━━☆No.160☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2005.8.1☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■経産省・環境省
自動車バッテリーのリサイクル義務付けへ

産業構造審議会(経済産業相の諮問機関)と中央環境審議会(環境相の諮問機
関)の合同委員会は25日、自動車用バッテリーのリサイクルを国内メーカーと
輸入業者に義務づけるとする報告書案をまとめた。経産省と環境省はこれを受
け、来春をめどに義務付けを実施する方向で作業を進める。

自動車用バッテリーは現在、製造業者などの自主的な取り組みでリサイクルさ
れている。最近はリサイクルの仕組みがない輸入品が増えたため、「資源有効
利用促進法」に基づく政省令を改正し、バッテリーをリサイクル対象品目に追
加する。 (日経夕 7/25)
http://www.meti.go.jp/press/20050725004/2-battery-set.pdf

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■富士キメラ総研
2005年「パッケージングマテリアルの現状と将来展望」を発表

富士キメラ総研は,2005年「パッケージングマテリアルの現状と将来展望」を
発表,同市場を次のように分析している。

包装材料は個包装から集積包装まで多種多様であり、その材質は単独材料から
複合材料、高機能化材料へ移行してきている。各種包装資材に共通して要求さ
れる機能は、品質保持性、加工適性、利便性、美観性などに加え、コスト性も
大きなポイントとなっている。更に、環境性・安全性(廃棄物処理・有害物質
等)も強く求められている。

一方で、バリアフリー、食の安全性、廃棄物削減などをキーワードとした包装
資材ニーズは増しており、包装資材の高機能化が以前にも増して進んでいる。
停滞感の強い市場環境の中で生き残るため、ユーザーニーズに則した製品開発
が重要といえる。

また、環境ホルモンやダイオキシン問題がクローズアップされたことから、包
装材料に対する消費者の環境性・安全性への意識が年々高くなり、特に食品分
野では、食の安全性を問う問題が多発したことから、安全性意識は厳しいもの
になっていると考えられる。循環型社会の確立の一環である「容器包装リサイ
クル法」は徐々に浸透しており、また、包材の商品開発においても低環境負荷
特性(リサイクル性、易焼却性他)及び人体への安全性が一層重要視されるよ
うになっている。
http://www.fcr.co.jp/051q06.htm

■05年上半期(1―6月)の自動車生産台数
前年同期比3.4%増の548万4421台

日本自動車工業会が29日発表した05年上半期(1―6月)の自動車生産台数は
前年同期比3.4%増の548万4421台と、上半期としては4年連続で増加した。車
種別内訳では、乗用車が同3.5%増の456万2849台で、トラックは同1.9%増の88
万3684台だった。(日経 7/29)
http://www.jama.or.jp/stats/product/20050729.html

■トヨタ
05年の世界生産台数を16万台上積み

トヨタ自動車は05年1〜12月の世界生産台数(ダイハツ,日野自動車含む)を当
初計画より16万台積み増し,前年比10%増の828万台にする。米国やアジアでの
好調を受け,海外生産と輸出を上方修正する。
http://www.toyota.co.jp/jp/news/05/Jul/nt05_0706.html

■日清紡
竹100%繊維を使用した天然素材を発売

日清紡績は、竹そのものをビスコース製法によらずに開繊、繊維化した竹100%
繊維を使用した天然素材「自然譜〜竹のしらべ〜(仮称)」の販売を開始致す
る。竹繊維は既に数年前から日本に上市され、同社でも同時期から製品化を検
討していたが、「ビスコース製法ではなく竹そのものを繊維化することは技術
的に困難」という通念が従来よりあった為、竹そのものを繊維化したものなの
か否かその信憑性を今日まで調査してきた。その結果、現在入手している繊維
は特殊技術に裏打ちされた竹繊維そのものであることを確認致し、この度日清
紡「自然譜〜竹のしらべ〜(仮称)」として発表する。
http://www.nisshinbo.co.jp/press/050725_take-seni.pdf

■帝人ファイバー
次世代型“自己調節機能繊維”を開発

帝人ファイバーは、米国ナイキ社が展開する革新的なスポーツウェア「ナイキ
スフィアリアクト(NIKE SPHERE REACT)」の実現に向けて、画期的な“自己調
節機能繊維” 「MRTファイバー(仮称)」を開発した。この繊維素材につい
ては、ナイキ社との間でライセンス契約を締結し、「ナイキ スフィアリアク
ト」に向けて、世界で独占的に提供する。

吸水すると伸長し、放水(乾燥)すると収縮するという可逆変化する繊維「M
RTファイバー」を新規に開発した。その特性を利用し、かつ、それを最大限
に活かすことによって優れた自己調節機能を発現させるため、特殊な糸加工技
術、織編技術、染色仕上げ技術を開発した。
http://www.teijin.co.jp/japanese/index.html

■花王
新開発の高通気性の空間構造を持つ生理ナプキン用表面材の効果を実証

花王は、「女性が生理期間を快適に過ごせる研究」を進めており、その成果と
して、このたび生理時の不快要因を解明し、さらに新開発の生理用ナプキン表
面材「超吸収エフファイバー」(新不織布)の肌環境の改善効果を実証した。

まず、生理時の不快感の意識調査、被服衛生学の視点からみたナプキン内環境
の測定・分析を行なった結果、生理時の不快症状のトップに挙げられる肌悩み
(ムレ、かゆみなど)は、ナプキン内環境の多湿状態に大きく起因しているこ
とを突き止めた。

同時に、肌に直接触れるナプキン表面材の構造について開発を進めた結果、空
気の通りやすい高空隙(くうげき)構造に設計した新表面材「超吸収エフファ
イバー」(新不織布)は、ナプキン使用時のショーツ内湿度を低減し、皮膚科
学の視点においても皮膚膨潤を抑制する効果があることを見出した。    
http://www.kao.co.jp/corp/news/2005/3/n20050726-02re.html

■カネカ
植物を原料としたビーズ法発泡樹脂製品を発売

カネカは、トウモロコシなどの澱粉から得られるポリ乳酸を原料とする自然循
環型のビーズ法発泡樹脂製品(成形品)(商品名:『カネパールPLAフォー
ム』<商標登録申請中>)の開発に成功し、本年8月より同社が出資する発泡
スチロール製品販売会社から、業界初の本格販売を開始する。『カネパールP
LAフォーム』は、40倍までの発泡倍率が可能であり,従来のビーズ法発泡
ポリスチレン製品(成形品)とほぼ同等の強度、緩衝性、断熱性に加え、優れ
た生分解性を有している。使用後は生ゴミと同様にコンポスト(堆肥)化が可
能であり、焼却された場合も紙と同程度に燃焼エネルギーが低く環境に負荷を
かけないことなどから地球温暖化防止、石油資源の節約に貢献できる。
http://www.kaneka.co.jp/news/n050727.html

