勘案しエアバッグ類搭
載個数に応じ設定、フロン類は回収・運搬・破壊費用等を踏まえ設定している。
http://www.toyota.co.jp/jp/news/04/Jul/nt04_0709.html

■日産自動車
エアバッグ類・フロン類の回収料金を公表

日産自動車は、2005年1月に本格施行される自動車リサイクル法に対応するた
め、解体業者及び回収業者に支払うエアバッグ類・フロン類の回収料金(回収及
び運搬料金)並びにエアバッグ類・フロン類・シュレッダーダストの引取基準・
指定引取場所を公表した。料金の透明性を高め、取外回収・保管・運搬の各工
程における安全を確保し、委託業者の利便性や社会的効率性を実現するために
行なうものである。同社は回収されたエアバッグ類・フロン類・シュレッダー
ダストを同法に基づき、確実に再資源化・処理していく。
http://www.nissan-global.com/JP/STORY/0,1299,SI9-CH180-LO4-TI1105-CI82
4-IFY-MC109,00.html

■トヨタ
広州汽車との合弁認可

トヨタ自動車が中国の自動車大手、広州汽車集団(広東省)と計画している乗
用車合弁事業が動き出した。早ければ今秋にも工場建設を開始、上級セダン「カ
ムリ」を 2006年から生産する。現在の主力拠点である第一汽車との天津合弁工
場に続き、富裕層の多い華南部で生産拠点を確保することになり、中国戦略の
両輪が回り始める。(日経 7/28)
http://www.toyota.co.jp/index.html

■豊田紡織
オイルフィルターを25%増産

豊田紡織は2004年度の自動車用オイルフィルター生産量を03年度比25%増の約
5千万個増やす。納入先のトヨタ自動車の海外生産増に対応。タイで増産するほ
か,12月にポーランド,05年2月に中国で現地生産に乗り出す。10年をメドに年
産1億個体制をめざす。(日経産業 7/28)
http://www.toyoda-boshoku.co.jp/japan/index00.html

■チバ・スペシャルティ・ケミカルズ
新しい樹脂改質剤で不織布の新スタンダードを提案

チバ・スペシャルティ・ケミカルズは、おむつや衛生用品、清掃用ふきんやフィ
ルター製品などに使われる不織布に、新しいスタンダードを提案する画期的な
樹脂改質剤を世界市場向けに発表した。

Ciba IRGATEC CR 76 (チバ イルガテック CR 76)によって、不織布メーカー
は、ポリプロピレン・スパンボンドグレードやファイバー・スクラップから再
生された樹脂を使用しながらも、現在入手可能な製品より格段に優れたバリア
機能や、引っ張り強度などの機械的特性を持つメルトブローン不織布を開発す
ることが可能になる。
http://www.cibasc.com/view.asp?id=1454&nArticleId=1229

■三井化学
タイに通気性フィルムの新工場を建設

三井化学は,紙おむつのバックシートに使われる通気性フィルムの新工場をタ
イに建設,2006年初に稼働を開始する予定。競合するトクヤマが上海に,三菱
樹脂が台湾に生産進出しており,同社でも現地生産に向けた検討を重ねてきた。
(化学工業日報 8/2)
http://www.mitsui-chem.co.jp/

■クラレ
米国で“エバール”設備増設

クラレは、EVOH樹脂(同社商標:“エバール”)の世界的な需要拡大に対応す
るため、エバルカ社(アメリカ)に年産24,000トンの設備(増設後生産能力:
年産47,000トン・2006年3月完工予定・投資額:150百万米ドル)を増設するこ
とを決定した。

“エバール”は同社が1972年に世界で初めて開発・事業化した高機能性樹脂で、
プラスチックとしては最高レベルのガスバリア性(汎用ポリエチレンの約
10,000倍)を有する。優れた気体遮断性を生かし、食品の保存性に優れた包装
材料として高い信頼を得て、食品包装材料分野を中心に事業を拡大させてきた。
http://www.kuraray.co.jp/release/2004/040730_2.html

■昭和高分子
生分解性樹脂PBSが裂けにくくする技術開発

昭和高分子は,柔軟性のある生分解性樹脂PBS(ポリブチレンアクシネート)を
裂けにくくする技術を開発した。生ゴミ袋や農業用シートなどに使うフィルム
製品に適用する。(日経産業 8/2)
http://www.shp.co.jp/

■シャープ
プラズマクラスターイオン技術が浮遊『コロナウイルス』を不活化

シャープは,北里研究所メディカルセンター病院と共同で、コロナウイルス科
に属するネココロナウイルスに対して、プラズマクラスターイオンによる不活
化実証実験を実施し,40分以内に99.7%を不活化、すなわちウイルスを破壊し
感染力を抑える働きがあることを実証した。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/040727-a.html

■アキレス
優れた遮熱性能を有するシートを実用化に向け、生産を開始

アキレスは、このほど、優れた遮熱性能を有するシート“アキレス サーミオン
クール”(特許出願中)を開発、実用化に向けて生産を開始する。太陽光など
から出る放射熱を効率よく反射させる中空セラミックバルーンおよび白色顔料
を含有した「遮熱層」と,「着色層」の特殊な2層構造を持ったPVC製の遮熱シー
ト。対象物に貼付するだけで太陽からの熱線を遮り、侵入してくる熱を大幅に
カットするので、対象物の温度の上昇を抑えることができる。
http://www.achilles.jp/news/cool.html

■日本整油
医療系廃棄物処理に参入

日本整油は医療系廃棄物処理事業に参入する。焼却・溶融プラントの新設など
で受け入れ体制を確保する。(化学工業日報 7/24)

■アメニティ・ケア
高齢者コンビニを全国展開

介護関連サービスのアメニティ・ケアは今秋から,高齢者向けのコンビニエン
スストア事業を全国展開する。ベッドやトイレなどの介護用品だけでなく,パ
ジャマや杖といった通常の生活用品の品揃えも充実させ,フランチャイズ方式
で出店する。(日経夕 7/27)
http://www.tcb-net.jp/

■三九本草坊医薬
ティーバッグ漢方薬を発売

中国の漢方最大手「三九企業集団」の日本法人「三九本草坊医薬」は、お茶感
覚で飲めるティーバッグタイプの漢方薬を発売した。新しい飲み方を提案する
ことで、苦い、まずい、といった漢方のイメージを取り去るのがねらい。薬の
入ったティーバッグを熱いお湯に入れ、溶かして服用する。ハーブティーのよ
うな感覚で飲め、温かい湯で服用するために体内への吸収もいいという。発売
するのは、かぜ薬の「葛根湯(かっこんとう)」、鼻炎に効く「小青竜湯(しょ
うせいりゅうとう)」、せきやぜんそくに効く「麻杏甘石湯(まきょうかんせ
きとう)」の3種類で、店頭価格は9包入りで1300円前後。(朝日 8/1)
http://www.999jp.co.jp/index-ie.html

