━━☆No.156☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2005.7.4☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■経済産業省
今年度の設備投資14%増、自動車などけん引

経済産業省が30日発表した2005年度の設備投資調査によると、主要企業による
国内の設備投資計画は04年度実績に比べて14.0%増えた。業績が好調な自動車
や鉄鋼、化学メーカーなどが投資を積み増し、全体の伸び率は15年ぶりの高水
準となった。

国内での設備投資は製造業が21.3%増と大幅に回復する。投資額が大きい自動
車は24.1%増。トヨタ自動車がグループ企業で高級車「レクサス」の増産を計
画するなど各社が投資に積極的で、部品を組み立てて完成車にする部門の投資
などが好調だ。

鉄鋼も31.1%増える。新日本製鉄が全国の3製鉄所で自動車用鋼板の生産ライン
を増強するなど、自動車メーカー向けの製品で投資意欲が高い。化学は業績回
復を受け、老朽化していた生産設備の更新を進める。

非製造業は8.5%増。電力会社などが投資を増やすが、製造業よりは回復の足取
りが鈍い。(日経 7/1)
http://www.meti.go.jp/press/20050630004/setsubitoushi-set.pdf

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■通商白書
中国事業リスクに警鐘,東アジア連携強化を

2005年版の通商白書が発表された。少子高齢化が進む日本が経済成長を持続す
るには東アジアとの連携を強化することが重要と強調した。そのうえで域内経
済のカギを握る中国については投資の過熱など構造問題が深刻化していると指
摘。現地進出している日本企業の事業リスクが高まっていることに警鐘を鳴ら
した。

白書は中国経済の成長要因がインフラなど固定資産投資に依存していると分析。
投資過熱が要因で(1)原材料・エネルギー価格上昇に伴う物価上昇(2)電力不足
の深刻化(3)不動産価格の上昇――などが引き起こされているとしている。

今後の懸念材料として不動産向け融資の新たな不良債権化や知的財産権の侵害、
法制度の不備などを列挙。日本企業はこうしたリスクを踏まえ、中国や東南ア
ジア諸国連合(ASEAN)を含めた東アジア域内での最適地生産などの戦略
を練るべきだと強調している。(日経 7/1)
http://www.meti.go.jp/press/20050701005/2-tsuuhaku-set.pdf

■国土交通省
屋上緑化施行面積調査

国土交通省は,最近(平成12年〜16年の5年間)の屋上緑化空間の創出状
況の大まかな把握を行うために、屋上緑化の実施に関連する主な企業等を対象
に、近年の施工面積実績のアンケート調査を行った。それによると屋上緑化面
積は、平成12年〜16年の5年間合計で約78haで、施工年が最近になる
ほど多い結果となった。
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha05/04/040630_.html

■東京都
「みどりの新戦略ガイドライン」と「都市計画公園・緑地の整備方針」を公表

東京都は東京らしいみどりづくりを誘導するための指針として「みどりの新戦
略ガイドライン」を策定した。また、都市計画公園・緑地の整備を促進するた
め、都区市町が共同で「都市計画公園・緑地の整備方針」の策定を進めている。
2025年度までにみどり率を区部では29%から35%前後に高める目標を設定した。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/KONDAN/2005/06/40f6s100.htm

■不動産経済研究所
首都圏の「ペット可」マンションが55%

首都圏マンションのうち,ペット飼育を認めているところが5割を超えているこ
とが不動産経済研究所の調査で分かった。ペットブームの広がりに伴い,マン
ションでもペット飼育可能が業界標準になりつつある。(日経 6/28)
http://www.fudousankeizai.co.jp/

■トヨタ
カナダ新工場建設を発表,SUV年10万台生産

トヨタ自動車は、北米における生産のさらなる現地化を推進するために、カナ
ダのToyota Motor Manufacturing Canada, Inc.(以下、TMMC)を増強し、新た
にオンタリオ州ウッドストック地域にTMMCの第2工場を建設することを決定し
た。TMMC第2工場の年間生産能力は10万台で、2008年よりSUV「RAV4」を生産す
る予定。また、第2工場建設による追加投資は約8億カナダドル(約712億円)、
追加雇用は1300人を見込んでいる。
http://www.toyota.co.jp/jp/news/05/Jul/nt05_0701.html

■トヨタ紡織
タイ子会社を統合しアセアン統括会社に

トヨタ紡織は、アセアン地域事業拡大に伴い、より効率的な事業運営を目指し、
トヨダボウアジア株式会社〔TOYODABO ASIA CO.,LTD 略称:TBAS〕と、ティー
エヌエーティー(タイランド)株式会社〔TNAT(THAILAND) CO.,LTD 略称:
TNAT〕を統合し、アセアン地域の統括会社としての機能の拡充を図る。(統合
の形態は、TNAT を全て営業譲渡(営業譲渡後清算)し、TBAS を存続会社とす
る)なお、TBAS は、7月1日にTOYOTA BOSHOKU ASIA CO.,LTD(略称:TBAS)
〔トヨタ紡織アジア株式会社〕に商号変更する予定。
http://www.toyota-boshoku.co.jp/jp/whatsnew/pdf/05062701.pdf