■ダスキン
新型空気清浄機のレンタル・販売を開始

ダスキンは,新型の家庭向け空気清浄機“良質空間”のレンタル・販売を開始
した。脱臭,抗菌の各機能をもつ一体型の三層フィルターを採用し,従来製品
より集塵機能を強化した。
http://www.duskin.jp/

■日本バイリーン
不織布製品加工の子会社を統合

日本バイリーンは,東京工場内で不織布製品の加工事業を行う連結子会社の東
京加工技研を10月1日付けで吸収合併し,東京工場の一部署として一体運営す
る。
http://www.vilene.co.jp/news/list/img/newsp_n404.pdf#

■NI帝人商事
中国ビジネス戦略的拠点、広州事務所を設立

NI帝人商事は、同グループ中期経営計画の基本戦略のひとつとして掲げている、
「重点市場<中国>への取り組み強化」の一環として、今般、連結子会社であ
る現地法人/日岩帝人商事(上海)有限公司の広州事務所を新設した。
http://www2.ni-teijinshoji.co.jp/news/050727.html

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■インドネシア
今年上半期の自動車販売が26%増

インドネシアの今年上半期の自動車販売台数は前年同期比26.3%増の29万5,743
台と大幅に伸びた。通期では60万台を突破しそうな勢いで,東南アジアではタ
イに次ぐ自動車市場に躍進しそうだ。(日経産業 7/27)

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■クラレファスニング
剥離音を小さくした減音<マジックテープ>2タイプを開発

面ファスナーの<マジックテープ>を製造・販売するクラレファスニングでは、
このほど剥がす時のバリバリ音をパリパリ音に小さくするように工夫した2タ
イプの<マジックテープ>を開発、8月末日より本格販売する。剥離音を軽減
するために、(1)フックの糸を通常品より大幅に細く、本数を多くしたテープ
に、生地部の振動を抑える吸音材(樹脂)を貼付したもの「ソフトタイプ」、
(2)基布を空隙のあるメッシュ状にし、音を通過させて減音させる「メッシュ
タイプ」の2タイプを開発した。
http://www.kuraray.co.jp/release/2005/050727.html

■ピジョン
スキンケアできるおしりふきを発売

ピジョンは、ミルキータイプのベビーローション配合で、ウンチ汚れなどをこ
すらずきれいに落としながら肌もやさしく保護する、スキンケアできるおしり
ふき“おしりナップ(ミルキー&ふっくら)”を、8月1日より新発売する。
ミルキーローションを配合することでウンチの汚れをきれいに落とし、肌を保
護する。同社は独自の研究により、粘度が低くサラサラで不織布にもよくなじ
むミルキーローションを開発、おしりふきに含浸させることに成功した。
http://www.pigeon.co.jp/

■ダイキン工業
128種類のアレル物質を分解除去する家庭用空気清浄機を発売

ダイキン工業は、家庭用空気清浄機の新商品として、アレル物質(花粉・ダニ
など)やアジュバント(ディーゼル粉塵、排ガスやVOCなど)を強力に分解
除去する“フラッシュストリーマ光クリエールMC707‐W(7.0m3/分)”
と “フラッシュストリーマ光クリエールMC757‐W(7.5m3/分)”の2
機種を9月1日より発売する。

同社は昨年、「ストリーマ放電」技術を世界で初めて搭載し、常時発生するニ
オイやホルムアルデヒドを強力に分解する空気清浄機を発売した。今回の新製
品では、パワーアップさせた「電撃ストリーマユニット」と吸着力アップさせ
た「ストリーマ脱臭触媒」を新開発し搭載している。
http://www.daikin.co.jp/press/2005/050726/index.html

■シャープ
家庭用「除菌シャワー空気清浄機」5タイプ8機種を発売

シャープは、強力にパワーアップした「除菌イオン」をシャワー状に放出する
「除菌シャワー」機能を搭載した家庭用空気清浄機5タイプ8機種を発売する。
人が外から持ち込んだ雑菌や、動いて舞い上がったハウスダストなどを一気に
除菌・浄化する。

室内の空気の汚れは、帰宅時に外から持ち込まれる雑菌や入室時に舞い上がる
ダニの粉塵などのハウスダストやカビ菌が原因の一つとなっている。新搭載の
「除菌シャワー」ボタンを押すと、新開発の「除菌イオン発生ユニット」から
強力にパワーアップした「除菌イオン」がシャワー状に放出され、身の周りか
ら部屋のすみずみまですばやく浄化し、浮遊するハウスダストのアレル物質(ダ
ニのふん・死がい)やカビ菌、ウイルスの活動を一気に抑える。さらに、「高性
能フィルター」で、ほこりや花粉をはじめ、カビ臭なども強力に除去する。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/050725-a.html

■三菱電機
使い終わると自動でフィルターを手入れする掃除機

三菱電機は、業界で初めてフィルターの自動清掃を行う「フィルターお掃除エ
ンジン」を搭載し、強い吸引力を持続させた機種をはじめとする、紙パック不
要の掃除機“ストロングサイクロン”3機種を8月21日から発売する。掃除が終
わるたびにフィルターに付着したチリを振動ででたたき落す、「フィルターお
掃除エンジン(フィルターを振動させる小型モーター)」を業界で初めて搭載
した。フィルターの目詰まりを防ぐので、吸引力が従来比で約6倍持続し、フィ
ルターの手入れも従来の年間約12回から年間約3回と、大幅に軽減した。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2005/0726.htm

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■SINCE2005
9月26〜28日に上海で開催

SINCE2005が,9月26〜28日に中国・上海のインテックス上海で開催される。世
界から200社を越す企業が出展,日本からはクラレクラフレックスはじめサンダ
イヤポリマー,トーメン,双日,瑞光,オルガン針,化繊ノズル,日本ノズル
などが出展する。
http://www.since2005.com/

■第37回管工機材・設備総合展
8月4〜6日,東京ビッグサイトで開催

管工機材及び関連設備機器の新製品を網羅した総合展,第37回「管工機材・設備
総合展」が 8月4〜6日,東京ビッグサイトで開催される。
http://homepage2.nifty.com/tokanki/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.161☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2005.8.8☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.製品開発
4.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2005年度の設備投資
製造業は3年連続二桁増、非製造業も5年ぶり増加へ

日本政策投資銀行は,2005年度の設備投資調査結果を発表した。それによると
設備投資計画は、製造業がバブル期以来の3年連続二桁増となるほか、非製造
業も5年ぶりに増加に転じ、全産業(11.6%増)では15年ぶりの二桁増となる。

製造業(19.8%増)は、ウエイトの大きい自動車および電気機械をはじめ、全
ての業種で増加する。自動車は新型車対応や製品高度化投資が活発化し、関連
分野の鉄鋼、化学を巻き込んで全体を牽引する。電気機械、窯業・土石および
非鉄金属は、薄型ディスプレイ関連の大型投資などにより続伸する。