■ナビテックカトウ
おしぼりメーカーを発売

ナビテックカトウ(群馬県高崎市)は,簡単にロールおしぼりができる“おし
ぼりメーカー”を発売した。紙タオルのおしぼりを1分間に25枚つくれる。
(日経産業 8/2)

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■中国
日本車各社が値下げ

日本車各社が中国で値下げに動き出した。日産自動車は主力小型車の価格を平
均5〜9%下げ、スズキやマツダも値下げした。急成長を続けてきた中国の自動
車市場は今年に入って伸びが鈍化しており、欧米メーカーも販売車種を絞り込
み出した。各社とも長期的に市場は成長するとみているが、足元の競争は激化
しており、販売戦略を再構築してシェアの維持拡大と利益確保の両立を目指す。
(日経 7/31)

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■アツギ
光触媒技術応用のレッグウエア、インナーウエアを製品化

アツギは、被加工繊維の退色や劣化(分解)が進まず洗濯後も効果を維持する
光触媒酸化チタン剤の接着技術を確立し、光触媒技術応用のレッグウエア、イ
ンナーウエアの製品化に成功した。この製品群は「光触媒製品技術協議会」の
規定に基づいてシグナスエンタープライズと提携して自主管理された品質を有
する。
http://www.atsugi.co.jp/press/images/shinkaihatsu1607.pdf

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■か・ら・だ博
8月3〜8日,東京ビッグサイトで開催

長寿社会を健やかに、そして幸せに暮らしていくための情報がいっぱいの体験
型イベント,か・ら・だ博が8月3〜8日,東京ビッグサイトで開催される。
http://karada-haku.jp/

■2004NEW環境展 大阪会場
9月1〜4日,インテックス大阪で開催

2004NEW環境展 大阪会場が9月1〜4日,「人と地球の未来を守る 環境革命への
挑戦!」をテーマに,インテックス大阪で開催される。また,福岡会場が,11
月11〜13日,マリンメッセ福岡で開催される。

深刻化する廃棄物問題を含め、社会・経済活動に関する環境負荷低減を図るた
め、これに対応する処理・浄化技術、施設、再資源化技術の情報、機器、シス
テムを展示する。

これにより環境浄化および廃棄物の減量化、無害化、再資源化、また大気・水
質・土壌の改善化を進め、更に省・新エネルギーの啓蒙を行い、国民生活の安
定と環境・廃棄物関連産業の発展をめざす。
http://www.nippo.co.jp/nexpo004/o_ne04.htm
http://www.nippo.co.jp/nexpo004/f_ne04.htm

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.112☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2004.8.9☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.製品開発
4.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2004年度の設備投資
製造業はバブル後初の2年連続2桁増

日本政策投資銀行が発表した2004年度の設備投資計画によると全産業では6.9%
増加する。バブル後初の2年連続2桁増となる製造業が牽引し、非製造業も小
幅増となる。

製造業(18.8%増)は、ウエイトの大きい電気機械と自動車をはじめ、大半の
業種で大幅増となる。電気機械では、デジタル家電や自動車向けなどアプリケー
ション(用途)の拡大を背景に半導体、薄型ディスプレイなどデバイス関連の
投資が積極化し、自動車についても新型車対応や環境、安全関連の新技術・製
品投資が牽引して2桁増となる。

こうした動きの関連分野への波及効果も加わって、精密機械、非鉄金属、窯業
・土石、化学などでも大幅増となる。また、石油、紙・パルプ、食品も、環境
対策などにより増加に転じる。

非製造業(1.3%増)は、小幅ながら4年ぶりに増加に転じる。電力では、卸電
力供給プロジェクトがピーク越えし、通信・情報では、情報サービスや放送事
業で大型投資が一服して減少するものの、小売では、スーパーの新規出店が続
き、リースでは、製造業の設備投資好調の恩恵を受けて増加する。
http://www.dbj.go.jp/japanese/download/plant_invest200406.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■人口増加率
過去最低の0.11%・3月末時点

総務省は4日、2004年3月末時点の住民基本台帳に基づく人口調査の結果を発表
した。総人口は1億2682万4166人で、前年同期比で13万5802人、0.11%増えた
が、人数、増加率ともに過去最低の伸びだった。出生者数も112万9239人で過去
最低を更新。少子高齢化の進行を改めて浮き彫りにするとともに、人口減社会
の到来が間近に迫っていることを印象付ける結果となった。

政府は日本の人口に関し、06年に1億2774万1000人とピークに達し、07年以降は
減少に転じると推計。人口増加率が0.11%増と02年の0.15%を下回って過去最
低となったことについて「おおむね推計通り」(国立社会保障・人口問題研究
所の金子隆一研究員)と分析しているが、人口動態は年金などの社会保障制度
のあり方や日本経済の今後の成長率などにも影響を与えるだけに論議を呼びそ
うだ。 (日経 8/5)
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/tsuki/index.htm

■東レ
PPスパンボンドを06年に中国で生産

東レグループは,アジアでスパンボンド事業を強化する。中国では紙おむつを
中心とした衛生材料需要の拡大に対応,2006年をメドにPP(ポリプロピレン)
スパンボンド年産2万tの大型設備を建設して進出する方針で,年内にも詳細を
固める。一方,日本では技術開発と用途開拓を強化,ポリ乳酸(PLA)などを素
材とした新製品を来年にも市場投入する。(化学工業日報 8/4)
http://www.toray.co.jp/
http://www.toraysaehan.co.kr/jp/main/main.html

■ニッポン高度紙工業
中国石油子会社から不織布製造プラント設備を受注

ニッポン高度紙工業では以前から不織布プラント建設のエンジニアリング業務
を行っているが,2002年のインドネシアの案件に続き,先ごろ国営の中国石油
の子会社,中國石油遼陽石油化繊公司(遼陽)から不織布製造プラントの設備
を受注した。

マシンは3.4m幅,年産8,000tの生産能力をもつSMS製造設備で,PEスパンボンド
などの不織布も製造できる多能機の性格を持つ。ライヘンホイザーなど海外の
機器メーカーと国際入札を競っての受注。機器は現在船積中で9月から工場建設
を始め,年内に完工させて来年からシート出しを行う予定。
http://www.kodoshi.co.jp/