■トヨタ紡織
北米子会社を統合

トヨタ紡織は、北米地域での営業力強化や開発体制整備といった統括会社機能
を充実させるため、デトロイトにある子会社の統合行う。統合するのは、「ア
ラコアメリカ株式会社(以下、ARA)」「タカニチユーエスエー株式会社」およ
び「トヨダボウアメリカ株式会社」の3社。本年7月1日にARA を存続会社と
して統合し、商号は「トヨタ紡織アメリカ株式会社(以下、TBA)」に変更す
る。また、現在トヨタ紡織の100%出資の子会社である「トヨダボウマニュ
ファクチャリングケンタッキーLLC 社(以下、TBMK)」は、統合後のTBA との
営業連携を強化するために、統合後にTBA の100%の子会社とする。
http://www.toyota-boshoku.co.jp/jp/whatsnew/pdf/05062702.pdf

■河西工業
トヨタ向けに内装部品の新工場

日産自動車を主力取引先とする自動車部品メーカーの河西工業は、トヨタ自動
車グループ向けに内装樹脂部品を生産する新工場を岩手県花巻市に新設する。
総投資額は約20億円。日産が出資していた大手の旧系列部品メーカーでは日産
以外からの受注を拡大している企業が多いものの、全量をトヨタ系に供給する
ための国内工場を新設するのは珍しい。

新工場ではドアトリムなどの内装部品を製造、同じ岩手県内に組み立て工場を
持つトヨタ系の車体メーカー、関東自動車工業向けに供給する。生産は5万台分
を超える。関東自はトヨタの国内生産の拡大に対応して岩手工場の生産能力を
増強している。部品は小型車向けとみられ、来秋にも量産を開始する見込み。
(日経夕 6/27)
http://www.kasai.co.jp/

■東レ
中国で合弁によるポリエステル・綿混織物新会社を設立

東レはこの度、中国において青島即発集団股有限公司との合弁による、ポリエ
ステル・綿混(T/C)織物および綿100%織物の製造・販売会社を設立することを決
定した。新会社名は「東麗即発(青島)染織股有限公司」(略称 TJQ)。中国・山
東省青島即墨市の即発龍山工業団地内に紡績・織布・染色の一貫体制の工場を
新設し、2006年3月から月産約200万mの規模で操業開始の予定。
http://www.toray.co.jp/news/fiber/nr050630.html

■東レ
運動時の汗冷え軽減性に優れたストレッチ素材を発売

東レは、冷感軽減・速乾の水着素材“サラカラ”シリーズを高度化し、最近話
題のヨガやピラティス、ウォーキング等軽運動用のエクササイズウェア向けに
吸汗速乾・汗冷えなどの冷感軽減性機能を持った素材「“サラカラ”for ワー
クアウト」(salakala for workout)を開発し、2006年春夏向けから販売を開始
する。販売計画は初年度3千反(1反=約50m)売上高1億円、3年後1万反売上高3億
円を予定している。
http://www.toray.co.jp/news/fiber/nr050629.html

■サンプラック工業
ポリオレフィンコンパウンドでタイに生産進出

丸善石油化学グループのサンンプラック工業は,ポリオレフィンコンパウンド
でタイに生産進出する。主要顧客である日系衛生材料メーカーの海外進出に伴
い,現地調達ニーズが高まっていることが背景にある。(化学工業日報 6/30)
http://www2.ocn.ne.jp/~sunplac/

■日本化学繊維協会
新会長に榊原東レ社長

日本化学繊維協会は,津村準二会長(東洋紡会長)に代わり,東レの榊原定征
社長が新会長に就任した。副会長には旭化成の蛭田史郎社長が就いた。
http://www.jcfa.gr.jp/index_j.html

■倉敷繊維加工
山田社長が顧問に

倉敷繊維加工の社長で日本不織布協会の前々会長を務められた山田忠美氏が6月
29日付で同社顧問に就任した。なお後任の社長には,則永正好専務取締役が昇
格した。
http://www.kurasen.co.jp/

■日本フエルト商事
川崎社長が重任

日本フエルト商事は,6月29日開催の定時株主総会および取締役会で,川崎博康
社長ら取締役の重任を決定した。なお,志水宏輔専務取締役は常任顧問に就任
した。

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■中国の自動車生産・販売
下期は伸率が好転

中国の国家統計局は,今年下半期(7-12月)の自動車生産・販売の伸率は上半
期を上回り,自動車市場は大きく好転するとの見通しを示した。
(日刊工業 6/28)