非製造業(6.9%増)は5年ぶりに増加となる。電力や運輸は、安定供給や安全
のための投資もあり増加に転じる。また第三世代携帯電話の投資がある通信・
情報やリースも増加する。

投資内容の特徴は、原油価格の高騰などに対応するための原燃料コスト削減投
資国内市場の頭打ちを見据えた需要喚起のための新製品対応投資既存設備(生
産工程・供給設備など)の機能劣化を防ぐとともに、あわせて機能の高度化を
図ることにより、競争力維持・強化につなげる投資が製造業を中心に広がって
いる点にある。

投資動機をみると、前年度に比し、「能力増強」の増加寄与が低下し、製造業
の素材型と非製造業では「維持・補修」および「合理化・省力化」の増加寄与
が高まる。また加工・組立型では新製品投入を積極化するための「新製品・製
品高度化」および「研究開発」などの増加寄与が引き続き大きいことに加え、
「維持・補修」の寄与も高まっている。

海外での設備投資は、市場規模の拡大が見込まれる北米や中国での投資を中心
に引き続き二桁増となる。情報化投資は、コスト削減を目的とした在庫管理シ
ステムの導入などがあり、堅調に推移している。研究開発費は調査開始以来、
3年連続で増加する。
http://www.dbj.go.jp/japanese/download/plant_invest200508.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■住江織物
VOC分解する自動車内装材を開発

住江織物は,シックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒドなどのVOC
(揮発性有機化合物)を吸着・分解する自動車用内装材を開発した。光触媒を
利用し,分解できるVOCの種類を増やした。車内の厳しい使用環境にも耐え,効
果が10年以上もつという。(日経産業 8/4)
http://www5.mediagalaxy.co.jp/suminoe/index.htm

■シキボウ
「ココナッツ繊維」を開発

シキボウは、椰子の椰子殻から繊維を抽出して、これをバイオマス資源として
衣料用繊維に活用する技術を開発した。新規技術により、この椰子殻から細く
て柔らかい繊維(ココナッツ繊維)のみを抽出して解繊することに成功した。
このココナッツ繊維を新内外綿が独自の技術で綿とブレンドし、混紡糸を紡績
した。
http://www.shikibo.co.jp/news/index.html

■宇部興産
光触媒繊維で水の異臭を除去

宇部興産は,紫外線照射により有機物を酸化分解する光触媒繊維を用いた水浄
化モジュールで,食品メーカーとの提携検討に入った。水の異臭を除去できる
など,水質管理が厳しい食品メーカーなどで高い評価を得ている。
(化学工業日報 8/8)
http://www.ube-ind.co.jp/japanese/index.htm

■クラレ
倉敷事業所を再編

クラレはこのたび倉敷事業所の再編を決定した。同社では新事業創出を経営の
最重要課題の一つに掲げ、本年4月には新事業企画本部と研究開発本部を組織的
に一体化した新事業開発本部を発足させるなど、研究開発体制の整備・強化を
図ってきたが,その一環として倉敷事業所の再編を行う。
再編の内容は次の通り。

(1)「玉島」に「生産技術・開発センター(仮称)」を新設して「倉敷」内の
数ヵ所の建物に分散している開発機能の大半を移転・統合して研究開発体制の
整備・強化を図り、新事業創出の加速化を推進する。
(2)「倉敷」の生産設備及び間接部門は一部を除き「玉島」へ移転し、インフ
ラの有効活用を図り、効率的な生産体制を構築する。
(3)「倉敷」にはメディカル関連生産設備を残し、「研究所」には「倉敷」から
開発機能の一部を移転することにより、それぞれ効率的な運営を図る。
http://www.kuraray.co.jp/release/2005/050805.html

■大阪ガス・関西電力
共生微生物を利用した屋上緑化技術を開発  

大阪ガスと関西電力は、両社が保有する共生微生物を利用することにより、屋上
緑化特有の薄層土壌では生育しにくかった木本や草本植物を安定的に生育でき
る屋上緑化工法を開発した。さらに、実測値を基に省エネルギーおよびヒート
アイランド緩和効果を評価したところ、従来のセダム緑化に比べて約1.5倍
の優れた効果があることがわかった。
http://www.osakagas.co.jp/Press/pr05/050802.htm
http://www.kepco.co.jp/

■清水建設
芝の緑化システムを軽量化

清水建設はビル屋上向けの緑化システムを大幅に軽量化した。芝を植える専用
資材(ユニット)にポリエステル繊維を混ぜた特殊な土を使用。1m2あたりの重
量を40kgに抑え,既存ビルに導入する際の荷重対策が不要になるという。
(日経産業 8/5)
http://www.shimz.co.jp/

■エイケン工業
フィルター製品を内製化

エイケン工業はトラック用のオイルフィルターや燃料フィルターなど,フィル
ター製品を外注から内製に切り替えた。内製化によりコストを削減し,拡販に
本腰を入れるのが狙い。(日刊工業 8/2)
http://www.eiken-kk.co.jp/

■日本不織布協会
ホームページをリニューアル

日本不織布協会は,8月1日からホームページをリニューアルした。会員企業の
最新ニュースや不織布海外トピックスを随時更新していく。
http://www.anna.gr.jp/

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■花王
赤ちゃんの歩きやすさに注目したパンツ型紙おむつを発売

花王は9月10日、元気に歩く、またはもうすぐ歩ける赤ちゃんのために、「歩
きやすい」ことに注目したはじめてのパンツ型紙おむつ“メリーズパンツ の
びのびウォーカー”を全国にて新発売する。股下にフィットし歩きやすい「サ
イドアップ吸収体」や元気に思いっきり歩き回ってもズリ落ちない「ズレ防止
ポイントギャザー」を採用。メリーズパンツは歩きやすさをとことん追求した。

また、デリケートな肌のために、通気性と肌ざわりにこだわった赤ちゃん用紙
おむつ“メリーズ さらさらエアスルー”も同時に新発売する。生まれて間も
ない赤ちゃんのデリケートな肌をやさしく包むために、通気性を当社従来品に
比べ30%アップ。肌の内側にあたる部分は極細繊維を使用し、ふわふわのやわ
らかさを実現した。 
http://www.kao.co.jp/corp/news/2005/3/n20050805-01sn.html

■ヤマト
VOCに対応した“ヤマト両面テープ〈環境配慮型〉”を発売

ヤマトは、シックハウス症候群等を引き起こすと考えられている「VOC(揮
発性有機化合物)」に対応した“ヤマト両面テープ〈環境配慮型〉”の出荷を
7月下旬より開始した。水性溶剤を使用し、テープから放出される「VOC」
に対応した環境にやさしい両面テープ。また、厚生労働省による室内濃度指針
値13項目に加え、検討1項目(暫定値)も全てクリアしている。
http://www.yamato.co.jp/item/ryomen/index.html