■豊田紡織
中国にシートファブリック生産新会社設立

豊田紡織は、中国の寧波市にシートファブリックの生産会社である寧波豊田紡
汽車部件有限公司を設立した。今回の新会社設立のねらいは、中国に同社コア
部品であるシートファブリックの生産会社を設立し、トヨタ自動車ほかの海外
現地生産に対応するものであり、現在生産しているタイ国のSTBテキスタイ
ルズインダストリー社に続き、海外で2番目の生産拠点となる。
<新会社の概要>
・社名: 寧波豊田紡汽車部件有限公司
・所在地: 中国、寧波市寧波保税区
・会社設立: 2004年7月
・資本金: 4.8億円(予定)
・出資比率: 豊田紡織株式会社100%
http://www.toyoda-boshoku.co.jp/japan/04080201.pdf

■東洋紡
中国・上海市にナイロンフィルム製造・販売会社を設立

東洋紡はこのたび、フィルム事業におけるグローバル戦略の一環として、「上
海紫江(集団)有限公司」の傘下企業、「上海紫江企業集団股彬有限公司」と
合弁で、中国・上海市にナイロンフィルムの製造・販売会社「上海紫東化工材
料有限公司」を設立する。中国のナイロンフィルムの市場は、年率20%を超
える急成長が続いており、今後の需要増に対応できる体制をとることが急務と
なっている。
http://www.toyobo.co.jp/press/press183.pdf

■沖縄県・三菱製紙・シキボウ・新内外綿
沖縄県特産のさとうきびから繊維を抽出して衣料に

沖縄県、三菱製紙、シキボウ及び新内外綿は、沖縄県特産のさとうきび(粟国
島産)から繊維を抽出して、これをバイオマス資源として衣料用に活用する技
術を共同開発し、この技術で沖縄県特産の衣料「かりゆしウエア」を制作し販
売する。

沖縄県がさとうきびの総合利用として、三菱製紙の技術(ケーンセパレーショ
ンシステム)により、さとうきびを搾汁を含む内部繊維部分(ピス)、外皮部
分(ラインド)、及び表皮(ワックスを含有)の3層に分離した。

シキボウがこの内の外皮部分を特殊な技術にて衣料用繊維に解繊することに成
功し、新内外綿がこの解繊された繊維を独自技術にて紡績した(綿混紡糸)。
この解繊した繊維及び混紡糸には顕著な抗菌防臭性が確認された。
http://web.infoweb.ne.jp/mpm/news/040803.html

■興人
パルプ系抗菌・消臭材を拡販

興人と、フィルム加工業のフィルテクノス及び猫砂製造の大貴の3社は共同で
パルプ系抗菌・消臭材“クリーンスカイ”の販売拡大を図り、ペット分野、介
護分野、家庭用・産業用消臭分野への本格的なワークを開始した。3社の協同
開発により販売価格が低減され「クリーンスカイ」市場は一気に拡大すると予
想されますので、新規設備投資を視野に入れた事業戦略を構築中。
http://www.kohjin.co.jp/corporate/pdf/040803.pdf
http://www.filtechnos.co.jp/

■松下電工
ケナフの栽培から製品化・販売までのバリューチェーンを完成

松下電工は、マレーシアで最大のパーティクルボード(木材チップ板)メーカー
MIECO社と合弁で、ケナフを繊維ボードに加工し、販売するミエコ松下電
工(略称 MIMD)を設立することに合意。マレーシアの Dato’ Mus
tapa総理府大臣や栽培省の関係者などの出席のもと、合弁会社設立の調印
式を7月29日に、クアラルンプールで行った。

同社は、日本で経済産業省の支援を受けてNEDO助成事業の一環として、ケ
ナフ繊維ボードの開発とその量産化技術の確立に成功した。今回、マレーシア
の合弁会社にこの技術を導入し、2007年には月平均20万枚のケナフボー
ドの生産を行う予定。
http://www.mew.co.jp/press/0408/0408-2.htm

■竹中工務店
軽量化を実現した、観賞ニーズに対応可能な薄層屋上緑化システムを開発

竹中工務店は、草花や低木などの植栽を可能にし、建物に負担をかけない、軽
量で観賞ニーズに対応可能な薄層屋上緑化システムを開発、現在開催中の「浜
名湖花博」のNPO法人・屋上開発研究会の展示コーナーに2004年8月14〜22日ま
で出展する。これは、植栽基盤となる薄層マットと、これにマッチしたオリジ
ナルの苗、ならびに同社が既に特許を出願している固定法の組み合わせによっ
て可能になった。
http://www.takenaka.co.jp/news/pr0408/m0408_01.html

■三菱重工業
透湿方式採用の新型加湿器を販売

三菱重工業は、三菱重工空調システムと共同で、世界初の透湿方式を採用した
加湿器「nanomist(ナノミスト)」を9月1日から順次本格販売する。
ナノテクノロジーを取り入れて開発した形状記憶ポリマー技術を応用した画期
的な次世代型加湿器で、水分子のみを通す透湿膜が、水をナノサイズの分子と
して放出する特性を利用して製品化した。水分子のみを透過するため、カビや
雑菌類を通さないクリーンな加湿が可能なほか、従来型に比べて非常に小さい
ナノサイズの水滴の放出により、室内の湿度の拡散性を飛躍的に高め、当社従
来比約3倍の適湿到達スピードを実現した。
http://www.mhi.co.jp/news/sec1/040803.html

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ユニ・チャーム
カラダにやさしくピタッとフィットする夜用ナプキン

ユニ・チャームは、生理用ナプキンの“ソフィ”から、カラダにやさしくピタッ
とフィットする「ふわピタギャザー」を新採用してよりフィット性が向上した
“ソフィ ボディフィット熟睡ガード”“ソフィ ボディフィット超熟睡ガー
ド”を改良新発売する。従来のおしりの谷間にしっかりとフィットする「せき
とめでっぱり」に加えて、ナプキンを引き上げる弾力性のあるサイドギャザー
「ふわピタギャザー」を採用。従来より、カラダのラインに沿ってやさしくピ
タッとフィットし続けるから、フィット性が22%アップしてモレ率は25%低減
した。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■NI帝人商事
ホコリの出ない清潔寝具

NI帝人商事はこのたび、インビスタ社との共同企画として、寝具からの発塵を
極度に減少させた清潔寝具“ピュアエール”を開発、2004年秋冬より発売する。
側地にフィルター性能の高い帝人が開発したマイクロファイバー製超緻密織物
を使用し、中綿にはインビスタ社の洗える清潔な中綿“ホロフィルII”を使用
した、理想的なノンダスト清潔寝具。
http://www.teijin.co.jp/japanese/news/2004/jbd040730.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第58回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2004
9月7〜10日,東京ビッグサイトで開催

日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市,第58回「東京インター
ナショナル・ギフト・ショー秋2004」が,“いやし、くつろぎ、スローライフ
の再考”をテーマに,9月7〜10日,東京ビッグサイトで開催される。
http://www.giftshow.co.jp/tigs/58tigsinvitation/index2.htm