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■西川産業
アレルギー対策寝具を発売

西川産業は、NI帝人商事、小松精練、積水化学工業との共同開発により、ダニ
の死骸や糞から発生するアレルゲンを低減するために開発された抗アレルゲン
剤「アレルバスターィ」を用い、当社がダニアレルゲン低減加工寝具「スーパー
 セーフティガードィ」として商品化に成功した。フェノール系ポリマーである
抗アレルゲン剤を繊維に固着化することにより繊維に付着したダニ由来のアレ
ルゲンを80%以上不活化(アレルゲンの活動を抑制)、人体に影響を及ぼすア
レルゲンを低減する。
http://www.nishikawasangyo.co.jp/CGI/whatsnew/whatsnew.cgi?seq=121

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第16回 国際 文具・紙製品展 ISOT2005
7月7〜9日,東京ビッグサイトで開催

あらゆる文具・紙製品、オフィス用品が一堂に集まるアジア最大の商談展,第
16回「国際 文具・紙製品展 ISOT2005」が7月7〜9日,東京ビッグサイトで開催
される。
http://www.isot-fair.jp/

■東京国際ブックフェア 2005
7月7〜10日,東京ビッグサイトで開催

世界30カ国より650社が出展する、日本最大の国際ブックフェア,「東京国際
ブックフェア2005」が7月7〜10日,東京ビッグサイトで開催される。
http://www.bookfair.jp/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.157☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2005. 7.11☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本不織布協会/05年度定時総会
ANEX06に主役としての参加を呼びかけ

日本不織布協会(金井宏彰会長,金井重要工業副社長)は7月8日午後,大阪市
都島区の太閤園で正会員67社(うち委任状19社)の出席のもと05年度の定時総
会を開催,04年度の事業報告や05年度の事業計画,後任理事,05年度の予算案
など第1号から第5号議案を全会一致で承認した。また引き続き開かれた懇親会
には過去最高の218人が参加,わが国の不織布産業に寄せる期待の大きさを窺
わせた。

総会の席上,金井会長はいまの日本の不織布業界に必要なものとして,(1)産官
学協力による不織布開発を養成するインキュベータ,(2)定年退職した不織布技
術者が海外に流出せず国内で活用できる仕組みづくり,(3)日本独自の不織布に
合った生産システム,の3つを挙げた。

また,報告事項として,ANEX06の準備状況や協会ホームページのリニューアル,
ANFA関連事項,INDEX関連事項が取り上げられた。このうち来年5月24日〜26日,
東京ビッグサイト西1・2ホールで開催されるANEX06には7月5日現在,58社(316
小間)の申し込みがあり,そのうち国内からの参加は22社(下記)に留まって
いる。

金井会長は懇親会の挨拶で,ANEX06を有意義で楽しく,また来場者に見学しや
すい展示会にしたいと述べるとともに,会員各社に日本の不織布産業の実力を
世界にアピールできる主役としての参加を呼びかけた。

乾杯の音頭は,安光保二副会長(金星製紙社長)が,また中締めは竹中康雄副
会長(タピルス社長)がそれぞれ行い,懇親会は無事終了した。

7月5日現在,ANEX06に出展予定の日本企業は次の通り。
日本バイリーン,金井重要工業,東洋紡グループ,シンワ,倉敷繊維加工,王
子キノクロス,住友精化,グロッツ・ベッケルトジャパン,COGNIX,新日石プ
ラスト,ダイニック,ノードソン,ジェイソフト,双日マシナリー,伊藤忠テ
クスマック,フォスター社/プロップ貿易,三晶,ユニチカ,金星製紙,アン
ビック,日清紡,堺商事。
http://www.anna.gr.jp/
http://www.anex.info/jp/index.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■厚労省・国民生活基礎調査
高齢者世帯数が最多の787万

65歳以上の高齢者だけか,高齢者と18歳未満の子供だけの「高齢者世帯」が,
過去最多の787万世帯(全世帯の17%)に上ることが厚生労働省の04年の国民生
活基礎調査で分かった。1世帯あたりの人数は過去最少の2.72人となり,少子高
齢化と核家族化の進展を裏付けている。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa04/index.html

■自動車リサイクル推進センター
自動車リサイクルシステムの05年度第1四半期運用状況を公表

自動車リサイクル推進センターは,本年1月1日の自動車リサイクル法本格施行
に伴い稼動開始した、自動車リサイクルシステムの本年度第1四半期(4〜6月)
運用状況を公表した。それによると,リサイクル料金の預託は、4〜6月で994
万台、システム立ち上がり後6ヵ月(1〜6月)の累計では1,987 万台と推移
している。
http://www.jarc.or.jp/topics/pdf/050705/01.pdf