■ニチバン
傷口を水やバイ菌から守る“防水フィルム ロールタイプ”を発売

ニチバンは、キズの大きさにあわせてカットでき、キズ口を水やバイ菌から守
る“防水フィルム ロールタイプ”を9月20日から全国の薬局・薬店、ドラッ
グストアなどで新発売する。これまで消費者が防水フィルムに対して求めてい
たニーズをカタチにした製品。キズの大きさにあわせてカットできる、初めて
のロール状のフリーサイズで、従来のシートタイプよりもさまざまな部位にム
ダなく使えて経済的。
http://www.nichiban.co.jp/news/05-06/01.html

■シャープ
交換寿命2シーズンの新素材加湿フィルターを搭載した加湿機を発売

シャープは、新「リニアハイブリッド加湿方式」の採用により、省電力で静音性
に優れ、24時間快適に使えるリビングルーム向けの<HV−S70CX/S5
0CX>と、気化加湿方式でパーソナルルーム向けの<HV−S30CX>を
発売する。

新「リニアハイブリッド加湿方式」は、「新送風システム」と「新素材加湿フィル
ター」の採用により気化加湿量をアップさせるとともに、部屋が潤ったら自動的
にヒーターを切り常温での気化加湿に切り替える。加えて、送風量を従来の3
段階制御から強〜弱のリニア制御に改良し、運転音も低減して静音性を向上さ
せた。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/050805-a.html

■サンヨー
ティッシュをセットするだけで6年間フィルター掃除不要のクリーナー

三洋電機株は昨年、ダストカップにティッシュをはさむだけで、集塵フィルター
の水洗いなどの手入れが約年1回で済む機能を搭載したクリーナーを発売した
が,今回では、その機能を更に進化させ、フィルター掃除が6年間不要となっ
た「マラソンサイクロン」シリーズを発売した。
http://www.sanyo.co.jp/koho/hypertext4/0508news-j/0805-1.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■国際光触媒展2005
9月14〜16日,東京ビッグサイトで開催

環境の時代である21世紀のキーテクノロジー“光触媒”の技術・製品が一堂に
集結する「国際光触媒展2005」が9月14〜16日,東京ビッグサイトで開催され
る。
http://www.ipie-expo.com/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.162☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2005. 8.15☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■クールルーフ推進協議会
屋上緑化・高反射率塗料による被覆対策を推進

東京都では、地球温暖化及びヒートアイランド対策の一環として、環境省が決
定した「環境と経済の好循環のまちモデル事業」を活用し、屋上緑化や高反射
率塗料による建築物の被覆対策を推進する事業(クールルーフ推進事業)を、
今年度から3ヵ年実施する。同事業は、関係区・緑化団体・塗料製品団体等とと
もに設立した「クールルーフ推進協議会」を通じて実施していく。

「ヒートアイランド対策ガイドライン」で示した、建築物の屋根・屋上等にお
ける被覆対策の推進を図るため、「ヒートアイランド対策推進エリア」が所在
する関係区において、屋上緑化(新増築建築物は都条例の義務化超過分を対象)
や高反射率塗料を実施する建築物所有者に、その費用の一部を補助する。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2005/08/20f8b200.htm

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日揮・丸紅など
中国の温暖化ガス削減事業で排出権取得

日揮、丸紅などは日本企業で初めて中国で温暖化ガス削減事業に乗り出す。中
国の化学工場で発生する温暖化ガスを減らす見返りに排出権を取得し、日本企
業に販売する。取得量は7年間に二酸化炭素(CO2)換算で計4000万トンと世
界最大規模。京都議定書の発効に伴い、世界第二位の排出国である中国を対象
にした排出権ビジネスが本格化しそうだ。

途上国で温暖化ガス削減に協力し、削減量を排出権として獲得できる京都議定
書の「クリーン開発メカニズム(CDM)」に基づく事業。日揮、丸紅と中堅
ゼネコン(総合建設会社)の大旺建設(高知市)の3社が11日、中国の大手化学
メーカー、浙江巨化(浙江省)と正式契約する。(日経 8/11)

■ホギメディカル
病院の経営効率化を支援

ホギメディカルは,病院経営改善を支援するキット製品「オペラマスター」戦
略の本格立上げをに着手する。10月から医療材料をセットにしたキット製品工
場で専用ラインを稼働させる。(化学工業日報 8/11)
http://www.hogy.co.jp/

■河西工業
メキシコ工場増強

河西工業は,メキシコにあるドアトリムなど自動車用内装部品の生産拠点「カ
サイメヒカーナ」を増強する。日産自動車のメキシコ工場向けの受注増に対応
する。(日刊工業 8/9)
http://www.kasai.co.jp/

■日産車体
塗装ラインの有害ガスを削減

日産車体は2007年度に塗装ラインでの揮発性有機化合物(VOC)排出量を04
年度比で約25%削減する。一部工程にVOC発生量の少ない水性塗料の設備を
導入するほか、車体への塗着効率が高い塗装ロボットに全面的に切り替え塗料
使用量を減らすことで実現する。来春の国内規制導入を控え、大気汚染防止に
力を入れる姿勢を鮮明にする。(日経 8/15)
http://www.nissan-shatai.co.jp/

■アスクル・青梅慶友病院
おむつ回収用カートを共同開発

アスクルと青梅慶友病院は,病院・介護施設向けのおむつ回収用の「おむつカー
ト」を共同開発した。臭いが外部に漏れない密着構造にし,患者の体を拭き取
るタオルや取替え用おむつの収納スペースも設けた。(日経産業 8/11)
https://www.askul.co.jp/
http://keiyu-hp.or.jp/

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■INTC2005
不織布を使ったファッションショーも

INTC2005(インターナショナル・ノンウーブンズ・テクニカル・カンファレン
ス)が,9月19〜22日、米国ミズーリ州セントルイス市で開催される。不
織布を使用したユニークなファッションショーも催される。
http://www.inda.org/events/intc05/fashionshow.html

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ユニ・チャーム
『チャームナップ 吸水さらフィ』を新発売

ユニ・チャームは、尿まで気軽にケアするパンティライナー『チャームナップ
吸水さらフィ』を、9月15日より全国のドラッグストアやスーパーマーケットな
ど量販店にて発売する。 1枚のパンティライナーに、水分の吸水にすぐれたド
ライポリマーを搭載し、おりものも尿もケアして、さらっと気持ちよく過ごせ
る。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■ユニ・チャーム
『ソフィ ゼロ体感』より“リラックスアロマの香り”を新発売

ユニ・チャームは、『ソフィ ゼロ体感』シリーズに“リラックスアロマの香
り”をラインナップに追加し9月20日より、全国のドラッグストア、ホームセン
ターなど量販店で発売する。交換パンティライナーを使用する際の、女性が抱
く物理的違和感(パンティライナーをつけた瞬間に感じる装着感)と心理的違
和感(生理でないのに、下着だけのような開放感が得られない不満)を解消し、
「ココロとカラダ」の両面から、女性が快適に過ごせるようサポートする。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■ユニ・チャーム
『マミーポコ/マミーポコパンツ』 改良新発売