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.113☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2004. 8.16☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2004年上半期(1−6月)のマスコミ4媒体広告量
家電・AV 機器、飲料・嗜好品などの出稿が好調

2004年上半期(1−6月)のマスコミ4媒体広告量が電通(消費者研究セ
ンター)の調査でまとまった。

新聞120紙(広告段数)、雑誌384誌(広告ページ数)、ラジオ9局(東
京・大阪地区のCM秒数)、テレビ15局(番組・スポット別、東京・大阪・
名古屋地区のCM秒数)について調査したもので、これによると新聞が前年同
期比0.8%増、雑誌が2.5%減、ラジオが1.7%増、テレビ番組が2.
6%増、テレビスポットが2.7%増と、ラジオとテレビスポットの広告量が
2002年下半期(7−12月)以降4期連続、新聞とテレビ番組が2期連続
の増加となり、雑誌は減少幅が縮小した。

2003年の前半にイラク戦争、新型肺炎(SARS)、金融不安、それに前
年のワールドカップ・サッカー関連広告の反動などが影響して多くの業種・企
業で広告出稿が抑制されたが、後半には日本経済の景気が持ち直し、デジタル
家電やブロードバンド(高速大容量)通信の急速な普及に、衆議院選挙、東京
モーターショー、地上デジタル放送開始などが加わって、情報・通信業界を中
心に広告活動が活発化した。2004年前半も景気回復、企業業績改善、アテ
ネオリンピックなどを背景に広告出稿は堅調に推移した。
http://www.dentsu.co.jp/news_release_frm.html?p=s&i=release
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2004/pdf/2004046-0812.pdf

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■トヨタ
ロシアに工場,08年から年1万5000台生産へ

トヨタ自動車は2008年にロシアに工場を建設し、現地生産を始める方針を固め
た。小型乗用車「カローラ」や中型乗用車「カムリ」を軸に車種を詰めており、
年間1万5000台規模で生産を開始する。日本の自動車メーカーがロシアで現地生
産するのは初めて。トヨタは自動車需要が急増しているロシアを中国に続く有
力市場と位置付け、現地生産に踏み切り、市場開拓を本格化する。

部品を組み合わせた半完成品を日本から持ち込み、現地で完成車を組み立てる
ノックダウン方式で生産を始める。年内にロシア政府と最終調整して形態を決
めるが、現地企業との合弁でなくトヨタ単独で進出する見通しだ。(日経 8/14)

■アラコ
植物素材の車部品を倍増

トヨタ自動車系のシート最大手,アラコは植物「ケナフ」を原料とする自動車
用繊維素材を増産する。05年度に今年度の約2倍の3,000tを生産。現行のドア部
品だけでなく,ボンネットや内装パネルにも用途を広げる。(日経 8/16)
http://www.araco.co.jp/

■ヒューテック
カラーフィルターの検査装置を開発

産業用検査装置のヒューテックは,液晶やプラズマパネルの基幹部品となるカ
ラーフィルターの検査装置を開発する。香川大学と共同で2年後をメドに商品化
する。(日経産業 8/16)
http://www.futec.co.jp/

■松岡紙業
古紙で油吸着マットを開発

古紙卸の松岡紙業(静岡県富士市)は,古紙を使って油を吸着させるマットを
開発した。現在使われているポリプロピレンなどを原料とした油吸着マットな
どに比べて3〜4割安い。(日経産業 8/11)
http://www.ban-nin.co.jp/

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■上海汽車
2020年に400万台めざす

中国の乗用車大手,上海汽車工業は2020年に年産400万台をめざす長期計画を策
定した。国内だけでなく海外でも販路拡大や企業買収など積極投資して,世界
の自動車大手のトップ10入りを果たす。(日経 8/12)
http://www.saicgroup.com/saic01/fore/index.htm

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ユニ・チャーム
“ムーニー のび〜るフィット”を改良新発売

ユニ・チャームは、ウォルト・ディズニー・ジャパンとのライセンス契約によ
り“ムーニー のび〜るフィット”(Mサイズ、Lサイズ)のターゲットテープ
とバックシートをやさしいデザインに一新して、9月上旬より新発売する。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■ユニ・チャーム
初めてのヒップアップ&美脚生理用ショーツ

ユニ・チャームは、生理用なのにボディメイクできる初めてのヒップアップ&
美脚ショーツ“ソフィ スリムアップフィット”を8月23日全国一斉発売する。
スーパーストレッチ素材で、同社従来品より約2.5倍もヒップの引き上げ効果が
高まり、「ショーツ1枚でもヒップアップ効果がある」「美脚効果がある」と
約7割の女性から支持があった。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■シャープ
家庭用空気清浄機5タイプ6機種発売
 
シャープは、浮遊カビ菌、ダニアレルゲン、ウイルスを不活化する「除菌イオン」
の放出量を倍増した、新開発「除菌イオン発生ユニット」と新機能「気化ミスト」
との組み合わせで、空中での浄化力と脱臭力を高め、さらにカーテンなどの付
着臭にまで威力を発揮する家庭用空気清浄機5タイプ6機種を発売する。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/040803-a.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■機能紙研究会
第43回「機能紙研発表講演会」を10月28日に大阪で開催

機能紙研究会(稲垣寛会長)では,第43回「機能紙研発表講演会」を10月28日
に大阪市西区の大阪科学技術センターで開催する。また,同日にポスター研究
発表や新製品展示会,交流会も催される。翌29日には見学会が予定されている。
                                           
講演内容は次の通り(敬称略)。

・セルロースのナノ構造制御による新機能材料創製
徳島文理大学工学部ナノ物質工学科/岡島邦彦、吾郷万里子

・構造発色繊維「Morphotex」
帝人ファイバーモルフォ推進室/能勢健吉

・インテリジェント材料を利用した機能紙の開発
一自己発色性マイクロカプセルを一例として一
愛媛県紙産業研究センター/市浦英明、森川政昭、藤原勝壽

・バナナ・パイナップル繊維のパルプ化及び製紙適性
岐阜県製品技術研究所美濃分室/小川俊彦、高田誠、佐藤幸泰、久保修、鬼頭
秀和、安立光宏,永井しのぶ

[特別講演]
21世紀の繊維材料の展望
信州大学理事・繊維学部教授(繊維学会会長)/白井汪芳

[特別講演]
米国紙産業界における米国紙パルプ技術研究所の役割(仮題)
Institute of Paper Science and Technology
Georgia Institute of Technology Principal Research Scientist/南光浩毅