■トヨタ・ダイハツ
インドで共同生産

トヨタ自動車は子会社のダイハツ工業と共同でインドに小型乗用車の新工場を
建設、2007年にも年間10万台規模で生産を始める。ロシア工場も同年の稼働を
予定しており、ブラジルや中国と合わせ、成長著しい新興市場国「BRICs」
4カ国で拠点整備を急ぐ一環。米欧市場の足場固めを優先してきた海外戦略を拡
張、インドで圧倒的なシェアを握るスズキに対抗し、グループの総合力で市場
獲得をめざす。
http://www.toyota.co.jp/index.html
http://www.daihatsu.co.jp/index_f.htm

■宇部興産
光触媒繊維利用水浄化の高度化を研究

宇部興産は,光触媒繊維利用を用いた水浄化技術について,一般産業廃水の大
量処理への適応をめざしシステム高度化研究を加速する。もっとも分解され難
いとされる残留性有機汚染物質(POPs)の無害化という高いハードルを掲げる。
(化学工業日報 7/7)
http://www.ube-ind.co.jp/japanese/index.htm

■ユニチカテキスタイル
天然竹繊維“藍竹”(あいたけ)を発売

ユニチカテキスタイルは、天然の竹を開繊して得られる竹繊維100%使いの新素
材“藍竹”(あいたけ)を開発、発売する。竹を素材としたものは、これまで
竹レーヨンによる紡績糸・テキスタイル素材が販売されていたが、ユニチカテ
キスタイルでは天然竹の特徴、風合いをそのまま生かした天然竹繊維素材を開
発し、織編素材として幅広く展開する。

さらに、ニューセルロース繊維「SyLPH 」をはじめ、綿・ウールなどの天
然繊維、ポリエステルなどの合成繊維と「藍竹」を同社独自の紡績技術を駆使
した複合素材も同時に開発。それに基づき、幅広い市場に向けてそれぞれのニー
ズに合わせた素材提案を行っていく。
http://www.unitika.co.jp/news/news-data/fiber-00069.html

■タチエス
シート開発を強化

タチエスは自動車用シートの開発体制を強化する。中心拠点である国内で開発
要員を25%増やすとともに,世界最軽量級のシートを日米欧中で製造する。
(日経産業 7/5)
http://www.tachi-s.co.jp/japanese/top_j.html

■エイケン工業
“エコフィルター”を本格生産

エイケン工業は,焼却処分ができる環境保護に配慮したオイルフィルター“エ
コフィルター”の生産を本格化する。トヨタ自動車を中心に自動車メーカーで
採用が拡がっていることに対応する。(日刊工業 7/5)
http://www.eiken-kk.co.jp/

■帝人ファイバー
防虫ウェア“スコーロン”を商品化

帝人ファイバーは、耐久性に優れた防虫加工織編物“スコーロン”を使用した
防虫ウェアを開発し、日本最大級の通販サイトである「楽天市場」において直
販を開始した。 帝人ファイバーが最終製品を自ら商品化・直販するのは初め
ての試み。
http://www.teijin.co.jp/japanese/news/2005/jbd050707_2.html

■コグネックス
PCビジョンシステム対応のFireWire画像取り込みソフトウェアを発表

コグネックスは、PCビジョンシステムにFireWire(R)(IEEE1394)カメラの直
接接続を可能にするソフトウェアを発表した。デジタル通信の標準規格FireWire
は、デジタルカメラをコグネックスPCビジョンシステムに直接接続できるよう
にした。コグネックスのFireWireの実装により、 インテグレーション作業が簡
単になり、画像取り込みの選択肢が増え、フレームグラバを使用しなくても高
品質のデジタル画像を効率的に利用できるようになった。
http://www.cognex.co.jp/news/2005/news050705.asp

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■INDEXトレードショー(スイス)
第12回INDEXトレードショーがスイス・ジュネーヴで開催され、36ヵ国470社が
参加し、1万2,000人が来場

■欧州
原油価格の高騰にともなうプロピレン価格の上昇にもかかわらず、ポリプロピ
レン・レジン、繊維価格は横ばい

■アジア
INDEX05で、インドのジニ・フィラメンツ社がリエタ・パーフォジェット社製ス
パンレースラインを、パキスタンのイーサン・サンズ社がフレッスナー社製ス
パンレースラインを、サウジアラビアのSAAF社がライフェンハウザー社製ライ
コフィル4ラインを、BBAファイバーウェブ社がサウジアラビアの合弁会社、サ
ウジ・ジャーマン・ノンウーヴンズ社用にライコフィル4ラインをそれぞれ購