ユニ・チャームは、ベビー用紙おむつ『マミーポコ』、『マミーポコパンツ』
を,取替え時期がひと目でわかる「お知らせサイン」を付けるなどのリニュー
アルして9月中旬より全国のドラッグストア、ホームセンターなど量販店で発売
する。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■P&G
「ウィスパースリム」を新発

P&Gは,さらふわシートを新採用し,従来のふつうの日用スリム型製品より吸収
量がアップした「ウィスパースリム」(ふつう〜多い日用)を新発売した。コッ
トンのようなふわっと感とメッシュのようなさらっと感を両立したさらふわシー
トを新採用。吸収後もナプキンの表面は気持ちいい「さらふわ感」が続く。
http://jp.pg.com/news/2005_02/200508/20050809p07.htm

■P&G
「ウィスパーすきまぴったり朝までガード 400」新発売

P&Gは、生理用品ウィスパーから超夜用新製品「ウィスパーすきまぴったり朝ま
でガード 400」を9月上旬より全国で新発売する。経血口のくぼみにあわせて設
計された日本初の3Dアーモンド形吸収体を採用。経血の出口とナプキンのすき
まをうめて、経血が出たその場で集中吸収するので、どんな方向への伝いモレ
も徹底的に防ぐ。ウィスパー史上最長の40cm。
http://jp.pg.com/news/2005_02/200508/20050809p09.htm

■P&G
ウィスパー パンティライナー「清潔なせっけんの香り」(微香タイプ)新発売

P&G(本社:神戸市)は、ウィスパー パンティライナーシリーズから新製品、
「ず〜っとさらさらフィール〜下着だけより気持ちいい〜清潔なせっけんの香
り」を9月上旬より全国で新発売する。つけた直後のさらっと感がずっと長続き
し、下着だけより気持ちよく過ごせるパンティライナーに「せっけんの香り」
が新しく加わる。
http://jp.pg.com/news/2005_02/200508/20050809p08.htm

■エステー化学
「ムシューダ防虫カバー 礼服・フォーマル用」を発売

エステー化学は、ホコリなどが気になる黒い礼服やフォーマルウェアの保管用
に衣類を覆うタイプの"防虫カバー"にホコリを取り除く"衣類用粘着ローラー"
をセットにした「ムシューダ防虫カバー 礼服・フォーマル用」を8月20日から
順次、全国のスーパー、ドラッグストア、ホームセンターなどで新発売する。
http://www.st-c.co.jp/topics/050811.html

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■機能紙研究会
第44回機能紙研究発表講演会を11月8〜9日,徳島市で開催

機能紙研究会(稲垣寛会長)は,第44回機能紙研究発表講演会を“進化する機
能紙”のテーマで,11月8〜9日,徳島市の「ホテルクレメント徳島」で開催す
る。8日は研究発表講演会,ポスター研究発表および新製品展示会,交流会が
行われ,翌9日には見学会が予定されている。

講演会プログラムは以下の通り(敬称略)。
主題『進化する機能紙』

・セルロースおよび既存セルロース誘導体類の化学改質
東京大学大学院農学生命科学研究科教授 磯貝明

・ポリエチレンービニルアルコール繊維の新展開
クラレ繊維資材カンパニー開発主管 片山陵

・ナノテクノロジーを活用した新規機能繊維
日本エクスラン工業研究開発部部長 塩田博孝

・粘土多孔体を用いた抗菌樹脂及び抗菌紙の開発
独立行政法人産業技術総合研究所コンパクト化学プロセス研究センター
石井亮、花岡隆昌、水上富士夫

[特別講演1]
燃料電池における新材料開発
独立行政法人産業技術総合研究所ユビキタスエネルギー研究部門長 小林哲彦

[特別講演2]
高分子化学のこれまでとこれから
京都大学・奈良先端科学技術大学院大学名誉教授 今西幸男

[記念講演]
中国の紙原料について
機能紙研究会副会長(三木特種製紙会長) 三木輝久

・機能紙商品のライフサイクルについて〜最新・機能紙総覧をまとめて
機能紙研究会専務理事 小林良生

・抄紙法を用いた機能性発熱シートの開発
花王加エプロセス研究所研究員 石川雅隆

・天然物由来の加工薬品を用いた紙・不織布加工技術の研究
高知県立紙産業技術センター 森澤純、池典泰、松本博、澤村淳二、田村愛理、
鈴木慎司
東北大学未来科学技術共同研究センター 河野雅弘
くじらハウス 小笠原豊、津野享一、西村静代
昭和大学藤が丘病院 岩沢篤郎

・製紙スラッジを原料とする機能材料の合成及び環境浄化材への利用
愛媛県紙産業研究センター 福垣内暁、浦元明、森川政昭
愛媛県工業技術センター 山本徹、愛媛大学農学部 逸見彰男
リンテック 千場達矢、京極昌一、永島考作
http://www.ehime-iinet.or.jp/kinoushi/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.163☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2005. 8.22☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■富士経済
中国におけるAV機器、家電製品市場調査を実施

総合マーケティングビジネスの富士経済は、このほど中国におけるAV機器、
家電製品の生産・輸出・販売状況の調査を実施した。その結果を報告書「20
05年 中国電子機器産業・市場の展望(上巻)<AV機器・電化機器編>」
にまとめた。

2004/2005年の中国AV機器・家電製品産業の特徴としては,WTO
加盟以降国外への展開が活発になり欧米諸国への影響が大きくなった。200
4年は、米国からカラーTVなどがダンピング提訴を受け米国市場への供給が
減少した。またEUからは環境対応への要求が強くなり、2005年夏からは
有害物質使用禁止のRoHS指令やリサイクル対応のWEEE指令によりカラー
TV、エアコンなど家電製品全般に影響が出るとみられる。今後の展開は徐々
に難しくなると予測される。

中国国内市場ではローエンド製品は横ばいになっている。2004年は日本や
欧米で市場が拡大している、液晶TV、プラズマTV、DVDレコーダー、M
P3プレイヤー、ホームシアターなどが中国市場でも定着し始めた。家電製品
では、インバータ付エアコン、ファジー冷蔵庫、ドラム型洗濯機、スチーム式
電子レンジ・オーブンなど高機能製品が増えている。2005年以降はこれら
の高機能製品が拡大すると見られる。
https://www.fuji-keizai.co.jp/market/05054.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■繊維各社
米国や中国などで自動車内装材事業拡大

繊維各社が米国や中国など海外で自動車内装材事業を拡大する。セーレン、住
江織物などがカーシートやカーペット用布地の生産拠点の増強や増産に取り組
む。東レは米国で内装材向け人工皮革の直販を始めた。国内での自動車生産が
頭打ちとなる中、日系メーカーが増産に乗り出している海外での取引拡大を狙
う。