・水素をつくる機能紙一燃料電池用ペーパ一触媒の開発
九州大学・大学院農学研究院森林資源科学部門/北岡卓也、深堀秀史、友田昭彦,
鈴木涼

・電子ぺ一パーの技術動向
王子製紙新技術研究所上級研究員/前田秀一

・不織布の最新技術・用途開発動向
京都女子大学家政学部教授/矢井田修

・写真印画紙用支持体を利用したホワイト積層ボードの展開
三菱製紙機能材料事業部担当課長/伊藤和彦

・製紙スラッジの製紙原料適性
静岡県富士工業技術センター研究主幹/日吉公男

〈産学官技術交流会〉
ポスターセッション会場にて質疑応答形式での技術交流      
http://www.ehime-iinet.or.jp/kinoushi/

■Inerstoff Asia Autumn(インターストッフ・アジア秋)
10月6〜8日,香港で開催

国際アパレルファブリックス専門見本市「Inerstoff Asia Autumn(インタース
トッフ・アジア秋)」が, 10月6〜8日,香港で開催される。
http://www.messefrankfurt.com.hk/interstoffasiaautumn.asp

■FILTRATION 2004
米フィラデルフィアで12月7〜9日に開催

INDA主催の「FILTRATION 2004」が, 米ペンシルバニア州のフィラデルフィア
コンベンションセンターで12月7〜9日に開催される。
http://www.inda.org/events/filt04/filt04_exbrochure.pdf

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.114☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2004. 8.23☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■エネルギー庁
燃料電池の開発・普及へ支援を拡充

経済産業省・資源エネルギー庁は、燃料電池の開発、普及への支援体制を大幅
に拡充する。産業技術総合研究所に「燃料電池先端科学研究センター(仮称)」
を設置、若手研究者を集め、性能を飛躍的に向上させるための基礎研究に取り
組む。

燃料電池は経済産業省が策定した新しい産業振興ビジョン「新産業創造戦略」
でも最重要テーマのひとつとして位置づけらている。エネ庁は一連の施策を実
現するため,05年度燃料電池関連予算として,総額339億円を要求する方針。
http://www.meti.go.jp/
http://www.meti.go.jp/policy/economic_industrial/press/0005221/0/04051
8sinsangyou_gaiyou.pdf
http://www.enecho.meti.go.jp/
http://www.aist.go.jp/

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■円建て輸出
アジア向けが増加し初めて4割超す

日本企業が輸出をする際に、円建てで決済する比率が上昇している。財務省が
まとめた2004年上半期(1―6月)の貿易取引の通貨別比率によると、全輸出に
占める円建て決済の比率(金額ベース)は前期(03年7―12月)に比べ0.8ポイ
ント上昇の40.1%となり、2000年の調査開始以来初めて40%を突破した。

中国向け輸出額が04年上半期に約3兆8000億円と過去最高を記録するなど、円建
て取引が多いアジア向け輸出が増えているのが主な理由。対アジア貿易の増加
が「円の国際化」を後押ししているといえそうだ。(日経 8/21)
http://www.mof.go.jp/#toukei

■住友精化
シンガポールの高吸水性樹脂製造設備を増設

住友精化は、連結子会社であるスミトモセイカシンガポールプライベートリミ
テッドにおいて、年産2万トンの高吸水性樹脂製造設備を増設する。今後、需
要の伸長が予想されるアジア地域の生産拠点であるシンガポールでの増設を決
定した。完成後のシンガポールにおける高吸水性樹脂事業の生産能力は、5万
5千トン、国内と併せた同社の生産能力は、約11万トンとなる。
http://www.sumitomoseika.co.jp/news/040818.pdf

■セーレン
欧州に自動車内装材の生産拠点設置へ

セーレンは2005―06年に、欧州に自動車内装材の生産拠点を設けると発表した。
米国、中国などにカーシートなど内装材の生産拠点を持つが、欧州は初めて。
日系自動車メーカーの欧州での生産拡大に対応し、欧州メーカーからの受注獲
得も目指す。

生産拠点設置に先立ち、6月にはベルギーにデザイン事務所を開設、カーシー
トの企画・開発に着手した。デザインしたカーシートがルノーの小型車種で採
用が見込めるなど、欧州での事業展開に手応えも出ている。7月には米国カリ
フォルニア州にもデザイン事務所を置いた。近隣に工場が集まる日系メーカー
や米ビッグスリーに、現地の流行を取り入れたデザインを提案する。
(日経 8/20)
http://www.seiren.com/

■イージェイ
天然素材の生分解性緩衝材を本格発売

イージェイは、トウモロコシ成分などの天然素材を用いた生分解性の発泡緩衝
材を本格発売した。電子機器や家電製品、食品などの輸送向けに年間5億円の
売り上げを見込む。新製品は、トウモロコシ(コーンスターチ)を主成分にし
たものと、木材繊維を主成分にしたタイプがあり、それぞれ用途に応じて選択
する。(日経産業8/17)

■立命館大
悪臭検知センサを開発

立命館大学理工学部の玉置純教授の研究チームは,排泄物などに含まれる悪臭
成分を検知するセンサを開発した。一般的なガスセンサの10万分の1の濃度の悪
臭を検知できる。(日経産業 8/17)
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/b-liaison/pdf/1002.PDF

■クレアテラ
ヤシ殻利用の緑化用培土板を拡販

クレアテラは,ヤシ殻を利用した緑化用培土板“ガーデンマット”の販売を強
化する。03年比3割増の年間3万5,000m2相当分を目標に掲げ,事業所や住宅に対
する個別営業を強める。(日刊工業 8/18)
http://www.createrra.co.jp/

■みやはら
機能性樹脂綿事業を拡大

みやはらは,消臭や調湿などの機能をもつ機能性樹脂綿の事業を拡大する。樹
脂綿は化学繊維を原料にした綿で製造過程で接着剤を吹き付けて成形する。そ
のときに機能をもつ物質を一緒に吹き付けたものが機能性樹脂綿といわれる。
(日刊工業 8/19)

■高島屋
スーツ回収・再生の実施店を拡大

高島屋は9月から10月に関東の4店で,不用になったスーツやジャケットを店頭
で回収する紳士服リサイクルを実施する。東京店で手掛けたところ好評だった
ため拡大する。(日経 8/20)
http://www.takashimaya.co.jp/

■ハウス・システム
土佐和紙の壁紙に光触媒

ハウス・システム(高松市)は,土佐和紙の壁紙に光触媒を織り込んだ“トサ
ライトHSシリーズ”を発売した。自然の風合いを持ちながら,ホルムアルデヒ
ドの分解除去やアンモニア臭の除去,大腸菌などの滅菌機能をもつ。生産は森
鹿製紙(土佐市)が行う。
http://www.h3.dion.ne.jp/~house-s/hikari_syokubai/index.html
http://www15.ocn.ne.jp/~morisika/