■コンチェルト・インダストリーズ社(カナダ)
INDEX05で今後の成長を示唆

■フロイデンベルク社(ドイツ)
今後の目標と課題を発表

■メンリッケ社(欧州)
英国のエーパックス社が買収

■プロディジア社(フランス)
紙おむつの新会社を設立

■バックアイ・テクノロジーズ社(ドイツ)
第2ラインにエンボス・システムを設置し、マルチボンドの高品質ワイパー素
材を生産

■インビスタ社(米国)
デュポン社の旧一部門であったインビスタ社が、一般の不織布をストレッチ素
材に加工するライクラ含浸プロセスを発表

■ポリテックス社(米国)
ペーパー・コンバーティング・マシン社と提携し、表面をフェルト風合いに加
工する湿式・乾式不織布用溶剤を開発

■RKW社(ドイツ)
同軸ブローンフィルムラインを購入し、ポリプロピレン製通気性バックシート
素材を生産

■サンドラー社(ドイツ)
ストレッチ性のあるメルトブローン層をカード式サーマルボンド素材の間には
さむ複合素材を使用したサニタリー製品を発表

■KNHエンタープライズ社(台湾)
2004年の国内売上が30%増の1億3,000万ドルに

■インドネシア
密輸繊維製品が市場の28%に

インドネシア繊維協会によると,同国の繊維製品市場に占める密輸品の割合が,
04年は前年比8ポイント増の28%に拡大した。中国製密輸品が増大したためで,
インドネシア繊維産業に深刻な影響を与えている。(日経産業 7/6)

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■桐灰化学
ムシガードはるだけ

桐灰化学は,気になる虫の進入経路にはるだけで虫をシャットアウトするムシ
ガードはるだけ(ハーブミント,ハーブレモン,無香)を発売した。玄関、窓、
ベランダ等の気になる虫の進入経路に貼るだけで室内への進入を防ぐ。 8mmの
薄型設計なので邪魔にならず使用場所を問わない。虫除け効果は約1ヶ月間。
http://www.kiribai.co.jp/2_2.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■国際モダンホスピタルショウ2005
7月13〜15日,東京ビッグサイトで開催

医療・福祉関係者のための保健・医療・福祉に関する国内最大規模の展示会「国
際モダンホスピタルショウ2005」が7月13〜15日,東京ビッグサイトで開催され
る。
http://www.noma.or.jp/hs/

■病院・福祉施設住環境フェア2005
7月13〜15日,東京ビッグサイトで開催

病院・福祉施設における安全・安心・快適性に配慮したこれからの住環境づく
りを総合的に提案する「病院・福祉施設住環境フェア2005」が,7月13〜15日,
東京ビッグサイトで開催される。
http://www.noma.or.jp/hwl/

■在宅ケア2005
7月13〜15日,東京ビッグサイトで開催

高齢社会を支えるための介護・福祉・保健・医療の在宅関連機器・用品・シス
テム・サービスの展示とフォーラム「在宅ケア2005」が7月13〜15日,東京ビッ
グサイトで開催される。
http://www.noma.or.jp/hc/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.158☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2005. 7.19☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■経済財政白書
労働力人口減に備え生産性の向上急務

竹中平蔵経済財政担当相は15日の閣議に、2005年度の年次経済財政報告(経済
財政白書)を提出した。07年から人口減少と団塊世代の退職が始まり、現役世
代の経済的な負担が高まると分析。企業は人材育成や技術革新を通じ、労働生
産性の向上が急務になると訴えた。公共サービスの改善に努め、小さな政府を
実現することも課題と指摘した。

白書は景気の現状を「踊り場から脱却に向かう動きがみられ、緩やかな回復局
面を続けている」と評価。景気の踊り場は04年後半にIT(情報技術)関連分
野の輸出が減速したことが主因とした。ただ、在庫調整の影響は製造業全体に
は広がらず、企業部門の好調さが雇用や消費に及んだと分析。景気は「緩やか
な回復が続く」と前向きの表現を盛り込んだ。(日経 7/15)
http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je05/05-00000pdf.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■物材・材料研究機構
光触媒の分解能力を向上

物材・材料研究機構では,光触媒の物質分解能力を高める方法を開発した。活
性炭を加え,光触媒の表面積を拡大するのが特徴。試作した光触媒は,タバコ
の臭い成分であるアセトアルデヒドを分解する能力が約6倍に高まった。
(日経産業 7/15)
http://www.nims.go.jp/jpn/

■トヨタ
トルコ工場の生産能力を増強

トヨタ自動車は06年をめどに,トルコ工場の生産能力を現在より10万台増の年
産25万台に引き上げる。投資額は約200億円。欧州での“カローラ”の販売増に
対応する。(日刊工業 7/12)
http://www.toyota.co.jp/index.html