セーレンは今月、中国でカーシート地の第2工場を稼働した。2007年度までに生
産量を月30万平方メートルに倍増する。米国、タイ、ブラジルのカーシート生
産拠点も順次増設し、4拠点合わせた生産量を今年度見込みの同105万平方メー
トル強から07年度までに約195万平方メートルに増やす。投資額は2年間で50億
円。内装材の海外売上高を今年度見通しの110億円から07年度に170億円に増や
す計画だ。

住江織物は香港アパレルメーカーのパシフィックテキスタイルホールディング
スと丸紅と共同で、中国・広州に自動車内装材の新会社を設立、06年1月にカー
シートの生産を始める。投資額は15億円で、将来は車用カーペットなども製造
する。(日経 8/20)

■近畿大学
水上緑化システムを開発

近畿大学理工学部の玉井教授らは,川の水質を浄化すると同時に,水生生物の
隠れ家としての役割も果たす水上緑化システムを開発した。都市の河川はコン
クリートに覆われ生物が住みにくいが,システムを普及させれば生態系回復に
繋がる。(日経産業 8/22)
http://www.kindai.ac.jp/

■帝人
米パタゴニア社と完全循環型の衣料品リサイクルプログラムを開発

米国パタゴニア社と帝人は、9月より、ポリエステル繊維製品の完全循環型リ
サイクルプログラムを共同で展開していく。パタゴニアが、主力製品として展
開している機能性アンダーウェア「キャプリーンィ」について、使用済みとなっ
たものをユーザーから回収し、帝人グループで衣料繊維事業を展開する帝人ファ
イバーの松山事業所内にある「繊維to繊維」リサイクル施設でポリエステル
原料に再生するもので、グローバル規模の完全循環型衣料品リサイクルシステ
ムが確立することになる。
http://www.teijin.co.jp/japanese/index.html
http://www.patagonia.com/

■出光テクノファイン
合成皮革のライセンス供与を世界4極体制へ

出光テクノファインは,合成皮革事業のライセンス展開で世界4極体制を確立す
る。日本,マレーシア,米国の企業とライセンス契約しているのに加え,新た
に欧州でも契約交渉を開始。自動車向けに需要のある大規模市場を抱える企業
に技術供与し,安定収益を稼ぐ。(日刊工業 8/19)

■宇部マテリアルズ
アスベスト代替で普及めざす

宇部マテリアルズは,生体溶解性が高い塩基性硫酸マグネシウム無機繊維“モ
スハイジ”をアスベスト代替材として提案活動を活発化させる。ミクロンレベ
ルの粒子形状で,生体中で半減期20分という高い溶解性が動物実験で確認され
ている。(化学工業日報 8/22)
http://www.ubematerials.co.jp/cgi-bin/prod3.pl?00003

■CCY
古米から生分解性プラスチック

バイオベンチャーのシー・シー・ワイ(CCY、山形県米沢市、石黒次郎社長)
は農林水産省の補助を受け、古米を原料に生分解性プラスチックの低コスト生
産を目指す実証プラントを建設する。廃棄しても土の中で分解される生分解性
プラスチックは環境負荷が少ないとして注目されており、同社では実証プラン
トでの成果を積んだうえで3年後に量産化につなげたい考えだ。(日経産業 8/22)

■ユニ・チャーム
大人用紙おむつ販社を子会社化

ユニ・チャームは大人用紙おむつ世界最大手のスウェーデン、SCAメンリッ
ケ社との国内での共同出資販社を子会社化した。ドラッグストアなどの小売店
用はユニ・チャーム、病院や介護施設は共同出資会社と分けていた物流やオペ
レーションなどを事実上、ユニ・チャームに一本化。高齢化社会到来をにらみ、
大人用紙おむつ市場の競争激化に備える。

ユニ・チャームが子会社化したのは、1997年にSCAと折半出資で設立したユ
ニ・チャームメンリッケ(東京・港、里村治社長)。19日までに、株式の51%
を取得した。メンリッケは「テナ」ブランドで病院や介護施設向けに、ユニ・
チャームは「ライフリー」ブランドで主に小売店向けと、販売面ですみ分け、
取締役数も両社同数としてきた。 (日経 8/21)
http://www.unicharm.co.jp/index.html

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■コストコ社(米国)
キンバリー-クラーク社製ブランド・プライベートレーベル紙おむつの販売契約
を締結

■PIマーベ社(メキシコ)
スペイン工場閉鎖

■ペーパー・コンバーティング・マシン(PCMC)社(米国)
物価の下落、市場統合、新規競合の出現で、機器メーカー/コンサルティング企
業、バリー・ウェーミラー社がPCMC社を買収

■チルウッド社(英国)
プライベートレーベル製品コンバーター、チルウッド社が顧客からの値下げ強要
が原因で廃業

■プレミア・ケア社(カナダ)
サニタリー製品メーカー、プレミア・ケア社が、原材料価格の高騰と売上低下で、
カナダ工場の人員を25%削減

■パシフィック・ペーパー・プロダクツ社(オーストラリア)
投資会社が7,500万オーストラリアドルで売却

■インデルパ社(メキシコ)
サニタリー製品コンバーター、インデルパ社が、2005年末までにウェットワイパー
の生産能力を倍増

■欧州
ポリプロピレンレジン価格が0.05ユーロ低下して、キロ当たり0.91?0.96ユーロに

■ウェルマン社(米国)
ポリエステルレジン・繊維メーカー、ウェルマン社が、ポリエステルの価格操作に
関する和解で2,400万ドルを支払い

■フロイデンベルク社(台湾)
ドイツのフロイデンベルク・ノンウーヴンズ社が、台湾工場で第2ポリエステル製
スパンボンドラインの増設を計画

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ユニチャーム
夜用のスリムナプキンを発売

ユニ・チャームは、真ん中がやわらかくピタッとフィットしてスキマを作らな
い安心のスリムナプキン『ソフィ ボディフィットふわピタスリム』から、「多
い日の夜用」を2005年9月15日より全国のドラッグストア、ホームセン
ターなど量販店で発売する。

スリムユーザーが好むコットンのような肌ざわりで、さらに新形状「ふわピタ
吸収体」が夜のモレの原因となる身体とナプキンの間のスキマにフィットして、
後ろモレを防ぐから、つけ心地は快適でスリムなのに多い日の夜も安心。
http://www.unicharm.co.jp/company/news/index.html

■P&G
「背モレ防止ポケット」を採用した大人用紙おむつを発売

P&Gでは、大人用紙おむつブランド「アテント」が、高いモレ防止効果を発
揮する横モレ防止ギャザーに加えて、背中からのモレを防ぐ「背モレ防止ポケッ
ト」を採用し、パッドとの重ね使いも更にしやすく改良して10月上旬より全
国にて新発売する。

紙オムツの背中部分に取り付けられたポケット状のシートが尿や便をせき止め
て、背中からのモレを防止する新構造「背モレ防止ポケット」を採用した。
http://jp.pg.com/index.htm