■紙おむつ類と生理用品のPOSシェア7月ランキング

紙おむつ類は,1位がユニ・チャームで48.6%(前月比1.0%減),2位が花王で
20.3%(同3.6%増),3位がP&Gで15.8%(同2.6%減),4位が大王製紙で6.5% (同
0.7%減),その他が8.8%(同0.7%増)。

生理用品は,1位がユニ・チャームで42.9%(前月比0.2%減),2位が花王で25.2%
(同2.2%増),3位がP&Gで14.3%(同1.2%減),4位が大王製紙で8.1%(同0.7%
減),その他が9.5%(同0.1%減)。(日経流通 8/21)

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■中国
低迷続く自動車市場

4月から続く中国自動車市場の低迷は4ヵ月めに入った。輸入割当枠の全面撤廃
後の過渡期にあり,買い控えはWTO加盟前よりひどくなっている。市場パイの増
加が少ないなかで,限られた少数企業が急成長し,大部分のメーカーが落込み
という代償を払っている。(日刊工業 8/23)

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■三菱電機
強力吸引と業界最小の運転音を両立させた紙パック式掃除機を発売

三菱電機は、強い吸引力の吸込仕事率と業界最小の運転音55dBを両立させ、さ
らに同社独自の「クリーンHEPAボックス」の搭載により清潔排気を実現した紙
パック式掃除機「ストロングクリーナー」2機種を9月25日から発売する。

業界最大面積のバイオ除菌脱臭HEPAフィルターと新開発の抗アレルゲン紙パッ
クを内蔵した「クリーンHEPAボックス」を集塵室内に設置。微細塵を捕集し、
アレルゲンを抑制する他、排気臭を抑えた清潔排気を実現した。さらに「クリー
ン HEPAボックス」は紙パックの買い置きを切らした時、紙パックなしでもゴミ
吸引が可能な構造。
http://www.MitsubishiElectric.co.jp/news/2004/0820-b.htm

■ダイキン工業
「ストリーマ放電」応用の空気清浄機を発売

ダイキン工業は、空気清浄機の新商品として、世界で初めて「ストリーマ放電」
技術を搭載し、常時発生するニオイやホルムアルデヒドを強力に分解する“フ
ラッシュストリーマ光クリエール MC706−W(7.0m3/分:標準機)”を
8月28日より発売する。さらに10畳の部屋を約30分で隅々まで湿度40
%RH以上にできる本格加湿機能を搭載した“うるる加湿フラッシュストリーマ
光クリエール MC756M−S(7.5m3/分)」を11月25日より発売し、
標準機と本格加湿機能付きの2シリーズを展開する。

ストリーマ放電は,強い酸化力を有する高速電子を3次元的に発生させニオイ
やホルムアルデヒドを強力に分解することが、多くの研究者の間で1980年
頃から認知されていた。しかし偶然発生させることはできても、安定して発生
させることは技術的に難しく実用化は困難と言われてきた。
http://www.daikin.co.jp/press/2004/040817/index.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■Cinte Techtextil China
9月1〜3日,上海で開催

産業用繊維と不織布の国際専門見本市「Cinte Techtextil China」が 9月1〜3
日,上海で開催される。18ヵ国・地域から300社以上が出展する。
http://www.messefrankfurt.com.hk/cintetechtextil.asp

■国際物流総合展2004
9月14〜17日,東京ビッグサイトで開催

内外の最新物流機器・システム・情報等のソフトとハードを一堂に結集し、交
易振興・技術の向上・情報の提供・人的交流等を促進することを目的とする「国
際物流総合展2004」が,9月14〜17日,東京ビッグサイトで開催される。
また,「VACUUM 2004-真空展」と「第6回自動認識総合展」も同時開催される。
http://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/
http://www.cnt-inc.co.jp/vacuum/top.htm
http://www.autoid-expo.com/

■2004 洗浄総合展(2004 PAN-EXHIBITION FOR WASH AND CLEAN)
9月29〜10月1日,東京ビッグサイトで開催

2004 洗浄総合展(2004 PAN-EXHIBITION FOR WASH AND CLEAN)が9月29〜10月
1日,「時代を洗う、地球を守る。」をテーマに東京ビッグサイトで開催で開催
される。また,「2004土壌・地下水環境展」「2004産学官技術交流フェア」「中
小企業総合展2004 in TOKYO」「日経ナノテク・ビジネスフェア2004」「29th全
日本プラスチック日用品フェア」も同時開催される。
http://www.nikkan.co.jp/eve/04senjyo/
http://www.nikkan.co.jp/eve/04dojyo/
http://www.nikkan.co.jp/j-forum/04sangaku/gaiyo.html
http://www.sougouten.com/
http://www.nikkei-nanofair.com/
http://www.jpm.or.jp/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.115☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2004. 8.30☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事
6.お知らせ

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■環境省
容器包装リサイクル法に基づく市町村の分別収集の実績を公表

環境省では平成15年度に,都道府県を通じて容器包装リサイクル法に基づき分
別収集を実施した市町村の分別収集量や再商品化量等を調査した。

平成15年度における実施状況をみると、分別収集を実施する市町村数は前年度
に比べ、スチール缶、アルミ缶を除き、着実に増加している。また、分別収集
量、再商品化量についても、消費重量の減少等により減少したスチー ル缶、ア
ルミ缶を除き、すべての対象品目において増加しており、制度の浸透、定着が
図られている。 

ペットボトルについては分別収集量は前年度比で約1.1倍であり、回収率(市町
村の分別収集量/生産量)は48.5%となり、年々着実な伸びを見せている。ペッ
トボトルの生産量と分別収集量の差をもって廃棄量の動向を推し量るならば平
成15年度においては生産量が対前年比で約6%の伸びがみられる中、その廃棄量
は平成10年度時点を約9千トン下回っている。
http://www.env.go.jp/recycle/yoki/jisseki_h15/index.html
 
┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■7月の家庭用エアコン出荷
前年同期比59.6%増加

日本冷凍空調工業会が発表した7月のエアコンの国内出荷実績によると、家庭用
エアコンは136万6000台と前年同期比59.6%増え、2カ月連続で前年同月を上回っ
た。7月に100万台を超えるのは2002年の7月以来、2年ぶり。猛暑を受けた需要
増に対応して、メーカーが供給を増やした。8月も需要は堅調で、3カ月連続の
プラスになる可能性が高いという。(日経 8/25)
http://www.jraia.or.jp/

■トヨタ
IMVプロジェクトをスタート

トヨタ自動車はかねてより、世界140カ国以上の市場に導入することを前提に、
新しいピックアップトラックと多目的車(IMV:Innovative International
Multi-purpose Vehicle)を開発し、世界規模での最適な生産・供給体制を構築
するプロジェクトを進めてきたが,このほどタイにおいて、IMVシリーズ第1弾
となる新型ピックアップトラック「ハイラックスVIGO」を発表し、プロジェク
トの第1歩を踏み出した。