■ホンダ
2007年度の四輪車世界販売400万台に拡大

ホンダは2007年度に四輪車の世界販売台数を04年度実績比で約2割増の400万台
へ拡大する。小型車を投入する米国と中国市場がけん引するほか、国内も1割程
度増える。米ゼネラル・モーターズ(GM)など上位欧米メーカーの伸びが鈍
る一方、ホンダと並ぶ日産自動車、韓国・現代自動車は高成長が続く見通しで、
シェア競争は一段と激化の様相を強めそうだ。(日経 7/17)
http://www.honda.co.jp/

■阿波製紙
国内外で大幅増産

自動車用ろ紙など機能性製造の阿波製紙は,国内外で大幅増産に踏み切る。阿
南工場(徳島県阿南市)とタイ工場(プラチンプリ県)に総額約26億円かけて
新型抄紙機を導入,生産能力を2倍に引き上げる。(日経産業 7/19)
http://www.awapaper.co.jp/

■阿波製紙
上海工場が操業を開始
 
阿波製紙の中国現地法人である阿波製紙(上海)有限公司では6月1日より試運
転に入り、試作品の生産を順次始めている。 試験加工は順調に行われており、
何時でも量産加工 に移れる準備が整っている。
http://www.awapaper.co.jp/company/news20.html

■クラレファスニング
“マジックテープ”2銘柄が「エコリーフ環境ラベル」に登録

クラレファスニングは、7月1日付で経済産業省所管の(社)産業環境管理協会
が認定する「エコリーフ環境ラベル」に同社の販売する面ファスナー“マジッ
クテープ”ラインアップの2銘柄“マジックテープ”標準品および“ニュー・エ
コマジック”を登録・公開した。「エコリーフ環境ラベル」にはこれまで267の
製品が登録されているが、繊維製品、面ファスナーでは初めて。

同社では2002年2月、環境面の配慮から、“マジックテープ”の生産時に有機溶
剤をまったく使用しない、無溶剤型バックコート全面切り替えによる環境対応
型製品を実現した。その後さらなる開発を進め、2004年7月には、バックコート
剤のポリウレタン系樹脂そのものを使用せずに高品位・高品質が得られる新生
産方式を確立した。この生産方式で製造した製品を同年8月から“ニュー・エコ
マジック”のブランドで発売している。
http://www.kuraray.co.jp/release/2005/050714_2.html

■ダイニック
生分解性プラ製品の統一ブランド立上げ

ダイニックはこのほど生分解性プラスチック製品の統一ブランド“エンバイオ”
を立上げた。ポリ乳酸などを主原料とする各種シート製品をシリーズ化する。
(化学工業日報 7/12)
http://www.dynic.co.jp/

■TOTO
光触媒親水性特許のライセンス先が拡大

TOTOが保有する光触媒親水性特許の契約者数が拡大している。04年度っは新た
に国内21社,海外3社が契約を締結し,前年度に比べ6割増の63社に達した。
(化学工業日報 7/12)
http://www.toto.co.jp/index.htm

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■INDA
Asia-Pacific: Nonwovens Statistics, Trends & Forecasts 2004-2009を発刊

INDAでは,Asia-Pacific: Nonwovens Statistics, Trends & Forecasts 2004-
2009を発刊した。2009年までの日本,中国,韓国,台湾などの不織布生産量の
予想統計では,中国が圧倒的な伸びを示している。

http://www.inda.org/index.html
https://imisw.inda.org/imisw/Source/Orders/SamplePagesTOC/AsiaSP.pdf

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ユニ・チャーム
期間限定新デザイン企画商品を発売

ユニ・チャームは、はかせるオムツ“ムーニーマン”から、7月15日より、期間
限定新デザイン企画商品の発売と、合計 1,000名に子供に人気の賞品があたる
プレゼントキャンペーンを実施する。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■インターナショナル・ファッション・フェア
7月20〜22日,東京ビッグサイトで開催

アジア最大のファッション関連消費財見本市「インターナショナル・ファッショ
ン・フェア」が 7月20〜22日,東京ビッグサイトで開催される。
http://www.senken.co.jp/iff/200507/indexj.htm

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.159☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2005. 7.25☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■富士経済
紙おむつやマスクなどトイレタリー市場動向調査を発表

総合マーケティングビジネスの富士経済は、企業再編や新商品の登場により変
貌するトイレタリー市場動向を調査を行い,その結果を報告書「トイレタリー
グッヅマーケティング要覧 2005」(No.1〜No.3)にまとめた。そのなかで,ベ
ビー用紙おむつ,大人用紙おむつ,家庭用マスクそれぞれの市場について以下
のように分析している。

ベビー用紙おむつ市場は,少子化が顕著となったことから売上が鈍化し、店頭
では価格訴求が一般化している。メーカー間の競争が激しく売価下落という厳
しい環境から今後も縮小方向にある。レギュラータイプ(テープタイプ)は価
格訴求が強いため縮小幅が大きく、パンツタイプ自体の伸びも今後鈍化が予測
され、市場全体では依然厳しい状況が続く。そのため同市場の規模は,04年
が1,230億円(前年比97%),06年が1,215億円(04年比99
%)と予測している。