■三菱電機
簡単・清潔なゴミ捨てを実現した紙パック式掃除機3機種を発売

三菱電機は、紙パックに手を触れることなく簡単・清潔にゴミ捨てできる同社
独自の「クリーンHEPAボックス」に、業界最大面積の「銀ナノイオンHE
PAフィルター」を搭載し、清潔排気を実現した紙パック式掃除機「ストロン
グクリーナー」3機種を10月1日から発売する。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2005/0817.htm

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■グッドデザイン・プレゼンテーション2005
8月25〜27日,東京ビッグサイトで開催

グッドデザイン賞2次審査会場を公開する、日本最大級のデザインイベント
「グッドデザイン・プレゼンテーション2005」が8月25〜27日,東京ビッグサイ
トで開催される。
http://gdp.japandesign.ne.jp/

■2005 NEW環境展 大阪会場
9月7〜10日,インテックス大阪で開催

2005 NEW環境展 大阪会場が,9月7〜10日,インテックス大阪で開催される。環
境保全のための技術やシステムを展示するほか、「水環境・水質浄化技術コー
ナー」「TLO・環境学術研究コーナー」などテーマ別に特設コーナーを設置し、
環境ビジネスの新しい可能性を提案する。
http://www.nippo.co.jp/n-expo005/o_ne05.htm

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━☆No.164☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□
■□◆  NONWOVENS REVIEW On-Line
□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2005. 8.29☆━

「NONWOVENS REVIEW On-Line」は,テックタイムス発行の季刊誌「NONWOENS
REVIEW」が発信しているE-mailを利用した情報配信サービスです。

季刊誌ではフォローできない不織布に関する最新の情報を,本誌購読者および
クライアントの皆様にいち早くお届けしていきます。

┏☆INDEX ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今週の焦点
2.国内ニュース
3.海外ニュース
4.製品開発
5.催事

┏☆ 今週の焦点 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■厚労省
予測より2年早く今年、初の人口減の可能性

全国の市区町村に提出される死亡届や出生届に基づく今年上半期(1―6月)の
赤ちゃんの出生数が、死亡者数を下回り、半年間で人口が3万1034人減ったこと
が、厚生労働省の人口動態統計(速報値)で分かった。下半期もこの傾向が続
けば人口が初めて減少に転じる。政府の予測より2年早く「人口減少時代」に突
入し、年金などの社会保障制度に影響を与えそうだ。

厚労省統計情報部は「上半期の人口が減少するのは初めて。下半期は例年出生
数が回復するが、1年間で人口が自然減になる可能性は否定できない」と話して
いる。 (日経 8/23)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/sokuhou/m2005/06.html

┏☆ 国内ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2025年の「高齢世帯」
20県で4割超す・厚労省推計

2025年に世帯主を65歳以上とする「高齢世帯」が全世帯に占める割合は、四国
や九州などを中心に計20県で40%を超えることが25日、厚生労働省の国立社会
保障・人口問題研究所がまとめた「都道府県別世帯数の将来推計」でわかった。
埼玉や千葉などの大都市圏の高齢世帯数は2000年から倍増する。また1人暮らし
世帯の割合も全都道府県でトップになる。推計は急速に進む世帯の高齢化・小
規模化を浮き彫りにしている。(日経 8/26)
http://www.ipss.go.jp/

■05年上期の廃棄物犯罪
検挙事件数、統計記録を更新

警察庁は05年上半期の廃棄物関係犯罪の検挙事件数(1,847件)、検挙人
員数(2,525人・207法人)がそれぞれ90年の統計開始以来、上半期の
件数としては最多となったと発表した。

検挙事件の傾向を見ると、産業廃棄物関連の検挙事件数372件(04年比26
件増)、一般廃棄物関連の検挙事件数1,475件(同308件増)とも、90
年の統計開始以来最多を記録する増加を示していたこと、また一般廃棄物関連
の検挙事件数の中で特に、焼却禁止違反による事件数が223件と04年実績(1
04件)の倍以上に大幅増加していたことが特徴的だった。
http://www.npa.go.jp/safetylife/seikan19/seikeijihan.pdf

■東大・橋本教授グループ
光触媒使用の環境浄化製品を実用化

東大・先端科学技術センターの橋本和仁教授らのグループは,光触媒を使った
環境浄化製品の実用化を進める。グラスウールなどの無機系のシートに光触媒
と活性炭を担持させた光触媒シートによる土壌浄化などの試験を行い,有効性
を確認。近く民間企業を通じて市場に投入していく計画。(化学工業日報 8/23)

■キヤノン・三井金属資源開発
光照射で土壌浄化

キヤノンは三井金属資源開発と共同で,トリクロロエチレンなど揮発性有機化
合物(VOC)が5,000ppmといった高濃度に汚染された土壌でも短時間で浄化でき
る技術を実用化した。塩素にブラックライトを照射して起こる反応を利用し,
汚染物質を分解する独自のシステムで実現した。(日経産業 8/29)
http://www.iijnet.or.jp/mindeco/indexj.html
http://canon.jp/index.html

■ユニチカ・箔一
漆塗りや金箔加工可能な生分解性樹脂を開発

ユニチカと金箔製造・販売の箔一は共同で,漆塗りや金箔加工ができる環境配
慮型の生分解性樹脂を開発した。まず全国の漆器産地に新樹脂の使用を呼びか
け,食器・インテリアなどの分野にも販売を拡大する。(日経産業 8/23)
http://www.unitika.co.jp/
http://www.hakuichi.co.jp/

■半瀬商店
土壌に100%還元できる畳を開発

畳製造の半瀬商店(徳島県阿南市)は土壌に100%還元できる素材を使った畳を
開発、発売した。床芯(しん)材を従来のポリスチレン発泡材から木質材に、
糸をビニロンから麻に、縁をナイロンから生分解性素材のポリ乳酸に替えた。
従来の畳のリサイクルでは抜糸や発泡材などの分別が必要だった。完全リサイ
クル畳として全国で拡販する。(日経産業 8/23)
http://www.citydo.com/prf/tokushima/guide/sg/810000088.html

■フジタ
緑化用資材「セダムシート」を海外販売

緑化事業を手掛けるフジタ(鳥取県岩美町)は独自開発した緑化用資材「セダ
ムシート」の海外販売に乗り出した。米国で特許出願したのに続き、9月1日付
で日本郵船の子会社、郵船港運(大阪市)と提携し、輸出業務を委託する。現
在年間約5000万円のセダムシートの売り上げを、海外販売をテコに来年は倍増
させたいとしている。(日経産業 8/29)

■ドリームベッド
メッツェラー社(独)の植物油から生まれたマットレスの販売を開始

ドリームベッドは、天然素材を使用し健康と環境に配慮したマットレスの生産
会社、メッツェラー社(ドイツ)の植物油(主にひまわり油)を使ったウレタ
ンマットレス、『Rubex Duo Cell』(ルーベックデュオセル)の取り扱いを、9
月から開始する。メッツェラー社は、再生可能な資源への転換が健康や環境に
も優れた選択肢と考え、ひまわりなど植物の栽培を農家に委託。農業の振興(そ
のほとんどが休耕地で栽培)と石油消費を抑え、太陽エネルギーを有効に利用
するマットレスの生産プロジェクトを開始した。
http://dreambed.jp/news/archives/000058.shtml