トヨタの事業活動のグローバル化は、日本での生産および輸出を中心とする第
1フェーズから需要のある地域で生産する第2フェーズへと進んできた。今後、
世界各地域でFTA(自由貿易協定)の整備が進む中、世界規模でのより効率的な
生産・供給体制を構築することによって、世界各国のユーザーに、同時期に、
より魅力的な商品を、より求めやすい価格で提供することを目指していく。
http://www.toyota.co.jp/jp/news/04/Aug/nt04_0806.html

■ホンダ
燃料電池二輪車などを開発

ホンダは、燃料電池二輪車など次世代の二輪車3モデルを公開した。燃料電池二
輪車では四輪車用に開発した燃料電池システムを利用したほか、原付きハイブ
リッド二輪車や電動二輪車も開発した。従来のガソリンエンジンを使った二輪
車に比べ、燃費向上や排ガス削減など環境対応を強化した。
http://www.honda.co.jp/news/2004/2040824c.html

■吉野石膏
「ガラス繊維不織布石膏板」が性能認証

吉野石膏は,住宅内装用の構造用面材として使うことができるガラス繊維不織
布石膏板“タイガーグラスロック耐力壁”を開発,建築材料を認証する国土交
通大臣認定を取得した。
http://www.yoshino-gypsum.com/japanese.html

■イトーヨーカドー
介護用品コーナーを全店に拡大

イトーヨーカドーは,1997年より大井町店で展開してきた介護用品コーナー「安
心サポートショップ」を全国のイトーヨーカドー各店舗166店(一部店舗を除く)
に拡大した。介護食,トイレ用品など約800品目をそろえる。今年度中に50店に
新設する計画を顧客の要望で全店に拡大した。
http://www.itoyokado.iyg.co.jp/life/care/index.html

■きんでん
屋上緑化事業を本格化

きんでんは,天然芝“ティフ・ブレア”による屋上緑化事業を本格化する。固
化培土層・保水層・防根層・遮水層から構成された、薄層緑化システムを開発,
本社ビルで実証テストを進めてきた。(日刊工業 8/24)
http://www.kinden.co.jp/topics/whats/topic105.html

■ノバルティスファーマ
経皮鎮痛消炎剤を発売

ノバルティスファーマは、経皮鎮痛消炎剤「ボルタレンィテープ」(一般名:ジ
クロフェナクナトリウム)を医家向けに新発売した。医療の現場で高い評価を
得ているボルタレンブランドと同じジクロフェナクナトリウムを主成分とした
「貼るボルタレン」で、世界初のボルタレンのテープ剤。伸縮性・粘着性に優
れ、患部にフィットする。
http://www.novartis.co.jp/pdf/pr040820.pdf

■釜金繊維工業
鳥害を防止する繊維を開発

ゴム入り織物などを製造する釜金繊維工業(石川県かほく市)は鳥によるごみ
置き場や菜園などの荒らし被害を防止するための繊維「鳥締役」を開発した。
鳥害に悩む電力会社や自治体などを中心に売り込む。

鳥締役はコストが安く、収縮性の高いポリエステル製。1本の縦糸に対して、長
さ10センチの糸をムカデの足のように1メートル当たり1800本の密度で垂直に結
び付ける。さらに縦糸を軸にらせん状にねじった。これにより当たった光が乱
反射する。そのまま畑に張り巡らせたり、ごみネットの縁に取り付けて使う。
(日経産業 8/24)
http://www.kahoku.biz/company/nanatsuka/kin-kama/index.html

■シナネン
抗菌剤の新規用途を開拓

シナネンは粉粒状抗菌剤“ゼオミック”の新規用途開拓を加速する。抗菌作用
以外に消臭効果があることを武器に売込みを強化する。(日経産業 8/30)
http://www.sinanen.com/index_m3.html

■東レ
“三越100年祭〜秋〜”に人工皮革などの素材を提供

三越は、デパートメントストア宣言100年記念特別企画として、今春「東レ・三
越 やさしいフェア」を実施したが,この秋はさらに発展させ、婦人部門に加
え、紳士、雑貨(バッグ、帽子)、フィットネス水着なども新たに展開する。素
材は「手入れがしやすく、機能的で、なおかつ風合いの良いものを」という顧
客の声を反映し、東レの人工皮革“TOREX” “エクセーヌ”をはじめ、様々な
機能を備えた18素材を使用する。
http://www.toray.co.jp/news/fiber/nr040826.html

■旭化成せんい
“ベンベルグ”ブランド浸透へ日・中・欧でプロモーション展開

旭化成せんいは,再生セルロース繊維“ベンベルグ”のブランドの浸透を図る
ため,日本,中国および欧州でグローバルプロモーションを9月から開始する。
未利用繊維を使用した“元祖エコロジー素材”を訴求する。コンセプトは「心
を満たすエコロジー繊維。ベンベルグ」。
http://www.ak-fibers.jp/

■旭化成せんい
インドネシアの繊維子会社を清算

旭化成せんいは、インドネシアの繊維子会社であるインドネシア旭化成を清算
する。1972年に設立され、30年間にわたり繊維事業(アクリル紡績糸お
よびナイロン糸の製造販売)を行ってきたが、ここ数年の事業環境の急激な悪
化の中で清算せざるを得ないと判断した。
http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/news/2004/fi040824.html

■日本無機
日本板硝子へ電池セパレータ部門を承継

日本板硝子と日本無機では、日本無機の電池セパレータ部門を10月1日付で会
社分割(吸収分割)により日本板硝子へ承継することで基本合意した。
http://www.nipponmuki.co.jp/news/news20040729.html
http://www.nsg.co.jp/press/2004/072902.html

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■プロクター&ギャンブル社(米国)
初のアフリカ系不織布メーカーの設立を支援

■ヤコブ・ホルム・インダストリーズ社(米国)
デンマークのヤコブ社が、ノースカロライナ州に4,000万ドルを投じてスパンレー
ス工場を建設

■ヤコブ・ホルム・インダストリーズ社(フランス)
2004、2005年に1,000万ユーロ以上を投じて、フランスの水流絡合ラインを改良

■ホリングスワース・ヴォース社(ドイツ)
米国のホリングスワース社が、ドイツ工場に2.5m幅メルトブローンラインを設置

■ファースト・クオリティー・ノンウーヴンズ社(米国)
ペンシルバニア州の工場に、ライフェンハウザー社製の最新第7ラインを設置

■ファイバーテックス社(チェコ)
デンマークのファイバーテックス社が、チェコのニードルパンチメーカー、ヴィ
ゴナ社を580万ドルで買収

■中国
自動車在庫13万台増

中国汽車工業協会によると,中国の7月末の自動車在庫台数が1月時点に比べて
約13万台増加した。今後,生産や投資計画を見直す動きが出てくる可能性もあ
る。(日経 8/24)
http://www.caam.org.cn/