大人用紙おむつ市場は,高齢化が進み需要拡大が続くと見込まれる。一方で競
合激化や価格の安い尿取りパッドの構成比拡大により、単価の低下傾向が生じ
ており、市場規模の拡大幅は徐々に緩やかになると予測される。そのため同市
場の規模は,04年が598億円(前年比105%),06年が631億円(0
4年比106%)と予測している。

家庭用マスク市場は,今春に花粉の飛散量が例年を大幅に上回ったことから拡
大した。SARS騒動以来、ユーザーのマスク着用に対する抵抗感が薄れ使用
層が拡大したこともあり前年の市場規模を上回った。種類別では今後も高機能
/高単価商品が多い不織布タイプの需要が拡大すると見られ、他方、入数が多
く値頃感のある綿タイプ廉価品を志向する層との棲み分けが進むと予測される。
そのため同市場の規模は,04年が83億円(前年比115%),06年が8
6億円(04年比104%)と予測している。
https://www.fuji-keizai.co.jp/market/05047.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■厚労省
労働経済白書を公表

厚生労働省このほど,平成17年版「労働経済の分析」(労働経済白書)をまと
めた。第I部「平成16年労働経済の推移と特徴」において、2004年を中心とする
最近の労働経済の動向について分析した。第II部「人口減少社会における労働
政策の課題」では、我が国において、総人口が2006年をピークに減少すると見
込まれ、2007年以降には経済成長に大きく貢献してきた「団塊の世代」(1947
〜49年生まれ)の多くが企業で引退過程を迎えることとなることから、労働力
供給制約下での持続的発展に向け、取り組むべき課題について分析した。その
上で、みんなで働き支え合う社会をつくるために必要となる労働政策の取組に
ついて検討した。
http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/roudou/05/index.html

■関西大学
ポリ乳酸の分解速度を制御

関西大学では,ポリ乳酸系ソフトマテリアルを開発する。分解速度制御や軟組
織適合性,癒着防止などの機能をもたせ,再生医学や医用材料への応用をめざ
す。(日刊工業 7/20)
http://www.kansai-u.ac.jp/index.html

■三菱自動車
来春発売の新型軽自動車から車室内VOC(揮発性有機化合物)を低減

三菱自動車は、来春発売する新型軽自動車“i(アイ)”から、車室内のVOC
(Volatile Organic Compounds:揮発性有機化合物)を、厚生労働省が定めた
13物質の室内濃度の指針値以下に低減することとした。これにより、車室内環
境の改善・快適化を更に進めるとともに、社団法人 日本自動車工業会が発表し
た、2007年度以降の新型乗用車に対する「車室内のVOC低減に対する自主的な取
り組み」を1年3ヶ月前倒しで達成することとなる。
http://media.mitsubishi-motors.com/pressrelease/j/corporate/detail1306.html

■住江織物
中国に自動車内装材の合弁会社を設立

住江織物はこの度、中国広東省広州市に香港法人パシフィックテキスタイルホー
ルディング有限公司(本社中国香港)および丸紅と自動車用内装材の開発、生
産及び販売を目的とする共同出資の合弁会社を設立することを決定した。日本
の自動車メーカーは中国など海外の生産に軸足を移しており、内装材分野にお
いても現地供給のニーズが高まり、特に中国では急激な拡大が予想されている。
住江は、自動車内装分野で、タイ・アメリカ・インドネシアに続き、国際供給
体制を構築するため、計画・調査段階を経て、自動車メーカーが集積する中国
・広州に開設する。
http://www5.mediagalaxy.co.jp/suminoe/news/detail/img/25_pdf.pdf

■丸紅
インドで繊維製品一貫生産・人民元改革受け拠点分散

丸紅はインドで繊維製品の一貫生産に乗り出す。稼働中の紡績工場に続き、2006
年中に現地の紡織大手と合弁でシャツなど衣料品の縫製工場を建設、製品は欧
米に輸出する。産業界では中国人民元の切り上げを受けて、中国事業を拡充し
ながら製造拠点の分散を進める動きがある。丸紅も中国に工場を持つが、今後
インドの輸出競争力が相対的に高まると判断した。(7/24 日経)
http://www.marubeni.co.jp/

■TOTO
シックハウスの原因物質を壁紙が分解

TOTOはシックハウス症候群の原因のひとつとされるホルムアルデヒドなどのVOC
(揮発性有機化合物)を吸着,分解する壁紙を開発した。光触媒を壁紙の表面
に塗り,光が当たると吸着したVOCを分解できるようにした。従来の壁紙はVOC
を吸着する能力しかなく劣化しやすかったが,10年間張り替えなくても効果が
持続するという。湿気を調整する機能も併せもつ。1年後に実用化する。
(日経産業 7/20)
http://www.toto.co.jp/index.htm