■丸紅
インビスタと提携 高機能繊維の衣料品生産

丸紅と米国の大手繊維メーカー、インビスタの日本法人、インビスタジャパン
は、インビスタの高機能繊維を使った高級衣料品を中国で生産し、日中で販売
する事業で提携した。インビスタは、米デュポンのポリエステルやナイロンな
ど繊維事業の一部が分離・独立して、03年9月に発足した。

丸紅は、インビスタの繊維の特色である紫外線を防いだり、滑らかで肌触りが
良いなどの高機能素材を数多く品ぞろえしている点に着目。その特徴を生かし
た衣料の商品企画や、中国などでの製造・販売事業を担当することで、資源エ
ネルギー部門と並ぶ収益の柱である繊維事業の国際競争力強化を狙う。
(フジサンケイビジネス 8/26)
http://www.marubeni.co.jp/
http://www.sleep-products.invista.jp/

■三菱レイヨン
会社分割によりポリプロピレン繊維事業を分社化

三菱レイヨンは8月22日開催の当社取締役会において、来る10月3日に同
社のポリプロピレン繊維事業を会社分割により新設会社「MRCパイレン」が承継
する分割計画書を承認した。市場ニーズの高度化・多様化に加え、原燃料の高
騰、他素材との競争激化等、事業を取り巻く環境は急速に変化し続けているこ
とから,機動的且つ効率的な事業体制を目指すべく、ユニークで独自性のある
ポリプロピレン繊維の専業メーカーとして分社化する。
http://www.mrc.co.jp/press/pdf/050822.pdf

■クラレメディカル
創傷被覆材から撤退

クラレメディカルは,創傷被覆材“クラビオ”の製造ライセンスを光洋産業に
供与する。光洋産業はメディカル事業拡大のため,創傷被覆材市場に参入する。
(化学工業日報 8/25)
http://www.kuraray.co.jp/Medical/
http://www.koyoweb.com/index.html

┏☆ 海外ニュース ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■タイの自動車生産
200万台も現実味

今年,自動車生産100万台突破が確実視されているタイでは,2010年前後に「200
万台生産」となることが現実味を帯びてきた。「アジアのデトロイト」化の流
れが加速する。(化学工業日報 8/25)

■中国人のトイレタリー購買に関する調査結果

楽天グループのサイバーブレインズが運営する、中国市場調査の専門サイト
「チャイナサーベイ」は、中国のインターネットリサーチモニター4,868
人を対象に、「トイレタリー」の購入頻度や購入先、購入時に重視する点、月
平均支出額などについて調査を行った。

トイレタリーの購入先では、「ハイパーマーケット」と答えた人が全体の67.
1%を占めた。次いで、「チェーンスーパー」が44.1%、「百貨店」が3
0.3%と続く。このほか、「コンビニエンスストア」との回答が2割見られ
た。
http://www.chinasurvey.jp/report/doc/lifestyle12.pdf

■韓国の昨年の出生率
世界最低水準の1.16に低下

韓国統計庁が24日発表した「2004年の出生・死亡統計結果」によると、1人の女
性が生涯に生む子供の数(合計特殊出生率)は1.16となり、世界で最低水準に
低下した。晩婚化が進み、結婚しない女性も増加しているうえ、価値観の変化
や経済的理由で子供を持たない夫婦が増えたことなどが影響した。

04年の出生率は前年の1.19からさらに低下し、1970年に統計を取り始めて以降、
最低を記録。日本の出生率(04年は1.29)よりも低い。04年の出生数は47万6052
人と、統計開始以降で最低を記録した。出産する女性の平均年齢は30.1歳と前
年より0.3歳高くなり、初めて30歳を超えた。「出産年齢の上昇は結婚年齢が高
くなっていることに起因する」(統計庁)という。(日経 8/25)

┏☆ 製品開発 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■東レ
業界初のモールドブラジャー専用ニット素材を発売

東レは、業界で初めてのモールドブラジャー専用ニット素材“マイクロムーブ”
を開発し、今秋冬向けより本格販売を開始する。ポリマー改質によって東レが
独自に開発した極細繊度のカチオン可染ポリエステル長繊維と、東レと米国イ
ンビスタ社との合弁会社であるオペロンテックスのポリウレタン弾性繊維「ラ
イクラ」との交編によるニット素材。生地の熱処理によってカップ部を立体的
に成型(モールド成型)するモールドブラジャーの加工において、成型性・形態
保持性に優れ、かつ熱による変色を防ぐため、発色が良くバストラインにフィッ
トする美しいカップの成型が可能になる。
http://www.toray.co.jp/news/fiber/nr050825.html

■ニトムズ
いちょうエキスで、ダニアレルゲン除去

ニトムズは,“ピカピカハウス”シリーズからいちょうエキスを配合した初の
ウエット式掃除シート“ハウスクリンシート アレルパオ”を発売した。また同
時に,サッとふくだけ窓・鏡ガラスが磨けるミクロ繊維の不織布製の“キラッ
トキルトミトン”や特殊ギャザーの不織布がホコリをしっかりキャッチする“ふ
さふさミトン”を発売した。                     
http://www.nitoms.com/products/newitem/0507new/050701.html

■三菱電機
プレフィルターを自動清掃する空気清浄機を発売

三菱電機は、空気清浄機の新商品として、プレフィルターに付着するチリ、ホ
コリを自動清掃する業界初の「おそうじメカ」搭載機種をはじめとする「プラ
ズマッハ」シリーズ2機種と、加湿機能(毎時430mL)を搭載した「Pure Mist
Air(ピュアミストエアー)」1機種を9月16日から順次発売する。

プレフィルターを自動清掃する業界初の「おそうじメカ」搭載により、面倒な掃
除の必要を無くし、ダストボックス内に溜まったホコリを捨てるだけの簡単メ
ンテナンスを実現した。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2005/0823-b.htm

┏☆ 催 事 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2005 分析展
8月30〜9月2日,幕張メッセで開催

第43回めとなる「2005分析展」(JAIMA SHOW 2005)が,「新しい“目”が、新
しい世界を創る。」(Innovative Eyes for Inspired Ideas)のテーマで,8月
30〜9月2日,幕張メッセで開催される。
http://www.jaima.or.jp/show/

┏☆ 発 行 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)テックタイムス NONWOVENS REVIEW 編集部
E-mail : nonwoven@st-times.co.jp
URL : http://www.h2.dion.ne.jp/~st-times/
   http://www.st-times.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-13-7
TEL03-3233-2521 FAX03-3233-2690
■購読の開始・中止・アドレス変更は上記までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━