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ユニ・チャーム
“ムーニーマン ビッグより大きいサイズ”新発売

ユニ・チャームは、ウォルト・ディズニー・ジャパンとのライセンス契約によ
り、はかせるオムツ“ムーニーマン”より、大きな子供でもゆったりはける新
サイズ“ムーニーマン ビッグより大きいサイズ”を9月14日より全国発売する。

現在、おむつはずれに対する意識の変化により、高月齢の子供の紙おむつ使用
率が増加傾向にある。しかし、ビッグサイズでは対応できない18kg以上の子
供には、小さいサイズを我慢して使用していたり、脇のゴムを破って使用して
いるのが実情。

そこで同社では、大きな子供でもゆったりはける新サイズ“ムーニーマンビッ
グより大きいサイズ”を新発売する。適応体重13〜25kg、身長90〜130cm
と、ビッグサイズに比べて、股上が大きく、大きな子供でもゆとりをもっては
くことができる。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■白十字
大人用紙おむつの新製品を発売

白十字は,大人用紙おむつの新製品“サルバDパンツ しっかりガードうす型”
を9月1日に発売する。尿を吸収する不織布を薄くするとともに,身体に沿いや
すいよう形状を工夫して漏れにくくした。
http://www.hakujuji.co.jp/

■ニチバン
あかぎれ・ひびわれ専用絆創膏を新発売

ニチバンは、指先をしっかり包み込む新形状とやわらかく透湿性のある素材で、
あかぎれを閉じてうるおいを保つことで自然治癒を促す、業界初の指先のあか
ぎれ・ひびわれ専用絆創膏“あかぎれバンTM”を、9月13日より全国の薬局・
薬店、ドラッグストアなどで新発売する。やわらかく指先にフィットする素材
「高密度ウレタン不織布」を採用し、指先をしっかり包み込む新形状となって
いる。
http://www.nichiban.co.jp/news/04-08/02.html

■カネボウ合繊・キャスコ
シルクプロテイン配合の人工スエード素材用いたゴルフ手袋を開発

カネボウ合繊は、業界で初めて、シルクプロテインを配合した人工スエード“ベ
ルセイムプレミアムS”を開発。ゴルフ用品メーカーのキャスコから、この素
材を使用したゴルフ手袋“キャスコSF4221”シリーズ(4種・6サイズ
・2色)を、9月23日より全国の大手百貨店・ゴルフ専門店で発売する。高
いグリップ力、耐久性、通気性などに加え、優れた保湿性を有するシルクプロ
テイン配合により、肌にやさしくソフトな風合いで、自然な装着感を追求した
ゴルフ手袋が実現、質感にこだわるゴルフプレイヤーの飛距離アップをサポー
トする。
http://www.kanebotx.com/news/index.htm

■オン企画
光触媒を塗った脱臭フィルター

オン企画は,光触媒を塗布した脱臭フィルターを発売する。ナイロン製のフィ
ルターに水に溶かした酸化チタンを塗布した。(日経産業 8/24)
http://www.onkikaku.co.jp

■レジナ
ヘンプ100%生糸の寝具を発売

レジナは,国内初ヘンプ100%生糸の寝具“ヘンプ・パッド”を発売した。「ヘ
ンプ麻」は環境植物と呼ばれる環境に優しい素材。繊維構造が中空であるため、
熱伝導性がきわめて高く、通気性に富み、衛生的。
http://www.regina-life.com/restyle/01pad.html

■コグネックス
画像処理センサの探索精度が10倍に

コグネックスは、画像処理業界の先端技術として発売以来ユーザーから高い評
価を得ている画像処理ソフトウェアPatMaxRをIn-Sightビジョンセンサに搭載す
ることを発表した。

PatMaxは、米国で特許を取得した画像処理ソフトウェア技術であり、卓越した
特徴探索性能により、様々な産業の生産ラインで実用化されている。これまで
ハイエンド画像処理システムに搭載されていたPatMaxが、センサタイプの画像
処理システムIn-Sightでも利用可能となったことで、画像処理センサ分野に新
たなパフォーマンス・スタンダードが確立される。
http://www.cognex.co.jp/news/2004/news040819.asp

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第42回「2004分析展」
9月1〜3日,幕張メッセで開催

第42回「2004分析展」(JAIMA SHOW 2004)が,「あなたの“?”解決しま
す。」をテーマに,9月1〜3日,幕張メッセで開催される。
http://www.jaima.or.jp/show/

■2004東京国際包装展一東京パック2004
10月5〜9日,東京ビッグサイトで開催

「東京国際包装展一東京パック2004」が,10月5〜9日,“包装が変わる!未来
が見える!”をテーマに東京ビッグサイトで開催される。包装資材、包装機械
から包材加工機械、食品機械、関連機器類、 環境対応機材、物流機器類に至る
生産・包装・流通の技術振興をはかるとともに、商談や交流および包装の最新
情報発信の場となる。
http://www.jpi.or.jp/t-pack/

■第31回国際福祉機器展H.C.R.2004
10月13〜15日,東京ビッグサイトで開催

福祉機器の総合展示会である,第31回「国際福祉機器展H.C.R.2004」が 10月13
〜15日,東京ビッグサイトで開催される。国内外より600社が出展する。
http://www.hcr.or.jp/

┏☆お知らせ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本誌「NONWOVENS REVIEW」Vol.15 No.2が本日,発刊となりました。
主な内容は次の通りです。

特 集 1
IT分野での応用進む高機能不織布
・日本バイリーン/電池セパレータ材の開発状況
・旭化成せんい/エレクトロニクス用ワイパー
・クラレ/プリント配線基板用不織布
・タピルス/メルトブローン不織布の事業戦略
・ニッポン高度紙/中国から不織布製造プラント受注

特 集 2
環境対策に貢献するフィルタ
・アールストロームジャパン/フィルタビジネス
・日本バイリーン/ 中国で自動車用フィルタ製造
・呉羽テック/一体型エンジンフィルタ素材を拡販
・金井重要工業/環境対応型フィルタの開発を推進
・阿波製紙/タイ・中国でエンジン用フィルタ製造
・ダイワボウ/多層構造のカートリッジフィルタ
・安積濾紙/機能性濾材の開発に注力

・業界リーダーに聞く/ANNA会長・金井宏彰氏
・特別寄稿/市場成熟化で重要度増す技術力と独自性
・中国不織布産業の最新動向

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━