■大成建設株式会社
庭を芝生化した学校における熱環境の改善効果の検証

大成建設は、目黒区教育委員会や学校関係者の協力を得て、東京都目黒区内の
小学校において、芝生化した校庭の熱環境を実測し、その効果を確認した。昨
年6月より、校庭1,500m2を同社が開発した改良日本芝を用いて大成ロテックに
より工事が進められ、芝に関する基礎技術に加え、当社に蓄積された、ゴルフ
場やサッカースタジアム等などの施工・管理、並びに熱環境における技術やノ
ウハウをここで生かしている。
http://www.taisei.co.jp/release/2005/jul/jul02.html

■ダイワボウレーヨン
本社を移転

ダイワボウレーヨンは,8月1日付けで本社を下記に移転する。
移転先
〒541-0054 大阪市中央区南本町1-8-14 堺筋本町ビル11階
TEL06-6265-8022(代) FAX06-6265-8105
http://www.daiwaborayon.co.jp/

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ノイマグ社(ドイツ)
不織布機器メーカー、フェーラー社を買収

■ファイバーテックス社(デンマーク)
スパンメルトラインを増設計画

■アキュレート・プロダクツ社(ドイツ)
2004年に廃業した旧アキュレート・プロダクツ社が、スパンメルト機器メー
カー、ライフェンハウザー社にメルトブローン設備・プロセスに関する6件の
特許を売却

■ホフ・テキスタイルズ社(米国)
ノースカロライナ州のホフ社が、自動車業界向けケミカルボンドラインを2005
年夏に稼働開始

■ポリマー・グループ(米国)
スタンダード&プアーズ社が、株主の利益を最優先し、企業売却などを戦略の
視野に入れるJPモルガン・セキュリティーズ社と財務顧問契約を結んだポリマー
社を、クレジット・ウォッチに指定

■コルボンド社(米国)
ジオテキスタイルメーカー、コルボンド社が、ノースアメリカン・グリーン社
と和解し、最新エンカマット製品の販売を開始

■コリンズ&エイクマン社(米国)
国内子会社各社に連邦破産法第11条の適用を申請

■欧州
ポリプロピレン・レジン価格が1月と比較して6%低下

■3M社(米国)
液体・ガスフィルターメーカー、CUNO社を、既存債務額6,000万ドルを含む13億
5,000万ドルで買収

■米キンバリークラーク
6,000人を削減

米キンバリー・クラークは,従業員の1割に相当する約6,000人を削減し,北米,
欧州を中心に約20個所の製造拠点を閉鎖するか売却すると発表した。
(日経 7/23)

■南京汽車
英ローバーを100億円で買収

4月に経営破綻した英名門自動車メーカーのMGローバーの債権問題で、破産管
財人の会計事務所プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は22日、中
国の南京汽車集団をローバーの資産売却先に選定したと発表した。南京汽車は
ローバーの英国工場を活用し、欧州など海外での事業拡大につなげる。
(日経夕 7/23)

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■トリンプ・インターナショナル・ジャパン
“天使のブラ 着こなしパッド”を発売
 
女性インナーウェアメーカー、トリンプ・インターナショナル・ジャパンでは、
バストのボリュームアップ機能が特長の主力ブランド“天使のブラ”より2005
年秋冬シーズンの新作“天使のブラ 着こなしパッド”を全国のトリンプ製品
取扱店舗で発売する。“天使のブラ”の代表的な機能であるボリュームアップ
に加え、女性が自分のバストのまるみに合わせて、好きなカタチに曲げられる
「着こなしパッド(特許出願中)」を採用。化粧品や香水など、カスタマイズ
商品が流行している今、ブラジャーにも、着ける人が自分仕様にカタチを変え
られるカスタマイズ感覚を採り入れた。
http://www.triumphjapan.com/triumph/release/050720_main.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■下水道展'05東京
7月26〜29日,東京ビッグサイトで開催

下水道に関する設計・測量、管路資器材、土木・建設、機械・電気、維持管理
等の最新の技術・機器を展示する,「下水道展'05東京」が7月26〜29日,東京
ビッグサイトで開催される。
http://www.gesuidouten.jp/general-top.html

■エネルギーソリューション&蓄熱フェア'05
7月27〜29日,東京ビッグサイトで開催

省エネ性・快適性・利便性に優れた電化機器・システムの最新情報を家庭向け、
業務用施設向けに紹介する,「エネルギーソリューション&蓄熱フェア'05」が
7月27〜29日,東京ビッグサイトで開催される。
http://www.tepco.co.jp/solution/event_info/eneso05/index-j.html

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━